Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

意識改革の方法6つと注意点3つ|意識改革を行うメリットとは?

「働き方改革」が叫ばれる中、企業や従業員の意識改革も求められています。ですが、ポイントを押さえておかなければ、せっかくの意識改革も失敗に終わってしまうのが現実です。この記事では、意識改革を行う方法や行う際の注意点、意識改革のメリットについてご紹介します。

意識改革の方法6つと注意点3つ|意識改革を行うメリットとは?
バナー

意識改革とは

意識改革とは、仕事に対する考え方や取り組む姿勢など、従来の意識から新しい意識に変えることです。

意識改革は、考え方や気持ちの持ちようを変えることで改革を実行することにつながりますが、「意識改革をしなければいけない」というような精神論だけでは意識改革は進みません。

意識改革をするには、意識を変えるには何が必要なのか、どんな方法が有効なのかなど、一歩踏み込んだ方法を模索する必要があるでしょう。

意識改革の目的

意識改革に取り組む会社の例を挙げると、仕事への取り組み姿勢が「上司に言われたことしかやらない」「生活のためだけに仕事をする」などの意識が蔓延している従業員の意識を変える目的で意識改革が行われることが多くあります。

このような会社が意識改革をすることで、経営者はもちろんのこと、社員一人一人が「成長したい」「自分を変えたい」という意識に変わり、個人も含めて会社全体が成長していきます。

意識改革の対象者

意識改革の対象となるのは、経営者をはじめする全社員です。意識改革は「ルールを守らせる」という意識を持たせる方法ではありません。従業員から率先して「ルールを守り会社を成長させよう」と自発的に意識することです。

全従業員が「自ら課題を見つけ出そうとする意識」「自らの責任で目標達成を求める意識」を持つ必要があります。このことから、意識改革の源は会社で働く全従業員の内面に存在しています。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

意識改革の方法6つ

意識改革の方法は、経営者が従業員をコントロールしようとせず、従業員が成長できる環境を作ることです。経営者が従業員をコントロールすればするほど、従業員は自ら考え、自ら行動することをやめてしまいます。

だからと言って、経営者がすべて現場に丸投げするわけではありません。経営者は意識改革の「核」であることを意識し、従業員の価値観や固定観念を見つめ直し、改革の方法を導き出す必要があります。

意識改革の方法1:組織の理念やビジョンを浸透させる

意識改革を実現する方法として、意識改革のゴールを定めることが大切です。どこにゴールを置くかによって、アプローチ方法が変わってくるからです。

従業員全体の意識が統一されていない会社は、どういったビジョンを持ち、どのような考え方でどこに向かっているのか分かりません。ですから、意識改革のスタートでは組織の理念やビジョンを浸透させることから始めましょう。社員の目指す方向性に変化が出るはずです。

意識改革の方法2:管理職やリーダーの育成

意識改革の方法として、管理職やリーダーの育成が挙げられます。管理職やリーダーは経営層と従業員の橋渡しを担っており、組織を統率するリーダーとしての心構えや務めがあります。

意識改革を成功させるか否かは、この層にかかっていると言っても過言ではありません。従業員の可能性を引き出し、自ら課題を見つけ出し改革しようとする意識を持つ環境を作り上げるのは、経営者のミッションとも言えるでしょう。

意識改革の方法3:組織文化を変える

意識改革の方法として、組織文化を変えることが挙げられますが、口で言うほど簡単ではありません。なぜなら、従業員は居心地が良い環境を変えたくないからです。

長い時間をかけて培われた企業独自の組織文化は、従業員の意識に深く根付いているため、時間をかけて少しずつ変えていく必要があります。そのための方法として重要なことは、経営者自身が意識改革をすることです。

意識改革の方法4:従業員の主体性や自立を促す

意識改革の方法として、従業員の主体性や自立を促すことは重要です。企業側が意識改革をしようとしたときに、圧力をかけて指示していたのでは、自主性が芽生えることはありません。従業員自らが改革しようと思わせることが大切です。

そのためには、管理職やリーダーが従業員と一体となり、意識改革をゴールとした目標設定をする方法が有効です。管理職やリーダー自身が変革を起こし、皆を導いていけば意識改革は成功するでしょう。

意識改革の方法5:ライフワークバランスを向上させる

意識改革を進める方法として、ライフワークバランスを向上させようとする考え方は、国と企業が「働き方改革」の一環として推奨しています。ライフワークバランスには「仕事と生活の調和」という意味があり、企業でも積極的に導入しています。

ライフワークバランスは、より生き生きと仕事に取り組む施策であり、単なる残業削減の方法ではないことを、意識改革の上で確立し伝えていくことが必要です。

意識改革の方法6:従業員の活躍の場を広げる

意識改革の方法として、従業員の自ら考えて働く姿勢は、意識改革を行ううえで欠かすことはできません。経営者は、従業員が活躍する場を広げることが大切です。

例えば、若手にポジジョンを与えたり、女性管理職を登用することが挙げられます。経営者自身が意識改革の旗揚げを行い、その一環として会社組織を丸ごと変えるという方法に出れば、意識改革の意義が浸透し、組織文化も一変するでしょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

意識改革の注意点3つ

意識改革を目指すには、経営者や各部署のリーダーだけが意気込んでいるだけでは改革は進みません。従業員自らが率先して「意識改革が必要」と実感できる環境が必要です。

そのためには、圧力ではなく対話をすることが重要です。意識改革をするビジョンや経営者自らが行動に移すリーダーシップも必要となるでしょう。ここからは、意識改革の注意点について紹介します。

意識改革の注意点1:ビジョンとギャップの差を把握する

意識改革の注意点として、企業のあるべき姿(ビジョン)と現状のギャップの差を把握することがあります。あまりにも理想が高すぎると、その達成までの道のりも遠くなり、モチベーションを保つのも難しくなります。

まずは、ビジョンと現状のギャップを認識するところから始めましょう。認識したらギャップを埋めるための方法や、具体的施策を話し合い検討していきます。

意識改革の注意点2:方向性を見失わない

意識改革に取り組んでいても、日々の業務に忙殺されていると意識改革の方向性を見失い、取り組む前の状態に逆戻りしてしまうこともあります。意識改革は一朝一夕で実現するものではありません。

ポイントを押さえながら意識改革に取り組むことが大切です。高いハードルを乗り越えようとすると、無理が出たり負荷もかかります。意識改革は小さなことの積み重ねです。小さな達成感を増やし、改革意欲を醸成していくことが大切です。

意識改革の注意点3:意識改革を押し付けない

意識改革の押しつけは、改革が遠ざかるだけで目的の達成につながりません。企業側だけの宣言で、実行策を従業員に委ねる方法を取っても同じことです。企業のあるべき姿(ビジョン)をしっかりと話し合い、ギャップを埋める実行策を決めて意欲を向上させることが大切です。

企業のリーダーは全員で決めた実行策に対して、経過を見守り、評価や改善を促すなどのフォローをします。時にはモチベーションを意識した施策も必要です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー

意識改革を行うメリットとは

意識改革を成功に導けば、企業にも従業員にもメリットがあります。意識改革で大切なことは、「何を改革するのか」「なぜ改革が必要なのか」というメリットを明確にし、企業のあるべき姿を共有することです。

「今、意識改革をしなかったら今後どのような問題が起こるのか」など、経営者から従業員全員に意見を募ることで、意識改革を組織全体で進めて行くことも可能となるでしょう。

従業員エンゲージメントの向上

従業員エンゲージメントとは、従業員と企業の絆の強さを表す概念と言われ、会社に対する愛着や信頼の度合いのことです。多くの企業で取り組みが進んでおり、企業と従業員が共に成長するための方法が取られています。

例えば、社内コミュニケーションを活発にしたり、適切な人事評価と具体的なフィードバックを行い、正当な評価を示すことで、従業員の意識に変化が生まれます。意識改革のメリットと言えるでしょう。

業務効率や生産性の向上

意識改革を行ううえでのメリットは、組織のつながりが強固となり、企業のあるべき姿(ビジョン)に一歩ずつ近づいて行くことです。企業の組織強化が進んで行けば、業務効率や生産性の向上につながります。

労働者人口の減少が懸念される現代では「働き方改革」が叫ばれ、各企業でも業務効率や生産性向上の方法を模索しています。そのような中での意識改革は、企業の根幹をなす施策となっていくでしょう。

雇用の安定化

意識改革では、従業員一人一人が働きやすい環境を作り、自らが活発に意識改革にのぞむことが大切です。上層部からの命令で「やらされている」という意識のままでは効果がありません。

意識改革が進んで行けば「自分からやらなければ」という意識が芽生えてくるので、自然に雇用が安定します。こうした意識が従業員全体に波及し、より働きやすい環境が整うことから、会社のイメージアップにもつながるでしょう。

意識改革の方法や注意点を知ろう

意識改革を行うことで、従業員のパフォーマンスが変わり、業務効率化や生産性が向上します。その方法はさまざまですが、地道に小さな成功体験を積み重ねることが企業全体を変えていきます。

意識改革の理想が高すぎるとギャップが生じるため、モチベーションが低下しないように、常にリーダーが見守り、正しい評価を促すことも大切です。意識改革の方法や注意点を知り、意識改革に取り組んでみましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related