Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個

「サーバントリーダー」とは、メンバーを「支配」ではなく「支援」する、従来とは全く違うリーダーシップ哲学です。サーバントリーダーは、スターバックスコーヒーが取り入れていることでも有名で、これからの変化してゆくビジネスの世界で必要とされるリーダーの形です。

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個

サーバントリーダーの意味とは?

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
「サーバントリーダー」の「サーバント」とは、「召し使い」という意味で、リーダーのイメージとは真逆の意味です。

ロバート・K・グリンリーフによって提唱された「サーバントリーダー」は、従来の「支配する」リーダーではなく、「支援する」リーダーを意味します。

この考え方では、メンバーはリーダーの目標達成のために駒のように働くのではなく、メンバーが目標達成をしやすいように支えるのがリーダーの役割となります。

サーバントリーダーと従来の支配型リーダーの意味の違い5つ

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
「サーバントリーダー」の言葉の意味からだけでも、「サーバントリーダー」が従来のリーダーとは全く意味が異なるリーダーだとお分かりいただけたでしょう。

サーバントリーダーが従来の支配型リーダーと大きく違うのは、「支配」せずに「支援」するリーダーであることです。

リーダーは支配しなくては意味がないわけではありません。支援するリーダー「サーバントリーダー」の意味を従来の支配型リーダーと比較して見てみましょう。

サーバントリーダーと支配型リーダーの意味の違い1:重視すること

従来の支配型リーダーが重視するのが、「目標達成のためにメンバーを支配して従わせること」であるとすれば、サーバントリーダーが重視するのは、「メンバーの話に耳を傾け、活躍を支援しながら共に目標達成を目指すこと」という意味の違いがあります。

変化が激しくなったビジネスの世界では、リーダーの指示に従うだけのメンバーでは成功が難しく、メンバーそれぞれが主体的に活躍できるサーバントリーダーが必要と言えます。

サーバントリーダーと支配型リーダーの意味の違い2:コミュニケーション方法

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
従来の支配型リーダーのコミュニケーション方法が、「メンバーに指示を出して従わせる」というやり方であるとすれば、サーバントリーダーのコミュニケーション方法は、「メンバーの話を理解して支援する」というやり方であるという意味の違いがあります。

サーバントリーダーのコミュニケーション方法をとることで、メンバーの納得感やモチベーションを高めることができます。

サーバントリーダーと支配型リーダーの意味の違い3:責任の所在

従来の支配型リーダーのようにメンバーを支配しないサーバントリーダーは、責任もメンバーに預けるのかと言えば、そうではありません。

メンバーに主体的な行動をさせるサーバントリーダーですが、従来の支配型リーダーと同じく、責任はリーダーが持ちます。

この責任のあり方を考えると、従来のリーダーの意味するイメージと重なり、サーバントリーダーがリーダーの一種であることを理解しやすいでしょう。

サーバントリーダーと支配型リーダーの意味の違い4:成長への考え方

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
従来の支配型リーダーの成長への考え方が、「リーダーの求めるレベルに達すること」であるとすれば、サーバントリーダーの成長への考え方は、「メンバーの得意なことや望むことを達すること」という意味の違いがあります。

苦手なことを克服するよりも、得意なことを伸ばすほうが効果が大きいことでしょう。サーバントリーダーの方法なら、メンバーの話を聞いて理解することで、各メンバーに合った成長を考えることができます。

サーバントリーダーと支配型リーダーの意味の違い5:後輩社員への対応方法

従来の支配型リーダーでは、メンバーが後輩社員に支配的な対応をするピラミッド型の構造ができやすいとすれば、サーバントリーダーでは、メンバーも後輩社員の話を聞いて支援するフラットな構造になりやすいという意味の違いがあります。

組織では、風土や体質などと言われるように、リーダーのやり方でメンバーのやり方も変わってきます。サーバントリーダーのいる組織では、組織全体の雰囲気も良い方向へ変わってくるでしょう。

サーバントリーダーの特性10個

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
サーバントリーダーには、メンバーを支援しながらリーダーとしての役割を果たすための「傾聴」「共感」「先見力」など10個の特性があります。そんなサーバントリーダーの特性を紹介していきます。

サーバントリーダーの特性1:傾聴

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
サーバントリーダーの特性で最も重要とも言えるのが「傾聴」です。「傾聴」とは文字どおり「耳を傾けてよく聴くこと」という意味です。

聞いているつもりでいても、自身の意見を差し挟んだり、強引にまとめたりといったことを無意識にしてしまいがちで、これでは「傾聴」とは言えません。

サーバントリーダーとしてメンバーが望んでいることを知るためには、まずはしっかりと話を聞く、つまり「傾聴」することが必須となります。

サーバントリーダーの特性2:共感

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
しっかりとメンバーの話を「傾聴」することができたら、「共感」しましょう。

サーバントリーダーは、リーダーの立場からのみ考えるのではなく、メンバーの立場に立って「共感」できるリーダーです。

話をしてくれるメンバーが求めているのはこの「共感」です。人は不完全であるということを忘れずに、どんな時でもメンバーを受け入れる姿勢を持ちましょう。これができれば、強い信頼関係を築くことができるでしょう。

サーバントリーダーの特性3:癒し

決して失敗しないことは不可能ですから、時にはうまくいかないこともあるでしょう。

サーバントリーダーとしては、メンバーに失敗しないことを徹底するよりも、うまくいかなかった時にできるだけ早く立ち直れるような「癒し」を与えることが必要です。

「傾聴」でメンバーの特徴を把握しているならば、あるメンバーが苦手なことを他の得意なメンバーにフォローさせる方法をとるのも良いでしょう。

サーバントリーダーの特性4:気付き

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
物事をありのままに見て、メンバーが見えていない部分を補い、「気付き」を与えることができることも、サーバントリーダーの役割です。

自分に見えていない部分というのは、ただ指摘されただけでは納得しづらいですから、メンバーが自分で気付くことができるような形で「気付き」を与えることが重要になるでしょう。

サーバントリーダーの特性5:納得

メンバーの「納得」が得られるかどうかで、仕事の質は左右されることでしょう。ですが、従来の支配型のリーダーでは得にくいのがこの「納得」であると言えます。

サーバントリーダーの「傾聴」「共感」「癒し」「気付き」といったやり方を使えば、リーダーの権限で従うことを強要するのではなく、メンバーが「納得」して業務を行うことができ、仕事の質も高めることができるでしょう。

サーバントリーダーの特性6:概念化

サーバントリーダーは、メンバーの主体性を重視するため、リーダー自身の考えは必要ないのかと言えば、そうではありません。

サーバントリーダーは、大きな夢やビジョンを持ち、メンバーとも共有する「概念化」ができることで、チームを目標に向かってまい進させることが必要です。

サーバントリーダーの特性7:先見力

サーバントリーダーの組織では、チームのメンバーひとりひとりが主人公と言えますが、チーム全体を俯瞰して見ることができるのはリーダーだけです。

過去と現在を知り、将来を予測する「先見力」も、サーバントリーダーに求められる特性です。

サーバントリーダーの特性8:執事役

従来の支配型リーダーでは、メンバーの手柄がリーダーのものとなってしまい、メンバーのモチベーションが低下するという問題点がありました。

サーバントリーダーは、リーダー自身が利益を得ることよりも、メンバーの利益となることを応援し、一歩引くという意味で「執事役」となり、メンバーのモチベーションを高めることができます。

サーバントリーダーの特性9:成長への関与

サーバントリーダーの、メンバーをよく理解するという特性によって、それぞれのメンバーに合った「成長への関与」をすることが可能となります。

メンバーに合わない成長をいくら促しても、期待する効果は上がらないでしょう。サーバントリーダーの方法でメンバーに合った成長を促せば、予想を超える結果が期待できることでしょう。

サーバントリーダーの特性10:コミュニティづくり

従来の支配的なリーダーの組織では、コミュニティも硬直的になりがちです。

リーダーがメンバー全員のことを理解して認めてくれて、大きく成長してゆける、愛情と癒やしで満ちた「コミュニティづくり」もできるのが、サーバントリーダーです。

このように、「組織上のリーダーとして」という意味のみならず、「人として」という意味でも素晴らしい役割を果たせるのが、サーバントリーダーであると言えるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

サーバントリーダーシップのデメリットは?

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
サーバントリーダーシップのデメリットとしては、難度という意味では高く、並みのリーダには実践が難しいことでしょう。

まず「傾聴」からして、意味は理解できても実践となると難しく、メンバーに主体的に行動させた結果が大失敗となり、支配型のやり方に戻すことになる場合も考えられます。

ですがサーバントリーダーシップには、このデメリットを考慮しても、挑戦する価値があるでしょう。

サーバントリーダーについて知ろう

サーバントリーダーの意味や役割は?|サーバントリーダーの特性10個
このようにサーバントリーダーは、メンバーを「支配」ではなく「支援」する、従来と全く違う、これからの変化が激しい時代に求められるリーダーであると言えます。

サーバントリーダーのいる組織は、仕事の成功という意味だけではなく、メンバーひとりひとりの人生を豊かにするという意味でも、明るい未来をもたらすことでしょう。

Related