Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

コンプライアンスの重要性3つ|コンプライアンスの違反事例6選

コンプライアンスは、英語で(命令などに)応じるという意味であり、法令遵守と訳されています。ここでいう法令とは、国会が定める法律、閣議決定した政令(施行令)、大臣が決裁する省令(施行規則)以外に、地方自治体の条例や会社の規程や規則などのルールも含まれます。

コンプライアンスの重要性3つ|コンプライアンスの違反事例6選
バナー

コンプライアンスとは

企業コンプライアンスとは、企業統制において高い重要性に位置づけられる基本原理であり、一般的に法令遵守と呼ばれています。

企業コンプライアンスには、法令遵守はもとより倫理規範遵守の概念も含まれることから、不祥事を隠蔽することなく速やかに情報公開する社会的責任が含まれています。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

コンプライアンスの重要性3つ

企業コンプライアンスに違反した場合、法的責任のみならず株価下落や売上低下などの社会的制裁を負わなければならないため、経営トップ自らが企業コンプライアンスの重要性を認識する必要があります。

経営者が率先して企業コンプライアンスの重要性を提唱し、リスクマネジメントの一環としてコンプライアンス規程の明文化やコンプライアンス委員会設置を主導し、具体的な行動によって重要性をアピールすることが大事です。

コンプライアンスの重要性1:不祥事を予防

企業コンプライアンスの重要性を周知するためには、単にコンプライアンス意識の醸成や啓蒙活動だけでは不十分です。

不祥事を予防するためには、企業統制システムの一環として「内部統制」「内部通報」「内部監査」などのシステム構築の重要性が指摘されています。

コンプライアンスの重要性2:社会的信頼

コンプライアンスの重要性は、企業がさまざまな社会的制裁を受けて始めて認識されるケースが多いといえます。

つまり、他社で起こったコンプライアンス違反の事例を見ても「他山の石」との認識が一般的であり、仮に自社の不祥事がテレビに映っても一般の社員は「何が起こったのか」見当もつかないのが普通です。

コンプライアンスの重要性3:社内のモチベーションや生産性の向上

企業コンプライアンスの重要性は、仕事に対する社員の行動規範や倫理観だけでなく、モチベーションの維持や生産性の向上にとっても大きな影響を与えることです。

社員のモチベーションの源泉は、マズローの欲求5段階説でいう帰属欲求と承認欲求といわれています。企業コンプライアンスの重要性は、会社が社会貢献活動に力を入れるほど社員の労働意欲が高まり、仕事をとおして社会的信頼性を得たいと考える社員が増えることです。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

コンプライアンスの違反事例6選

企業コンプライアンス違反は、コンプライアンス違反に気づいていないか、気づいても改善する意識が希薄なため忘れ去られてしまうことです。

コンプライアンス違反を起こす会社は、そもそもコンプライアンスの重要性の認識が希薄なことが大きな特徴です。組織風土が内向的かつ閉鎖的であり、意思疎通はもっぱら上意下達が基本で指示命令は朝令暮改が当たり前です。

ここでは、過去のさまざまなコンプライアンスの事例を見ていきます。

コンプライアンスの違反事例1:不正経理

不正経理の事例は、2011年「オリンパス」の粉飾決算、2013年「みずほ銀行」の反社会勢力への融資事件、2017年の「てるみくらぶ」の粉飾・詐欺事件、2018年「はれのひ」の粉飾・詐欺事件などがあります。

これらの事件に共通するのは、経営者自らが主導した社会・顧客・利害関係者を欺く悪質な事件であり、経営者のコンプライアンスの重要性や社会的モラルが欠如している例です。

コンプライアンスの違反事例2:製品における偽装

製品や商品の表示偽装の事例は、2000年「雪印乳業」の集団食中毒事件、2002年「雪印食品・日本ハム・伊藤ハム」などの牛肉偽装・隠蔽事件、2007年「船場吉兆」の賞味期限の偽装事件などがあります。

それ以外にも伊勢の「赤福」や札幌の「石屋製菓」の賞味期限改ざん事件、有名ホテルのバナメイ海老の食材偽装など、いずれも食品の安全・安心の重要性を蔑ろにした極めてコンプライアンス意識に欠けた事例です。

コンプライアンスの違反事例3:情報の漏えい

情報漏洩の事例は、2014年「ベネッセコーポレーション」の個人情報漏洩、2015年「東京商工会議所」の個人情報漏洩、2015年「日本年金機構」の個人情報漏洩など、数限りないほど多く発生しています。

情報漏洩の原因の多くはハッカーの攻撃によるものとしても、深刻なのは年金事務を司る公的機関としての情報管理に関する重要性の認識の低さです。個人情報をとり扱う事務員の再教育と組織統制の見直しが望まれます。

コンプライアンスの違反事例4:品質データ改ざん

製品偽装の事例は、2015年「タカタ」のエアバッグ不具合、2015年「東洋ゴム」の免震ゴムの検査データ改ざん、2017年「神戸製鋼」の材料強度データの改ざんなど枚挙に暇がありません。

これらの事件は、業界トップメーカーの組織的なデータ改ざん事件です。日本を代表するグローバル企業が起こした事件だけに、コンプライアンスの重要性が再認識させられます。

コンプライアンスの違反事例5:贈収賄事件

贈収賄事件の事例で有名なのが、1988(昭和63)年に発覚したリクルートコスモス社(未上場の不動産販売会社)の未公開株式の贈収賄事件です。

この事件は、戦後の日本で摘発された最大級の企業犯罪(贈収賄)とされていますが、企業コンプライアンスの重要性を想起させる契機となった事件です。

コンプライアンスの違反事例6:違法労働契約(ブラック企業)

主に長時間労働や賃金未払いの残業などによる違法労働事件として話題になりますが、働き方改革でも重要性が指摘されているいわゆる「ブラック企業」が引き起す事件です。

ブラック企業と揶揄される企業においては、単に違法労働契約だけでなくパワハラについても重要性の高い改善課題であると指摘されています。
バナー

コンプライアンスの強化方法とは?

企業コンプライアンスの重要性は、企業経営者の責任において「企業市民(コーポレートシチズン)」という概念に基づいて社員教育を行うことが大事です。

人が法律に従って活動すること当然のことですが、会社(法人)は法令遵守の重要性はもとより社会道徳や社会正義に基づいて行動することの重要性を認識させる必要があります。

社員研修

企業コンプライアンスの社員研修は、概して当事者意識が希薄なため参加意欲が低いことが指摘されています。

そのため、企業コンプライアンスの重要性の理解を深めるためには、上司や会社のためでなくとどのつまり「自分の生活を守るため」と強調することが必要です。

外部サービス

企業コンプライアンス教育の外部サービスの利用は、担当者の手間が省けるメリットがある反面、予算措置が必要なデメリットがあります。

経験豊富な講師の話を聞くためには、あらかじめ研修会の内容や形式など綿密な打ち合わせが必要であり、担当部署における費用対効果の検証が重要です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

コンプライアンス違反が起こりやすい環境とは

企業コンプライアンス違反が起こるのは、過去の事例に鑑みて必ずしも社員の意識レベルが低いことよりも、むしろ会社が引き継いでいる組織風土がトリガーとなっていることが多いといえます。

利益最優先主義

コンプライアンス違反の典型的な事例は、企業体質の根源をなす「利益最優先主義」によってもたらされる悲劇です。

上司のパワハラ的な檄を受けた営業担当者は、当然のこと脇目も振らず利益追求に奔走しますので、時として違法行為に至るのは必然的な帰結ともいえます。

隠ぺい体質

検査データの隠ぺいや改ざんは、日常的にはルーチン業務なので組織全体が悪意をもってやっているわけではありません。

上司も部下も、「昔から引き継いだやり方」に沿って仕事をこなしているだけので、もちろん罪悪感を持つことがありません。有名なグローバル企業においても、このような実態が蔓延っている実態があります。

同族経営

企業コンプライアンス違反を問われる企業は、概してワンマン経営者が率いるトップダウン方式の経営スタイルが多いといえますが、その中でも特に創業者一族が大株主となっている同族会社が際だった存在です。

このような会社の特徴は、意外にも高い市場シェアーやオンリーワンの技術を持っていることであり、業界の中で強い発言力を誇っています。

コンプライアンスの重要性を理解してクリーンな経営を維持しよう

企業コンプライアンスの重要性は知識としての理解が進んでいても、自分のことと繫がっていないことが最大のボトルネックです。

そのため、社員教育の中で企業コンプライアンスの重要性について、「自分や自分の家族のため」であることをいかに理解してもらうかが最も重要なことです。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related