Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

会議効率化におすすめのゲーム10選|ゲームを取り入れるメリット5つ

昨今、企業で重要な役割を担う会議の効率化、時間に対するコスト意識など目にすることが増えてきました。実際に会議を行っても発言が増えず、停滞した会議に苛立つこともあるでしょう。そこで当記事では会議の生産性を上げるゲームについてご紹介していきます。

会議効率化におすすめのゲーム10選|ゲームを取り入れるメリット5つ

会議にゲームを取り入れる意義

ここで言うゲームとは会議の前にチームワークの構築、頭の体操を行うための作業の一環です。

ゲームと聞くと遊びや娯楽のためのモノで、仕事中に行うのはふさわしくないと感じるでしょう。しかし、ブレインストーミングのようにシンプルな作業で効率化を図れる手法をゲームにして、あくまでも集団での効率化を図るためのモノです。

会議の効率化におすすめのゲーム10選

会議の効率化を行うにあたってオススメのゲーム10選をご紹介します。
今回は会議の雰囲気をよくする、脳を活性化させることを目的としたゲームについてご紹介していきます。

昨今、インプロゲームやゲームストーミングなど注目を集めているため、少し調べれば膨大な情報が溢れています。初めて取り入れるのであれば、どのゲームを選べばいいのか迷われるでしょうから、下記のゲームをお試しください。

会議の効率化におすすめのゲーム1:天の紙ゲーム

会議での発言を行いやすい雰囲気作りと予期せぬ事態を収束させることを目的としたゲームです。

ルールは2〜4人くらいの小グループでテーマに沿って会話を行い、ときどき用意していた畳んだ紙を開きます。中に記された短文を会話の流れにねじ込み、話を続けます。

プロジェクトの開始や、初めて会議に参加する人を迎える場合など、緊張や遠慮をして発言を控えられないよう、メンバーの前で発言する練習としてコチラのゲームは有効です。

会議の効率化におすすめのゲーム2:あいうえお作文

明るく大きな声で発表できるように、目標を設定して行う場ならしのためのゲームです。

こちらは「大喜利」を始めにTV番組でも目にする「あ、い、う、え、お」を頭文字に短文を考えて発表するゲームです。これだけですと簡単すぎますが、あらかじめメンバーに明るく、大きな声で発言するように条件を伝えておくと、会議の前の練習として意味が生まれるでしょう。

議題に関するキャッチフレーズを考えてもらうなどに変えれば、会議の前の内容整理にも有効です。

会議の効率化におすすめのゲーム3:親和図法

複数の情報や意見をグループ分けして、隠れていた関係や流れを視覚的に浮き彫りにする情報整理のための手法です。会議についての共有認識を深めるためのゲームです。

この親和図法はメンバーが持つ考えや意見、そしてテーマに関した事実を一つ一つ書き出していき、似たモノはグループとしてまとめていきます。そこから見える考えもしなかった関係性や新しい考え方を浮き彫りにします。

会議の効率化におすすめのゲーム4:ボディストーミング

体を使った実践によるアイデアのシェイプアップを計るためのゲームです。

意見や考え、事実を共有して新しい解決策や考えを生み出すのが会議の目的にあります。このゲームでは実際に体を動かす、サービスを受けるといった体験を基にアイデアを増やす実践的な模索が特徴です。

意見を出し合うだけの会議よりも、実感や感情的な情報共有を行えるので、会議が煮詰まっている時に試してみるのもガス抜きとしてオススメできます。

会議の効率化におすすめのゲーム5:強制的ランク付け

リストとランク付けの基準からランキングを作成し、メンバーの意見交換のためのゲームです。

いくつもの候補が記されたリストと順位をつけるための基準からランキングを作ります。明確な基準であれば簡単に作れますが、意見が分かれる場合もあります。どのようにすり合わせを行うのか、このゲームでは会議メンバーの考え方を知ることが出来ます。

仕事をしている中で意見が分かれることはよくあり、それ自体に対する練習にもなります。

会議の効率化におすすめのゲーム6:ブレインライティング

一度に複数のメンバーから考えを出せ、新しい案を生むためのゲームです。

時間と人数に合わせた3列5行などの表を用意して参加者全員に渡します。テーマに合ったアイデアを1行に埋めて、時計回りでもランダムでも良いので表を別の人に渡します。

受け取った表のアイデアを基にさらに記入します。表が全て埋まるまでこれを繰り返します。出されたアイデアから良いモノを選別します。

メンバーの発想を促す準備運動も兼ねていますから、いい案が出なくてもいいでしょう。

会議の効率化におすすめのゲーム7:カバーストーリー

目的や未来について前向きにメンバーが考え合うためのゲームです。

特集記事を意味するこのゲームはテーマについての簡単な記事を実際にデザインします。どんなタイトルにするか、見出しはどう印象的にするか、どういう写真がよく見えるのかと思案していきます。

好印象を与える記事を模索していく中でメンバーにも将来について前向きな姿勢を持ってもらうことが出来るゲームと言えます。

会議の効率化におすすめのゲーム8:グラフィックジャム

難しい言葉を簡単な絵柄に代える、脳のリフレッシュにぴったりなゲームです。

絵で表現するには難しい「公平」「チームワーク」などの言葉をランダムに選び、全員で絵にしていきます。何度か終えた後、集まった絵を並べどういった意図で表現したのかなど質問を交えながらディスカッションを行います。

普段、こういった想像をしない職業であれば、グラフィックジャムは会議の前のウォーミングアップに最適でしょう。

会議の効率化におすすめのゲーム9:ミッションインポッシブル

あえて不可能な問題について解決策を考える思考実験のゲームです。

不可能な制約を示した上でテーマについて実現可能にするための方法や過程をディスカッションします。これは新規参入者が増えて売上が伸び悩んだ、新しい障害が生まれた場合など何かしら進歩が鈍化した時に備えてアイデアを思考するのに良いでしょう。

たとえ、うまく考えが思いつかなかったとしてもディスカッションによって意見交換を交え模索することが出来れば成功と言えます。

会議の効率化におすすめのゲーム10:価値観を示せ!

写真や画像を使ってメンバーの価値感やイメージの共有を行うゲームです。

プレイヤーがテーマについて連想するイメージや価値について雑誌の写真を選んで、指定した用紙に貼り付け、写真ごとに何を意味するのか一言そえます。他のメンバーにその用紙を見せ、イメージが合うモノと違う印象を持つモノについて話し合いを行います。

写真だけではイメージの誤差が起こるのは当たり前で、後のディスカッションでメンバーの考え方を互いに深く知ることが目的です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

会議効率化におすすめのゲーム10選|ゲームを取り入れるメリット5つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

会議前にゲームを取り入れるメリット5つ

遊ぶためではなく会議の前に緊張をほぐすグループワーク・アイスブレイクが目的です。


プロジェクトの始動、計画の行き詰まりなど会議で緊張感が生まれる場面は多くあります。こういった状況で無理に進めても数人が述べるだけで空回りに終わってしまいます。そうならないよう会議の雰囲気を変え、メンバーが自発的に話し合える場を作れるゲームを導入しましょう。

会議前にゲームを取り入れるメリット1:発言機会が増える

仲間意識や自信がついて発言する意欲がわきます。

何事も第一印象が大事と言われますが、会議も同様でしょう。ゲームを通して一緒に考え、意見交換を行ううちにメンバーの癖や価値観を知り、仲間意識が生まれます。

メンバーの人となりを知っていないとどうすればうまくいくのか、批判意見は多く出るのかなど失敗について考えてしまい発言回数が減ってしまうことは少なくありません。

会議前にゲームを取り入れるメリット2:会議が明るくなる

会議から意識をそらし、自然と参加者の気持ちの切り替えを行えます。

どんよりとした雰囲気はプロジェクトリーダーや一部の人間だけで変えるのは難しいです。ですが、ゲームに集中しメンバー全員の気持ちの切り替えが自然と雰囲気も変わります。

初めての会議や計画の行き詰まりで空気が重く感じることはよくあります。こうした中で意見を上げる人は限られてきますので、会議の生産性を上げるためにも雰囲気を変えることは重要と言えます。

会議前にゲームを取り入れるメリット3:会議にメリハリが出る

緩急をつけることで集中できる環境を作れます。

最後まで会議に集中できれば理想的ですが、難しいのも現実です。頭の休憩も兼ねてゲームを導入してメリハリを付けましょう。アイデアの出る勢いが落ちたまま会議を続けても意味はありません。

ここまでで会議参加者に下手に出すぎていないかと思われる方もいるでしょうが違います。参加者に嫌われないよう甘い顔をするためではなく、あくまで会議の生産性を上げるためにゲームを導入します。

会議前にゲームを取り入れるメリット4:脳が活発化した状態でスタートできる

脳に刺激を加え、会議のスタートダッシュを目指します。

多くの意見を出せるために、全員でウォーミングアップが出来ると理想的です。ゲームをプレイすることで雰囲気作りと同時に頭の体操を行いましょう。

すべての会議は出社とともに始まるわけではなく、仕事の途中で組み込まれていることは少なくないでしょう。合間を縫って出席するメンバー全員が気持ちの切り替えを終えているとは限りませんので、適したゲームを組み込むことをおすすめします。

会議前にゲームを取り入れるメリット5:批判意見を言いやすい

アイデアのブラッシュアップのために反対意見や注意を言える環境は必要です。

メンバーの価値観や共有認識を全体で持つことが批判を言い合える環境を構築する上で欠かせない要素です。どう言えばいいのかといった目に見えない重圧を取り除くことも会議の生産性の向上に繋がります。

完璧な案を一人で出せるなら会議を開く必要はありません。達成可能なのか、考えられる問題と解決策についてなど批判を受けながらアイデアの模索が必要です。

会議にゲームを取り入れ、効率的で有益な会議を目指しましょう

僅かなコストで効率的に会議を活かしましょう。仕事なのだから会議に集中するのは当たり前ですが、一手間で変化を加えられるのであれば何事も取り入れるべきです。

十数分で会議を活性化し、新しいアイデアの創造、もしくはチームとしての経験を積むことができるれば十分な成果を上げたと言えます。それこそが仕事の効率化です。

Related