Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月07日

SMARTの法則を詳しく解説|目標設定時に気を付けたい注意点4つ

「SMARTの法則」とはどのような法則のことを言うのでしょうか。「SMARTの法則」をしっかり理解することは仕事をするうえでとても重要な要素の一つと言えます。「SMARTの法則」を活用することで自分自身の仕事の効率がアップする仕組みについて詳しくご説明します。

SMARTの法則を詳しく解説|目標設定時に気を付けたい注意点4つ

SMARTの法則とは

ビジネスに対して一般的によく用いられているのは「PDCAの法則」ですが、「SMARTの法則」とは一体どのような法則なのでしょうか。

仕事をするうえで効率よく業務を遂行するための知識の一つと言えるでしょう。ビジネスシーンで活かせる「SMARTの法則」についての知識を詳しく説明します。

Specific

「SMARTの法則」の「S」とは、「Specific」日本語で「具体性」のことを指します。目標達成するうえで、具体的に物事を考えてスケジュールを立てることはとても大切です。

漠然とした目標設定では継続することが困難で将来自分がなりたい、もしくは達成したいビジョンへ近づくことができなくなります。

そのため、目標を定めるには、より具体的な内容を少しずつでも形にすることで、より明確なビジョンが構築されます。

Measurable

「SMARTの法則」の「M」は「Measurable」、日本語に訳すと「計量性」となります。計量性とは「PDCA」の動きをしっかり行うために必要なことです。

「SMARTの法則」により、定めた目標設定の具体性と、その目標設定が計量化できるものなのかをしっかり見定める必要があります。

大きな目標を描いてもその目標を達成するために、何がどの程度必要なのか数字化できることは最も大切な法則の一つと言えます。

Achievable

「SMARTの法則」の「A」は「Achievable」、日本語に訳すと「達成可能性」のことを指します。「達成可能性」とは達成の可能性が高い目標をより具体的に設定することです。

あまりに非現実的な目標設定は達成は到底困難であり、達成するために必要なモチベーションが低下してしまいます。

低すぎるハードルを設けるという訳ではないですが、よりリアルに達成のイメージができる設定にすることが大切です。

Relevant

「SMARTの法則」の「R」は「Relevant」、日本語に訳すと「関連性」のことを指します。「関連性」とは、達成したい目標設定に対し、達成することにおける関連性を明確にイメージすることで、モチベーションを高く維持することが可能です。

大きな目標設定であれば、継続しにくくなり途中で挫折してしまいます。目標に対して、何を解決することで何が得られるのか、その利益で自分にはどのようなメリットがあるのかを見極める必要があります。

Time-bound

「SMARTの法則」の「T」は「Time-bound」、日本語に訳すと「期限」のことを指します。「SMARTの法則」によりPDCAを行うすべての工程において「期限」を設ける必要があります。

目標設定しても、それをいつの時期までに完遂するのか具体的に決めておかなければ、日々行う業務のスケジュールを細かく組み立てることはできません。

決められた期限に対して最大限の成果をだせるようにしっかり組み立てる必要があります。

SMARTの法則の必要性

「PDCA」とは「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」と言う業務サイクルです。

しかしそのPDCAを実践する前にしっかりとした目標を設定しなければ、より具体的な目標とはなり得ません。

そのフレームワークを作り出すものが「SMARTの法則」です。すべてのビジネスシーンにおいて、適切な目標設定を行い、完遂することのできるフレームを設けて具体的に進めていくことが重要です。

SMARTの法則の目標設定例

「SMARTの法則」とは具体的にどのように設定するものなのでしょうか。さまざまなビジネスシーンにあった目標設定を行うことで個人個人のやるべき具体的な行動指標が定まります。

行動するための目標を「明確」に設定し、効率よく的確なスケジュールで業務を遂行していくことが可能です。ここでは具体的な設定例をご紹介します。

Specificの設定例

「SMARTの法則」の「Specific」は日本語で「具体性」です。業務にしっかりと向き合い、目標を達成させるためには「具体性」はとても大切です。

「支店で一番の営業マンになりたい」という目標を設定した際に、具体的に何から始めるのか細かな行動計画が必要になってきます。

例えば「毎日、新聞を欠かさず読み、時事ネタを収集する」「毎日●件は取引先に行く」など詳細に決めれば決めるほど、自分の目標が明確化されていきます。

Measurableの設定例

「SMARTの法則」の「Measurable」は日本語で「計量性」です。業務上、目標達成に向けての正確な業務ボリュームを理解することはとても重要です。

「支店で一番の営業マンになりたい」と言う目標に対して、支店の1ヵ月の売上目標はどの程度あり、そのうちの個人目標が占める割合がどの程度なのかを正確に把握し、日々の業務スケジュールをしっかりと組み立てることで、無理な目標を設定せず着実に業務をこなしていけるようになります。

Achievableの設定例

「SMARTの法則」の「Achievable」は日本語で「達成可能性」です。仕事を進めていくうえで「SMARTの法則」によりフレームを組み立て、「PDCA」という行動に移す際、あまりにもかけ離れた目標設定では到底「達成」などできません。

「1日何件の営業先に行く」「何件アポイントを取る」など、達成できる目標設定なっているのか考える必要があります。目標を一歩ずつクリアすることで、高いモチベーションを維持しながら業務に取り組むことができます。

Relevantの設定例

「SMARTの法則」の「Relevant」は日本語で「関連性」です。目標を設定し、達成の可能性も考えて行動すると、最終的に自分にとってどのようなメリットが生まれるのかの「関連性」のイメージが広がり、より高いモチベーションを維持することができます。

「支店で一番の営業マンになることでキャリアアップが目指せる」、「違った業務を任せてもらえ、それによって収入がアップする」など設定した目標に明確な関連性を持たせましょう。

Time-boundの設定例

「SMARTの法則」の「Time-bound」は日本語で「期限」です。物事を遂行するためには、きちんと定めた期間内に業務を遂行し、目標達成ができるようにイメージしなければいけません。

「支店で一番の営業マンになる」と目標を立てて日々行動していても「いつまでに」と言う期限を自分に設けなければ、目標だけを追いかけ、いつまでたっても達成感を味わうことができません。定めた期間で精一杯のパフォーマンスを発揮することが重要です。

成果目標と行動目標とは

「SMARTの法則」を実行するうえで大切なことは「成果目標」と「行動目標」をしっかりと見定めることと言えるでしょう。

「成果目標」とは最終的に達成したいとおもっている目標であり、「行動目標」は成果目標に向かって具体的に行動するための目標です。

共にしっかりとした目標を明確にすることで、達成への道がより現実味が出てきます。ここではそれぞれの目標について説明します。

成果目標とは

「SMARTの法則」を実行するうえで「成果目標」はとても大切な目標設定です。「成果目標」は最終的に達成したいとおもっている目標を指します。

そのため、到底達成できない目標を掲げても成し遂げることはできないですし、逆に設定が低すぎるのもいけません。

自身の置かれている状況をしっかり理解し、客観的に分析した成果目標を設けることで最終的に手に入れたい目標が定まるでしょう。

行動目標とは

「SMARTの法則」を実行するうえで「行動目標」は目標達成に必要な行動を示す為の目標設定と言えます。

最終的には手に入れたいものを成果目標とした場合、その成果に到達できるように細かな行動を設定することが行動目標と言えます。

「支店で一番の営業マンになる」という成果目標に対して、具体的に「新規のクライアントを何件訪問」、または「アポイントを何件取るか」を設定するのが「行動目標」です。

SMARTの法則の4つの注意点

「SMARTの法則」で設定した目標を「PDCAサイクル」で実践して、到達したい目標に向けて仕事をすることは、効率よく業務を回すだけではなく、客観的に自分自身の仕事のでき具合も見定めることが可能となります。

「SMARTの法則」で定める5つの役割をしっかり理解し、間違ったフレームワークでPDCAを実行することが無いように目標設定をしましょう。ここでは注意すべきポイントを4つ紹介します。

注意点1:目標値を低く設定してしまう

「SMARTの法則」でフレームワークを考える際に、もともとの目標を低く設定してしまうケースがあります。

支店で一番の営業マンになるために、支店の売上目標に対して個人に設定した目標があまりにも低すぎると、成果目標を達成することが困難となります。

到底達成できない高い目標設定はナンセンスですが、しっかり努力をして達成できる見込みがあることを計算して設定しなければなりません。

注意点2:イメージしやすい目標にする

「SMARTの法則」を設定する際に気をつけなければいけないことは、達成したい目標がきちんと自分自身でイメージできているかどうかと言う点です。

具体的なイメージができなければ「SMARTの法則」の「Specific」=「具体性」が壊れてしまい、達成に近づいているのか遠のいているのか、ポイントがつかめず起動修正が困難となり、高いモチベーションを維持することができなくなってしまいます。

注意点3:目標を忘れてしまう

「SMARTの法則」を進めていくうえで、その法則にばかり気を取られてしまい、実際の設定した目標は一体何だったのかと見失ってしまうケースも少なくありません。

あくまでも「SMARTの法則」とは成果目標を達成するためにどのように行動することがベストか読み解いていく手段の一つであるため、最終的にはいろいろと複雑に考え込まず、シンプルに考えて実行することがとても大切です。

注意点4:現状に合わせた目標値に見直す

「SMARTの法則」を組み立てていくうえで、一度定めたフレームワークに沿って必ずやり遂げなければならない、と言うわけではありません。

当初思い描いた目標設定で行動に移した際に大きな乖離が生じることも多々あります。その際は、一旦立ち止まってしっかり目標値を設定しなおすことが大切です。

何度でも軌道修正しながら最適な目標を定め、達成に向けて行動することが重要です。

SMARTの法則を正しく理解しましょう

「SMARTの法則」とは業務を達成するためのフレームワークであり、そのフレームを用いて「PDCAサイクル」を実践することでミッションが成し遂げられるための業務フローです。

型にはまったものがある訳ではないため、常に現状と照らし合わせ、見直しながら実行していくことがとても重要です。

自分自身のビジネスシーンにおいて最適な方法を見出し効率よく目標に向けて進んでいくために、「SMARTの法則」を上手に活用すると良いでしょう。

Related