Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?

コーディング代行会社について、ご存知でしょうか。外注でコーディングを発注する際、基本料金やコーディング費用、品質などさまざまな気になるポイントを知っておくと、より満足の行くコーディング代行を依頼できます。今回は、安いコーディング代行会社10選などを紹介します。

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?

コーディング代行会社とは

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
コーディング代行会社とは、その名のとおりWebページのコーディングを代行してくれる会社です。そもそもコーディングとはプログラムを書くことや、文字、画像、音声などのデータを特定のコードに置き換えることを言います。

コーディングは処理をプログラミング言語で記述することで、特にCSSやHTMLを利用するデザイン系でよく使われます。そこで、安くコーディング代行会社を選ぶポイントを紹介します。

安い代行会社を選ぶポイント

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
コーディングを安く代行してくれる会社を探す際に、いくつかのポイントがあります。コーディング費用を調べると、基本料金やディレクション費用、オプション費用などの費用が発生してきます。

しかし、安いコーディング代行会社によっては基本料金が0円といった会社もあります。そこで、基本料金やディレクション費用の有無、技術力について知っておくと安いコーディング代行会社を選ぶ際に参考になるでしょう。

基本料金

安いコーディング代行会社には、大きく企業と個人に分かれます。基本料金を安く抑えたい場合は、個人を選ぶと良いでしょう。個人でコーディングを代行している場合、価格がすべて安いとは言いきれませんが、安くなる傾向にあります。

企業にコーディングを代行すると、どうしても費用がかさみます。基本料金とディレクション費用だけでも50,000円になるので、ページあたりの価格と基本料金もしっかり確認しましょう。

ディレクション費用の有無

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
コーディング代行を依頼した場合、基本料金にディレクション費用が加算されることがあります。ディレクション費用は、制作会社などから見積もりを受け取った際に全体の数十%などと書いてある場合もあります。

ディレクターがいない会社でも誰かがその業務を代行していることが多く、見積もりに計上されてくることも少なくありません。見積もりを確認する際、ディレクション費用がなくてもその費用の有無を確認するのが重要です。

技術力

コーディング代行会社を選ぶ際にポイントの1つとなるのが、技術力と正確性になります。バグのない美しいコードを書けるのが一番で、実装者以外の判読が難しくないレベルのコーディングができることが大切です。

コメントの代行や書き方についても、場合によっては外注元で社内ルールを決めておく必要があります。これらに順守したものを納品できるかも、コーディング代行会社を選ぶポイントになります。

料金の安いコーディング代行会社10選

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
安いコーディング代行会社を選ぶポイントを3つ、紹介しました。しかし、選ぶポイントを基にたくさんあるコーディング代行会社を選ぶのは大変です。そこで、料金の安いコーディング代行会社10選をまとめてみました。

コーディング代行会社1:クロノドライブ

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
料金の安いコーディング代行会社の1社目は、クロノドライブです。クロノドライブは、コーディング外注・代行業者の中では比較的歴史のある会社です。特徴として、長年培ってきたコーディングされたプログラムチェック者のスキルの高さを売りにしています。

クロノドライブは、自社のコーディングではないものをチェックするサービスも行っています。代行はエンジニアの労力負荷を減らすだけでなく、能力のアップにも貢献します。

コーディング代行会社2:コーディングファクトリー

料金の安いコーディング代行会社の2社目は、コーディングファクトリーです。コーディングファクトリーは、HTMLコーディングやJavaSprictの実装など、フロントエンドを専門とする会社です。

業界最大規模の制作体制下で、1~10,000ページを超える大規模まで数多くの実績があります。安全品質の保証と全ページ検査済みコーディングが、1ページ5,000円と明確な価格です。

コーディング代行会社3:スピードワン

料金の安いコーディング代行会社の3社目は、スピードワンです。Web制作会社や個人事業者に対応したスピードワンは、HTMLコーディングを代行する会社です。

社名のとおり、最短納期2日からあり、スピーディーな納期や、金曜日の午後5時までの相談で土、日などの作業にも対応してくれます。

また、納品後の修正は1か月以内なら無料で対応してくれ、コストを少しでも低くできるようシンプルな料金サービスを提供しています。

コーディング代行会社4:86CODING

料金の安いコーディング代行会社の4社目は、86CODINGです。HTML・CSSコーディングに特化した86CODINGは、高品質と短納期のうえ格安価格を実現したコーディング代行会社です。

86CODINGのホームページからオンライン見積もりを確認でき、「コーディング方法」+「オプション」=利用料金とわかりやすくなっています。オンラインで見積もりを見られるので、安心して発注ができます。

コーディング代行会社5:イノセントグリーン株式会社

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
料金の安いコーディング代行会社の5社目は、イノセントグリーン株式会社です。上場企業をエンドクライアントに35,000ページ以上の制作実績があるイノセントグリーンは、小さな作業から大きく複雑な作業まで対応しています。

シンプルな料金プランは、10時間プランが50,000円、30時間プランが150,000円、60時間プランが300,000円と明瞭です。余った時間は、無期限繰り越しできるのも安心です。

コーディング代行会社6:Code EXPRESS

安いコーディング代行会社の6社目は、Code EXPRESSです。HTMLコーディングを行うCode EXPRESSは、ページ数や納期によって1ページあたりの単価が明確になっています。納期に余裕を持たせると、ページ単価が安くなるため費用を抑えることも可能です。

指定されたデザインを忠実に再現、W3Cに準拠して制作しているため、検索エンジンに評価されやすいサイトになります。

コーディング代行会社7:html coding.biz

料金の安いコーディング代行会社の7社目は、html coding.bizです。HTMLコーディング専門サービスを行うhtml coding.bizは、東京を中心に全国のHTMLコーディングに関する業務をアウトソーシングしています。

料金システムも、基本CCS作成価格31,500円とページ数によって分けられたページ単価、オプションサービス価格など表になったものをhtml coding.bizで確認できます。

コーディング代行会社8:ciqlie

料金の安いコーディング代行会社の8社目は、ciqlieです。HTML/XHTMLマークアップ、CSSコーディングのciqlieは、コーディングを外注したい制作会社や企業、団体を対象に発注先が用意したデザインデータを基にコーディングを代行する会社です。

ベーシックプランでは、ページ数に応じて基本ページ料金、簡易ページ料金、製作期間が明記された表をホームページで確認できます。

コーディング代行会社9:くまweb

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
料金安いコーディング代行会社の9社目は、くまwebです。面倒な指示書や仕様書は不要なくまwebは、基本設計量・CSS作成費用が0円、HTMLコーディングが5,000円から対応している会社です。

他の料金プランも、トップページのページ単価20,000円~30,000円、下層ページ6,000円×ページ数、流し込みページ2,000円~、土日祝日対応やアクセス解析タグ設置は無料とわかりやすくなっています。

コーディング代行会社10:Spuitコーディング

料金の安いコーディング代行会社の10社目は、Spuitコーディングです。1ページ7,000円~の高品質コーディング代行のSpuitコーディングは、WordPressサイト構築に自信がある会社です。Slackやチャットワークを利用して、素早いレスポンスができるのも特徴です。

Spuitコーディングではできる限り柔軟な対応を心がけ、料金もPC・タブレット・スマホ全対応1ページ単位で提供しています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

コーディングは個人と企業はどちらが良いか?

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
コーディング代行会社を大きく分けると、個人と企業に分けられます。そこでコーディングを外注する際、個人と企業ではどちらが良いか悩んでしまうこともあるでしょう。個人と企業では、それぞれ良い点があります。

個人と企業のどちらの利点を重視するかで、個人か企業かを決めることができます。個人と企業の料金や技術・信頼性、対応やレスポンスについて、少し説明しておきます。

料金は個人の方が安い

コーディングを外注する際、料金は一番気になるところです。料金の安いコーディング代行会社10選でも紹介しましたが、安くて品質の良い仕事をしてもらえる会社選びが重要です。

企業だと、オフィスの賃貸料や社員への給与の支払いなどが発生するため、どうしても高くなりがちです。

個人の場合は最低1人で作業すると、オフィスの賃貸料や社員への給与なども考えなくて良いので、企業よりは料金を安く設定することが可能です。

技術・信頼性は企業が優位

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
コーディングを外注する際、技術面や信頼性も大切なポイントになります。企業の場合、特に大手企業との取引がある代行会社は、技術はもちろん会社同士の信頼性はとても大事になってきます。

そのため、企業の方が個人と比べると技術面と信頼性については優位と言えるでしょう。個人でも、技術や信頼性のあるところもあるでしょうが、エンジニアの数や質、取引先との信頼性は企業の方が強いでしょう。

対応とレスポンスが早いのは個人

コーディング代行を発注する際、急いでいる場合は個人の方が対応とレスポンスが早いです。企業のコーディング代行会社の場合、複数人のグループで担当することが多いので、どの工程を誰が作業しているかがメンバー全員に行き届いていないこともあります。

しかし、個人にコーディングをお願いする場合は全工程を少人数で担当するため、担当範囲でなくてもメンバーが把握していることが多く、レスポンスも早いでしょう。

コーディング代行会社は料金・品質などを比較して総合的に選ぼう

料金の安いコーディング代行会社10選!個人依頼との違いや選考ポイントは?
今回は、料金の安いコーディング代行会社の選び方のポイントや10選、個人と企業のそれぞれの利点を紹介しました。コーディング代行会社は調べると想像以上にたくさんあり、料金システムも複雑な場合もあります。

料金の安いコーディング代行会社のホームページには、明確な料金表が掲載されているので比較してみましょう。選び方のポイントと料金表、品質からピッタリの安いコーディング代行会社をぜひ見つけてみてください。

Related