Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!

今日の激動の時代において、新しい事業や技術が次々と産まれてきています。企業は新しい事業や技術を企業に取り入れて活用しようとします。しかし、必ずしもそれが良い結果を招くとは限りません。今回は、このイノベーションのジレンマについて説明していきます。

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!

イノベーションのジレンマとは

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
イノベーションのジレンマとは新興の企業が巨大組織を駆逐することです。

イノベーションのジレンマは、巨大企業が新興企業の前に力を失う理由を説明した企業経営の理論で、クレイトン・クリステンセンが1997年に提唱した説です。

大企業は自社製品へのこだわりが強いため新興技術や事業に対する認識が薄く、新興産業への参入が遅れがちです。その結果、大きく遅れをとる傾向にあることをイノベーションのジレンマといいます。

持続的イノベーションとは

持続的イノベーションとは、いままでの製品やサービスを既存の顧客の要望を取り入れながら改良していくことです。方向性は変えずに価値だけを向上させるやり方が持続的イノベーションです。

持続的イノベーションとは製品開発など、一般的な企業が日々くりかえし行っている作業のことです。より高品質で利便性が高い自社サービスや製品を適正価格で提供開発していくことで、シェアの拡大と維持が行われて事業が発展していきます。

破壊的イノベーションとは

破壊的イノベーション」とは、低価格で低機能、破壊的な新技術を持つ小型化された高い利便性という特徴がある論理です。

低価格でシンプルな製品を提供する破壊的イノベーションは、技術が向上するにつれて既存企業に莫大な損失を与える可能性があります。破壊的イノベーションという新しい価値が、持続的イノベーションをおこなっている企業へイノベーションのジレンマを引き寄せてしまうからです。

イノベーションのジレンマの事例3つ

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
具体的なイノベーションのジレンマの事例3つをご紹介していきます。

イノベーションのジレンマに現在たくさんの日本企業が陥っています。このままでは企業経営がイノベーションのジレンマに圧迫されて破綻させられてしまう可能性があります。

いままでにもたくさんのイノベーションのジレンマが起こり、大きな社会問題になっています。イノベーションのジレンマを防止するために、過去の事例から学んでいきましょう。

イノベーションのジレンマの事例1:携帯電話市場

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
日本の携帯電話市場はイノベーションのジレンマで衰退しました。

もともと携帯電話市場は日本の技術が中心となり発展してきました。日本独自の携帯電話文化と相まって、世界中のシェアを独占していました。

しかし米アップル社のiPhone・韓国サムスンのスマートフォン・中国製の格安スマートフォンの台頭によるイノベーションのジレンマで、日本の高級ブランドは現在、携帯電話市場の敗者となってしまいました。

イノベーションのジレンマの事例2:カメラフィルム市場

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
カメラフィルムのイノベーションのジレンマはデジタル化です。

かつて日本企業の技術の高さは世界を牽引していました。カメラフィルムからデジタルカメラへの移行直後は、多小のダメージはあっても日本の高度な技術でシェアを保っていました。

しかし近年はスマートフォンの台頭により素人でもプロ並みの写真が撮れるようになり、イノベーションのジレンマが起きて日本のカメラフィルム事業は衰退してしまいました。

イノベーションのジレンマの事例3:居酒屋業界

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
日本の居酒屋業界は何度もイノベーションのジレンマに陥っています。

豊富なメニューとリーズナブルでおいしい料理がウリの居酒屋チェーンは一時期、日本中を圧巻していました。しかし深刻な人手不足や専門店型の居酒屋参入の余波を受けて、全国展開をした従来型の居酒屋チェーンはイノベーションのジレンマで一気に衰退しました。

現在は個性をウリにした新興の居酒屋が時代をリードしています。

イノベーションのジレンマが起きる原因3つ

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
イノベーションのジレンマは分析が進み、現在は原因や理由が特定されています。そこでイノベーションのジレンマが起きる原因3つをご紹介していきます。

イノベーションのジレンマは大企業や優良企業ほど起こりやすい傾向にあります。持続的イノベーションを重視しすぎるために顧客のニーズを超えてしまう企業が多く、破壊的イノベーションを重視する新興企業によってイノベーションのジレンマが引き起こされるからです。

イノベーションのジレンマの原因1:顧客至上主義の激化

イノベーションのジレンマに陥る原因に過剰な顧客至上主義が挙げられます。

大企業や優良企業はニーズのないアイデアを切り捨て、顧客の気持ちに応えようとするあまり必要のないサービスを付帯することに専念してしまう傾向があります。

顧客のニーズを追求するあまり値上げや従業員の過労・人で不足を招き、返って顧客の気持ちを他の企業の破壊的イノベーションへ向かわせてしまう結果がよく見られます。

イノベーションのジレンマの原因2:硬直した社風

最適化された組織の存在がイノベーションのジレンマを引き起こしてしまいます。

出来上がった既成のサービス・製品は、コストを抑えて効率的に生産活動がおこなれています。特に大企業ではこの傾向が強く、硬直した社風がすべての分業制度の上に成り立っているため、破壊的イノベーションを起こすことが困難な状況へ自らを陥らせてしまっています。

優れた合理性と分析力・計画性が新規事業の立ち上げを遅らせる原因となっています。

イノベーションのジレンマの原因3:バリューネットワーク

バリューネットワークとは共通のニーズを持つ顧客にさまざまな角度からサービス提供をする同業の企業がネットワークを結んで助け合う共同体のことです。

バリューネットワークは大企業や優良企業が中心になっておこなわれるケースが多いです。同業他社へのライバル心の欠如や出し抜く行為への抵抗・過剰なまでのリスク回避やチャレンジ精神の欠如により技術革新が進まずに、イノベーションのジレンマに陥る原因となっています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

イノベーションのジレンマへの対策は?

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
イノベーションのジレンマはのちに自分たちの企業を破壊する波になる脅威があります。

今日のようにネット環境が広がっている生活の中では、新興企業の台頭が大企業や優良企業などを駆逐することが当たり前になってきています。その際に必ずイノベーションのジレンマが起きています。

小規模な戦略の強化

イノベーションのジレンマは大企業などの大きな組織で起きやすいため、小さな機会や市場での戦略がカギとなります。

巨大企業は売り上げや市場を拡大することに終始しているため、その間に中小企業などの振興事業によるイノベーションのジレンマが起きて衰退するケースが多くあります。

これを解決するために、独立した小さな部門を起ち上げてそこを強化する方法が挙げられています。小規模なら失敗のリスクも小さくて済むからです。

リスクコントロール

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
イノベーションのジレンマを防止するために、あらゆるリスクに対応できる措置を講じておきましょう。

イノベーションには不確実性とリスクがつきものといわれています。これらをコントロールできなければ新規事業を起ち上げてもイノベーションのジレンマに陥る可能性が高くなります。

新しいことをおこなうときには必ずリスクと不確実性が伴うと覚悟して可視化・検証をくりかえし、確実性のある事業を起ち上げることが重要です。

成熟事業と新規事業の両立

イノベーションのジレンマに陥らないために新規事業部門を起ち上げたら、既存の成熟事業も手を抜かずに両立させていきましょう。

成熟事業は企業の存続を支える要です。新規事業も大切ですが、既存の製品やサービスによる従来の事業を疎かにしてはいけません。

イノベーションを生み出しやすい社風の確立

イノベーションのジレンマに陥らないように組織体質を変えていく必要があります。

新しい考えを受け入れる体制が組織にないとイノベーションを起こすことはできません。過去の成功体験や経済活動の合理性ばかりに目を向けている企業はイノベーションのジレンマに陥る可能性が大きいからです。

場合によっては組織改編をして、新しい考えをどんどん取り入れるような社風を確立していきましょう。

イノベーションのジレンマに陥らないように注意しよう

イノベーションのジレンマの起きる原因3つ|事例や対策方法も解説!
イノベーションのジレンマを正しく理解することで、企業は事前にリスクを回避することが可能になります。

ネット環境やAIの台頭により、事業そのものの在り方が変わりつつあります。老舗の大企業といえでも、次々と台頭してくる新興企業によるイノベーションのジレンマで存続の危機に見舞われる可能性があります。

チャレンジ精神を常に忘れずに、イノベーションのジレンマなどのリスク管理もしっかりとおこなっていきましょう。

Related