Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月09日

業務改革とは?目的と効果とその手法4つ・成功事例3つ

BPR(業務改革)についてご紹介していきます。BPR(業務改革)とは業務の一部を改善するのではなく、全社のシステムを一元化してゼロから仕切り直す手法です。BPR(業務改革)で人的要因やコストの削減を図ることが、現代の世の中で緊急に求められています。

業務改革とは?目的と効果とその手法4つ・成功事例3つ

BPR(業務改革)とは?

BPR(業務改革)とは、仕事全体の業務を見直してすべてをいっぺんに改革することです。1990年代初頭のアメリカ産業界で生まれた言葉です。

仕事は時代の波に乗ってどんどん改革していくことで利益が伸ばせます。業務不振が続いた場合は、BPR(業務改革)を行うことで躍進が期待できます。

会社の組織や業務方法全般の流れを明確にすることで、ムダや重複を見つけて全部の潮流を変えることがBPR(業務改革)の目的です。

組織全体の再設計を抜本的に行う改革

BPR(業務改革)とは組織全体の再設計を抜本的に行う改革のことです。

BPR(業務改革)とは業務の一部ではなく、全部をいっぺんに変えてしまう改革を社内で行うことです。BPR(業務改革)は業務の最適化・再統合が目的です。業務に携わるすべての部門を大幅に効率化する方法を取ります。

場合によってはAIや最先端のロボット・IT技術を駆使して戦略を練り直す必要があります。

業務改善との違い

業務改善が一部だけの修復を目的としているのに対して、BPR(業務改革)は業務全体をゼロから改変する方法のことです。

業務改善とは、品質向上、コスト削減を行い利益を生むために、その部署だけの流れや仕事のやり方を効率よく変えていくことです。

BPR(業務改革)とは会社全体の業務の流れや組織編成を抜本から見直すことです。業務改善されているところも含めて、すべてを再編成してやり直すことを意味しています。

BPR(業務改革)の目的と見込める効果・その手法

BPR(業務改革)の目的と見込める効果・その手法についてご紹介していきます。

BPR(業務改革)とは、従来の仕事のやり方や流れをすべて覆して一から組織を改編する手法のことです。

BPR(業務改革)の目的は仕事の効率化や、少子化による働き手の減少にAIやIT技術で対応して生産性を向上させることです。最先端技術やツールを導入して、根本的なビジネスプロセスを改革します。

BPRの目的

BPR(業務改革)の目的は生産性の向上です。

BPR(業務改革)で生産性を向上させてAIや技術革新で人員整理をすれば、自ずと付加価値を上げることができます。そのために社内の組織や仕事のあり方全体に、一からメスを入れていく手法がBPR(業務改革)です。

BPR(業務改革)によって社内の空気も一変するため、企業全体のモチベーションも上がります。BPR(業務改革)は企業に新しい風を吹き込む画期的な方法です。

全社での効率化や生産性の向上を目的とする

BPR(業務改革)とは、全社での効率化や生産性の向上を目的とする手法です。

BPR(業務改革)は、会社の一部ではなく全社挙げての抜本的な見直しをすることが目的です。たとえ仕事上で最適化されている部門があったとしても、すべてを根本から改変してしまうのがBPR(業務改革)です。

BPR(業務改革)とは、全社をすべて作り直して新たに生まれ変えてしまう革命的な手法です。目的は従業員の付加価値を上げることです。

注目される背景

BPR(業務改革)が注目される背景は、安倍政権の働き方改革です。

1980年代からアメリカの産業は日本をお手本にしていましたが、1990年代から伸び悩み、BPR(業務改革)を取り入れるようになりました。日本も1990年代のバブル崩壊でBPR(業務改革)を取り入れましたが、あまり上手くいきませんでした。

働き方改革により、企業が2014年頃からBPR(業務改革)を積極的に取り入れるようになりました。

見込める効果

BPR(業務改革)によって見込める効果は業務効率と生産性の向上です。

BPR(業務改革)はアメリカのマサチューセッツ工科大学の教授と経営コンサルタントの両氏が考案した手法です。全社を根底から再構築する方法です。

分化された業務内容を、すべてひとつの流れとして最新技術を取り入れて効率化していくため、人員削減や製品の質・生産性の向上、従業員一人一人の付加価値をアップさせる効果が期待できます。

BPRの手法4つ

BPR(業務改革)の手法を4つご紹介していきます。

BPR(業務改革)はそれぞれの企業ケースに合わせてさまざまな方法が考えられています。以下に代表的な4つの手法を挙げて詳しく説明していきます。

BPR(業務改革)は計画的に行なわれます。まずは業務フローチャートの作成などで事業全体の組織を可視化させます。そこから導き出せる対策に合わせてBPR(業務改革)を行っていきます。内容は主に不要な仕事の削減です。

1:業務フローチャートの作成

業務フローチャートの作成は組織全体が可視化できるため、BPR(業務改革)には無くてはならない手法です。

業務フローチャート作成により不要な部署や重複している仕事、スムーズな仕事の流れを阻止する意味のないルールや業務を洗い出すことができます。

業務フローチャート作製は、事業全体に必要な業務だけを残すBPR(業務改革)に非常に役立ちます。業務フローチャートの一部ではなく、全体を見ながら改革を行います。

2:ERP(経営管理システム)の導入

業務用ソリューションERP(経営管理システム)の導入は現代のBPR(業務改革)では欠かせないITシステムのひとつです。

従来の大手企業向けだったERP(経営管理システム)が、現在は中小企業向けにも使用できるようになりました。

BPR(業務改革)に欠かせないERP(経営管理システム)は、社内のシステムを統一するためのIT技術です。業務効率がアップして、必要な情報がいつでも取り出せる体制が確立できます。

3:シェアードサービス

シェアードサービスとは、人事や総務、経理、情報システムなどの間接部署を一元化することでコストの削減を行うBPR(業務改革)の手法のひとつです。

シェアードサービスはコスト削減や作業の効率化、業務の透明性が図れますが、我が国では受け入れにくいシステムです。経費も時間もかかりますし、社員のモチベーションのアップにも工夫が必要になります。

しかし、今後もっとも期待が寄せられているBPRの手法のひとつです。

4:BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)とは、外部に自社の仕事を一部ではなく部門全部を専門企業へ委託するBPR(業務改革)です。

主に人事や総務、経理部門などでBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)が行われています。日本ではITアウトソーシングとしてコールセンターへの委託業務が進んでいます。

また、アジア系の委託企業へ、経理などの事務業務がBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)されています。

BPRの進め方3つ

BPR(業務改革)の進め方について見ていきましょう。

BPR(業務改革)は、まずは先行してモデルとなる事業部から改革を行っていきます。その手法が上手くいったら、次々と横並びの部署へと波及させていきます。中規模の企業であれば、全社一斉にBPR(業務改革)に着手することも可能です。

BPR(業務改革)は部署の責任者と従業員が一丸となって行なうことが大切です。失敗例などを参考にして、慎重に進めていきます。

1:基本計画の策定

まずはBPR(業務改革)のための基本計画の策定を行いましょう。

BPR(業務改革)の対象となる部門や変化させるプロセスについて、はっきりと周知させておく必要があります。組織・システム・人員すべての問題点を挙げていきます。

BPR(業務改革)は計画的に行わなければなりません。改革後の成果を段階的に推進していく具体的なシナリオを立てます。優先順位を明確にして、幹部たちの連携を密にしてBPRを始めましょう。

2:具体化からの実行

BPR(業務改革)の具体化からの実行を行います。

BPR(業務改革)後の目標や必要性を周知して納得させて、重要性を社員に浸透させてください。BPR(業務改革)実行のためのルールを決めて、皆が同時進行で改革を行えるように具現化していきます。

BPR(業務改革)の中長期的な戦略をまとめて、スピード感のある最適化を目指します。

3:改革の徹底

最後にBPR(業務改革)による改革の徹底を行います。

BPR(業務改革)が完成したら、それを維持できる努力を続けていきましょう。BPR(業務改革)の結果が数値としてあらわれるまで整備して定着化させます。

BPR(業務改革)後は不足部分を微調整しながら、成果をモニタリングします。失敗や成功例を参考にして、さらなる飛躍を目指します。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

BPR(業務改革)成功事例3つ

BPR(業務改革)成功事例3つをご紹介していきます。

BPR(業務改革)の具体的な成功例を詳しく知ることで、自社のシステムにぴったりの改革方法を見つけていくことができます。大手企業、公共団体、中規模IT企業とそれぞれ違う環境に置かれた3つの事例を挙げていきます。

BPR(業務改革)で一元管理を行うことで、人員削減・経費と時間の節約が実現することがよくわかります。今後の参考にしてください。

1:新日鉄住金化学株式会社

新日鉄住金化学株式会社では基幹システムを導入して一元管理をすることで、BPR(業務改革)に成功しました。

新日鉄住金化学株式会社は個々の部門の最適化は進んでいましたが一括管理の体制が整っていなかったため、BPR(業務改革)に着手しました。

Excelで属人化業務が行われていましたが、BPR(業務改革)後は誰もが使用できるシステムができあがり、従業員の付加価値業務への移行がスムーズに行われました。

2:静岡県

静岡県は行政の形態をスリム化させて人件費を減らし、予算を大幅に削減することに成功しました。

静岡県では平成10年度から予算の4割の圧縮に成功しました。その過程で、ひとりひとりの職員に提案をさせて自分たち自身でBPR(業務改革)を行うように促しました。

静岡県は専門家の学者の指導のもと、この独自の方法でBPR(業務改革)を進めていきました。課長級以上の幹部職員に研修を行ない、ITも活用していきました。

3:ビズリーチ

ビズリーチは経費の処理を一元化することで、二重に行われていた作業を縮小化するBPR(業務改革)に成功しました。

作業の効率化は社員のモチベーションを上げる切っ掛けに繋げることができます。インターネットサービスを提供するビズリーチでは、社内のシステムをひつとにすることで、社員同士のスキルを連携して活用させることが可能になりました。その結果、ひとりひとりの負担が減り、引き継ぎがスムーズになりました。

BPRの導入例や研修

BPRの導入例や研修について具体的にご紹介していきます。

BPR(業務改革)と聞くとたいへんな作業だと思われがちですが、そのためのシステムや研修はすでに用意されています。専門家もそろっています。手順を踏んで取り組んでいきましょう。

積極的なBPR(業務改革)の導入で、他社よりも早くコスト削減・人員の付加価値向上が目指せます。

システム導入事例

システム導入事例を2つ挙げていきます。

BPR(業務改革)の根幹をなすシステムの導入は、どの事業でも欠かせない分野です。

従来のように属人的な方法ではなく、AIや専門家のバックアップとともに、誰もが同じシステムを使いこなせるシステム技術の導入が可能になっています。

BPR(業務改革)で他のシステムとの連携も可能なので、仕事の効率化が期待できます。

oracle

BPR(業務改革)のシステム導入事例としてoracleが挙げられます。

oracleはアメリカの企業が開発したデータベースで、会計・財務・製造・経営などを一元管理できるシステムです。

freee

BPR(業務改革)のシステム導入で使用されているクラウド会計ソフトfreeeは、会計と人事を一括管理できるサービスです。

専用のコンサルタントが導入・活用を準備してくれます。単純な入力作業はAIが行います。freeeで、経営状況をリアルタイムに可視化して各種レポートの生成も可能なので、顧客対応の効率化も図れます。

BPRに関する研修

BPRに関する研修についてご紹介します。

BPR(業務改革)に関する導入や手法の研修に、まずは課長級以上の幹部が積極的に参加してください。研修時に体験プログラムなどを受けることで、BPR(業務改革)の進め方や導入方法・概念・ノウハウなどをしっかりと学び、目標設定を明確にしていく必要があります。

BPR(業務改革)の手法を研修に参加することで効率的に身につけ、自社の改革を成功へと導いていきましょう。

日本能率協会

日本能率協会では「業務プロセスの可視化・改善スキル習得セミナー」を行っています。

日本能率協会では「可視化と改善の方法論」「継続的に改善する仕組みづくり」が研修により習得できます。BPR(業務改革)を目指す方に最適の研修内容です。

業務効率や生産性を向上させるには大きな業務改革が必要

業務効率や生産性を向上させるには大きな業務改革が必要です。

従来のように一部の不具合だけを修正していては、現代の情報化社会についていけません。そのためにすべての業務を一から再編成する必要が、今後の企業の課題として目の前に突きつけられています。

そのためのツールやシステムもすでにたくさん用意されています。他者の成功・失敗例に学びながら、BPR(業務改革)を上手に取り入れていきましょう。

Related