Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月21日

屋内・屋外別チームビルディングゲーム9つ|簡単で効果的なゲーム

新しい仕事を始める時やプロジェクトに参加する時に、これまで一緒に仕事をしてこなかった人と仕事をすることになる場合があります。チームビルディングゲームは、新しいチームメンバーで体験することで、その場の仕事関係だけでなく、より強いつながりを作ることが出きます。

屋内・屋外別チームビルディングゲーム9つ|簡単で効果的なゲーム

チームビルディングゲームとは

チームビルディングゲームとは、共通の目的を持ったチームが目標を達成するためにメンバー各自がそれぞれの能力を最大限に発揮できるような雰囲気を作り出すために実施するアイスブレイキングの一つです。

ある目的のために集まったチームは、メンバー同士がお互いをよく知らないケースがあります。

メンバー全員が仮に一つの目標を目指して、お互いがどのような時にどんなアイデアを出せるかを知ることのできるゲームは有効です。

チームビルディングゲームの目的

チームビルディングゲームの目的は、チームのメンバーがお互いの個性を知り、一緒に仕事をしていくうえでどのような関係性を構築していくことができるかを理解することです。

チームに必要なものは同調ではなく協調なので、それぞれの個性を尊重しつつ、ともに働いていくための人間関係を作らなければなりません。

利害関係のないゲームを通してお互いを知ることで、ビジネスに入った時のチーム力を最大限に発揮できます。

社員間の意識の統一

初めて会う、あるいは顔を見知っているぐらいの社員の意識を統一するきっかけを作るのに、チームビルディングゲームは有効です。

いくつかのチームを作って、お互いに競い合ったり、たわいのない目標を達成しようとして、達成できれば笑顔を、失敗したら悔しさを共感することで、無機質な自己紹介では作り出すことのできない関係性を得て、お互いの意識の方向性を統一することができます。

社員同士のコミュニケーションの活性化

チームビルディングゲームをすることでよく知らない人間同士という垣根がゆるみ、共犯関係の意識が生まれてきて、会話がはずんできます。

思った以上にうまくいったり、思い切り失敗してしまうことで、お互いに遠慮してしまっていた気持ちがなごんで、利害関係のないゲームについてですから口も軽くなり、活発で対等なコミュニケーションがとれる素地ができ上がります。

リーダー性のある人材の発掘

チームビルディングで行うゲームでは、チームが自主的によりよいやり方を考えて進めなければならないゲームもあり、お互いをよく知らないメンバーどうしの意思を統一するためには、誰かがチーム全体をリードする必要があります。

偶然のチーム割りの中で全体をリードしようとすることは、リーダー性を持っている人でないとできませんので、ふだん表に出ようとしない人も含めてリーダー性の有無を評価することができます。

自己啓発につながる

チームビルディングゲームを経験することで、参加者全員がそれぞれの特性を再確認することができます。

自分が考えているように行動できない経験をしたり、他のメンバーの行動で気付きを得ることで、自分の強みや弱みを認識することができます。

気負わなくていいゲームの中で得た自己認識は、自己啓発のきっかけになります。

チームビルディングの方法

ゲーム以外にもチームビルディングを行う方法はあります。チームメンバーがお互いをよく理解するために、業務以外の部分で触れ合うことはかなり有効です。

通常の業務以外で交流を深めるために、ワークショップやアクティビティ、スポーツに研修などを行うことができます。

ここでは、チームビルディングに向いているイベントについてご紹介します。

ワークショップ

特定の目的解決のために行うワークショップもチームビルディングに最適です。

問題解決のためにさまざまな業務部門から集められた普段は交流することのないメンバーと、それぞれの専門的な知識を集めて問題解決をすることでコミュニケーションの幅が広がります。

ゲームより業務色は強いですが、ここでチームとして取り組んだメンバーとは、ワークショップが終わってからもつながりができ、何かあった時に助けてもらえます。

アクティビティ

ワークショップより規模の小さいタスクチームであるアクティビティも、チームビルディングのよい経験の場所です。

アクティビティはふだんから交流のあるメンバーでチームが作られることが多いですが、いつもの業務より深いかかわり方で作業することになり、メンバーどうしの相互理解が深まります。

ゲーム

ゲームは業務と関係ない形で行われるので、結果でメンバーどうしの関係が悪くなることもなく、チームビルディングには最適です。

たわいはないが思わず熱中してしまうゲームも多く、いつもと違うチームメンバーの横顔を見ることもでき、ワークショップやアクティビティとはまた違ったチームビルディングに貢献します。

スポーツ

身体を動かすスポーツは、いつもイスに座って仕事を行うメンバーにとって、ゲームより新鮮な交流体験になり、よりよいチームビルディングに結びつきます。

チームで行うスポーツを体験することで、お互いをサポートする機運が高まり、よりよい
チーム活動につながります。

研修

研修はかなり業務色の濃い活動になりますが、参加するメンバーは社内の広い範囲から来ているので、横串の人脈を作るチャンスです。

研修でもチームビルディングゲームを行う場合もありますし、研修中だけでなく、緊張が解けてほっとしている休み時間などに交流し、研修後にもつきあうチャンスがあるので、その機会を活かしましょう。

室内でできるチームビルディングゲーム5つ

チームビルディングゲームには広い場所が必要ない、会議室などでできるゲームもあります。

限られた環境の中で、より頭を柔らかくして考えないとうまくいかないゲームが多く、チームメンバーの協力がないとクリアできません。

ここでは、会議室などの狭い室内でもできるチームビルディングゲームをご紹介します。

室内でできるチームビルディングゲーム1:ペーパータワー

室内でできるチームビルディングゲームの1つ目はペーパータワーです。

ペーパータワーは、同質・同数の紙を各チームに配り、紙を切ったり折ったりするだけで紙以外の道具を使わないでより高いタワーを作ることを競います。

とてもシンプルなゲームですが、うまくいかない場合も冷静に、粘り強くうまくいくやり方を追求し、メンバー全員が協力して作業しなければなりません。

室内でできるチームビルディングゲーム2:野球ポジション当てゲーム

室内でできるチームビルディングゲームの2つ目は、野球ポジション当てゲームです。

野球ポジション当てゲームは、野球の選手たちのポジションのヒントを記した情報カードを見て、誰がどこのポジションかを推理していきます。

情報カードの限られたヒントをもとに、全体を推測しなければならず、論理的な思考力が必要で、さらに他のメンバーに自分の推理を説明して納得してもらうコミュニケーション能力も求められます。

室内でできるチームビルディングゲーム3:人狼ゲーム

室内でできるチームビルディングゲームの3つ目は、人狼ゲームです。

人狼ゲームはカードゲームで、配られたカードにより人狼と村人に分かれて、会話を通して村人は人狼役を当て、人狼は自分が人狼であることを悟られないようにして、ゲームの終わりに人狼の数が村人以上なら人狼の勝ちです。

人狼ゲームでは、会話を通した心理戦を楽しみ、論理の矛盾からうそを見破り、ゲームを有利にすすめるための交渉力や戦略性が試されます。

室内でできるチームビルディングゲーム4:脱出ゲーム

室内でできるチームビルディングゲームの4つ目は、脱出ゲームです。

脱出ゲームは、チームメンバーにそれぞれ別の情報が与えられ、その情報を基に協力して閉鎖された空間から脱出します。

それぞれの情報を伝えるコミュニケーション能力と、バラバラの情報を統合する論理的な思考力と協調性が重要です。

室内でできるチームビルディングゲーム5:ヘリウムリング

室内でできるチームビルディングゲームの5つ目はヘリウムリングです。

ヘリウムリングは、チームメンバー全員が利き手の人差し指第一関節にフラフープを乗せ、全員が指を離さない状態でゆっくりと下ろして行き、制限時間内にフラフープが地面につけばクリアです。

チームの人数が多いほど、全員の息を合わせるのがむずかしくなり、チームワークが求められます。

短時間でできるチームビルディングゲーム2つ

ワークショップやアクテビティでチームの状態をよくしたいけれど、あまり長い時間をかけることができないという場合があります。

ここでは、時間をかけなくても効果が期待できるチームビルディングゲームをご紹介します。

短時間でできるチームビルディングゲーム1:似顔絵当てゲーム

短時間でできるチームビルディングゲームの1つ目は、似顔絵当てゲームです。

似顔絵当てゲームは、チームの全員がそれぞれの課題を元に似顔絵を描き、ほかのメンバーが誰の似顔絵なのかを当てられれば正解で、もっとも正解数が多いチームが勝ちです。

短い時間で勝負をつけるためには、似顔絵の対象となる人の範囲をある程度しぼればよいでしょう。

短時間でできるチームビルディングゲーム2:ペア探しゲーム

短時間でできるチームビルディングゲームの2つ目は、ペア探しゲームです。

ペア探しゲームは、メンバーにペアになることばを書いたカードを渡し、自分のカードの特性をほかのメンバーに質問し、全員が自分のペアを見つけられれば終了です。

ものの特性を推理する力と、コミュニケーション能力が重要です。

屋外でできるチームビルディングゲーム3つ

時間に余裕がある場合は、身体を動かして頭をリフレッシュできる屋外で行うチームビルディングゲームがおすすめです。

ここでは、屋外でできるチームビルディングゲームをご紹介します。

屋外でできるチームビルディングゲーム1:目的地移動ゲーム

屋外でできるチームビルディングゲームの1つ目は、目的地移動ゲームです。

目的地移動ゲームは、用意された課題をクリアしながらスタート地点とゴール地点まで移動するゲームです。

ただしチームは3名で、一人は目隠しをして、もう一人はしゃべることができず目隠しをしている人をサポートし、もう一人は二人に手は貸せないが、課題をクリアするために声で誘導、指示してゴールを目指します。

屋外でできるチームビルディングゲーム2:BBQ・キャンプ

屋外でできるチームビルディングゲームの2つ目はBBQ、キャンプです。

BBQやキャンプでは、計画から準備までと実際のイベントの実行から片付けまで、通常のビジネスプロセスと同じ手順を踏む必要があり、遊びながらビジネスの流れを体験することができます。

テントの設営や料理などはお互いの技量をはかりつつ、一体感を感じることができます。

屋外でできるチームビルディングゲーム3:リアル宝探し

屋外でできるチームビルディングゲームの3つ目はリアル宝探しです。

リアル宝探しは、制限時間内に与えられた謎を解いて、実際に身体を動かして宝物を見つけます。

謎を解くための発想力、いろいろやってみる積極性や当然ながらチームとしての協調性や役割分担の経験を得るにも効果的です。

チームビルディングゲームで楽しみながら仕事に取り組もう

新しい仕事を始める時や、部門横断的なプロジェクトに参加するような場合には、知らない人と一緒に仕事をすることになります。

仕事面だけでなく、チームビルディングのためのワークショップやゲームを一緒にすることでチームになるメンバーと相互理解を深めると、仕事をスムーズに進めることができます。

チームビルディングゲームを通じて大勢の人と交流して、チームメンバーといい関係を作り上げて楽しく仕事をしていきましょう。

Related