Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選

社内でハロウィンイベントをやったことはありますか。ハロウィンは外国のイベントですが、日本でも着々と浸透してきています。仮装をしたり、お菓子を配ったりと楽しいイベントですが、社内でハロウィンイベントをするには、どのようなアイディアがあるのでしょうか。

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選

社内でハロウィンイベントを行う会社が増えてきている

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選
近年、社内イベントの開催に力を入れている会社が増えてきているのをご存知ですか。社内イベントを行いことによって社内の雰囲気が良くなったり、社員同士の結束力が高まります。その結果、離職率が下がる傾向にあります。

特にハロウィンはイベントの中でも楽しいアイディアが盛り込みやすく、仮装など普段できないようなこともできるため人気です。カラフルで派手さもあるので、ハロウィンはイベント映えしやすいのも特徴です。

社内で行うハロウィンイベントのアイディア8選

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選
魔女やゾンビの仮装をしたり、お菓子を求めて街を練り歩いたりと各所でハロウィンのイベントはたくさん開催されています。会社という限られた場所ではありますが、社内でハロウィンイベントを開催する時にも、さまざまなアイディアが考えられます。

社内で行うハロウィンのイベントには、どのようなアイディアが考えられるのでしょうか。社内で行うハロウィンイベントのアイディア8選をご紹介します。

ハロウィンイベントのアイディア1:社内を飾り付ける

まず一つ目のアイディアとして、社内をハロウィンのモチーフなどで飾り付けをするのがオススメです。ジャックオーランタンやおばけ、お菓子などカラフルで可愛いモチーフがたくさんあります。

ハロウィンといえばオレンジや紫、ゴシックなど少々変わった配色や色味のものが多いです。かぼちゃやおばけ、コウモリなどの飾りで社内を飾り付けるだけで、そのイベントの雰囲気を感じることができます。

ハロウィンイベントのアイディア2:お菓子を用意する

二つ目のアイディアとして、お菓子を用意するのもオススメです。ハロウィンといえば「トリックオアトリート」という掛け声とともに、子供がお菓子をもらいに行くイベントです。ハロウィンのイベントにお菓子は必要不可欠といえます。

ハロウィンの時期になると、ハロウィン仕様になったパッケージのお菓子もたくさん販売されます。普段用意するお菓子を少し変え、社内にそのようなお菓子を準備するのも楽しいのではないでしょうか。

ハロウィンイベントのアイディア3:仮装をして出勤する

ハロウィンの仮装をして出勤するのもアイディアの一つです。魔女やおばけ、ゾンビなどハロウィンでは仮装も醍醐味の一つです。実際にハロウィンの日は仮装して仕事をしているという会社がかなりあります。

ハロウィンキャラクターでなくても、自身が好きなアニメや漫画の仮装をするのもアイディアの一つです。社内全員で仮装をすればなお楽しいですし、よりハロウィンらしさを楽しむことができます。

ハロウィンイベントのアイディア4:料理を手配する

社内イベントの楽しみとして、ハロウィンらしい料理を手配するのもオススメです。ハロウィンと聞くとお菓子がメインのように感じますが、かぼちゃを使用したパイや、ハロウィンらしいアイディアを凝らした料理のレシピはたくさんあります。

同じ料理を食べながら会話をすることにより、社内の人間関係を深めることにもつながります。見た目が可愛い料理はテンションを上げてくれるのでオススメです。

ハロウィンイベントのアイディア5:仮装コンテストを開催する

先ほどハロウィンの仮装をして出勤をするというアイディアをご紹介しましたが、それに関連づけて、仮装コンテストを開催するというのもアイディアの一つです。仮装コンテストに商品をつけたりすると盛り上がりをつけることができます。

一見遊びのように見えますが、遊びにも全力の会社というのは社内の雰囲気が良いように感じます。チーム制にして商品獲得のためにアイディアや趣向を凝らすとオススメです。

ハロウィンイベントのアイディア6:ハロウィンに関するゲームを行う

社内イベントの一環として、ハロウィンに関するゲームを行うのもオススメです。パーティーゲームの定番でもあるビンゴをハロウィンバージョンにした「キャンディービンゴ」がオススメです。

お菓子の詰め合わせに番号をつけ、ビンゴと同じように番号のついたお菓子を引いていき、ビンゴを開けていきます。ビンゴになったら引いたお菓子の中から好きなものを選んでもらうという形です。ハロウィンらしいアイディアに溢れています。

ハロウィンイベントのアイディア7:プロの力を借りる

社内イベントのアイディアに困ったら、プロの力を借りるのも手です。社内イベントをより良いものにするために、社内イベントの代行をするサービスがあります。自社でアイディアを出すのが大変な場合は、こちらを利用するのも手です。

プロのサービス代行を使用することにより、社内の負担も減りますし、何よりイベントがより良いものになります。アイディアに困ったり、時間が迫っている場合は、こちらを利用すると良いでしょう。

ハロウィンイベントのアイディア8:子供たちにお菓子を配るイベントを開催する

ハロウィンと子供は切っても切れないイメージがあります。子供たちにお菓子を配るというイベントを開催するのも、ハロウィンらしいアイディアの一つです。仮装した格好で街を歩き、お菓子を配るというのはとてもハロウィンらしくオススメです。

会社ではありませんが、実際に仮装をした子供達が交番へ行き、お菓子をもらうというイベントがありました。このような地域密着型の交流活動もアイディアの一つと言えます。

社内でハロウィンイベントを開催するメリット5選

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選
社内イベントと聞くと楽しそうなイメージがありますが、準備が大変だったり、人によってはそのようなイベントへの参加が苦手だという人もいるでしょう。またハロウィンは外国のイベントのため、みんなが好きだというわけでもありません。

社内でハロウィンイベントを開催するメリットには、どのような事があるのでしょうか。社内でハロウィンイベントを開催するメリット5選をご紹介します。

社内でハロウィンイベントを開催するメリット1:一体感を味わえる

社内でハロウィンイベントを開催するメリットの一つ目として、一体感を味わうことができます。社内イベントは企画やアイディアを出す段階では大変なことも多いですが、そこから社内の団結力が育まれていきます。

仕事をしている時には関われないような人とも、イベント内で会話をできるチャンスもあるでしょう。このチャンスを生かし、自分のその場所にいるという感覚を味わえれば、一体感を感じることもできます。

社内でハロウィンイベントを開催するメリット2:社員同士の結束が強くなる

社内でハロウィンイベントを開催するメリットの二つ目は、社員同士の結束が強くなることです。一体感と似ていますが、イベントをすることによって社員同士の結束が強くなり、離職率が下がるという結果が出ています。

イベント内で、いつもは見られないような同僚の違う一面が見えたり、普段話さないような上司や後輩と関わることもできます。社員の交流や結束を強くするためにもオススメです。

社内でハロウィンイベントを開催するメリット3:業務の効率が上がる

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選
社内で一体感を感じられたり、社員同士の結束が深まるということは、普段の業務の効率が上がることにもつながります。あまり話しかけたことのない人へわからないことを聞いたり、話しかけに行くことは非常に大変ですが、「あ、この人この前のイベントの時に話した人だ」という面識があれば、話しかけに行くことも難しくはありません。

このロスタイムをなくすことにより、業務効率は少しずつ上がっていきます。

社内でハロウィンイベントを開催するメリット4:社外へ情報を発信する

社内でのハロウィンイベントなどの内容は、社外へ情報を発信する時の材料となります。この会社ではこのような社内イベントをしているという前情報は、会社に入りたいという人が社内の雰囲気などを知るためにとても便利です。

自分が勤めたいと考えている会社はこのような雰囲気だ、社員同士の仲も良さそうだという情報を事前に知っていると安心できます。そのためにも社内イベントは重要です。

社内でハロウィンイベントを開催するメリット5:社員の普段とは違う顔を見られる

社内でハロウィンイベントを開催するメリットの五つ目は、社員の普段とは違う顔を見られるということです。特にハロウィンイベントは仮装ができるということもあり、よりその風潮が強く感じられます。

社員の普段とは違う顔を見られるというのは、社内イベントの醍醐味とも言えます。ここで交流の場が増えますし、社内での良い思い出作りにもなるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ハロウィンイベントで盛り上がっている会社3選

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選
社内イベントはその会社によってアイディアに違いがあります。特にハロウィンというのは通年のイベントの中でもお祭り感が強く、それぞれ個性が感じられるイベントです。

ハロウィンイベントで盛り上がっている会社には、どのようなところがあるのでしょうか。ハロウィンイベントで盛り上がっている会社3選をご紹介します。

ハロウィンイベントで盛り上がっている会社1:タカラトミー

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選
ハロウィンイベントで盛り上がっている会社の一つ目は、タカラトミーです。社員全員が仮装をした姿で仕事をし、その後ハロウィンパレードに参加しています。

また、タカラトミーはおもちゃメーカーとしてとても有名ですが、2016年にタカラトミーの本社で子供達に向けたおもちゃの配布イベントを行っていました。他社にはないアイディアでハロウィンのイベントを盛り上げています。

ハロウィンイベントで盛り上がっている会社2:ギークス株式会社

ギークス株式会社は、社内イベントの開催に力を入れていることで有名な会社です。社内コミュニケーション活性化のため、ギークス株式会社のハロウィンイベントは非常に楽しそうな雰囲気をしています。

チームごとにテーマを決めて仮装したり、ハロウィンパッケージのお菓子を準備したりしています。参加型でみんなが楽しめるパーティーがモットーですが、乗り気ではない社員には強制はしないというのもギークス株式会社らしいです。

ハロウィンイベントで盛り上がっている会社3:キングソフト株式会社

キングスソスト株式会社は、ライブ配信SNSのLiveMeを配信している会社です。この会社のハロウィンイベントも非常に盛り上がっている様子がホームページで確認できます。

すべて手作りをしているという会場の飾り付け、ジャック・オー・ランタンも社員がくり抜いて作ったと記載があります。会社の会長や社長自らも仮装をしていたりと、社内の雰囲気が明るく楽しいものなのがわかります。

社内で行うハロウィンイベントのアイディアを知って参考にしよう

社内でのハロウィンイベント企画のアイディア8選と開催するメリット5選
社内で行うハロウィンイベントのアイディアには、さまざまな工夫が溢れています。会場の飾り付けやゲーム、アイディアなど運営する人たちの努力が詰まっています。

社内イベント行うことによって社員同士の結束、団結力が深まることは、普段の仕事の効率を上げたり、離職率を上げることにもつながります。イベント参加が苦手という方もいるでしょう。そのような人でも楽しめるアイディアやイベントを考えてみてはいかがでしょうか。

Related