Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月23日

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!

インフォーマルグループという言葉を会社で耳にすることはありませんか。意義やメリットを知りたい人のために、インフォーマルグループについて詳しくご説明します。さらに、インフォーマルグループのよくない効果や注意点などもお伝えしますので、是非、参考にしてみてください。

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!

インフォーマルグループとは

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
インフォーマルグループとは、性格や趣味などにより自然発生的、または非公式に組織された非公式の団体を指します。

企業や官公庁などにもフォーマルグループがあり、組織図をしっかり描いていますので、それぞれの指揮系統や所属する人は上下関係など序列がしっかり決められているのが特徴的です。

自然発生的のインフォーマルグループの場合は、公式の序列がないこともあり、比較的自由で、新人に開放的なところがあります。

インフォーマルグループの例

インフォーマルグループの例には、仲の良いメンバーがグループを作ります。この仲の良い仲間とは、食事に行ったり、旅行に行って遊ぶ仲間、家族ぐるみでバーベキューをするなど、好きなことで意気投合した仲間が自然と集まってできることが多いです。

また、会社内でサッカー好きや料理好き、スポーツ好きの社員が集まるグループが会社公認のサークルであってもインフォーマルグループと称されます。

インフォーマルグループの意義

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
インフォーマルグループの意義としては、同じ目的を持った人同士によって自然発生的に作られたグループです。

意義明確な目標を掲げ、グループに属するメンバーにそれぞれの役割と責任、権限を持たせるフォーマルグループとは対照的となります。

人の好意的な感情が結びつき、複数のメンバーがグループを作り、外見的・内面的な感情で結びつくこともあるのがインフォーマルグループと呼ぶことが多いです。

インフォーマルグループのメリット6つ

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
インフォーマルグループに属すると、何かいいことがあるのか気になる人も多いでしょう。では、インフォーマルグループはどのようなメリットがあるのか6つピックアップして詳細をご紹介します。

インフォーマルグループのメリット1:生産効率の向上

インフォーマルグループのメリットは、生産効率の向上が図れることです。会社に対して同じ思考の社員同士で協力し合うと生産への意欲がわき、効率が飛躍的に向上します。

また、一人一人が自分に与えられた仕事の質を上げるため効率のいい生産方法を学び、スキルもアップする努力も見せるでしょう。

すると、刺激を受けた他の従業員も効率を上げるためにスキルをアップさせますから、全体的に生産効率が向上するのがメリットです。

インフォーマルグループのメリット2:悩みを打ち明けやすい

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
社員同士で悩みを打ち明けやすいのがインフォーマルグループのメリットです。日頃から趣味が合う仲間同士で集まっていると話しやすい間柄になります。話しやすい間柄になればプライベートの悩みも職場の人間関係の悩みも打ち明けやすくなるでしょう。

そのため、一人で悩みを抱えればストレスになって仕事の効率も落ちますが、仲良しの従業員に悩みを聞いてもらい、スッキリした状態になれば仕事にも集中できるのがメリットです。

インフォーマルグループのメリット3:従業員の精神的ストレスのケアに繋がる

従業員の精神的ストレスのケアに繋がるのがインフォーマルグループのメリットです。同じ思考の従業員達が集まり、楽しい話や面白い話をするだけでストレスが解消されるでしょう。

また、従業員の大好きな趣味を一緒にする、スポーツを一緒にやれる喜びで精神的ストレスケアに繋がり、前向きに仕事ができるようになります。

さらに、従業員の精神的ストレスが解消されれば、仕事へのやる気がわきますので楽しく働けるのがメリットです。

インフォーマルグループのメリット4:人脈が広がる

インフォーマルグループのメリットは人脈が広がることです。サークル活動をすることでいつもは会うことすらない他部署の従業員と気軽に知り合うことができます。

それも、幅広い年代の従業員と知り合えるから話の内容も広がりますので、楽しく会話ができるようになるでしょう。

また、サークル活動を通じて気軽に上司と話して仲良くなることで知人を紹介してくれる機会も増えて、仕事に繋がる人脈も広がっていくのがメリットです。

インフォーマルグループのメリット5:職場の雰囲気が明るくなる

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
職場の雰囲気が明るくなるのがインフォーマルグループのメリットです。従業員同士がグループに属して会話をしたり、一緒に食事をする機会が増えれば家族のように親しい関係になります。

孤立していた人も輪の中に入りやすくなるとますます職場の雰囲気は活気に溢れ、明るくなる効果が期待できるでしょう。

職場の雰囲気が明るくなると社内での陰湿なイジメも減少し、従業員が会社に行って仕事をするのが楽しくなるのがメリットです。

インフォーマルグループのメリット6:社内ルールを守るようになる

インフォーマルグループのメリットは、多くの従業員が社内ルールを守るようになることです。ルールを守らなくてもいいだろうと考えて行動していた従業員も、同じ趣味・思考の仲間が集まるグループに属することで同じ考えに変わります。

伝播しやすいインフォーマルグループでは、グループの一人が社内ルールを守っていると同じくルールを守る気持ちが広がりますので、多くの従業員が社内ルールを守ることになるのがメリットです。

インフォーマルグループには良くない効果もある?

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
いいメリットが多いインフォーマルグループは連帯感が強すぎて、趣味活動が優先的になってしまい、仕事に集中できなくなってしまうのが良くない効果です。

また、強い仲間意識を持った従業員達と不仲になれば職場から疎外しようとする力が強くなり、孤立した従業員は職場にいずらくなります。

さらに、一人だけ仕事をして成果をあげるのを嫌う仲間意識の強いメンバーが多いので、個人で仕事を進めるのが難しいのが良くない点です。

インフォーマルグループの注意点4つ

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
幾つかインフォーマルグループのメリットをご紹介してきましたが、いいところばかりではなく、それなりに悪い点もあります。では、インフォーマルグループの注意点を4つご紹介しましょう。

インフォーマルグループの注意点1:上下関係の激化

上下関係の激化がインフォマールグループの注意点です。グループを作ると自然発生的にまとめるリーダーが出てきます。

リーダーとして選ばれた人は強いリーダー意識を持ち、自分の言うことを忠実にメンバーが聞くよう上下関係を強く意識させるでしょう。

また、リーダーはグループの規律を乱さぬよう上下関係をはっきりさせますので、下の位置には新人や年下を、上の位置には年配者や経歴の長い人を置き、上下関係を築きます。

インフォーマルグループの注意点2:やる気のなさの伝播

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
やる気のなさの伝播がインフォーマルグループの注意点です。グループ意識は一人の従業員のやる気のなさが伝わりやすいデメリットがあります。

親しみを感じ、強い親近感のある従業員と同じ趣味や思考を持つグループであれば、たった一人でも仕事への意欲がわかない人がいればメンバーはやる気が出なくなるでしょう。

一緒にいる時間が長くなればさらにやる気のなさの伝播が強くなり、ますます積極的に行動しなくなるのが注意点です。

インフォーマルグループの注意点3:個人の意見を尊重しない雰囲気

個人の意見を尊重しない雰囲気になってしまうのがインフォーマルグループの注意点です。同じ趣味・思考の仲良しが集まるだけに、同じ考え方をし、意見も合わせなければ気まずい雰囲気になってしまいます。

そのため、個人がここはこうした方が仕事を効率良くできる、こちらの方が質のいい仕事ができると意見し難くい個人の意見を尊重しない雰囲気が、このインフォーマルグループの注意点です。

インフォーマルグループの注意点4:仕事よりも趣味に偏る

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
仕事よりも趣味に偏ってしまうのがインフォーマルグループの注意点です。仲間意識を高めて仕事の効率を高めたい、従業員のストレスを減らしたいと集まります。

しかし、仕事の効率やストレス軽減よりも趣味のことが優先的になり、仕事中にも趣味の話をしては集中して働けなくなるでしょう。

趣味のことばかり気にする従業員達は会社に遊びに来ている感覚になり、仕事の質も落ち、業績を伸ばすための努力も怠るようになります。

インフォーマルグループを活用して生産効率をあげよう

インフォーマルグループのメリット6つとは?|注意点や詳細も解説!
インフォマールグループを活用して生産効率をあげましょう。従業員達の連帯感を強めることで悩みを打ち明けやすくなり、従業員の精神的ストレスケアに繋がると生産効率も自然と上がります。

仲間意識を高めるために企業側は趣味のグループを作らせたり、人を集めてスポーツができる場所と時間を作ることが大切です。

心身共に満たされた従業員達は、働くことが楽しい、仕事を頑張ろうとの意欲になり、企業の業績も上がるでしょう。

Related