Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月07日

適材適所な人材配置とは?配置のポイント5つや成功のコツを解説!

適材適所の意味について知りたい人も多いのではないでしょうか。では、適材適所な人員配置の効果や、日本では適材適所の実現が難しいのか、適材適所な人材配置のポイントご紹介しています。さらに、適材適所な人材配置のコツについてもお伝えしますので、参考にしてみてくだい。

適材適所な人材配置とは?配置のポイント5つや成功のコツを解説!

適材適所の意味

適材適所の意味は、その人の能力を活かせることができる場所を与えて、より優れた能力を発揮させてはいい結果を得る意味があります。適材適所により、物事がよりスムーズに進み、スピーディに進めることも可能となります。

また、性質を引き伸ばせるいい地位や任務を与えることで、さらにその人の持つ優れた性質を高められるようにすることが適材適所の意味です。

ビジネスにおける適材適所とは?

ビジネスにおける適材適所とは、そのポジションに見合う人材を配置することを指します。開発には開発の才能に溢れた人材が必要ですし、営業には営業成績をアップさせる社交的で前向きに仕事ができる人材が必要です。

また、企業側は才能を開花させ、能力を十分に活かせる人材を選び、配置することが企業の業績を伸ばせる重要な意味になります。適材適所の選び方をよく考えて、社員一人一人の適切な仕事を与えるのも適材適所の意味です。

適材適所な人員配置の効果

適材適所な人員配置をすることで、どのようなプラスになるメリットがあるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。では、適材適所な人員配置の効果を2つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

社員の定着率アップ

適材適所な人員配置の効果は、社員の定着率アップが狙えることです。適材を適所に配置することで、自分の才能や資格を活かして仕事ができるので、社員は楽しく、前向きに仕事ができますから会社を辞めません。

また、自分の持つ才能や能力を磨きながら伸ばせる職場では、仕事の効率も上がり、企業の業績も飛躍的に伸びるので給料もアップすることが多いです。給料がアップすることでより社員の定着率も上がります。

人件費の削減になる

人件費の削減になることが適材適所の効果です。その職場に見合う能力や才能がある社員を配属することで仕事の効率がアップしますから、無駄に人材を増やすことなく人件費の削減になります。

また、資格やスキルが見合う社員を適材適所に配属すれば、より効率よく質のいい仕事ができて効率アップします。より優れた質のいい仕事ができるようになり、無駄に給料を高くしてまで社員を確保しなくてもいいので、人件費の削減になります。

日本では適材適所の実現が難しい?

日本では適材適所の実現が難しいといえば、難しいところがあります。なぜ難しいのかというと、最初から与えられるポジションが決まっているからです。

日本では一人一人の能力やスキル、資格などを活かせる環境が整っていない企業が多いので、適材適所で仕事ができません。

与えられた環境で与えられた仕事をするしかない日本の企業では、能力と才能を伸ばすことが難しく、合わない環境で合わない仕事をすることが多いです。

適材適所な人材配置のポイント5つ

その場所に適した優秀な人材を配置する適材適所を取り入れる時は、幾つかのポイントを考えることが大切です。では、適材適所な人材配置のポイントを5つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

適材適所な人材配置のポイント1:時間をかける

適材適所な人材配置のポイントは、時間をかけることです。早く適材適所に適した能力や資格を持つ社員を配置したいと何も調べずに配置してしまうと、まるで適材適所に合わない人材を配置してしまうことがあります。

しかし、しっかりその社員の能力と適した仕事、資格をチェックしてから配置することでより能力を引き伸ばし、いい仕事をするようになりますので、適材適所に適した人材になります。

適材適所な人材配置のポイント2:性格や気質を知る

性格や気質を知ることで適材適所な人材配置ができるポイントになります。社員一人一人の性格や気質を知ることでどのような環境や職場であればより仕事が捗るのかチェックすることが大切です。

性格や気質が合う社員がいる職場であれば仕事の相談もしやすいですし、気分的にも仕事がしやすい雰囲気になるので、より仕事がしやすくなります。仕事がしやすい環境である適材適所なら質のいい仕事が効率よくできます。

適材適所な人材配置のポイント3:複数の人材マッチングパターンを試す

複数の人材マッチングパターンを試すことで、適材適所な人材配置が可能となります。一人だけではその職場に見合うだけの能力や資格があるとは限りません。

しかし、複数の人材を選ぶことでその職場にどの人材が一番見合う能力や資格があるのかわかるようになります。

そして、よりマッチングするシーンに合うパターンに、この人だと感じる人材は複数人当てはめて、実際に仕事をさせてから結果のいい人材を選ぶことがポイントです。

適材適所な人材配置のポイント4:各配置の業務を見直す

各配置の業務を見直すことが適材適所の人材配置でのポイントです。各配置で不必要な業務をしている、やり方が悪いから効率的な仕事ができない、物理的な職場環境を整えていないなどの問題点があるから適材適所な人材配置ができません。

しかし、不必要な業務をやめて、今までのフロー分析から効率的なやり方にする、適切なシステムやツールを導入することで適材適所に人材を配置することが可能となります。

適材適所な人材配置のポイント5:何度かPDCAサイクルを回す

適材適所な人材配置のポイントは、何度かPDCAサイクルを回すことです。このPDCAで作業を定型化して、効率良く一連の作業をアップするようにします。

それには、社員に無理のない計画を立てて、すぐに実行するように勧め、さらに社員が出した結果を評価し、やる気を出させます。

そして、生産管理や品質管理の向上を高めるために業務の改善をし、PDCAサイクルのスピードを上げることが適材適所な人材配置に役立ちます。

適材適所な人材配置のコツ

もう少しコツを掴んで人材配置を行うことで、適材適所を考えることが可能となります。では、適材適所な人材配置のコツとは一体どのようなコツを取り入れればいいのか2つ取り上げて、ご紹介しましょう。

社員のやりたい事を明確にさせる

適材適所な人材配置のコツは、社員のやりたい事を明確にさせることです。社員はどのような仕事がしたいのかアンケートで聞き出したり、実際にさせてみるなどして、やりたい事を明確にします。

そして、能力を発揮し、持っている資格をしっかり使える仕事に就かせることでやりたい事がはっきりして、適任となる適材適所の人材を配置することができます。

社員・企業両者の意見を考慮する

社員や企業の両者の意見を考慮することで、適材適所の人材を配置することができます。社員の適材となる仕事内容をチェックするために、どのような仕事に興味があるのか、好きなのかを聞き出します。

さらに、企業はどのような仕事ぶりを発揮する社員を必要としているのか、資格を持つ社員を必要としているかを聞き出しましょう。そして、両者の意見がピタリと合う人材を企業に採用してもらうことで、適材適所の人材を配置できます。

適材適所を実現しよう

適材適所を実現しましょう。そのポジションに適した人員配置を考えれば社員の定着率がアップしますし、人件費の削減にもなります。

日本では適材適所の人材配置を行う時は、時間をかける、性格や気質を知る、複数の人材マッチングパターンを試しましょう。

また、適材適所な人材配置のコツも確認し、効率が良く成果の上がる適材適所にでき、成功やコツを学び、上手いタイミングで取り入れば仕事も捗り、企業の業績も伸びるでしょう。

Related