Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月18日

タレントマネジメント導入のポイント5つ|タレントマネジメントの進め方

タレントマネジメントという言葉をご存知ですか。会社の経営戦略を元に、所属する人材のスキルやチキをデータ化し、適した場所で働いてもらうという仕組みのことです。タレントマネジメントを実際に行うには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

タレントマネジメント導入のポイント5つ|タレントマネジメントの進め方

タレントマネジメントとは

タレントとは、才能、素質、技量という意味の言葉です。タレントマネジメントとは、自分の会社に属しているタレント(人材)がどのような才能や技術を持っているかを把握し、その人を最大限に活かすにはどのようにしたら良いか、人材配置や教育をすることを言います。

タレントマネジメントは、1990年代にアメリカで導入された制度です。日本では終身雇用制や年功序列が根強く、タレントマネジメントが注目されることはあまりありませんでした。しかし、働き方の幅が増えてきたことによって、タレントマネジメントの重要性が出始めてきています。

タレントマネジメントの3つの目的

働き方の多様化や労働システムが流動化してきたことによって、日本でもタレントマネジメントが注目され始めてきています。タレントマネジメントはアメリカで始まった制度ですが、会社の経営にとって必要なプロセスです。

タレントマネジメントの目的にはどのようなものがあるのでしょうか。タレントマネジメントの3つの目的についてご紹介します。

タレントマネジメントの目的1:人材パフォーマンスの最大化

タレントマネジメントの一つ目の目的は、人材パフォーマンスの最大化です。タレントが持っている才能や技術はそれぞれ違います。その才能や技術を最大限に発揮してもらうためにも、会社はそのマネジメントをしなくてはいけません。

タレントの才能や技術が最大限に発揮されれば、会社としても利益が生まれます。その人がどこに所属し、どのような仕事をすれば会社のためにもタレントのためにもなるのかというところが重要です。

タレントマネジメントの目的2:人材育成

タレントマネジメントの2つ目の目的は、人材育成です。優秀や人材を育成し、その人の将来のキャリアや目標を見据えて育成してくことが必要です。そのために、会社はタレントのことを把握し、今どのような教育が必要か、どのような経験をさせるのが良いのかなどを考えていきます。

人材育成には時間をコストがかかりますが、会社の将来を考えると必要になってきます。また、タレントのモチベーションも上がるので育成は必要です。

タレントマネジメントの目的3:経営目標の実現

タレントマネジメント3つ目の目的は、経営目標の実現です。会社にとってタレントは、会社の経営目標を実現させるために必要な経営資源です。経営目標を実現、遂行させるためにも、適切なタレントマネジメントを行い、より良い組織づくりをしなくてはいけません。

タレントマネジメントを行うことによって、その人の知識や技術はどのようにすれば最大限発揮されるかがわかります。それを元に組織を作ることで、会社にとっても利益を生み出すことができます。

タレントマネジメント導入のポイント5つ

日本の会社は人材をどう活かすかということよりも、タレント(社員)がどう会社に合わせるかということの方が重視される傾向にあったため、タレントマネジメントはあまり重要視されてきていませんでした。

働き方の多様化によって、タレントマネジメントを導入し始める会社が増えてきています。タレントマネジメントはどのようにすればうまくいくのでしょうか。タレントマネジメントを導入する際のポイント5つをご紹介します。

タレントマネジメント導入のポイント1:人材情報を可視化する

タレントマネジメント導入のポイントその1は、人材情報を可視化することです。タレントマネジメントを行う際には、会社の経営戦略を元に組織づくりをしていきます。

会社の目標を達成させるにはどのような人材が必要か、そのスキルや知識を持っている人は誰か、そのタレントはどのようにすれば最大限にパフォーマンスをしてくれるのか、人材情報ははっきりとしていた方が戦略を練りやすくなります。

タレントマネジメント導入のポイント2:個人の能力に応じた人材育成を行う

タレントマネジメント導入のポイントその2は、個人の能力に応じた人材育成を行うことです。人材情報を可視化した際に、経営戦略に必要な人材がいない場合はその人材を育成することもタレントマネジメントの一つです。

仕事に取り組む際に、短期的に力を発揮する人もいれば、長期的に仕事に取り組むことで力を発揮する人もいます。個人の特徴や良さはさまざまです。タレント個人に応じた人材の育成が必要です。

タレントマネジメント導入のポイント3:適正な評価を行う

タレントマネジメント導入のポイント3つめは、適正な評価を行うことです。仕事ぶりを評価されるという点については賛否がありますが、行った仕事に対して正しい評価をされるということは、タレントにとってはモチベーションの向上に繋がります。

評価が伸び悩んでいるタレントがいた場合は、現状に問題がある可能性があります。個人の能力をうまく発揮できない、組織づくりに問題があるなど、改善点が見つかることもあるでしょう。

タレントマネジメント導入のポイント4:採用基準を明確化する

タレントマネジメント導入のポイント4つ目は、採用基準を明確化することです。会社にとってタレントは財産ですが、全員を雇用するのには無理があります。また、人材が増えれば増えるほど情報も増えるので、マネジメントは難しくなっていきます。

会社にとって必要な人材は何か、その採用基準を明確化することによって、経営戦略も立てやすくなります。そして、必要な人材のマネジメントや育成をすることができるようになります。

タレントマネジメント導入のポイント5:遂行する組織を見直す

タレントマネジメント導入のポイント5つめは、遂行する組織を見直すことです。会社は経営戦略を元に、遂行するための組織を作ります。その組織に人材を配置して仕事をしていきますが、その組織づくりがとても重要です。

タレント自身が組織の中でタレントが最大限のパフォーマンスができているか、何か問題がある場合は組織を見直さなければいけません。組織を見直すことで、会社としての利益を生むことに繋がります。

タレントマネジメントの進める3ステップ

タレントマネジメントを導入する際のポイントをご紹介しました。タレントマネジメントは非常に手間のかかる作業ではありますが、導入することによって会社の利益に繋がります。会社の利益を上げるには、自社に所属している人材について知っておかなくてはいけません。

では、実際にタレントマネジメントを進めるにはどのようにすれば良いのでしょうか。タレントマネジメントの進める3ステップをご紹介します。

タレントマネジメントの進め方1:活用

タレントマネジメントの進め方の1ステップ目は、活用です。会社は経営戦略を元に、タレントを活用します。タレントを適材の場所に配置し、実際に仕事をしてもらい、会社を運営してもらいます。

ここでポイントとなるのは、そのタレントをその場所でしっかり活かすことができるのか、その場所を管理するリーダーポジションの人材が重要となってきます。人材をしっかり活かすことができれば、会社の利益に繋がります。

タレントマネジメントの進め方2:開発

タレントマネジメントの進め方の2ステップ目は、開発です。タレントマネジメントを経て配置された組織の中で、タレントが新しい才能を発揮したり、今までできなかったようなことができるようになったりします。それが開発です。

開発によって目覚めた新しい才能やスキルを、会社側は育てていく必要があります。タレントの成長や、会社にとっても新しい利益につながる可能性があるからです。

タレントマネジメントの進め方3:運用

タレントマネジメントの進め方の3ステップ目は、運用です。運用とは、会社がタレントマネジメント業務を運営し続けることです。

タレントは会社に所属する人材のことを指します。仕事に取り組む中で日々成長したり、時には立ち止まったりすることもあるでしょう。何か悩んでいるような場合はサポートしたり、その時々に適した対応をしなければいけません。適切に会社というサイクルを回すことが必要です。

タレントマネジメントの注意点4つ

タレントマネジメントを実施すれば、会社にとっても効率的に利益を生み出すことができます。しかし、タレントとは会社に所属する人材のことを指すので、うまくいくことばかりではないでしょう。タレントマネジメントの注意点4つをご紹介します。

タレントマネジメントの注意点1:人材を活かす組織的な仕組みがない

タレントマネジメントの注意点の1つ目は、人材を活かす組織的な仕組みがないという点です。人には皆個性があるように、それぞれ得意なことや持っているスキル、ポテンシャルは違います。一つ目の組織には合わなかったが、次に配置された組織の中ではうまく仕事ができたということもあります。

人材を生かす組織の仕組みを作るのは非常に難しいため、タレントを管理するリーダーという存在は非常に重要となってきます。

タレントマネジメントの注意点2:企業内で周知されていない

タレントマネジメントの注意点2つ目は、企業内で周知されていないという点です。タレントマネジメントには、タレントの情報が必要不可欠です。各部署のデータや、最新の評価が必要になります。

企業内でタレントマネジメントが周知されていない場合、そのデータが集められなかったり、協力が得られなかったりすることが起こります。タレントマネジメントは会社内の取り組みとして周知される必要があります。

タレントマネジメントの注意点3:情報が運用できない

タレントマネジメントの注意点3つ目は、情報が運用できないという点です。タレントマネジメントには、社内に所属しているタレントの情報が必要になりますが、闇雲に情報を集めれば良いというわけではありません。会社の経営戦略に必要な情報がなければ意味がありません。

情報運営を円滑に行うためには、あらかじめ自社が求めるタレント像や、経営目標を達成するために必要なタレント像というものを定めておく必要があります。

タレントマネジメントの注意点4:システムを活用できない

タレントマネジメントの注意点4つ目は、システムを活用できないという点です。タレントマネジメントを導入する際、データ管理システムとしてタレントマネジメントシステムというものを導入する会社も増えてきています。しかし、そのシステムを活用できず、結果マネジメントがうまくいっていないという会社も多くあります。

タレントマネジメントシステムにもさまざまな方法があります。運営をする部署の体制を整えるのも大切です。

タレントマネジメントを実施しよう

タレントマネジメントは、会社の経営戦略、目標を達成させるためにも重要なプロセスです。データを集めたり、組織を円滑に運営するのは大変ですが、自社にいるタレントをうまく導くことによって、離職率も低くなります。

タレントマネジメントを導入する会社は昔よりも増えてきています。適切なマネジメントを行い、会社の業績アップを目指してみてはいかがでしょうか。

Related