Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点

皆さんこんにちは、今回は「経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点」と題して、「経営効率を上げるための手段」をピックアップし、経営効率化の目的と進め方の注意点についてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみて下さい。

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点

経営効率とは?

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
経営効率というのは一般的に、「企業ニーズを把握した上で、世情で必要とされる特定分野での企業促進(利益促進)を図るためにあらゆる工夫・実践を行ない、その上でその企業内で取り組む運営・資本管理・経済効果を円滑に伸ばす際の効率」を指します。

つまり、特定の企業がその利益促進を図る上で、どのような企業方針・理念をもって事業展開をしていくかに焦点を当て、さらに円滑なビジネス規模拡大を測るための編率となります。

経営効率化の目的

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
次に「経営効率化の目的」についてです。経営効率というのは先述のように「特定の企業における利益促進率を測るためのチャート」のこととしてご紹介しましたが、その目的は「その特定の企業が企業利益を促進するための一般的な方法を模索すること」にあります。

1つの企業が企業利益を伸ばしたり、そのビジネス規模の拡大を測る際には、そのための従業員数の確保や仕事率アップが必要です。その点に大きく目的が置かれます。

利益率の向上

経営効率を促進する場合は、大きく分けて「企業の利益率の向上」と「新しい企業方針を円滑に社員に行き届かせるためのワーク・ライフ・バランス」というものがあり、それらを円滑かつ効率よく組み合わせていくことが大切になります。

企業がビジネス規模を拡大し、それによって経営効率を伸ばしていくためには、それなりの企業の抜本的な改革が必要になります。そのためのチャートを先に踏まえ、コスト削減なども必須となります。

ワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランスというのは、一般的に「会社でする仕事と日常生活(プライベート)との両立を兼ねた上で、さらに企業利益(経営効率)を伸ばしていくこと」を念頭に置いた、作業用バランスシートのことを指しています。

社員にとっては企業利益を促進するよりもプライベートを優先することも必要で、そのためのワークバランスを上手く組み合わせておき、2つをバランスよく調和させて経営効率を上げなければなりません。

経営効率を上げるための手段10個

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
業務効率とも言われるこの「経営効率」を引き上げるためには、主にそれまでの企業方針の抜本的な見直しが必要となり、その上でコスト削減を兼ねた企業目標の打ち立てが必須となるでしょう。

組織としての統合性・顧客層(ターゲット層)の見直し、コスト削減を兼ねた企業利益確保のための工夫、経費削減、ITシステムなどの円滑な活用法などを踏まえ、さらにバランス良く企業利益・経営効率を上げるための努力が必須です。

経営効率を上げるための手段1:組織の再編・統廃合

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
経営コンサルティングでもよく言われますが、その特定の企業利益がどうしても上がらない場合(経営効率が上がらない場合)には、それまでの企業方針を組織的に変革していくことが必要になります。

その場合、ただ企業方針を変更するのではなく、組織としてその後もさらに大きく企業利益を伸ばせるだけの土台を講じなければならず、そのための環境設定が必須です。この場合は経営コンサルタントなどの専門家の助言が必要です。

経営効率を上げるための手段2:ターゲットの見直し

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
この場合の「ターゲット層の見直し」というのは、どの企業においても「随時更新」の形で見直しを検討しなければなりません。つまり、特定の商品を販売する際でも、その商品に加工などして用途や性能・効能が変わった場合には、そのターゲット層も変わります。

ターゲット層の見直しというのは経営効率を引き上げるための必須の土台となる場合が多く、その見直し・ステップアップの検討を図ることは当面の課題となるでしょう。

経営効率を上げるための手段3:人員削減

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
最近でも「リストラ」という言葉が流行語のようにささやかれますが、このリストラというのは企業戦略を用いる場合、1つの手段として当たり前に採用されます。企業としては「少しでも安く利益を上げ、それによって企業拡大を斡旋する職場」となるためです。

つまり、企業利益・経営効率を引き上げるために人員削減がどうしても必要であれば迷わず削減しておき、それに代わる新しい経営戦略を取り入れる必要が出てきます。

経営効率を上げるための手段4:経費節減

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
この経費削減というのはすべての企業において必須課題となるもので、特定の事業分野で企業拡大を測る場合でも、まず「できるだけ安く利益を確保するための経費削減」を検討するところから始まります。

この経費削減によって経営効率を引き上げるための土台を設けておき、人員削減の場合と同じく、その企業の将来的ニーズを先に踏まえた上での必須の運営方法に組まれるでしょう。

経営効率を上げるための手段5:IT・システム活用

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
現代では実に多くのIT・システムがそのオプション環境とともに販売されていますが、それらを上手く活用して企業利益・経営効率を引き上げることも、現代の企業にとっては非常に重要な算段になります。

IT技術・システムの円滑な導入・活用によって経費削減・人員削減にも大きくつながる場合があり、それによって従来の企業利益・経営効率を大きく(コスト削減したうえで)引き上げられることが多々あります。

経営効率を上げるための手段6:業務の可視化の推進

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
企業で行われる業務というのはたいてい「リスト化・データ化」などされ、目視できる状態にしておくことで今後の企業課題の割り出しに役立たされます。つまりこの場合も「企業の将来ニーズの把握・経営効率を引き上げる方法」に役立つ情報供給になります。

このような情報供給を可視化した状態で把握しておき、随時に企業ニーズの割り出しに役立てておくことで、その後のビジネス規模の拡大にも大きく延長されます。

経営効率を上げるための手段7:経営資源の選択と集中

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
その企業の事業で扱われている資源というのは、その後も継続して活用される重要資源となるため、将来ニーズを測るためにも「今後の資源確保」に根付いた経営戦略・経営効率を引き上げるための方法が練られなくてはなりません。

経営資源を確実に保管する上でその後の経営・運営方法を模索していき、その上では経営コンサルタントの利用などによって、さらに円滑な企業パフォーマンスが約束されるでしょう。

経営効率を上げるための手段8:ボトムアップの推進

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
企業で使用される「ボトムアップ」という言葉の意味は、「下位の者から上位の者への意見・発言・アイデアなどが円滑に促進されること」を踏まえた上での管理方式のことを指します。

つまり、特定の企業においてすべての社員が一団となって利益確保に向かえる状況設定・管理設定のことを大きく指していて、それによってすべての社員の潜在能力・スキルを企業利益に結び付けるための企業努力そのものを意味しています。

経営効率を上げるための手段9:意識改革

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
企業努力をいくらしてみても、その上で経営効率を上げることがなかなか難しい場合があります。その際に大きく取り上げられる点で「社員各自の意識改革の乏しさ」や、「それまでの企業理念・上申が社会ニーズに調和していないこと」などが多々見られています。

企業利益を促進するための資源がいくらあったとしても、それを取り扱う社員1人1人の覇気・志気が向上しなければ経営効率を上げることは難しくなるでしょう。

経営効率を上げるための手段10:定期的な見直し

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
これは主に企業利益を上げるため・維持するためのメンテナンス作業になりますが、その企業で取り決めた暫定的な企業方針・作業理念においても、一定期間を空けて見直しをしておくことが必要になります。

これは先述の商品ニーズの箇所でもご紹介しましたが、その企業方針や理念が社会ニーズに見合っているかどうかを随時チェックするための項目となり、経営効率を上げるためにも必須の土台となるためです。

経営効率の確認方法5個

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
さて、ここからは「経営効率の確認方法5個」と題し、実際に企業利益を促進し、経営効率を上げるための詳細な確認方法をご紹介していきます。

経営効率を上げるための方法にはいろいろとありますが、一般的に多くの企業で採用されているのは以下でご紹介する5項目となるでしょう。この機会にぜひインプットしておきましょう。

経営効率の確認方法1:収益性分析

まず「収益性分析」についてですが、これは簡単に言えば「その企業が一定期間にどれくらいの収益(企業利益)を計上したか」ということの分析になります。つまり、半年なら半年、一年なら一年とあらかじめ一定期間を区切っておき、その期間での利益を計算します。

随時にチェックできる企業利益・収益の分析により、今後の経済利益そのものの見とおしを立てることができ、不足する部分を補うことで経営効率を上げることができます。

経営効率の確認方法2:安全性分析

次に「安全性分析」についてですが、これはどの企業にとっても、その経営を維持していくための必須の作業分析になります。

この言葉の意味は「財務分析」の1つに組まれる上で、「その企業が不渡りなどを出さないよう安定して決済していけるかどうか」をあらかじめ予測した分析内容となります。経営効率の向上を図るためにはまず土台作りが大切で、そのための必須の指標となるでしょう。

経営効率の確認方法3:活動性分析

「活動性分析」というのは、その特定の企業に見られる企業実績を分析する上で「一定期間における企業パフォーマンス・企業努力を客観的にデータ化して可視化したもの」となり、これも経営効率を上げるためには必須の課題となるでしょう。

この活動性分析の分析によってその後の企業パフォーマンスの(理想的な)あり方を工夫し、さらに企業利益・経営効率を引き上げるための算段がなされます。

経営効率の確認方法4:生産性分析

生産性分析というのは、「その特定の企業が一定期間において産み出した、収益の資本となる製品やパフォーマンス内容・付加価値について分析したもの」となり、これも経営効率を上げるためには必須のパラメータとなるでしょう。

生産性分析を随時に確認することによって、その企業の現在における経営実態・今後の将来ビジョンに必要となるコスト削減法・不足の補い方などが簡単にわかります。

経営効率の確認方法5:成長性分析

次に「成長性分析」ですが、これは先述の「活動性分析」や「生産性分析」から延長されて分析される内容となり、「その企業が目指す将来的な事業拡大に際して、現在の資本ストック・企業パフォーマンスのあり方」などをどのように管理するかが問われます。

企業成長というのは、一般的に「資本・労働力・環境設定」の3つの視点からなされることが多く、これらの点を上手く調和させることで経営効率を上げるための土台を講じます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

経営効率化を進める時の注意点

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
さて、ここからは「経営効率化を進める時の注意点」と題して、経営効率を上げる際にどのようなことに留意すべきかという点を具体的にご紹介していきます。

経営効率を上げるためにはまず「コスト削減を念頭に置いた上での企業戦略」を進めることが大切で、そのために必要な状況・環境設定が必須となります。

職員の士気の低下

企業の経営効率を上げるためと言って次々に企業戦略改善を行ない、それによって社員各自に掛かる労働負担が増してしまったのでは、やはりどうしても企業全体の志気の低下が認められます。

企業利益は社員各自の働きに掛かっているため、まずは社員の覇気を向上させるための企業パフォーマンス・企業努力を工夫することが大切で、その上で経営効率を上げるためのアイデア戦略に乗り出しましょう。

お客様サービスの低下

これは大企業の企業戦略などでよく見られる例ですが、企業戦略・事業拡大への定着によって顧客ニーズを見落としてしまい、さらに顧客へのサービス低下が確認された場合、どれだけ資本を投資して企業利益(経営効率)を引き上げようとしても無理な話です。

企業利益は主に、顧客ニーズを満たすことに大事を置き、その上で顧客からの収益によって成り立っているため、常に顧客に向けてのサービス向上の確認は必要です。

品質の低下

これは大企業・中小企業どちらともによく見られる例ですが、企業拡大を目指し、そのための経営戦略を図ろうとする場合、その足元を見失う形で、肝心の製品(顧客ニーズ)の品質を低下させてしまうことがよくあります。

この商品・製品に関する品質低下・機能低下の問題は、非常に多くの企業で取り上げられており、この場合も顧客ニーズを満たすことを第一とした経営効率の引き上げに関わる重要事項となります。

経営効率を上げる手段・方法を知り収益性を上げよう

経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点
いかがでしたか。今回は「経営効率を上げるための手段10個|経営効率化の目的と進め方の注意点」と題して、「経営効率を上げるための手段」をピックアップし、経営効率化の目的と進め方の注意点についてご紹介しました。

経営効率を上げるための方法には、非常に多くの企業で課題視される重要項目ですが、その際には顧客ニーズと企業利益をしっかり確認し、経営コンサルのノウハウを経営戦略に直結させることが重要です。

Related