Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?

インターネット上で利用できるクラウド型会計ソフトの中にMFクラウドがあります。MFクラウドはインターネットに繋がった強みを活かした特徴があり、乗換えを検討する企業も多いです。MFクラウドの特徴や強みを紹介し、競合するfreeeとの比較して記載します。

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?

MFクラウドとは?

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
MFクラウドとは、株式会社マネーフォワードが提供するクラウド型会計ソフトの名称です。利用するにはMFクラウドのサイトから自社の情報を登録する必要があります。

サービスサイトからログインをし、ブラウザを通じてインターネット上から会計ソフトを利用します。インターネットでの接続が可能なら、どこからでも使用できます。経理のデータの保存や税制などの改正の更新は、自動的に行われるのが特徴です。

クラウド会計アプリ

クラウド会計アプリには、登録したデータから経営状況を分析できる機能や、オンラインでの情報の取り込みを設定した預金口座やクレジットカードなどの残高と利用明細を確認できる機能が付いているのが特徴です。

会計ソフトの有料プランに加入していると、MFクラウドの経費アプリも使えます。経費アプリの便利な特徴は、レシートをスマートフォンのカメラで撮影するだけで経費データの取り込みが可能な所でしょう。

MFクラウドの主な特徴5つ

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
MFクラウドの主な特徴を5つ紹介します。MFクラウドはインターネット上から使える会計ソフトという強みを活かした、従来の会計ソフトにない大きな特徴があります。

小規模企業や個人事業主で、あまり経理作業に慣れていない方でも使えるように工夫されているでしょう。

MFクラウドの主な特徴1:人的コスト削減

個人事業主や小規模企業の場合は、経理専門の担当者を雇うのが難しく経営者本人が経理関連の作業をしなくてはいけない場合があります。会計ソフトの入力に慣れていない方でも自動で取り込めるため、人件費が節約できます。

MFクラウドでは、アプリでもレシートの登録ができます、連携しているネットバンクの口座やクレジットカード、電子マネー、ネットサイト、クラウドソーシング各社からの明細の自動取り込みが可能になります。

MFクラウドの主な特徴2:どこでも複数人で使用可能

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
ブラウザ上からインターネットに接続して利用するMFクラウドは、どの場所からでも、どの通信機器からでも利用できる特徴があります。ログインに必要なメールアドレスとパスワードさえわかれば、出張先からでもデータ入力が可能ですし、複数の人数で入力する場合にも便利です。

共有できる人数を追加するとデータから分析したレポートを複数の人数で閲覧できるため、キャッシュフローや損益の把握などもできるでしょう。

MFクラウドの主な特徴3:AIの学習能力

MFクラウドの特徴はAIの機能が充実しているため、同じ仕訳を繰り返すうちに学習能力が上がることです。

自動取り込みをしたデータがあると、取引した明細内容からAIが推測して、自動的に勘定科目を選択して入力する特徴が見られます。手動で仕訳をする場合も、登録された過去の仕訳から勘定科目を自動的に提案するため、徐々に精度が上がっていくでしょう。

MFクラウドの主な特徴4:料金プラン

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
MFクラウドの料金プランは個人事業主や法人向けとがあり、製品版の会計ソフトよりも安価な料金での使用が可能という特徴があります。1ヶ月の無料期間があるため、試してみることもできるでしょう。

個人事業主向けは月額1,280円から、法人向けの場合は月額3,980円からです。お得な年額プランもあります。1年に登録できるデータは50件までと制約がありますが、無料で使えるフリープランも用意されています。

MFクラウドの主な特徴5:選べる機能

MFクラウドには、会計ソフト以外の機能も付帯しているのが特徴です。請求書の管理や発行業務、経費の精算業務、給与計算やマイナンバー管理機能などの色々な機能が基本で付帯しています。

請求書を多く発行する方はオプション機能を付けることも可能ですし、従業員が規定の数を超えた場合にも従量課金で対応することもできます。

MFクラウドの強み3つ

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
MFクラウドの強みに関する特徴は、他のサービスとの連携や仕訳機能、他の会計ソフトからの乗り換えがしやすいことが挙げられます。これらの特徴について詳しく説明します。

MFクラウドの強み1:連携・データ取得スピードが充実

MFフォワードでは、他のサービスからの連携先が多く、オンラインで会計データが素早く取得できるのが特徴となっています。

オンラインでの口座取引やクレジットカードなどのデータが迅速に処理できますし、著名な提携先も多いので自社で利用しているサービスから容易にデータを取得できるでしょう。

POSレジとの連携もできるため、売上管理システムから経理データを取り込むことも可能で手間も省けます。

MFクラウドの強み2:仕分け機能・分析機能が高い

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
水道光熱費や決まった顧客や取引先とのデータを入力する場合は、毎月同じような仕訳内容になることもあるでしょう。入力した内容から売上やキャッシュフローの分析をして、現状の把握をしたい場合もあります。

MFクラウドには、仕訳の仕方を登録したり自動的に感情科目を提案できる能力が充実している特徴と、経営分析をグラフや図などでわかりやすく分析する機能が付いています。学習機能と処理能力の速さに定評があります。

MFクラウドの強み3:他の会計ソフトからでも乗換えしやすい設計

MFクラウドの場合は、ログイン後のホーム画面から各種設定のメニューから「他社ソフトデータの移行」を選ぶと開始残高や勘定科目までそのままで取り込める特徴があり、簡単に乗換えができます。

対応していなくても、MFクラウドはCSV形式での経理データの取り込みが可能です。他の会計ソフトからMFクラウドに乗換えをする場合、いったんCSV形式で保存してからインポートをすると確実にできるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

MFクラウドに並ぶ会計ソフトfreeeとは?

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
MFクラウドと同じクラウド型の会計ソフトとしては、freeeが有名です。MFクラウドとfreeeはクラウド会計ソフトで人気を二分する存在です。

MFクラウドは紙製の振替伝票をベースにした入力画面に設計されています。どちらかといえば、手書きでの経理事務や他社の経理ソフトからの乗換えでMFクラウドを選ぶ方が多いのに対し、freeeの方は経理作業が全く初めてという方が利用することが多い特徴があります。

freeeの特徴

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
MFクラウドにも簡単に経理データを入力できる機能が充実していますが、freeeの場合は全く経理の知識がない人でも質問事項に答えながらデータの手入力が行える特徴があります。

継続的な利用にも向いていますし、申告までに時間がないという方で経理事務を全く経験したことがないという方でも操作がしやすいと評価されています。MFクラウド程ではありませんが、同じようにオンラインでのデータの取り込みもできます。

freeeの利用料金

freeeにはMFクラウドと同じく無料のフリープランはありますが、機能が大幅に制限されます。freeeの個人事業主プランの場合月額980円からで、法人向けの場合は2,380円からとなります。月割りで考えるとお得になる年払いも洗濯できます。

freeeは最も安価なプランの場合は、レポートの機能が付いていないため注意が必要です。

MFクラウドの特徴を知ろう

MFクラウドの主な特徴5つ|MFクラウドの強みや競合freeeとは?
MFクラウドの特徴は、経理データの管理や更新作業の手間がかからないこと、インターネット上で利用できるためオンラインでネットバンキングができる口座やお金の取引ができるサービスの経費データを取り込むことが簡単にでき、場所を問わずに作業できるのが特徴です。

取引の自動化で手入力をする手間も省け、経理作業にかける時間を軽減できるのも強みでしょう。自分で経理作業をする必要のある経営者にも使いやすいでしょう。

Related