Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い

本記事は、CamCardについて知りたいという方を対象にしたもので、CamCardの無料版でできることを11個と、CamCardの無料版と有料版のさまざまな違いについて説明しています。CamCardについて理解を深めて、活用し、業務の効率化を図りましょう。

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い

CamCardとは?

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
CamCardとは、名刺管理アプリです。

名刺管理アプリとは、ビジネスでよく交換をする名刺をデジタルに一か所に管理するツールのことを指します。近年では、スマホのカメラ機能を用いて名刺情報を読み込むということが主流になっています。

また、CamCardによって読み込んだ名刺情報を自分だけが利用するのでなく、会社全体で共有することによって、さまざまな業務がより効率的になることがあります。

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
名刺管理アプリのCamCardには、無料版と有料版があります。

本記事では、これから、CamCardの無料版でできることを11個を説明していきます。

初めてCamCardを利用するという方は、まずは無料版を使ってみるということをおすすめします。そのため、これから説明するCamCardの無料版でできることをよく理解して、利用してください。

無料版CamCardでできること1:名刺スキャン

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
1つ目の無料版CamCardでできることは、名刺のスキャンです。

名刺の情報を読み込む際には、カメラ機能を用いて名刺をスキャンします。名刺をスキャンするときには、青いカメラアイコンをタップするとカメラが自動的に起動するようになっていて、撮影すると情報を読み込むことができます。

また、スキャンする際の撮影方法にはいくつかあり、シングル撮影モードなどがあります。

撮影後は、名刺情報の編集画面に移ります。

無料版CamCardでできること2:データの修正

2つ目の無料版CamCardでできることは、データの修正です。

このデータの修正は、読み込んだ名刺の情報は、実際の名刺と異なっていた場合に行います。修正したいところをタップすることで、キーボードを用いて修正することができます。

また、このデータの修正は必ず行うものではなく、正確に情報が読み込まれていた場合は行う必要はありません。

データを修正するかしないかは、各自の判断で決めます。

無料版CamCardでできること3:インポート

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
3つ目の無料版CamCardでできることは、インポートです。

無料版CamCardでは、Excelや自分の携帯のアドレス帳などの情報をアプリのなかにインポートすることができます。このように、さまざまなデータを一つのアプリのなかにまとめることで、必要な情報を必要なときに取り出すことが容易になります。

また、逆のこともでき、CamCardの情報を他のツールにインポートするということも可能です。

無料版CamCardでできること4:メモ・リマインダーの設定

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
4つ目の無料版CamCardでできることは、メモ・リマインダーの設定です。

メモをする際は、詳細画面の右上にあるメモというボタンをタップすることで、文章を打つことができるようになり、そのメモを名刺の情報に加えることが可能になります。また、リマインダーの設定は、指定の日時を設定することで簡単にできます。

このような機能を活用することで、追加の情報や業務漏れなどのミスを未然に防ぐことにつながります。

無料版CamCardでできること5:機種変更

5つ目の無料版CamCardでできることは、機種変更です。

CamCardを利用することによって、スマホが紛失したり故障した際にもデータには影響を与えずに、名刺の情報を管理することができます。

CamCardでは、名刺の情報をスマホなどの端末に保存するのではなく、クラウドに保存します。そのため、スマホの故障が原因でデータを失うということはなく、機種変更後も問題なく管理をすることが可能です。

無料版CamCardでできること6:バックアップ

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
6つ目の無料版CamCardでできることは、バックアップです。バックアップは、機種変更をした際などに、データを移行するときに必要となります。

CamCardのアカウントにログインした後、クラウド同期の機能によって、名刺の情報がクラウドサーバーにバックアップされるようになっています。そのため、機種変更後の新しいスマホで利用する際にも、これまでと同じようにデータの管理を行うことが可能です。

無料版CamCardでできること7:データの移行

7つ目の無料版CamCardでできることは、データの移行です。このデータの移行は、旧版のアプリを利用しているという方が必要な機能です。

現在では、最新版のアプリをなっているため、アプリでデータを引き継ぐ際は、データを移行する必要があります。一見面倒な作業に思う方もいる可能性がありますが、とても簡単なものとなっています。

やり方は、アカウントを作成し、同期をするだけでデータを移行することができます。

無料版CamCardでできること8:エクスポート

8つ目の無料版CamCardでできることは、エクスポートです。エクスポートをする際は、Excelの形式で行います。

やり方は、ツールボックスのExcel形式で出力をクリックします。そして、ファイルをダウンロードするだけで完了です。

エクスポートできる項目には、名前から会社名、部署、役割、住所、メールアドレス、携帯番号など、これから関りを持つうえで必要な情報はそろっています。

無料版CamCardでできること9:グループ機能

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
9つ目の無料版CamCardでできることは、グループ機能です。グループ機能とは、情報をさまざまな方向から検索する際の切り口としてタグをつけるという機能のことを指します。

このように、グループ化して名刺情報を管理することによって、情報発信をする際に、効果的なアプローチをするということにつながります。

そのため、営業活動などで、業務効率を圧倒的に向上させることが可能となります。

無料版CamCardでできること10:スマホ連携

10個目の無料版CamCardでできることは、スマホとの連携です。CamCardを利用して名刺の情報をデータ化することで、自動的にその情報をスマホに連携して保存されるようになっています。

また、文字の情報だけでなく、名刺にある画像の情報もそのまま保存されるので、質の高い情報をスマホにデータとして保存することができます。そのため、次に連絡をする際は、スマホの連絡先から見つけるだけで済みます。

無料版CamCardでできること11:メッセージ機能

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
11個目の無料版CamCardでできることは、メッセージ機能です。

アプリ内にあるメッセージ機能を利用することで、名刺交換をし、その情報をアプリで管理しているという相手とメッセージの交換をすることが可能です。

このメッセージ機能を活用することで、他のアプリやサービスを一回一回開くことなく、一つのアプリですべてを完結することができるようになります。そのため、業務の効率化にもつながります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

CamCard無料版と有料版の違い

CamCardには、無料版のサービスと、有料版のサービスがあります。この無料版と有料版のサービスの違いには、名刺スキャンの枚数や、広告表示、追加機能などがあります。

無料版でも十分に業務に活用することができますが、有料版では、より機能性が高いサービスを受けることができるようになります。

この違いをしっかり把握して、自分にはどちらのものがあっているのかを明確にできるようにしましょう。

名刺スキャン枚数

CamCardの無料版と有料版では、名刺をスキャンできる枚数が異なります。

無料版では500枚という制限が設けられています。一方で、有料版では、無制限に名刺をスキャンすることが可能です。

無料版の500枚でも十分に多いですが、会社全体で情報を共有する場合などは足りないという可能性があります。そのような方は、有料版の無制限を選んだほうが良策です。

このように用途に合わせて選ぶ必要があります。

広告表示

CamCardの無料版と有料版では、広告表示が異なります。

無料版は、広告が表示された場合にそれを非表示にすることができないようになっています。一方で、有料版は、広告を非表示にすることが可能です。

この広告表示は、機能に支障が出るということはありませんが、広告が邪魔で作業に集中することができないという方は、非表示にできる有料版を選んだほうがいいです。気にならない方は、無料版でも十分に利用できます。

追加機能

CamCardの有料版には、無料版にはない機能を追加して利用することができます。その機能には、スタンダード、プロフェッショナル、エンタープライズの3つがあります。これからは、これらの機能についてそれぞれ詳しく説明していきます。

有料版を利用することを考えているという方は、それぞれの特徴を理解し、自分にはどのような機能が必要なのかということと照らし合わせながら考えてください。

スタンダード

有料版のCamCardの1つ目の追加機能は、スタンダードプランです。このスタンダードプランは、より精度の高い名刺管理をしたいが、コストを抑えて利用したいという企業におすすめの基本のプランとなります。

名刺を登録できる枚数は無制限で、利用できる人数は5人からとなっています。また、高精度校正の枚数はひと月に一人20枚までとなっています。このようなスタンダードプランの料金は月額1,400円です。

プロフェッショナル

有料版の2つ目の追加機能は、プロフェッショナルプランです。このプロフェッショナルプランは、多くの企業から選ばれているため、さまざまな目的の企業にも対応することができるおすすめのプランとなっています。

名刺を登録できる枚数は無制限で、利用できる人数は5人からです。また、高精度校正の枚数は、ひと月に一人50枚までとなっています。

このプロフェッショナルプランの料金は、月額2,200円です。

エンタープライズ

有料版の3つ目の追加機能は、エンタープライズです。このエンタープライズは、少人数で使うという企業には向いていなく、大人数で利用する企業におすすめのプランとなっています。

名刺を登録できる枚数は無制限で、利用できる人数は100人からです。また、高精度校正の枚数は0枚です。

このエンタープライズの料金は、月額で一人500円です。

CamCardを活用して業務を効率化させよう!

名刺管理アプリCamCard無料版でできること11選|有料と無料の違い
本記事では、名刺管理アプリのCamCardについて説明してきました。無料版のCamCardでできることを11個と無料版と有料版のサービスの違いについて説明しました。

説明したCamCardの機能を適切に活用することで業務の効率化を図ることが可能となります。

自分または自社の目的に合わせて必要な機能を選択し、効率的な名刺管理をしていきましょう。

Related