Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

ZACの特徴7つを徹底解説!機能や導入をおすすめする企業も紹介!

導入するだけであらゆる部分での不満を解消させるシステムというのが今の世の中には当たり前のように登場していますが、ZACもその一つです。今回はこのZACの特徴を徹底解説しつつ、その特徴と機能や導入をおすすめする企業も紹介いたします。

ZACの特徴7つを徹底解説!機能や導入をおすすめする企業も紹介!

「ZAC」とは?

ZACとはクラウド型の統合型基幹業務システムの一つで、経営管理をしやすくするためのツールの一つとなっています。社内情報の中でも見えにくかった部分を見える化する能力が特に高く、導入することで一元管理も可能となります。

特に面倒な情報の管理をわかりやすくしてくれることに定評があるシステムなので、その特徴にひかれた企業が次々と導入しております。

ERPシステムの特徴

ZANのように経営管理をサポートするシステムは通称「ERP(Enterprise Resource Planning)システム」とよばれており、コンピュータを用いての情報統合によって飛躍的に効率が上昇するようになっています。

企業経営の基本となってくるあらゆる資源を効率よく分配して有効活用できるようにするシステムと言えるでしょう。特徴として従来の業務システムよりは全社単位での効率化が求められています。

ZACの特徴

それでは具体的にZACとはどのようなシステムになっているのか特徴をまとめていきましょう。特に販売管理・購買管理・勤怠管理・収支管理・外部システムとの連携・モニタリング機能・料金プランが特徴的なのでそこにスポットを当てます。

企業側が技術情報や市場の変化スピードについて行けていないと感じている場合、そしてシステムを運用する上での管理コストや運用保守費用が高いと感じているならより注目すべき案件です。

ZACの特徴1:販売管理

ZACの特徴の一つが売上・受注・請求債権管理といったあらゆる販売業務全体を管理しアウトプットとして提供できるシステムです。これらの機能に加えて見積書の作成や発行も容易になっており、使いこなせばこなすほど仕事の効率が上がります。

過去の見積書もデータ管理されますので、記録の確認やそのデータをコピーしての修正や引用も簡単にできます。申請や承認フローも組み込まれているので、使い勝手は抜群です。

ZACの特徴2:購買管理

先ほどの販売管理で説明したようにZACの特徴に売上・受注・請求債権管理というのがあり、自動出力機能や発注書出力などがあわさって購買管理も圧倒的にしやすくなっています。

発注予定の段階からZACではシステム入力が可能となっているので、そこから仕入れや外注への紐付けを行って簡易的な売上予想といった欲しいデータが簡単に把握できるようになっています。注文書や注文書控といった書類のPDF印刷も可能です。

ZACの特徴3:勤怠管理

大手になればなるほど勤怠管理は大変ですが、ZACならば36協定に準拠した労働管理サポートツールが組み込まれているので、勤怠管理も非常に楽になります。

それ以外にもプロジェクトにおける作業工程管理も可能となっているので、どの業務でどれだけの時間がかかっているのか、リソース管理はどうなっているのかも視覚化できるようになっています。日報の入力漏れ防止のアラーム機能といった便利なものも搭載されています。

ZACの特徴4:収支管理

ZACに備わっているプロジェクト管理機能を使えば、販売状況や購買状況、経費がどうなっているのかといった各種データが直ぐにわかるようになり、プロジェクト別の収支も管理することができます。

特徴の一つとして、ZACでは売上がはっきりさせることが困難な受注前の見込み段階でも、プロジェクトの収支を予想することができるようになっているので、そのデータを元に予定労務費なども算出できるようになっています。

ZACの特徴5:外部システムとの連携

ZACの特徴として便利なオプション機能の中に外部システムとの連携が可能というものがあります。たとえば、財務会計ソフトと連携してZACで入力された各種データを活用するといった使い方です。

仕入れや外注といった支払いデータをオンラインバンキングシステムと連携したり、ZACに備わった勤怠管理機能から給与計算システムと連携して給与計算を行うといった使い方もできるようになっています。これも一つの特徴です。

ZACの特徴6:モニタリング機能

ZACの特徴として経営モニタリング機能があげられるでしょう。これは部門別採算やプロジェクト利益といったデータを逐一モニタリングして、経営指標の異常値が出ていないのかを早めに検知する機能です。

早めの問題発見ができるという特徴があり、問題が飛躍的に大きくなる前に経営判断ができる環境が整います。

ZACの特徴7:料金プラン

クラウド型自社設置・オンプレミス型
データセンター利用料月額5万円別途お見積り
ZACの特徴として、データセンターを利用しないサーバー自社設置型の人は別途見積もりが可能となっており、利用料金が下がる可能性がある点です。

いくらまで下がるのか、具体的な数字は用意されていませんが、そのような環境にある方ならば別途お見積もりできるのでまずはお問い合わせください。料金プランの詳細を汁にはZACに問い合わせるのが一番です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ZAC導入をおすすめする企業の特徴

ただし、このZACのようなシステムは環境によって初期費用にも大きな差が出てきてしまいますので、費用によって導入するかどうかを検討している人にとっても判断がしにくい状況にあります。

そこで、具体的にどのような企業が導入すべきなのか、その企業の特徴についてまとめていきます。

広告プロモーション系

ZACは広告代理業やSP業を営んでいる広告ビジネス業界での実績があります。複雑化しているデザイン会社など外注企業への依頼費用や労務費などの関連するコストの紐付けが可能なので、収支管理も可能です。

案件ごとにまとめて集計することも可能という特徴もありますので、新たに受注した案件でも売上予想をすることが容易となっています。

ソフトウェア開発系

ZACはソフトウェア開発業における業務管理や経営管理において役立つ機能が多数備わっており、いくつかの特徴もマッチしています。

ソフトウェア開発業における個別原価計算も効率化できるようになっていますので、プロジェクトごとの費用も簡単に見ることが可能です。工数管理も簡単にできるのがZACの特徴なので、作業時間の検証もできます。

コンサルティング系

ZACでは監査法人や税理士法人も含めたコンサルティング業においても、務管理や商慣行といった機能がマッチするためにすでに実績のある業界となっています。

通常の販売管理とは異なるシステムでもZACは対応可能となっているので、契約金額や請求回数などを元にした契約種別の管理も簡単にできるようになっています。案件ごとの利益管理も可能なので収支の把握も容易となります。

クリエイティブ・コンテンツ作成系

ZACは特殊な業界である映像製作やWeb製作といったクリエイティブ系の業界においてもノンカスタマイズで対応できる機能が備わっているので幅広く求められています。

クリエイティブ系の業界で難しいとされているプロジェクト原価管理もはっきりとどのようになっているのかが見えるようになっているので、あやふやになりがちな関連コストや工数確認も簡単にできるでしょう。これも特徴の説明にあったとおりです。

ZACを導入してプロジェクトを効率化しよう

このようにZACの特徴は仕事の効率を大幅にアップさせる物が多く、うまく活用すれば初期投資分の費用も直ぐに取り戻せるでしょう。

ただし、どれだけの費用がかかるのかは企業ごとにばらけていますので、まずはお問い合わせをして見積もりをしてもらうところからスタートしてください。

Related