Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月04日

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険

モチベーションがダウンすると自尊心が低下するだけでなく、仕事のパフォーマンスも悪化して職場での評価もダウンしてしまいます。この記事ではモチベーションダウンの危険性に加えて、その対処法についてもご紹介しているのでぜひご覧ください。

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険

モチベーションダウンの要因とは?

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
どんなに真面目な人であっても、また頑張り屋さんであったとしても、時には仕事に対するモチベーションがダウンしてしまうこともあるでしょう。

モチベーションがダウンした状態のままいると、何事にも億劫に感じてしまうため、余計に仕事への意欲が低下するという悪循環に陥ってしまいます。

モチベーションダウンの状態から脱するためにも、ここではまずモチベーションダウンする要因についてチェックしておきましょう。

人事制度への不満

モチベーションダウンにつながる要因としてまずご紹介したいのが、人事制度への不満です。

社員の要望を十分にくむことなしに、管理職が一方的に人事制度を運営するならば、社員がそれに不満を募らせモチベーションをダウンさせてしまうのも無理はありません。

社員のモチベーションダウンは職場全体の生産性のダウンにもつながるため、公平で納得できる人事制度の確立が急務だと言えるでしょう。

評価への不満

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンの要因として、評価への不満も挙げられるでしょう。頑張って業績をきちんと上げているにも関わらず、それが正当に評価されないのならば、モチベーションダウンするのも致し方ありません。

このような理由で社員のモチベーションダウンを放置しておくと、その社員は転職を考え始めるため、優秀な人材の流出につながってしまうことでしょう。

組織への忠誠心の低下

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンの要因のひとつとして、組織への忠誠心の低下も含まれるでしょう。

会社の示すビジョンが不明瞭であったり、経営陣が現場の声を無視した独善的な経営方針を策定するなどして組織への忠誠心が低下するならば、「こんな会社のために頑張る気が湧かない」とモチベーションダウンにつながってしまうでしょう。

多くの場合、管理職や経営陣への反感や不満が原因となります。

モチベーションダウンの対処法8つ

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンは職場の生産性を下げ、企業の利益を低迷させるという点において企業に大きなダメージを与えますが、同時にビジネスパーソン本人にとっても多くのデメリットをもたらします。

では、モチベーションダウンになってしまった時、どうすればよいのでしょうか。ここからはモチベーションダウンになった時に試したい対処法を8つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

モチベーションダウンの対処法1:なぜ悩んでいるのかを明確にする

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンになった時の対処法としてまずおすすめしたいのが、そもそもなぜ自分は悩んでいるのかを明確にするということです。

もやもやとした気持ちの原因がわからなければモチベーションダウンの状態から抜け出すことはできないため、まずはもやもやの原因を突き止め、その正体をはっきりとさせることが必要でしょう。

自分の気持ちに向き合い、何に悩んでいるのかをよく考えてみてください。

モチベーションダウンの対処法2:ストレスを取り除く

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
ストレスを取り除くというのも、モチベーションダウンになった時におすすめしたい対処法のひとつとして挙げられるでしょう。

ストレスを溜めた状態でいるとどんどんモチベーションがダウンしてしまいますので、まずはストレスの原因を突き止め、その上で自分に合ったストレス解消方法を実践することが必要です。

たとえばジョギングなど体を動かしたり、友達や恋人と会って楽しい時間を過ごすなどがおすすめです。

モチベーションダウンの対処法3:仕事を休む

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンになった時の対処法のひとつとして、思い切ってたまには会社を休んでみるというのもおすすめです。

モチベーションがダウンした状態で出勤してもろくに仕事にならず、ストレスが余計にたまるだけですので、思い切って有休をとって自分の思うように過ごしてみてはいかがでしょうか。

プチ旅行をしてストレスを発散するもよし、一日中たっぷり寝て体を休めるもよしです。

モチベーションダウンの対処法4:目標を設定する

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
目標を設定するというのも、モチベーションダウンから抜け出すための対処法のひとつとして挙げられるでしょう。

目指すべき目標がないとモチベーションを上げることはできないため、成し遂げたいことや実現したことをリストアップし、明確な目標を作ることが大切です。

また、その目標を実現するための中期的・短期的目標を設定し、成功体験を重ねられるような状態を作ることも必要でしょう。

モチベーションダウンの対処法5:デスクを整理する

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンの状態から抜け出すための対処法のひとつに、デスク周りを片づけるということも含まれます。掃除をすることでやる気スイッチを入れることができます。

また、綺麗すっきりと片付いたデスクを見ると気持ちよく感じるため、それによってモチベーションをアップさせることもできるでしょう。

反対に、デスク周りがごちゃごちゃと汚く散らかっていると余計にモチベーションがダウンしてしまうので要注意です。

モチベーションダウンの対処法6:新しい分野にチャレンジしてみる

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
新しい分野に積極的にチャレンジしてみるというのも、モチベーションダウンした時におすすめしたい対処法のひとつです。

同じ環境のぬるま湯の中に浸かりきっているとマンネリに陥り、モチベーションダウンしてしまうため、よい刺激を得るためにも未知の分野でいろいろなことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

新しい経験をしたり新しい知識を得ることで、おのずとわくわくとした気持ちを取り戻せるはずです。

モチベーションダウンの対処法7:目標となる人を見つける

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンになった時に実践したい対処法のひとつとして挙げられるのが、憧れの人を見つけるということです。

「自分もこんな人になりたい」と思うような憧れの人を見つけることができれば、その人を目指して努力を行おうという気持ちになるため、自然とモチベーションが上がることでしょう。

できるならば、職場など身近なところで憧れの人を見つけるのがおすすめです。

モチベーションダウンの対処法8:自分にご褒美をあげる

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
自分にご褒美をあげるというのも、モチベーションダウンから抜け出すために効果的な対処法として挙げられるでしょう。

毎日自分にノルマを課し、「これを達成することができたら美味しいものを食べよう」「ノルマがクリアできたら欲しかったものを買おう」と自分に小さなご褒美をあげてみてはいかがでしょうか。

小さな目標を設定し、それを達成するごとにご褒美を自分にあげれば、モチベーションを引き出すことができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

モチベーションダウンがもたらすデメリットとは?

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
もしもモチベーションがダウンした状態をそのまま放置したならば、どのようなデメリットが生じるのでしょうか。

ここからは、モチベーションダウンがもたらす危険性について詳しくご紹介していきます。

以下をご覧になり、モチベーションダウンの恐ろしさを理解しましょう。

スキルアップやキャリアアップが望めない

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
モチベーションダウンがもたらす危険性としてまず挙げられるのが、スキルアップやキャリアアップが見込めないということです。

モチベーションがダウンすると向上心や向学心が失われるため、キャリアアップに必要な勉強もスキルの取得も怠り、結果としてキャリアダウンにつながってしまうことでしょう。

同期が次々に出世していくなか、自分だけ取り残されてしまうこともあり得ます。

周囲からの信用を失う

周囲からの信用を失ってしまうというのも、モチベーションダウンがもたらす危険性のひとつでしょう。

モチベーションダウンの状態が続くと、周囲の人からは「やる気がない」「サボっている」とマイナスの評価を受けてしまいます。

当然ながら職場での評価も下がり、周囲からの信用を失って孤立してしまうことでしょう。

自己肯定感が低下する

自己肯定感が低下するというのも、モチベーションダウンのもたらすリスクのひとつです。

やる気が出せない自分のことを「なんてダメな人間なんだ」と責め、自己嫌悪に陥っては自尊心も自信も喪失してしまうことでしょう。

そうなると全てに対するモチベーションが低下してしまうため、なかなかその状態から抜け出すことができません。

モチベーションダウンの原因を知って対処しよう

モチベーションダウンの対処法8つ|モチベーションダウンがもたらす危険
今回はモチベーションダウンをテーマに、その対処法や危険性についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

モチベーションダウンから抜け出すためには、その原因を把握し、それに合った対処法をできるだけ早く講ずることが必要です。

また、忙しすぎて疲れていることがモチベーションダウンの原因である場合もあるため、そんな時にはゆっくりと休息を取りましょう。

Related