Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略

会社がビジネスを展開していくときには会社によってさまざまな戦略を立てています。この記事では新たなビジネス戦略を立てていくのに役立つアクションマトリックスや市場の境界をひき直す視点について詳しくみていきます。ぜひ読んでみてください。

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略

ブルーオーシャン戦略

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
ブルーオーシャン戦略とは競合する会社がいなかったり少なかったりする市場でビジネスを行うことを指す言葉です。

日本には新しいビジネスにチャレンジしやすい環境があり、日々新しいビジネスが生まれています。コストをかけずに成果を上げていくためには、他者がまだ発見していないビジネスの種を見つけ出していく力が必要です。

レッドオーシャン

ブルーオーシャンとは真逆の戦略で、競争の激しい市場でビジネスを行っていく戦略のことをレッドオーシャンと言います。

競争が激しい市場では価格や製品の質などで企業が淘汰されていきますが、厳しい市場で生き残ることができれば需要は大きい市場なので、ブルーオーシャン戦略よりも大きな利益を生み出す可能性を秘めています。

ブルーオーシャン

ブルーオーシャンという言葉は「ブルーオーシャン戦略」という言い回しでよく使われますが、その他にも「ブルーオーシャンを創造する」などの使い方をします。

ブルーオーシャンではまだ周りが目を付けていない市場を発見し、儲けをだすための戦略をしっかりと創造していく能力が必要不可欠です。

アクションマトリックス

ブルーオーシャン戦略ではブルーオーシャンを創造できるかどうか整理するためにアクションマトリックスというフレームワークを行います。

アクションマトリックスでは「取り除く」、「減らす」、「増やす」、「付け加える」という4つのアクションを行うことで事業をどのように展開させていくかを考えやすくなります。

戦略キャンバス

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
ブルーオーシャンで儲けを出すための戦略作りに役立つのが戦略キャンバスで、活用すると自社が行おうとしているビジネスで重要視している要因と他社が重要視している要因を可視化することができます。

戦略キャンバスを作成することで市場の現状把握や何を売りにしてビジネスを行うべきなのかが明確になっていきます。戦略キャンバスとアクションマトリックスは両方を活用することでより効果的に作用していきます。

アクションマトリックスのアクション4つ

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
ブルーオーシャン戦略を成功させるために重要なフレームワークであるアクションマトリックスでは、「取り除く」、「減らす」、「増やす」、「付け加える」という4つのアクションを行い事業の展開を考えていきます。

ここからはアクションマトリックスの「取り除く」、「減らす」、「増やす」、「付け加える」という4つのアクションについて詳しくみていきましょう。

アクションマトリックスのアクション1:取り除く

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
アクションマトリックスのアクションの1つ目は「取り除く」です。「取り除く」のアクションでは今まであるサービスの中で必要だと考えられていたものを取り除いてしまいます。

ここで今まで必要だと考えられていたものを取り除いてみることで、アクションマトリックスの「付け加える」のアクションで他者との差別化をはかりやすくなります。

アクションマトリックスのアクション2:減らす

アクションマトリックスのアクションの2つ目は「減らす」です。「減らす」のアクションでは今までのサービスに多く盛り込まれていたものを減らしていきます。

サービスに多く盛り込まれていたものを減らすことで低コスト化を実現し、アクションマトリックスの「増やす」のアクションで新たな価値を見出しやすくなります。

アクションマトリックスのアクション3:増やす

アクションマトリックスのアクションの3つ目は「増やす」です。「増やす」のアクションでは「減らす」のアクションを行うことで増やすことができるようになった価値を記入していきます。

「減らす」と「増やす」のアクションを行うことで、他社サービスとの差別化をはかることができるようになります。

アクションマトリックスのアクション4:付け加える

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
アクションマトリックスのアクションの4つ目は「付け加える」です。「付け加える」のアクションでは「取り除く」のアクションを行ったことがマイナスにならないような、他社がまだ提供していない要素を記入していきます。

ある事業についてアクションマトリックスの4つのアクションを行っていくことで、物事の新しい価値や捉え方を見出すことができ、ブルーオーシャン戦略が成功しやすくなります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

市場の境界を引き直す視点6つ

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
ビジネスを成功させていくためには今までとは違う視点を取り入れて、市場の境界線を引き直してみることも大切です。境界線を引き直すことで他者との差別化をはかることができ、市場の中で利益をあげやすくなります。

ここからは市場の境界を引き直す視点を6つ紹介します。市場の境界を引き直す視点を知って新たな切り口で物事を考えられるようにしていきましょう。

市場の境界を引き直す視点1:代替産業に学ぶ

市場の境界を引き直す視点の1つ目は代替産業に学ぶことです。今まで市場の境界を勝手に決めていたために見えていなかった代替企業が、これから新たなビジネスを行っていく上でライバルになってくる可能性はあります。

代替産業について学んでいくことで今まで思いつかなかった新しいビジネスを創造することができる場合が多いです。

市場の境界を引き直す視点2:業界内の他の戦略グループから学ぶ

市場の境界を引き直す視点の2つ目は業界内の他の戦略グループから学ぶことです。同じ業界にいても商品やサービスの売り出し方が全く違うグループが存在しています。

売り出し方の戦略が違うグループについて戦略キャンバスにあてはめて考えてみたりすると、自社の新たな方向性を見出しやすくなります。

新たな方向性が見いだせるとアクションマトリックスを用いて新しいビジネス戦略を立てることができます。

市場の境界を引き直す視点3:買い手グループに目を向ける

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
市場の境界を引き直す視点の3つ目は買い手グループに目を向けることです。買い手グループに目を向けると、商品やサービスがどのような流れで購入・利用されているのかがわかり、自社が新たに参入することができる市場を見つけられる可能性が高まります。

アクションマトリックスの4つのアクションを考えていく上でも、買い手グループに目を向けていくことは大切です。

市場の境界を引き直す視点4:補完材や補完サービスを見渡す

市場の境界を引き直す視点の4つ目は補完材や補完サービスを見渡すことです。1つの商品で完璧なサービスを提供することは難しいので、サービスを補完するための材料やサービスを見渡す視点を持つことは大切です。

補完材や補完サービスを見渡すことで市場の境界を引き直すだけでなく、自社の新たな可能性を発見することができます。

市場の境界を引き直す視点5:機能志向と感性志向を切り替える

市場の境界を引き直す視点の5つ目は機能志向と感性志向を切り替えることです。今まで機能志向を持っていた業界に感性思考の視点を持ち込むなど、今までになかった視点を持ち込むことで市場の境界を引き直すことができるようになります。

新たな視点を持ち込みビジネスのきっかけを得ることで、アクションマトリックスを用いて新たな戦略を考えやすくなります。

市場の境界を引き直す視点6:将来を見通す

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
市場の境界を引き直す視点の6つ目は将来を見通すことです。将来を見通すときには根拠のない予測ではなく、正確なデータをもとに計画を立てることが大切です。

正確なデータをもとに立てた計画はブレが少なく、将来を明確に見つめながら今必要なビジネスについて考えることができるので、今までの市場の境界を引き直しながら市場を見渡しやすくなります。

アクションマトリックスについて理解を深めよう!

アクションマトリックスのアクション4つ|ブルーオーシャン戦略
今回はビジネス戦略を立てていく際に役立つ戦略キャンバスやアクションマトリックスについて詳しくみてきました。

アクションマトリックスを用いてビジネスの新たな切り口を見つけていくことで、今まで思い込んでいた市場の境界線を引き直す視点を得ることができます。アクションマトリックスについての理解を深めてビジネスチャンスを掴んでいきましょう。

Related