Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍

中小企業の強みとはなにかご存知でしょうか。それらを明確にするための分析方法も確立されています。そこで今回は、中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍3選、そして実際に中小企業の強みとなる部分について詳しくご紹介していきます。

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍

中小企業とは

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍
中小企業とは業種別に資本金と従業員の数によって定義されています。基本的には資本金3億円以下で従業員は300人以下の会社です。

中小企業とは基本法上は中小企業者と呼ばれています。製造業その他・卸売業・小売業・サービス業のどれかに当てはまるものです。

中小企業の強みを知る必要性

経営革新に際して経営者が中小企業の強みを知ることが大切です。

中小企業の強みとは、他社にはない技術やノウハウを保有して独自の優位性を持つことです。中小企業には必ず独特の強みがありだから事業が成り立っています。しかし自社の強みを明確に知る機会はなかなかありません。

また、強みだと考えていた部分が実は弱みだったという可能性もあります。この機会に中小企業の強みをはっきりと把握して、自社事業に活かしていきましょう。

強みを知る方法

中小企業の強みを知るには損益分岐点の把握・SWOT46分析・PPM47分析・生産性分析などのさまざまな分析方法があります。

これらの中小企業の強みのための分析を実行している企業の方が、経営革新の目的を達成している割合が高いといわれています。分析結果を元に目標が達成可能であるかを判断して、だめなら違う方法を模索していくことができるからです。

SWOT分析

SWOT分析とは、組織や個人の内外の市場環境を強み (Strengths)・弱み (Weaknesses)・機会 (Opportunities)・脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因ごとに分析したものです。

SWOT分析で外部環境や内部環境を監視・分析することで中小企業の強みを知ることができます。1960年代から70年代にスタンフォード大学のアルバート・ハンフリーが構築しました。

中小企業の強み8つ

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍
中小企業の強み8つをご紹介していきます。

中小企業の強みは人数の少なさや縦のラインの簡易さです。社内でのコミュニケーションが取りやすい特色があります。意志決定もすぐに上まで伝わり、結果を出すまでの時間が大企業に比べて短縮できます。

それでは、中小企業の強みを具体的に挙げてその特徴を詳しく見ていきましょう。

中小企業の強み1:意思決定が速い

中小企業の強みとして、意思決定のスピードが速いことが挙げられます。

大企業のように意思決定を行う決裁者と現場の担当者の間に隔たりがないのが中小企業の強みです。新規事業などを行う場合に手続きに手間がかからないため、タイミングを逃さずに良いアイデアをすぐに実行できる利点があります。

意思決定者と実行者の垣根が低いことで、顧客満足度や市場シェアを先取りできる可能性が高まります。

中小企業の強み2:きめ細やかな対応

中小企業の強みである丁寧な対応は生産や採決に直結した経営ならではの利点です。

大企業であれば型どおりの対応で終わらせることでも、中小企業はきめ細かいアフターフォローやその後の新たな事業展開へと発展させるために、柔軟な対応が期待できます。顧客に喜ばれる丁寧な対応が、中小企業の強みのひとつでもあります。

中小企業の強み3:地域密着

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍
地域に密着した製品やサービスを抵抗することで成功している中小企業が増えています。

中小企業では大企業とは違い、地域密着型の運営でその強みを大きく発揮することができます。最近はUターンも増えて交通の便もよくなったことから、地元を相手にした事業展開に需要が集まっています。中小企業の強みとして大いに期待できる取り組みです。

中小企業の強み4:コミュニケーションが容易

中小企業の強みとしてコミュニケーションが密であるということが挙げられます。

わきあいあいと仲間で働けることが中小企業の強みです。部門間の横の連携や上司や部下の関係も密接なので、新しいことを始めることも容易ですし、疑問点や改善点を解決する際も結果にたどりつくまでのプロセスが比較的短時間で済むという利点があります。

中小企業の強み5:特定分野への専門性

中小企業の強みは得意分野に突出していることです。

大企業は新規事業へ参入する場合に外部や下請けに出すケースが多く、専門知識が自社に残らないというデメリットがあります。しかし中小企業の多くは自社開発が多いので専門分野に対する集中力が濃厚で、一点特化の戦略に優れています。

中小企業の強み6:柔軟性

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍
経営の柔軟性があるから中小企業は新しい事業にすぐに取り組むことができます。

大企業で新規のプロジェクトを立ち上げるときは大量の資金や人員を投入して取引先や顧客との利害関係も考えなくてはいけないので、完成までに時間がかかります。

経営の柔軟性により新規事業開始までにスピード感があります。環境の変化への対応も柔軟で、自由な経営ができることが中小企業の強みです。

中小企業の強み7:顧客目線

中小企業の強みを高めるためにも自社の売りをしっかりと理解して顧客目線を重要視することが大切です。

安心感や新鮮味がなくては顧客のニーズに応え続けることはできません。中小企業はフットワークが軽いので、常に顧客の目線に立った戦略を行っていくことが可能です。

中小企業の強み8:変化対応力

中小企業の強みとして変化へ敏感に対応できる点が挙げられます。

大企業と違って中小企業は、新規事業や経営が滞る産業の転換などの決定がスピーディーにできるため、仮に失敗しても被害を最小限で済ませられるという利点があります。

そのような理由からニッチな産業へも冒険心を持って進んでいくことができるところが、大企業とはちがう中小企業ならではの強みです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

中小企業の強みを経営戦略に活かそう!SWOT分析に関する本3冊

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍
中小企業の強みを経営戦略に活かすためにSWOT分析に関する本を読むことをおすすめします。

そこで、SWOT分析に関する本をご紹介していきます。SWOT分析を知っていても実際に活用してその結果を有効利用できる人は限られています。専門の本を読むことでより詳しい分析方法や深い意味での活用方法を学んでいきましょう。

中小企業の強みを活かそう!SWOT分析の本1:これだけ! SWOT分析

「これだけ! SWOT分析」は、実際にSWOT分析をやってみても結果が出せないと困っている人のためのおすすめ本です。

SWOT分析がビジネスの常識だといわれていても、実際に使いこなすことができなければ意味がありません。本書は中小企業の強みを出すための理解を深めて1段階上のレベルを目指すためのヒントを提供してくれています。

著者は成長戦略や業務改革などを幅広く手掛けているコンサルティングのプロです。

「SWOT分析」という言葉しか知らない私でしたがとても読みやすく、かつ読み応えのある一冊でした。
「なぜ分析するのか?そして、どのように活かすか?」という部分までしっかりと書かれており、「自分が学ぶ理由」を考えさせられました。
それが、勉強嫌いである私でも最後まで集中して読み続けることができた理由だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3EQTLJCMXQD... |

中小企業の強みを活かそう!SWOT分析の本2:Future SWOTが組織を変える

「Future SWOTが組織を変える」は中小企業の強みを知るための最適本です。

未来への時間軸を取り入れた新たなSWOT分析を提唱する本書は、社内に埋もれている新たなアイデアをいかに収集して経営に繋げるかを解説してくれています。

個人のアイデアを活かすという中小企業の強みを知ることで、業務改革などの働き方改革へと繋げていける効果も狙っています。

生き残るために成長のカギとなるアイデアを提唱する本です。

社員や取引先から風通しが良いと言う評判の会社でも、なかなか共有しきれない情報がたくさんあるもの。どうやってそれを吐き出すか、情報共有することでどんな効用があるか、事例を使いながら上手く解説している。働き方改革のおかげで社員同士の接点がぐっと少なくなっている時代に、こういう視点が重要なことを思い出させてくれる。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3TJYVPO08LB... |

中小企業の強みを活かそう!SWOT分析の本3:SWOT分析 コーチング・メソッド

「SWOT分析 コーチング・メソッド」は、SWOT分析指導の第一人者が放つ中小企業の強みを知るためのハウツウ本です。

著者は100を越える企業改革の実績をもつコンサルタント歴27年のSWOT分析の権威です。その彼があますことなく分析のための秘策を披露している本書を読み、企業実績向上を目指しましょう。

SWOT分析をするが課題だったので、参考書より実践に近いこちらを選びました!大変参考になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2BEWDYZ11S4... |

中小企業の強みを把握しよう

中小企業の強み8つとは?中小企業の強みを分析する方法とおすすめ書籍
中小企業の強みを知ることで、自社のこれからの目標設定を明確にできることがおわかりいただけたでしょうか。

中小企業には大企業にはないスピード感や得意分野において突出した技術力などがあります。それらをSWOT分析でしっかりと目に見える形に表すことで今後の事業展開も容易になります。中小企業の強みを明確に把握して、革新的な事業を営んでいきましょう。

Related