Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!

スキャナーはたいへん高度な機械装置で便利なアイテムです。そのスキャナーを活用して仕事の効率アップや趣味に利用できることをご存知でしょうか。そこで今回は、スキャナーを活用してできる11個のアイデアと、スキャナーを活用するメリットについてご紹介していきます。

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!

スキャナーとは?

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
スキャナーとはスキャニングという走査の動作を行うことにより情報センサやミラーを通して、多次元の情報を一次元に読み取る機械のことです。

スキャナーの基本的な原理は、二次元や三次元の情報をセンサやミラーを上下左右に動かすことで、空間のある一点の情報を縦軸を強度・横軸を時間という情報としてキャッチします。

それを同じタイミングでセンサやミラーを上下左右に動かして、一次元である紙などへ表現していくやり方です。

スキャナーの種類

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
スキャナーにはさまざまな種類があり、代表的なものとしては画像を取り込むイメージスキャナー・医療や研究などに使用されているCTスキャナー・商品などの情報を読み取るバーコードスキャナーなどです。

このように現在スキャナーはさまざまな用途に使われていて、わたしたちの生活になくてはならない存在となっています。気象衛星や惑星探査機など、宇宙開発などにもスキャナーは必要不可欠な機会装置として活用されています。

プライベートや趣味にもスキャナーを活用する人が増えている

スキャナーは高度な機械技術なので、資源探査衛星などの難しい作業や仕事関係にばかり使用されていると考えられがちですが、遊びやカルチャーの分野でも大いに活用されています。

これからの時代はプライベートや趣味にもスキャナーを活用して、身のまわりをすっきりとさせることで効率よく生活をたのしむことがベストの選択です。増えすぎた写真や書類をスキャナーで一次元化して、情報データとして活用することをおすすめします。

スキャナーを活用してできること11個

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
スキャナーを活用してできること11個をご紹介していきます。

スキャナーは仕事や研究だけではなく、家庭の書類を整理するためにも役立てることができます。家庭用のイメージスキャナーはミラーやセンサそのものを回転させることで情報を読み取る機械装置です。説明書やはがき・名刺などの平面な物体をスキャンする機能にたいへん優れています。

それでは、普段は気がつかないスキャナーの便利な活用方法を詳しく見ていきましょう。

スキャナーを活用してできること1:紙の資料のデータ化

仕事場や家庭に溢れる紙の資料を、スキャナーでデータ化して活用していきましょう。

紙の資料は放っておくとどんどん溜まっていってしまうので、必要がなくなった時点ですぐに捨てましょう。しかしどうしても必要な書類や、今後活用する可能性がある紙の資料は捨てるわけにはいきません。

場所も取りますし他の書類に紛れて無くなる可能性も大きいので、重要な紙の資料はその場でスキャナーでデータ化することをおすすめします。

スキャナーを活用してできること2:名刺のデータ化

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
スキャナーがいちばん活躍するのが、名刺のデータ化です。

名刺は小さい物ですが、仕事をしているうちにあっという間に溜まって収集がつかなくなる代物です。今は便利な両面スキャナーの機器があるので、それらを職場などで便利に活用していきましょう。

名刺をもらったらすぐにスキャナーでデータ化して分類しておきます。名刺は名刺そのものではなく中身のデータがいちばん大切なので、スキャナーで上手に整理しましょう。

スキャナーを活用してできること3:コピー機として使用

スキャナーは書類や画像のコピーなど、コピー機としても便利に活用できます。

スキャナーを電源フリーなワイヤレスコピー機に見立てて活用してみましょう。スキャナーに印刷モードを組み合わせれば、コピー機がなくても複写を作ることができます。

特にスキャナーを使う頻度が少ない方や使う必要がない・使用方法が思い浮かばない方などは、まずはコピー機としてスキャナーを活用することをおすすめします。

スキャナーを活用してできること4:写真をデータ化

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
写真をスキャナーでデータ化すれば、家族や仲間と共有しながら見ることができます。

スキャナーで写真を取り込んでおけばスペースを節約することができます。思い出の写真をいつでもどこでも見ることができる上、アプリなどを利用して皆で一緒に楽しむなどの活用方法も考えられます。

古い写真はスキャナーでデータ化して整理できるだけでなく、アプリで加工するなど、さまざまな活用方法があることを覚えておきましょう。

スキャナーを活用してできること5:年賀状の保管

スキャナーで年賀状の保管をすればすてきなイラストや写真を思い出ごとデータ化できて便利です。

年賀状は素晴らしい絵が描かれているなど、ひとつの作品としての価値もあり捨て難いものがあります。もしも捨ててしまうとしても、スキャナーで色鮮やかに保存しておけば良い思い出として保存できます。

スキャナーで取り込んだ年賀状のデータを郵便番号順に揃える機能がある機器なども販売されています。上手に活用していきましょう。

スキャナーを活用してできること6:新聞や雑誌の電子スクラップ

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
新聞や雑誌は一部だけが必要なので、スキャナーでデータ化して保存していきましょう。

仕事に関わる雑誌の記事や新聞記事は、ずっと保管しておいて何かあるたびに参考に見る必要がある情報です。

いちいち切り抜いてスクラップブックにするのもたいへんですし、整理しておかないとごちゃごちゃとしてわかりにくくなり場所も取るので、スキャナーを活用してすっきりと仕分け・処分することをおすすめします。

スキャナーを活用してできること7:カタログなどをデータ化して保存

スキャナーはかさばるカタログをデータ化できるので、たいへん便利です。

カタログは画像が多く厚みがあります。しかし自分が必要なページや説明は必要なので、安易に捨てるわけにもいきません。また、カタログはそのページだけをスクラップしたりコピーしたりするには、とてもたいへんな形体をしています。

そんなときにはスキャナーを利用して、カタログの内容を効率的に保存しておくことをおすすめします。

スキャナーを活用してできること8:レシートのデータ化

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
毎日家計簿を付けている人などは、レシートをスキャナーでデータ化することで、効率よく家計の計算をしていくことができます。

買い物をするたびにレシートを取っておくと、山のように溜まってしまいます。スキャナーでデータ化すれば、いちいちレシートの束を整理したり保管する手間が省けてたいへん便利です。

ポータブルのスキャナーがあれば、その場でレシートを捨ててしまっても記録として残すこともできます。

スキャナーを活用してできること9:取扱説明書のデータ化

取扱い説明書はたいへんかさばりますが、もしものときに必ず見るものなので捨てることができません。取扱説明書をスキャナーでデータ保存しておけば、いざというときにすぐに読むことができるのでとても重宝します。

取扱い説明書はいざ必要となったときに、どこへ入れたのかわからなくなり慌てることがよくあります。スキャナーでデータ化しておけば、たとえ取扱い説明書を紛失したとしても安心です。

スキャナーを活用してできること10:手書きイラストのデータ化

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
イラストの趣味がある方は、スキャナーでデータ化する方法がおすすめです。

手書きのイラストは大切な思い出の一部です。保管しておいて家族や仲間に見せたりと、作品を皆で共有できます。しかしイラストもたくさん溜まると場所を取りますし、色や紙が劣化して作品自体が変質してしまう恐れがあります。

手書きのイラストを元の状態で残しておくためにも、スキャナーでデータ化して活用する方法がおすすめです。

スキャナーを活用してできること11:子どものテストなどもデータ化できる

子どものテストなどは整理するのがたいへんなので、スキャナーでデータ化することをおすすめします。

子どものテストは油断しているとどんどん溜まっていくため、いざ見ようとしたときにどこに入れたかわからなくなってしまいます。だからといって子どもに保管させておいても、捨ててしまったり仕舞い込んでしまう恐れがあります。

子どものテストをスキャナーしておけば、いつでも見られて整理もできるためたいへん便利です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

仕事効率アップ!スキャナーを活用してデータ化することのメリット5つ

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
仕事にスキャナーを活用してデータ化することのメリット5つをご紹介していきます。

現在、スキャナー機器はスキャンするだけではなく、それをデータとして活用するための工夫がたくさん行われています。スキャナーした情報を機械が自動で分類・抽出してくれるため、現物保管するよりもずっと便利に活用できます。

いままでは考えも及ばなかったスキャンデータの活用方法を詳しく覚えて、仕事の効率をアップさせていきましょう。

スキャナーの活用メリット1:文字認識機能で検索が可能になる

最新のスキャナーには文字認識機能があるため、スキャンするだけで検索が可能です。

書類などをスキャナーで読み込ませるだけで、入力の必要がなくなります。入力が必要な書類などは、スキャナーを使って簡単に処理ができます。

スキャナーの活用メリット2:入力作業に時間がかからない

スキャナーは短時間で読み込ませることができる機械装置なので、入力の手間が省けて仕事の効率がアップします。

スキャナーイコール入力作業と覚えておきましょう。スキャナーがあれば、誰もが簡単にデータの処理を実行できます。

営業職の人などは外出先からスキャナーで読み込ませるだけで、簡単に仕事の結果報告や統計作業が実行できるため、たいへん便利です。AIと連動させれば、社内管理が簡単に一元化できます。

スキャナーの活用メリット3:紙のようにかさばらない

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
スキャナーを利用してデータ管理をすれば、紙の媒体は必要なくなります。

紙はどうしてもかさばります。スキャナーでデータ化すれば、いくらでも情報を保管することができてコストも削減できます。仕事も効率化されますので、これからは書類の保存にはスキャナーの活用をおすすめします。

スキャナーの活用メリット4:パソコンなどで一元管理できる

スキャナーでデータとして取り込んだ二次元・三次元の情報を、パソコンで一元管理していきましょう。

二次元や三次元の情報は仕事場や倉庫のスペースを占拠するだけではなく、データとして起こすために入力という作業工程も必要です。しかしスキャナーで取り込んでしまえばその場でデータとして活用できるため、手間も時間も掛からずたいへん便利です。

自動的にパソコンで一元管理もできるので、仕事の効率も一気にアップします。

スキャナーの活用メリット5:今後使うかわからないものも保管できる

スキャナーの魅力はスペースの省略可なので、今後使用するかどうかわらないものも保管しておけるメリットがあります。

書類やカタログなどで、この先必要かどうか曖昧な分野のものがあります。そのようなときはいままでは、とりあえず取っておくという選択肢がなされていました。

しかしこれからは、中身の情報だけが必要な状態であれば、スキャナーでデータ化して現物は捨てるという選択肢をチョイスすることができます。

スキャナーをもっと活用しよう!

スキャナーを活用してできること11個|仕事の効率アップや趣味にも活用!
スキャナーを上手に活用すると、わたしたちの生活がたいへん便利になることがおわかりいただけたでしょうか。

スキャナーは大切な写真や手紙などの思い出を色あせることなく保存できる上、それをいつでもどこでも見ることができる・活用できる利点があります。

わたしたちの身近には、このようにスキャナーを活用できるチャンスが数限りなくあります。スキャナーをもっと活用して、生活を便利に楽しく工夫していきましょう。

Related