Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

残業を事前申請にするメリット3つ|おすすめの残業管理システム5選

近年、長時間の残業時間やサービス残業などが問題になっています。それを防ぐことができるのが残業事前申請です。今回はその残業の事前申請についてのメリットや注意点などについてご紹介します。ぜひ残業の事前申請について知りたい方はお読みください。

残業を事前申請にするメリット3つ|おすすめの残業管理システム5選

残業の現状

現在の日本の残業の現状は、1週間で7時間働いているといわれています。1か月にすると約30時間ほどになります。1日1時間なら少ないと感じられる方もいらっしゃるでしょうが、人によっては1週間で20時間以上も残業している方がいます。

残業が多くなってしまうのは人員が足りないため、一人あたりの仕事の量が多いため、予定外の仕事が突発的に発生するため、業務の繁閑が激しいためなどさまざまな理由があります。

残業の事前承認制度とは?

残業を事前に申請して承認されるという制度があることはご存知でしょうか。残業の事前承認制度とは、社員が労働時間を超えて仕事をする場合、残業をする前に残業の可否と残業をする時間について、上司に許可を取らないといけない制度のことを言います。

残業を事前申請にするメリット3つ

残業を事前に申請することで、さまざまなメリットがあります。今回は残業を事前申請するメリットについて3つご紹介します。ぜひ残業を事前に申請する制度を導入するか検討中の方は参考にしてください。

残業を事前申請にするメリット1:無駄な労働時間と給与を削減

残業を事前申請にするメリットとしては、無駄な労働時間と給与を削減することができます。残業をするのに正当な理由が必要になります。

なので勤務時間内に行えるはずの仕事を後ろ出しにして残業をしてまで仕事を行う残業や残業代目当てで残業を行う社員を減少させることができます。無駄に残業をすることができなくなるので、勤務時間内に仕事を終わらせるように取り組めるようになります。

残業を事前申請にするメリット2:社員のメンタルヘルス改善

残業を事前申請にするメリットとしては、社員のメンタルヘルスを改善することができます。あまりにも過度な残業を行うと精神的にも体力的にもバランスを崩してしまい、うつ病などメンタルの病気にかかってしまうことがあります。

残業を事前に申請にすることで、正確な労働時間を把握することができて長時間の残業を防ぐことができます。なので社員の精神的な病気を事前に防ぐことができ改善にも繋がります。

残業を事前申請にするメリット3:残業代未払いの防止

残業を事前申請にするメリットとしては、残業代の未払いを防止するができます。残業事前申請がなかったときは、残業時間を正しく把握することができず、サービス残業や残業代の未払いなどがありました。

しかし残業を事前申請にすることにより、いつだれがどれだけ残業するかを把握することができるようになり、サービス残業の防止や残業代を払わないというのを防ぐことができます。

残業を事前申請にする際の注意点2つ

残業を事前申請にすることのメリットを紹介しましたが、残業を事前に申請する際に注意しなければいけないことがあります。残業を事前申請にする際に注意するべきこと2点をご紹介します。

残業を事前申請にする際の注意点1:黙示的指示になる場合

残業を事前申請にする際の注意点として、黙示的指示になる場合というのがあります。黙示的指示というのは、自分から残業をしますと申請をするのではなく、残業を暗黙に強いられることを言います。

例えばあまりにも勤務時間内に終わらない仕事量を渡された場合、納期が労働時間内ではない仕事がある場合などです。自ら残業をするかしないかを選ぶことができず、残業をするしかないケースが該当します。

残業を事前申請にする際の注意点2:社員の無断残業

残業を事前申請にする際の注意点として、社員が無断で残業する場合があります。もし社員が事前に申請をせずに無断で残業をした場合、残業代を認めるのか認めないのかという問題が出てきます。

しかし会社側が残業申請を事前にしなかった場合、時間外労働については給与を支払わないと規定していたとしても、黙示的指示があったと認められる場合が多く支払いの義務は免れません。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

おすすめの残業管理システム5選

社員の勤務時間や残業時間を管理するのは大変です。残業管理システムを導入することにより、社員一人一人の労働時間を正しく管理することができます。ここではおすすめの残業管理システムを5つご紹介します。残業管理にお困りの方はざひ参考にしてみてください。

おすすめの残業管理システム1:MINAGINE就業管理システム

MINAGINE就業管理システムは人事労務のプロフェッショナル集団が開発した勤怠管理システムです。基本的にはウェブ打刻や専用打刻端末を使用した出勤管理や残業休暇申請までを一括で管理することができます。

残業時間が一定の時間を越した場合には本人にアラートで通知させることができます。なので長時間の残業を防止することができ、社員一人ずつの労働時間の管理をすることができます。

おすすめの残業管理システム2:Chronowis(クロノウィズ)

Chronowisはパナソニックが運用している長時間労働抑止システムです。Chronowisを使用することで勤務時間を過ぎてパソコンを利用すると、従業員のパソコンに残業時間の申請が必要ですとのポップアップが表示されるので、残業の事前申請の提出忘れを防ぐことができます。

また申請した残業時間を過ぎると再度従業員のパソコンにポップアップが表示されるので、長時間労働の抑止をすることができます。

おすすめの残業管理システム3:e-naviタイムシート

e-naviタイムシートは使い勝手にこだわったインターネット上で勤怠管理を行うクラウドサービスです。パソコンだけでなくスマホからでも勤怠入力や有給休暇などの各種休暇の申請、承認・否認することができます。

e-naviタイムシートはインターネットにつなげるだけでリアルタイムにスタッフの労働時間を確認することができるため、長時間の残業時間などを防止することができます。

おすすめの残業管理システム4:KING of TIME

KING of TIMEは歴史ある勤怠管理システムです。パソコンやスマホだけでなくICカードや生体認証、チャットなど打刻手段が豊富なので働き方に合った打刻を選ぶことができます。

また月ごと・週ごと・年ごとに従業員の残業時間を把握することができます。あらかじめ設定された残業時間を超えた場合管理者や本人にメールで通知がいくシステムがあります。なので前もって長時間の残業の防止をすることができます。

おすすめの残業管理システム5:リクナビHRTech 勤怠管理

リクナビHRTech 勤怠管理はリクナビが提供している残業管理システムです。ICカードや指認証だけでなく自席のパソコンで出勤・退勤を行うことができます。直行・直帰時でもスマホでリアルタイムに打刻することが可能なので従業員の勤怠管理をすることができます。

また社員、アルバイトなど、従業員ごとに残業時間を設定することができます。既定の残業時間を超すとアラート表示させることができます。

残業を事前申請にするメリットや注意点を知ろう

残業の事前の申請についてご紹介しました。残業を事前に申請することにより、無駄な労働時間と給与を削減できたりサービス残業・未払い残業を防ぐことができます。残業事前申請を行うときには黙示的指示になったり社員の無断残業にならないように注意しなければいけません。

残業を事前申請にするメリットや注意点を知ってうまく活用しましょう。

Related