Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

おすすめの出荷管理システム11選|効率的に在庫管理しよう!

出荷管理システムについてご紹介しています。さらに、これから導入を検討している担当者さまにおすすめの出荷管理システムを11選や出荷管理システムを選ぶときに大切なポイントを6つ合わせてご紹介しています。出荷管理システムを導入して効率的に管理しましょう。

おすすめの出荷管理システム11選|効率的に在庫管理しよう!

出荷管理システムとは

出荷を管理する業務をPCのエクセルなどを使用して行っている会社がたくさんあります。しかし、近年は出荷管理システムというものを導入する会社が増えてきています。

出荷管理システムでは、出荷指示書の作成や納品書、納品書の控え、受領書、領収書の作成や出荷と納品や売上伝票の作成や取引の記帳を一括でシステム管理できるようになります。

出荷を管理する業務が一括化されることにより、業務効率がアップされます。

出荷管理を効率的に行う

今までの出荷を管理する方法では、管理業務の作業項目が多く、業務負担がありました。

出荷管理システムを導入することで出荷を管理する業務を効率的に行うことができます。さらに、出荷管理システムは、他の管理システム(例えば、在庫管理や生産管理や販売管理など)と連動できるものもあり、業務全体のさらなる効率化を目指すことができます。

おすすめの出荷管理システム11選

ここまで出荷管理システムについて簡単ではありますがご紹介してきました。

ここからは、おすすめの出荷管理システム11選ご紹介します。これから出荷管理システムの導入をしようと考えている企業の担当者の方は、自社に合ったシステムをこの機会に探してみてはいかがでしょうか。

1:ロジクラ

おすすめの出荷管理システムの1つ目は、ロジクラです。

ロジクラの特徴は、無料で使用できる在庫管理ソフトです。PCでの在庫管理はもちろん、さらにiPhoneを使用して入出荷の処理や在庫の確認ができます。

ロジクラを導入することで複数の拠点の在庫管理も一括で可能です。また、iPhoneを使用して検品処理ができるので、ハンディターミナルの導入が不要です。そのため、ハンディターミナルのコストも削減できます。

2:NetSuite

おすすめの出荷管理システムの2つ目は、NetSuite(ネットスイート)です。

NetSuiteの特徴は、世界でもっとも普及しているクラウドERPソリューションということです。

世界で多く選ばれる理由としては、企業の成長に合わせて拡張することができ、重要な業務過程を標準化するために開発されているからです。そのため、企業は事業内容により集中できるようになり、さらにスピーディーかつ的確に新しい市場へ対応が可能になります。

3:FA-CUBE

おすすめの出荷管理システムの3つ目は、FA-CUBEです。

FA-CUBEの特徴は、バーコードとハンディ端末で入出庫の記録が簡単に登録できます。そのため、今まで発生していた手書きや手入力の漏れやミスという課題がなくなり、正確に在庫の把握が可能になります。

さらに、各製品ごとに適正な在庫の数を設定することで、実在の数が適正な数より足りなくなった場合に気付くことができ、在庫の欠品を防ぐことができます。

4:クラウドSaaSのERP・在庫管理 CAM MACS

おすすめの出荷管理システムの4つ目は、クラウドSaaSのERP在庫管理CAM MACSです。

クラウドSaaSのERP在庫管理 CAM MACSの特徴は、クラウドSaaSなので企業に合ったサービスが活用できます。導入後も、企業の規模が拡大してもそれに合わせて対応でき、利用方法などのサポートも手厚く対応してくれます。

5:SHIPPInno

おすすめの出荷管理システムの5つ目は、SHIPPInno(シッピーノ)です。

SHIPPInnoの特徴は、ネットショップの運営を24時間自動で、受注から出荷業務までを効率よく処理してくれるWebサービスです。色々な物流サービスと連携しているのであらゆる商品も自動で出荷できます。

さらに、手間のかかっていた処理もすべて自動化することでき、導入検討の相談や導入後のトラブルなどの対応もサポートしてくれます。

6:TECHS-S

おすすめの出荷管理システムの6つ目は、TECHS-Sです。

TECHS-Sの特徴は、特注品などの個別受注型の機械や設置業を行っている中小企業のための生産管理システムです。

事前に部品のマスタ登録をしていなくても運用することができ、さらにCADやExcelからの部品表のデータをシステムに取り込むことも可能です。また仕掛中の原価と完成時の予測原価をすぐさま把握することができます。

7:EXPRESS

おすすめの出荷管理システムの7つ目は、EXPRESS(エクスプレス)です。

EXPRESSの特徴は、面倒な受注処理や物流業務を一括でクラウド上で完結することができます。さらに、生産性の高いEXPRESSの物流センターにを移動するだけで、今までよりもコストを削減することが可能です。

また、大手物流プラットフォームでは取り扱いのない豊富なサービスメニューが充実しています。

8:Crossma

おすすめの出荷管理システムの8つ目は、Crossma(クロスマ)です。

Crossmaの特徴は、AmazonやYahooショッピングなどのECサイトの併売に必要な業務処理を24時間クラウド上で自動的に完結することができるサービスです。

業界で初めて出品業務から出荷処理完了までを1つのシステムとして自動化しました。自動で行えることは自動で行うことでモールを運営し管理していくコストを抑えることができます。

9:倉庫サービス

おすすめの出荷管理システムの9つ目は、倉庫サービスです。

倉庫サービスの特徴は、物流サービスを使用した分だけ支払うサービスです。そのため、初期費用や月額料金などは発生しません。必要な時だけ利用することもでき、繁忙期だけ活用するなど自由に使用できるのでおすすめできます。

10:openLogi

おすすめの出荷管理システムの10個目は、openLogi(オープンロジ)です。

openLogiの特徴は、月額利用料はなく従量制で使用でき、オンライン上で日々の業務が行える物流アウトソーシングサービスです。

オンライン上で業務が行えるのでPCやスマホから入出庫の確認まで可能です。さらに、OPENLOGI APIを使用して他社サービスとも連携することができ時間やコスト削減することも可能です。

11:アラジンオフィス

おすすめの出荷管理システムの11個目は、アラジンオフィスです。

アラジンオフィスの特徴は、5000社以上に導入された実績があり、高性能、柔軟性、コストパフォーマンスに優れているパッケージ型の販売や在庫の管理システムです。

さまざまな業種にも対応していて、販売や在庫管理に必要な機能を無駄なくコンパクトにまとめたシステムです。さらに、必要に応じて柔軟にカスタマイズすることもできます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

出荷管理システムを選ぶときに大切なポイント6つ

ここまで、おすすめの出荷管理システムを11選ご紹介してきました。では、これから実際に出荷管理システムを導入するために、自社にあった出荷管理システムの選び方はどのようにすれば良いでしょうか。
ここからは、出荷管理システムを選ぶときの大切なポイントを6つご紹介します。
ポイントを大切にしながら自社にあった出荷管理システムを探してみましょう。

1:必要な書類の作成

出荷管理システムを選ぶときに大切なポイント1つ目は、必要な書類の作成ができることです。

出荷業務に必要な書類などは、それぞれの企業や業種で違ってくるでしょう。そのため、納品書や納品書の控え、受領書や領収書の形式なども自社にあったものでなくては意味がありません。自社にあった必要な書類が的確に作成されるシステムなのかはとても重要なポイントです。

2:情報の共有について

出荷管理システムを選ぶときに大切なポイントの2つ目は、情報共有についてです。

出荷業務についての情報の共有が必要かどうかや情報共有の頻度などは、企業の方針や業種などで変わってくるでしょう。そのため、出荷業務の情報共有の方法も自社にマッチしていなくては使い勝手が悪くなってしまいます。

自社にマッチした情報共有がしっかり行えるのかはとても大切なポイントです。

3:他システムとの連携

出荷管理システムを選ぶときに大切なポイント3つ目は、他システムとの連携についてです。

出荷管理システムを導入しても、先に導入しているシステムと連携ができなければかえって業務負担が増えて効率ダウンになる可能性があります。例えば、生産管理システムや販売管理システムと連携が行えないなどです。

出荷管理システムと他のシステムの連携が行えるかは業務効率アップのための大切なポイントです。

4:自社に必要な機能があるか

出荷管理システムを選ぶときに大切なポイント4つ目は、自社に必要な機能があるかです。

効率アップのために出荷管理システムを導入してみたけど、自社に必要な機能が無くかえって効率ダウンしてしまったということがあっては意味がありません。

出荷管理システムを導入前に自社に必要な機能がしっかり備わっているのかの確認は重要です。

5:操作は簡単か

出荷管理システムを選ぶときに大切なポイント5つ目は、入力などの操作は簡単かです。

どんなに高機能な出荷管理システムを導入しても、現場の人間がしっかり扱えなくては意味がないでしょう。操作が難しくて、操作に時間がかかってしまえば効率がダウンする原因です。

入力や操作が簡単か、画面が見やすいかは必ず確認して選ぶようにし、また自社に合うようにカスタマイズできるのかも合わせて確認しましょう。

6:サポート体制が充実しているか

出荷管理システムを選ぶときに大切なポイント6つ目は、サポート体制が充実しているかです。

出荷管理システムを導入後に不明点やトラブルなどが発生した時にサポート体制が充実していないと、解決するまでに時間がかかってしまい業務停滞してしまうことが考えられます。システムを導入する時は、サポート体制が充実しているシステムを選ぶことが大切です。

出荷管理システムを使って効率的に出荷管理しよう

ここまで出荷管理システムについてや、選ぶときに大切なポイントをご紹介してきました。

効率よく出荷管理を行うことができれば、さらなる利益向上に繋げることもでき、従業員の業務負担軽減になります。

そのため、出荷管理システムを導入する前に、自社に合った機能や簡単に扱えるのか、サポート体制は充実しているのかなどしっかり確認しておくポイントを抑えて、自社に合った出荷管理システムを導入しましょう。

Related