Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ

営業を効率的に行い、成績を上げていくには、営業のフローチャートがとても便利です。営業のフローチャートは、営業の地図といえる存在です。営業の流れを可視化し「どこで」「どのように」行動するかを記した営業のフローチャートを用い、営業を効率化していきましょう。

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ

営業のフローチャートはわかりやすいものを作ろう!

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
営業で売れる人は、わかりやすいフローチャートを使用していることが多いです。営業で売れる人と売れない人の違いは、営業の道筋、すなわち営業の地図ができていないからです。

営業の地図とは、今、自分がどの段階にいるのか、そして顧客がどのような状況かを客観的に分析するための資料です。

営業は事前準備が9割といっても過言ではありません。ここでは、営業で役に立つわかりやすいフローチャートについて解説を行います。

営業のフローチャートを作成するステップ5つ

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
営業のフローチャートを作成する際、決めなければならないのは、営業フローチャートをどのように使用するのかということです。

営業にも多々ありますが、アポイントを取るためだけのフローチャートなのか、成約までを網羅したフローチャートなのかなど、フローチャートも目的によって作成の方法は変わります。

ここでは、営業のフローチャートを最初から作成するにあたっての5つのステップを紹介していきます。

営業のフローチャートを作成するステップ1:作成の目的を決める

営業のフローチャートを作成するステップの1つめは、先述したように作成の目的を決めることです。営業のフローチャートを営業の地図と例えるのなら、目的地を決める必要があります。

作成の目的を決めずに、あれもこれもと入れ込んでしまうと、まとまりのないハリボテのフローチャートができあがってしまいます。

形だけのフローチャートは、形だけで役には立ちません。作成の目的を決めて、明確に作成しましょう。

営業のフローチャートを作成するステップ2:関係者を洗い出す

営業のフローチャートを作成する際には、営業での関係者を全て洗い出すことが重要です。関係者を洗い出すというのは、誰がどのような立場で、どのような権限があるのかといったことを、客観的にみるためです。

営業相手には、必ずキーマンという成約の可否を握る重要人物がおり、営業ではキーマンを特定することが重要です。キーマンを見定めるためにも、フローチャート作成の中で、関係者を分析していきましょう。

営業のフローチャートを作成するステップ3:関係者のタスクを洗い出す

営業のフローチャートを作成する際、関係者を洗い出し、さらには関係者のタスクも洗い出します。関係者のタスクとは、誰がどのような役割を担っているのかを分析することです。

関係者の役割を分析することで、行動パターン、思考経路を分析します。分析することで、おのずとやるべき営業活動が絞られてきます。

闇雲に営業するよりも、はるかに効率よく営業展開が可能になりますので、関係者のタスク洗い出しはとても重要です。

営業のフローチャートを作成するステップ4:時系列でタスクを並び替える

営業活動を行う際、多くのタスクをこなしていく必要があります。このタスクを時系列で並び替え、やるべき時にやることを徹底することで、無駄な動きを防ぐことが可能になります。

営業活動はタスクの積み重ねです。タスクの順番を間違えてしまい、商品説明が疎かな状態でクロージングに進んでしまい、顧客を逃してしまうというのはよくある話です。

営業タスクを洗い出し、時系列に並べて客観的に見つめることも重要です。

営業のフローチャートを作成するステップ5:作成後に仮運用しながら改善する

営業のフローチャートを作成したあと、そこで満足してはいけません。フローチャートは作成後が重要です。フローチャートを実際に営業で使用し、トライアンドエラー方式でブラッシュアップしていく必要があります。

どんなに力作のフローチャートができても、実戦で使えなければ意味がありません。営業のフローチャートは作成できて半分完成です。

残り半分は仮運用をしながら作成していきます。どんどん実戦採用していきましょう。

営業のフローチャート書き方ポイント4つ

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
営業のフローチャートを作成するにあたり、書き方のポイントを抑えることで、劇的にフローチャート作成がはやくなります。営業のフローチャート作成はとても重要な仕事ですが、直接お金を生む仕事ではありません。

フローチャートを作成、運用してはじめてお金を生む仕事ができます。そのためには、フローチャート作成ははやく済ませるに越したことはありません。

ここからは営業フローチャート作成のポイントを解説します。

営業のフローチャート書き方ポイント1:フローは時系列が分かるように書く

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
営業のフローチャートを作成するポイントは、フローを時系列がわかるように書くことです。フローの時系列とは「どこで」「どのタイミングで」紹介を行うといったことや、ここでクロージングを行うといった、フローのタイミングなどを記載することです。

単純にフローを並べても、それはただの図でしかありません。明確にこのタイミングといったことや、このような状況で提示するといった時系列で書くことで明確になります。

営業のフローチャート書き方ポイント2:シンプルに書く

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
営業のフローチャートは、できるだけシンプルに書きます。フローチャートを細かく書きすぎると、逆にわかりづらくなり、見る方も疲れてしまいます。先述したように、フローチャートはお金を直接生む訳ではありません。

営業のフローチャートは、できるだけシンプルに作成し、わかりやすくすることが重要です。誰が見ても一目でわかり、実践しやすいフローチャート作成に力を入れましょう。

営業のフローチャート書き方ポイント3:複数記号を分かりやすく使用する

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
営業のフローチャート作成のポイントでは、記号をわかりやすく使用することもポイントです。記号をうまく使用することで、営業フローチャートはシンプルかつ見やすくすることができます。

記号だらけになってもいけませんが、適切に記号を使用し、言葉も簡略化することで、スッキリしたフローチャートが作成できます。直感的に見て理解できるフローチャートが理想的ですので、工夫しながら作成していくと良いでしょう。

営業のフローチャート書き方ポイント4:タスクの所在が分かるように書く

営業のフローチャート作成の際、タスクの所在を明らかにしておきましょう。例えばこの行動はこの人物が行う、とか、この人物がこの時に取る行動はこうであると予想する、といった「誰が」「いつ」「どうする」といったタスクの所在を明確にします。

フローチャートはシミュレーションのような意味も持ちます。シミュレーションを机上で行うことで、実戦でも慌てないようにすることが重要です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

営業のフローチャートを作成するメリット3つ

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
営業のフローチャートを作成するメリットは多岐にわたります。フローチャート作成は面倒臭いと考える人も多いですが、フローチャートを作成することで、大きなメリットを得ることができます。

何度か述べたように、営業のフローチャートは、営業という世界での地図です。地図を持たずに旅に出ると、目的地にたどり着くまでに時間がかかるか、たどり着けない可能性もあります。フローチャートを作成して効率よく営業をしましょう。

営業のフローチャートを作成するメリット1:流れや分岐を可視化できて漏れが減る

営業のフローチャート作成で、営業の流れや分岐が可視化されます。つまり、シミュレーションできるということです。シミュレーションは営業ではとても重要です。

多くの想定を行い、不測の自体にも対処できるように、フローチャートもいくつかのパターンを作成しておくことが望ましいといえます。やるべきことをやっていないという、漏れを防ぐこともできますので、ミスを減らすためのツールとしても、フローチャートは有能です。

営業のフローチャートを作成するメリット2:責任の範囲やタスクを共有できる

営業のフローチャートを作成することで、営業の責任の範囲やそれぞれのタスクを共有することが可能になります。こうすることで、誰が何に携わっているのかがわかりますので、連携も容易にできます。

営業のフローチャートにより、ミスのリカバーや気づきも早くなりますので、効率的にチームで営業を行なっていくことが可能です。

営業のフローチャートを作成するメリット3:問題の発生時に迅速に対応できる

営業のフローチャートを作成することで、問題対処能力が劇的に向上します。先述したように、ミスのリカバーや気づきが早くなりますので、クレーム発生前に対処が可能になります。

営業で致命的な問題は、問題に気がつかないことです。営業は相手に問題を指摘される前に、問題に気づき、即座に対応することが重要です。フローチャートは問題発生の拡大を防ぐ有能ツールとして使用できます。

営業のフローチャートを作成し成績アップを図りましょう

営業のフローチャートを作成する上で必要な項目10個|メリット3つ
今回は、営業のフローチャートを作成するメリットに関して解説を行なっていきました。営業のフローチャートは、作成すると、とても有能なツールになります。

営業のフローチャートを作成し、効率よく営業を行い、成績アップを図りましょう。

Related