Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方

CSR調達の役割は企業で盛んに取り入れられている制度です。企業が社会に貢献する項目や取引先との公約、従業員に対する人権問題まで幅広く適応されます。多様化する働き方に対応するCSR調達について、5つのポイントとガイドラインの解説をします。

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方

CSRとは

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSRとはCorporate Social Responsibilityの略を指します。企業が社会的に行う事業の一環を意味します。企業のPRや企業を追い求めるものではありません。

根本的に企業が長く継続していくには、社会貢献や組織活動が不可欠だという考え方です。大企業だと社会に与える影響も大きいので、よりその意味合いは強くなります。例を挙げれば「自社の製品は地球環境に優しい成分でできています」などです。

CSR調達とは?

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSR調達とは取引先に対してCSRを行うことを指します。企業が存続していく中で大切になる「環境」「コンプライアンス」「人権の尊重」などが含まれます。

自社だけでなく、取引先との間で取り決めるのがCSR調達です。どちらかが一方的に決定するのではなく、双方の合意があって初めてCSR調達が成り立つと言えるでしょう。取引に不当な点がないか、正当化などを双方で再確認できる利点があります。

企業の調達とは?

企業と取引先にて取り交わされる契約で、調達条件を明確にし取引先にも同じ内容を守ってもらうよう取り付けることを指します。企業の種類によって内容が同じとは限りません。

一般的な内容としては「環境」「人権」「公正な事業活動」などが含まれます。CSRを明確化することで、事業内容や社会への貢献が分かりやすくなる利点があります。最近では従業員による不適切な動画投稿などで強化する企業が増えるでしょう。

CSR調達の意義2つ

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSR調達することで、取引先と公正な事業を行っていることを明確にできる点があります。また会社が行っている社会貢献をオープンにすることで、より評価が高まるという点も挙げられます。

社会に役立つことで消費者にアピールができる点や取引先との取りきめをオープンにできるメリットがあります。

CSR調達の意義1:自社及び取引先企業の社会的価値の向上に貢献

企業の役割は利益を上げることだけでなく社会貢献も含まれるとした内容がCRSです。この条文をきちんとしている企業は「社会貢献に適している」と判断できると言えるでしょう。

例えば、利益の一部を植林活動に役立てているや地球に優しいエコな成分を使っているなどは社会貢献が望ましいなどです。自社の社会的価値を高めるためにも重要なポイントと言えるでしょう。

CSR調達の意義2:全体を適切に管理し不祥事の問題を回避

最近の企業の課題として従業員の不適切な行動があります。不適切な行動を動画やSNSに上げるなどして問題になっています。従業員による不祥事を防ぐためにもCSRは大いに役に立ちます。


事業計画や予算は会社によって違いますが、会社がどう社会に貢献できるかは明確にできます。企業も取引先もそして消費者もCSRを確認することでリスクが軽減できると言えるでしょう。

CSR調達のガイドラインの作り方は?

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSR調達のガイドラインとして自社だけに有利な取り決めや、取引先とでしか通用しないのならばCSR調達とは言えません。「自社」「取引先」「消費者」「労働者」これらの視点が含まれた内容にするべきです。

日本でも取り組みが深まっていますが、最先端は海外と言われています。参考にし今よりも充実できる内容にすることができるでしょう。

自社だけでなく取引先企業にも共有

CSRは自社だけでなく取引先と共有する必要があります。多くの企業では双方の理解を高めるために説明会を開くなどの取り組みが行われています。

企業は一社だけの取引をしているとは限りません。多くの取引先を抱えている企業にとって説明会は必須と言えます。CSRを文書で配布するだけに留まらず年間スケジュールとして組み込む企業も少なくありません。それほどまでに注目され重要視されていると言えるでしょう。

他業種や他企業の取り組みを参考にする

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSRの定義がまだあいまいな場合は大企業や業種のことなる例を参考にしてください。CSRは会社の利益を優先するだけではなく、あくまで社会貢献に対して努力していることを記入することが前提です。

また専門的な企業や業種によっては定めることが困難な場合があります。フォーマットや取り組み事例などいくら自分たちで考えても分からない場合は参考にしましょう。

EICCとは

EICCとは電子機器業界に特化したCSR調達のことです。発端は電子機器業界での劣悪な環境や労働環境が問題で悲しい事件に始まります。

この事件をきっかけに業界全体でCSR調達をしっかりと内外に通達しようとする動きが広がり始め、企業だけでなく消費者、労働者にも知ってもらうことで業界のクリーンさを訴えかけることに成功しました。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

CSR調達の役割5つ

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSR調達の役割には「法令順守・公正取引」「雇用・労働」「人権問題」「多様性」「環境問題」が挙げられます。会社、労働者、そして消費者すべてに関係する事柄と言えるでしょう。

最近の風潮としてCSR調達をもっと強靭なものにしようという動きが少なくありません。会社の利益だけでなく社会貢献を示す約束と言えるでしょう。

CSR調達の役割1:法令順守・公正取引

CSR調達に法令順守や公正取引があります。これは取引先の仕事ぶりに対して公正な取引を厳守することがあります。また反社会的組織への関与などをしないなども例外ではありません。誰が見ても公正な取引をしているという情報をオープンにする必要があります。

取引している中小企業に対して一方的に不利な契約をせず、お互いに社会貢献をしていく意味合いも含まれるでしょう。

CSR調達の役割2:雇用・労働

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSR調達には社会貢献だけでなく従業員の人権や労働に関することも含まれます。長時間労働や残業などは労働者にとって重くのしかかる問題です。その労働環境や人権をクリアにする項目が重要と言えるでしょう。

CSR調達の役割3:人権問題

最近、注目が集まっているCSR調達に人権問題があります。人権問題というと大掛かりなイメージを持ちどんなものか分かりにくい場合があります。分かりやすい言葉で言い換えましょう。

パワハラやセクハラ、女性雇用やLGBTといった事柄を指します。「女性だからという理由で役職に就けない」「パワハラを訴えようにも部署がない」などを防ぐのがCSR調達です。

CSR調達の役割4:多様性

CSR調達に多様性があります。これは主に動物に対して使われます。CSR調達には環境への取り組みが一般的ですが、効果を感じるまでには長い時間が欠かせません。効果を感じた瞬間が分かりにくいというデメリットがあります。

その点、動物を保護するCSR調達を設定すると誰の目に見ても効果が感じられます。個体数が何体増えたなど数値化されるので明白と言えるでしょう。環境や生物の多様性を重視するCSR調達もあります。

CSR調達の役割5:環境問題

CSR調達問題として一般的なのが環境問題です。例えばガス会社が地球環境を改善するための取り決め、支援をするなどです。ガスや石油などは生活に欠かせません。しかし、その一方で地球環境を破壊する問題をはらんでいます。

日本の企業だけでなく世界企業を例に見ても取り組んでいる企業がほとんどと言えるでしょう。自社の利益が地球環境にダイレクトに影響を及ぼす場合に重宝されるCSR調達です。

CS調達には企業人としての教育が欠かせない

CSR調達の役割5つ|CSR調達の意義やガイドラインの作り方
CSR調達を重視する動きが企業で盛んに見られます。しかし日本の取り組みは世界に比べるとまだまだ未熟な点が否定できません。しかし世界の企業を参考にして改善できるという希望があります。

自社だけではなく取引先との約束事が含まれるのがCSR調達です。企業の利益と社会貢献を同時に叶え、よりよい取り組みができると言えるでしょう。

Related