Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月18日

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ

プロセスマネジメントとは、結果につなげるためにプロセスを解析して改善する管理方法です。システムなどを利用してプロセスマネジメントをしっかりと行っていくことで、良い結果を導き出すことができます。そこで今回は、プロセスマネジメントについて詳しくご紹介していきます。

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ

プロセス重視と結果重視の違い

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
プロセス重視と結果重視の違いは、過程を重く視るか結果を重く視るかの違いです。

企業は利益を追求しているので、結果重視は大切です。結果が出なければ業務遂行の意味が無くなり、コストがすべて無駄になるからです。

しかし、品質管理や製品の精度に関する問題を考えたときには、プロセス重視が大切になってきます。物がたくさん売れても、返品やクレームが多いケースでは、結果として売上が減ってしまうからです。

プロセスと結果いずれも大切

良いプロセスが良い結果を生みだすので、プロセスと結果はどちらも大切です。

良い結果を得た場合は、次回はもっと良い結果を導き出せるように、プロセスを評価・分析する必要があります。悪い結果が出た場合は、次回も同じミスを繰り返す可能性があるので、プロセス管理システムなどを導入して悪い部分を修正していく必要があります。

プロセスを管理して結果につなげる方法とは?

プロセスを分析をすることで最善の工程を見つけ出し、良い結果へと導いていくことができます。

プロセスを管理(マネジメント)して、結果へ向かうためのステップごとに問題を整理・分析・改善することで最適の方法を見つけ出し、良い結果へとつなげていくことができます。

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
結果につなげられるプロセスマネジメントのポイント8つを、ご紹介していきます。

ビジネスプロセスマネジメントは、社内すべての業務プロセスごとの作業工程に注目をして行われます。業務プロセス間のつながりやシステムを分析して、今ある問題を洗い出して原因を究明します。

その結果を踏まえて、業務プロセスや作業工程の組み替え・簡素化・無駄の排除を行い、より効率的なプロセス形態を実現させる取り組みです。

1:仕事をプロセスごとに分解する

仕事をプロセスごとに分解することでやるべき行動が明確になり、作業量全体が見通せるようになります。

業務をプロセスごとに分ける効果は絶大です。順番やリードタイムがはっきりとわかるので、進捗管理がしやすい利点があります。プロセスの省略・統合・再編・単純化ができるので、作業工程の見直しができます。結果として、業務品質がアップします。

2:分解した行動を1つずつ取り上げる

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
分解したプロセスのひとつひとつに焦点をあてて、無駄な動きを省いていくことが重要です。

また、より効率的なプロセスに変えていく工夫や努力も必要です。これにより全体の行動がレベルアップするからです。

3:プロセスごとに目標数値を設定する

分解して改良を加えたひとつひとつのプロセスに、明確な目標数値を設定していきましょう。そして、それらの目標数値を達成していきます。

小さな目標の集まりが、大きな目標達成へとつながっていきます。目標を数値で表すことで数字にのみ集中することができるため、目標達成のための精度や確実・計画性が増し、途中修正がしやすくなります。

4:モデル化する

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
業務プロセスの洗い出しをしてから特定のフレームワークを使用して、モデル化を行いましょう。世界標準のモデリング手法なども取り入れて、簡潔に最適化していきます。

モデル化実行を細密に行うとキリがありません。目標を定めて確実に結果を導き出してくれるシステムツールを用いるようにしましょう。そのためのツールの選定は、よく考えて実行してください。

5:再設計する

モデル化した業務プロセスを再設計していきましょう。結果を見据えたBPMができるツールなどを用いて、実行するケースが多いです。

モデル化した業務プロセスは、システム上で組み替えてそのまま適用する方法が一般的です。再設計する際は、無くす・簡素化する・組み替えるという考え方でプロセスマネジメントを実行していきましょう。

6:展開する

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
再設計した業務プロセスを適用する前に、組織全体の理解を得て新しい業務プロセスを展開することで、どのような影響があるのかを事前に調査しておくことが重要です。

新しい業務プロセスを展開した場合のモデル結果を組織全体で共有することで、プロセスマネジメントをスムーズに実行することができるからです。

7:分析

プロセスマネジメントの要ともいえる、分析を行います。そこから得られた結果をもとに、今後の業務プロセスが決定されるからです。プロセスの中からBPMを活用する対象業務を選定してください。

現状の問題点や課題が分析によって抽出され、明らかになるはずです。それらの問題を改善すれば、良い結果をともなう最適な業務プロセスが導き出されます。

8:監視する

プロセスマネジメントから得られた結果をもとに新たに展開した業務プロセスが、以前に比べて効果を発揮しているかどうかを監視して実証する必要があります。

実際の運用から得られた結果を見て比較や評価をすることで、最適なプロセスマネジメントを実行していくことができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

結果を見据えたBPMができるツール4つ

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
結果を見据えたBPMができるツール4つをご紹介していきます。

現在、プロセスマネジメントの実践をさらに強化してくれるツールが数多く存在しています。AIなどの発達により、これらのツールが各企業の業務プロセスを詳細に分析して問題点を抽出し、改善策を提示してくれます。

企業のプロセスマネジメント活動を協力にサポートしてくれるBPMツールを、詳しく見ていきましょう。

BPMができるツール1:Questetra BPM Suite

BPMができるツールにQuestetra BPM Suiteがあります。

Questetra BPM Suiteは、継続的な業務改善ツールとして優れた働きをする、プロセスマネジメントシステムです。特別な技術や知識がなくても、30分ほどで業務アプリを開発できるBPMツールです。

クラウドなのでソフトのインストールは一切不要です。社内SNS機能を標準装備しているため、社内コミュニケーションに最適です。

BPMができるツール2:Kintone

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
BPMができるツールにKintoneがあります。

Kintoneとは、アプリを作成できるクラウド型のBPMができるツールです。モバイル対応の現代的なツールで、エクセルからデータをインポートしてアプリ化することも可能です。Kintoneの魅力はすぐに簡単に始められることです。担当者が管理しやすい点も、大きな特徴です。

BPMができるツール3:Metasonic Suite

BPMができるツールにMetasonic Suiteがあります。

Metasonic Suiteとは、IT部門に依存せずにエンドユーザーが自身の業務の流れをモデリングできるプロセスマネジメントツールです。モデリング後はプログラムが自動で分析してコーディングしてくれます。実行環境が自動で整えらえる、画期的なBPMができるツールです。

BPMができるツール4:BP Logix

BPMができるツールにBP Logixがあります。

BP Logixには一貫性があります。BP Logixが大手を中心とした企業で継続的に採用されているBPMで、多くの業種に対応可能です。多機能で厳密な管理が行える上、モバイルやクラウドにも対応できます。時系列でのプロセス管理やモニタリングなど、オールマイティにプロセスマネジメントを行ってくれる人気のBPMができるツールです。

プロセスマネジメントで結果につなげよう!

結果につながる!プロセスマネジメントのポイント8つ|BPMツール4つ
プロセスマネジメントを行うことで、効率的に良い結果につなげていくことができます。

プロセスマネジメントを行うことで、今ある経営課題が的確に分析されて、その原因がつきとめられて改善されます。プロセスマネジメントを通して結果につながる業務プロセスを確立することができます。

近年は急速なグローバル化にともない、世界基準の業務プロセス確立のために、プロセスマネジメントツールが有効活用されています。

Related