Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月24日

メンタリングとコーチングの共通点4つ|メンタリングとコーチングの起源

メンタリングとは1対1での対話を通じで行う人材育成方法の一つです。対話を重ねていくことで指導を受ける人の気づく力を養ったり、お互いの信頼関係を深めることができます。その他にもメンタリングにはメンタルを支援、管理する役割も担っています。

メンタリングとコーチングの共通点4つ|メンタリングとコーチングの起源

メンタリング

メンタリングとは1対1の対話を通じて行う人材育成方法の一つです。新入社員や部下の考える力を養うために上司と1対1での対話をすることで、今まで気づかなかったことに気づかせることができるのでお互いの信頼を深めるためにもメンタリングが必要になっています。

メンタリングの導入を検討している人は、年齢の近い社員同士を指導役のメンターと指導される側のメンティーとして選ぶようにしましょう。

メンタリングの意味

メンタリングの意味を知ることでより実践的な対話をしていくことができます。メンタリングはアメリカで自己啓発の方法の一つとして定着しており、対話を重ねていくことでメンタルを管理することができ、またお互いの信頼を高めることも可能です。

会社を経営している人は、メンタリングを取り入れることで社員の気づきを促進したり、個人の可能性を開花させることで企業の生産性を上げることにつなげましょう。

メンターとメンター制度

メンタリングを実施していくにはメンターとメンター制度を理解しておく必要があります。メンターは指導役の社員を指し、メンター制度は新入社員(メンティー)と先輩社員(メンター)による面談を制度化したものです。

会社を経営する人は、メンター制度を導入することで社員全体の可能性を広げたり、社員同士の信頼関係を保つことに貢献しましょう。

メンタリングとコーチングの起源

メンタリングとコーチングという言葉には起源があります。それぞれの言葉の起源を辿り、知ることができれば、どのようなことに重きを置いてメンタリングやコーチングを進めていけば良いのかが理解しやすくなります。

メンタリングやコーチングの導入を検討している人は、効果的に活用していくためにも、元になっている事柄を知っておくことが大切です。

メンタリングの起源

メンタリングの起源はギリシャ神話のトロイ戦争まで遡ります。オデッセウスがトロイ戦争に出征する際、自分の息子であるテレマコスを親友のメントルに預けたことが若者の知恵を守ったことになり、「メントル=若い人を導くこと」という意味で使われるようになりました。

メンタリングを活用していきたい人は、戦女神アテナがメンターとしてテレコマスにどのような助言をしてきたのか知り、自身のメンタリングの参考にしましょう。

コーチングの起源

コーチングの起源は1840年代の学生を指導する教師から来ています。マネジメントの分野でコーチングという言葉が使われたのは1950年代ですが、その後1959年にマイルスメイスという大学教授が自身の出版物の中でコーチングをしていくことの重要性を示しています。

コーチングを活用していきたい人は、対話を重ねることで現状の問題点を浮き彫りにし、目標を達成のために必要なことを考えさせることが大切です。

メンタリングとコーチングの共通点4つ

メンタリングとコーチングには共通点が4つあります。両方とも1対1での対話を大切にしており、対話を重ねることで自発的、自律的な部分の成長を促すことを目的にしています。

メンタリングやコーチングを活用していく人は、対象となる社員がどのような指導を必要としているかを判断して手法を選んでいくことが大切です。

メンタリングとコーチングの共通点1:1対1の人材育成方法

1対1の人材育成方法であることもメンタリングとコーチングの共通点です。問題点を浮き彫りにするコーチングも社員の気づきを促進させるメンタリングも、1対1での対話をしなければ行えません。

メンタリングやコーチングを取り入れる人は、人材育成のための対話以外の時間にも会話をすることでお互いの信頼関係を深めていきましょう。

メタリングとコーチングの共通点2:主体はメンティやクライアント

主体はメンティーやクライアントであることもメンタリングとコーチングの共通点です。メンタリングもコーチングも、メンティーやクライアントの成長を促すために行われるので指導を受ける人を中心に考えていかねばなりません。

メンタリングやコーチングを活用していく人は、メンティーやクライアントの立場に立って物事を考えることでより良い助言をしていきましょう。

メンタリングとコーチングの共通点3:自発的・自律的な成長を促す

自発的、自律的な成長を促すこともメンタリングとコーチングの共通点です。どちらの人材育成方法も自発的、自律的な成長を目的にしているので、指導役となる人は自発的に考える力を養えるように対話をしていくことが必要となっています。

メンタリングやコーチングを活用していく人は、メンティーやクライアントの普段の業務を把握しておき、自発的に考えるために必要な言葉をかけていきましょう。

メンタリングとコーチングの共通点4:対話による気づきが中心

対話による気づきが中心なこともメンタリングとコーチングの共通点です。どちらの人材育成方法も対話による気づきを目的に行われるので、指導役となる人は根気よく対話をしていくことが求められます。

メンタリングとコーチングを使っていく人は、メンティーやクライアントの過去の言動を覚えておき、思考を理解することでどのように成長させるべきか考えていきましょう。

メンタリングとコーチングの違い4つ

メンタリングとコーチングには違いがあります。メンタリングは気づきを得るための対話を中心に行われますが、コーチングはメンタリングの一部の問題解決の方法の一つとなっています。

部下を指導していく立場の人は、メンタリングとコーチングの違いを理解して、指導の対象となる人の人材育成の方法を選んでいきましょう。

メンタリングとコーチングの違い1:テーマの違い

メンタリングとコーチングの違いにテーマの違いが挙げられます。メンタリングは人生や仕事全般のことをテーマにしていますが、コーチングは業務実現のためや目的達成をテーマにしています。

メンタリングやコーチングと使っていく人は、上からの指示や職場に必要なことを考慮しながら、人材育成の方法を選んでいきましょう。

メンタリングとコーチングの違い2:関わる範囲の違い

メンタリングとコーチングの違いに関わる範囲の違いが挙げられます。メンタリングはメンタルの支援や管理をしつつ、自身もローモデルとなることがありますが、コーチングは目標達成に必要なことを指導をしていきます。

人材育成方法を活用していく人は、上や上層部に指導をする範囲を確認しておき、どちらの人材育成方法がふさわしいか選んでいくことが大切です。

メンタリングとコーチングの違い3:対象者の違い

メンタリングとコーチングの違いに対象者の違いが挙げられます。メンタリングは新入社員や経験の浅い人の仕事全般のことや人生そのものを対象にしており、コーチングの場合は業務経験が豊富な人を対象にしていることがあります。

メンタリングやコーチングを使っていきたい人は、対象者の年齢や業務経験を考慮して、メンタリングもしくはコーチングどちらの指導方法がふさわしいか選んでいきましょう。

メンタリングとコーチングの違い4:求められることの違い

メンタリングとコーチングの違いに求められることの違いが挙げられます。メンタリングの場合、メンタル面の管理をしていくのでコミュニケーション能力はもちろん、カウンセラー的なことが求められますが、コーチングは目標達成のために必要な心得をコーチしていきます。

人材育成を受ける人は、メンタリング、コーチングのどちらを受けている場合でも、対話を重ねることでお互いの信頼関係を築くようにしましょう。

メンタリングの機能2つ

メンタリングの機能が2つあります。メンタリングはキャリア的機能と社会、心理的機能を養わせることを目的にしており、メンターとなる人はメンティーの既存のスキルを総合的に分析をして選び、メンティーのキャリアを伸ばしていくように指導していくことが求められます。

メンターとして指導をしていく人は、自分の意見がないメンティーには自身がロールモデルとなり、経験を語ることでメンティーの気づかせる力を養わせましょう。

メンタリングの機能1:キャリア的機能

メンタリングの機能にキャリア的機能があります。社員のキャリアを伸ばしていくためにもメンタリングが必要になっており、メンターが持っている既存のスキルで何をしていけるのか気づかせるためにもメンタリングの手法がとられています。

メンターとして仕事をする人は、メンティーとの対話を重ねていくことで既存のスキルの良さを気づかせ、キャリアを伸ばしていくよう指導しましょう。

メンタリングの機能2:社会・心理的機能

メンタリングの機能に社会、心理的機能があります。会社組織で仕事をしていく場合、社会的に物事を考えていく必要があり、メンターとなる人は対話していくことで社会人としての役割や心得などを指導する必要があり、そのための手段としてメンタリングが選ばれています。

メンターとして仕事をする人は、メンタル面の支援をしながら、一人一人が社会的な役割を担っていることを指導していきましょう。

メンタリングについて理解を深めよう!

部下や後輩の指導をしていくことになったら、メンタリングについて理解を深めることが大切です。社員のスキルを高めていくことや、何をしていくべきかを考えさせるにはメンタリングが欠かせません。

会社員として仕事をする人は、コーチングとメンタリングの違いを理解し、それぞれの人材育成の方法を学ぶことで部下の育成に役立てましょう。

Related