Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月19日

営業の情報共有ツールおすすめ6選|情報共有ツール利用のメリット4つ

営業活動には情報共有ツールが欠かせません。なぜなら、営業は顧客満足度を上げて業績を伸ばすことを目的とした仕事だからです。そのためのノウハウや情報をツールを使って共有することで営業業務の効率化が図れるからです。今回は営業の情報共有ツールをご紹介していきます。

営業の情報共有ツールおすすめ6選|情報共有ツール利用のメリット4つ

営業で情報共有する目的は?

営業で情報共有する目的は、営業戦略すばやい立案・営業作業のノウハウの共有・無駄な仕事の削減などです。

同じ企業内で顧客の情報を共有することで、適切なアプローチを行っていくことができます。営業の情報共有ツールを賢く利用して日々の営業活動履歴を共有することで、それらの実現が可能です。

売上が伸びている営業マンの動きを見える化してそのノウハウを応用して活用することが、営業の情報共有ツールで実現されています。

情報共有の重要性

営業ツールで顧客情報や日々の業務を共有して仕事の効率化を図り業績アップや他部署との連携を活性化していきましょう。

営業職は一人で行うものではありません。他部署も含めてたくさんの人間と情報を共有しながら有益なソースを集めて顧客に対応していく仕事です。

また営業ノウハウの共有のために互いの仕事状況を正しく把握しておきましょう。よりよいサービスと製品を顧客に提供できる環境を作り出すことができるからです。

情報共有ツールの種類3つ

情報共有ツールの種類3つをご紹介していきます。

営業の情報共有ツールはいろいろありますが、大別するとグループウェア・ビジネスチャットツール・営業支援ツールの3つに分けることができます。現在これらの営業の情報共有ツールは円滑な業務遂行には欠かせないシステムになっています。

1つ1つの営業の情報共有ツールについて詳しくご説明させていただきます。

情報共有ツールの種類1:グループウェア

グループウェアとは社内の情報を共有するためのツールです。スケジュール管理・タスク管理・ファイル共有・電子決済・掲示板でのメッセージのやり取りなどの機能が、一元化されて皆で利用できる仕組みになっています。

営業の情報共有ツールとしてグループウェアの使用が当たり前になっています。共通のクラウドシステムを使って離れた場所にいる人同士のコミュニケーションをマルチデバイスで密に繋ぐことができます。

情報共有ツールの種類2:ビジネスチャットツール

ビジネスチャットツールとはマルチデバイスに対応しているセキュリティーがしっかりとしている営業の情報共有ツールです。

メールよりも使いやすく効率的ビジネスチャットツールは、タスク管理などの業務サポート機能をあわせもっています。

ビデオ通話などでネット会議を行えるほどコミュニケーション能力に優れている共有ツールです。スピーディな意思疎通が特徴で誤送信も編集できる手軽さが魅力です。

情報共有ツールの種類3:営業支援ツール

Sales Force Automation通称「SFA」と呼ばれる営業の情報共有ツールで、進捗状況や履歴・顧客・案件の情報を1つのシステムで共有することができる営業支援ツールです。

営業支援ツールとは、メールやビジネスチャット・グループウェアに分散してしまった顧客や営業の商談に関する情報をひとつにまとめるための情報共有ツールです。名刺やバインダーに収納されているデータも入力できます。

手軽に導入できる!営業の情報共有ツールおすすめ6選

手軽に導入できる営業の情報共有ツールおすすめ6選をご紹介していきます。

さまざまな機能をあわせもつ営業の情報共有ツールが開発されています。情報を共有化することで社内のコミュニケーションもアップして売上が伸びる可能性も高まりますが、営業の情報共有ツールを使いこなせていない事例も多くあります。

自社の業務に合う営業の情報共有ツールを選ばないと、コストだけがかかるはめになるので気をつけましょう。

営業の情報共有ツールのおすすめ1:チャットワーク

チャットワークとは、クラウド型のビジネス向け営業の情報共有チャットツールです。

既読機能がないチャットツールなので作業に集中しやすく気軽に使用できる特徴があります。チャットはメールと違って会議室にいるような雰囲気を作り出すことができるため、外出先からでも社内とのコミュニケーションを図ることが可能になります。

スタンプ機能や返信機能なども充実しています。

営業の情報共有ツールのおすすめ2:Googleハングアウト

ハングアウトとはGSuite(Google Apps)で活用できるアプリで、オンラインチャットができるアプリケーションです。

最大の特徴がどんなデバイスでも利用できることです。ビデオチャットも可能です。ハングアウトはスピーディーで簡単なことが利点で、ストレスのない対話や意見効果をタイムリーに実現できます。

メッセージのやりとりはGmailに自動で保存して検索することができるので記録としても残せます。

営業の情報共有ツールのおすすめ3:WowTalk

ビジネスチャットWowTalk(ワウトーク)は簡単な操作で社内のコミュニケーションを活性化できる営業の情報共有ツールです。

WowTalk(ワウトーク)はセキュリティも万全で災害時の社内統制にも優れています。だから安心して手軽にチャットワークを利用できます。

営業の情報共有ツールのおすすめ4:Chatter

Chatterは社内版SNSと呼ばれるほどコミュニケーション能力に優れた営業の情報共有ツールです。

ツイッター機能やグループ・フィルタ機能も充実していて、どのシステムもモバイルデバイスで簡単に利用できるたいへん人気のある営業の情報共有ツールです。一元管理で営業の仕事を見える化して業務を活性化します。

営業の情報共有ツールのおすすめ5:slack

slackはたいへん人気の営業の情報共有ツールで、世界中に多くのユーザーを抱えています。

slackは初心者でも使いこなせる利便性が特徴で、シンプルで無駄がなく高い拡張性が魅力の営業の情報共有ツールです。もともとエンジニア用に作成されたツールのため、IT系の企業で使用されているケースが多いです。

営業の情報共有ツールのおすすめ6:cyzen

cyzenは特に中小企業向けの営業の情報共有ツールです。

営業マンの位置情報やスケジュール管理を見える化して管理しやすくなります。入力などの事務仕事はデバイス操作で簡略化されて交通費も自動計算されます。社内のコミュニケーションも活性化します。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

営業で情報共有ツールを利用するメリット4つ

営業の情報共有ツールを利用することで、具体的にどのようなメリットがあるのかを4つご紹介していきます。

営業の情報共有ツールのいちばんの目的は情報の共有化ですが、業務上の無駄を省いて個々の連携を強化なものにする・同時に複数人でやり取りができる・コミュニケーションが取れるなどその他にもさまざまなメリットがあります。これらのメリットを詳しく見ていきましょう。

営業で情報共有ツールを利用するメリット1:複数人で同時にやり取りができる

グループウェアなどの営業の情報共有ツールの導入により同時に何人もがモバイルデバイスで情報を簡単に交換できます。

営業の情報共有ツールの導入によりスケジュールやアドレスなどの社内共有が簡単に行えます。休日の選定や業務の配分も効率よく時間をかけずに実行できます。

営業担当が多い企業にとっては特に、営業ツール導入によるリアルタイムな情報共有は業績アップへの大きなメリットになっています。

営業で情報共有ツールを利用するメリット2:情報の記録や整理・保存ができる

営業で情報共有ツールを利用すると情報の記録や整理・保存ができるという大きなメリットがあります。

クラウドなどの営業の情報共有ツールは、マルチデバイスでいつでもどこでも情報の記録や閲覧が可能です。出張や外回りが多い営業職の強い味方であるといえます。

営業マンを多く抱えている企業は特に、営業の情報共有ツールを導入することで時間を効率的に活用できるうえ管理も簡単に行えるというたくさんのメリットが得られます。

営業で情報共有ツールを利用するメリット3:効率的なコミュニケーションが可能

営業の情報共有ツールの導入で社内のコミュニケーションが活性化します。

グループウェアの導入によりメッセージ・掲示板・アンケートなどの機能で社員同士のコミュニケーションの場を増やすことができます。面と向かっては話しづらいことも、モバイルデバイスを通じてできる可能性があります。

営業の情報共有ツールの積極的な活用が、社内のコミュニケーションパフォーマンスをアップさせるメリットをもたらしてくれます。

営業で情報共有ツールを利用するメリット4:セキュリティ面が優れている

営業の情報共有ツールであるグループウェアなどのビジネスチャットツールには、セキュリティ面が優れているという大きな特徴があります。

メールやラインよりも手軽で効率的に使用できる営業の情報共有ツールは、大切な顧客情報やビジネス戦略などのデータ共有をなどのビジネス目的で使われることを想定しているため、セキュリティにたいへんな配慮がされています。

需要が多い最新のクラウドシステムなどがこれに当たります。

情報共有ツールを利用して営業活動を活性化させよう

情報共有ツールを上手に利用することで営業活動を活性化させることができます。

営業の情報共有ツールはいまや常識です。皆で営業に必要な顧客情報やノウハウを共有して、最高のサービス提供ができる体勢を整えておきましょう。そのためのさまざまな最新ツールの説明や営業の情報共有ツールの意義についてご紹介させていただきました。

今回の記事を参考にして営業の情報共有ツールを充実させて、自社の業績アップを目指しましょう。

Related