エンパワーメントとは?導入による効果5つ|成功させるポイント3つ

業務改善

エンパワーメントとは

エンパワーメントとは、人に自信と権限を与える意味があります。人に対して「力を付けてやること」との意味があり、社会や組織で働く社員が、上の立場に迎圧されず、力を付けて大きな営業力を与えられるよう成長を促す時に使われることが多いです。

また、女性や高齢者など、地域社会で迎圧されている人々に対し、個人の人権と社会的立場の重要性を認めることをコンセプトに掲げられたのが、エンパワーメントの発端となります。

エンパワーメントが注目される背景

エンパワーメントが注目される背景には、マネジメントより早く対応するスピードが必要なことと、管理職不足なので、後継者となる人材育成が急がれることにあります。

また、社員の自立性を高め、自主的に能力を向上するために役立ちますし、部下に権限を委ねることで経営者方針や判断基準を実践的に身につけることができます。さらに、管理者にも必要な要素や課題を短期間に、簡単に身につけさせることが可能です。

エンパワーメントに必要な要素4つ

企業にとっても、働く社員にとってもエンパワーメントを取り入れる機会が増えています。

では、エンパワーメントに必要な要素とは何か4つ取り上げて、それぞれ詳しくご説明しましょう。

エンパワーメントに必要な要素1:効果

エンパワーメントに必要なのは効果です。任せられた仕事を最後までやり遂げたことにより、どのような効果や影響が自分に出るのかその効果を表します。

この効果や影響とは、社会から受ける承認のことで、さらに金銭的な報酬となって自分にどのくらい見返りが帰ってきたのかわかるように効果をチェックします。

そして、与えられた仕事により効果を出す部分を引き伸ばすことで、より内発的動機付けが向上していくことになります。

エンパワーメントに必要な要素2:自己効力感

自己効力感がエンパワーメントには必要な要素です。この自己効力感とは、職場で上司に何かの成果を求められたとき、よりよい成果を出すために、どのような行動をすればよいのか予想します。

そして、しっかり予想した上で行動を実行できると確信することが、自己効力感には必要です。自己効力感をしっかり持てる人は、その後の仕事や生活に大きな影響を及ぼします。

エンパワーメントに必要な要素3:有意味性

有意味性とは、自身に与えられたタスクの目標を上手く達成して、目的を全うできたかを一人一人の観点から価値を見出します。

自分に与えられたタスクの目標や目的がしっかり達成できたと強く思うほど、実際に行動してみたい、そして、さらに目的を果たしたいとの動機を持つことも大事です。

また、会社や社会に自分は役立つ人間であることを確認し、利他的な価値があるのか把握することがエンパワーメントには必要になります。

エンパワーメントに必要な要素4:選択

選択もエンパワーメントに必要な要素です。自分自身で考え、行動をし、最終的には自己決定までしっかりして、その選択をしたことにどれくらいの認識ができているのかをチェックします。

また、自分が行動する時にどの程度の自由な選択肢があり、その行動はしっかり納得できたのかなど納得感を得ての行動であれば、上手くモチベーションがアップします。

エンパワーメント導入による効果5つ

話題のエンパワーメントを導入する企業も増えていますが、果たして、導入することによりよい効果は期待できるのでしょうか。

では、エンパワーメント導入による効果を5つ取り上げて、それぞれどのような効果をもたらすのか詳しくご紹介します。

エンパワーメント導入による効果1:主体性の向上

エンパワーメント導入による効果は、主体性の向上ができることです。企業からマニュアルを与えられた従業員が、決められたことに従うだけの仕事をするのでは、主体性はなかなか向上しません。

しかし、エンパワーメントを推進すれば、自分でこうしようと考えるようになります。このことで自分で考えたことに対して「自分が選択したのだから責任を取ることが大事」との責任感が生まれますので、責任感の増進の効果が期待できます。

エンパワーメント導入による効果2:イノベーションの推進

イノベーションの推進ができるのがエンパワーメント導入による効果です。新しい切り口や捉え方ができるので、それまでにない仕事への新しい活用法が創造できます。

また、一人一人の従業員がそれぞれに持つ思考を巡らせる機会も増えて、より自分はこうしたいとの考えをはっきりさせることが可能です。

このことで、今までには考え付かなかったアイデアが生まれたり、幅広い観点を従業員の間で共有できるなどの効果をもたらします。

エンパワーメント導入による効果3:人間関係の改善

人間関係の改善ができます。エンパワーメントを導入することで従業員が持つ素晴らしい能力を引き出したり、発揮したりすることが可能です。

これが、従業員の長所や得意な分野を活かして、その長所で短所のある人をカバーするなど、自分もビジネスパートナーとしてよい人間関係が構築できます。

仕事を通して、プライベートでも仲良くなることで連帯感も強まり、個人同士が協力的になるので、よいアイデアが出るチャンスが増えます。

エンパワーメント導入による効果4:顧客満足度の向上

顧客満足度の向上ができます。エンパワーメント導入により従業員が一定の権限を持つようになると、顧客の注文に対して柔軟に対応することが可能です。

サービス部門では、柔軟な接客と対応ができれば顧客の満足度は上がりますし、さらにトラブルが起きても素早く対応することで問題解決も早くできます。このことで顧客がリピーターになるなど、売上げアップが期待できます。

エンパワーメント導入による効果5:マネジメント能力が身につく

エンパワーメントを導入することでマネジメント能力が身につきます。従業員のマネジメント能力を上手く引き出し、成長させることができるエンパワーメントを導入することで、裁量権を与えることが可能です。

問題解決やプロセスを考える力を磨くことができますから、マネジメント能力を身につけることができます。

また、有望なリーダーにするための育成ができる効果が期待できるのも、このエンパワーメントの効果です。

エンパワーメントを成功させるポイント3つ

導入後、エンパワーメントをしっかり成功させたいと思う企業や、人の上に立つ管理職は多いでしょう。

では、エンパワーメントを成功させるポイントを3つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

エンパワーメントを成功させるポイント1:部下の判断を尊重する

エンパワーメントを成功させるポイントは、部下の判断を尊重することです。部下に仕事での失敗を許容する環境を与え、上司がカバーする体制を整えることで失敗を恐れず、前向きに仕事をします。

そして、組織全体で新しいことにチャレンジする姿勢とサポートを充実させ、部下の意見を受け入れれば、画期的な結果を生み出します。これが部下のやる気を高め、その後の仕事でも柔軟な発想でより質のよい仕事をするようになります。

エンパワーメントを成功させるポイント2:目的を共有する

目的を共有することがエンパワーメントを成功させるポイントです。目的が曖昧なままで社員に仕事の権限を委ねては仕事の進め方が判断できません。

そのため、部下が責任ある仕事をするために権限を委譲し、その仕事は会社にどのような位置づけをするものか目的をはっきりさせてから共有しましょう。

また、重要な情報を公開することで部下は強い責任感を持ち、企業の方針に従い、異なるベクトルの行動を起こさないようになります。

エンパワーメントを成功させるポイント3:社員の強みは把握し活かす

エンパワーメントを成功させるには、社員の強みを活かすことです。一人一人が持つ強みを引き出し、活かすチャンスの場を与えれば、そのポジションで使える仕事ができます。

そして、部下が上手く強みを活かし、仕事で成果を出した時、褒めたり大きなプロジェクトを任せたりして、さらに強みを活かせるチャンスを与えましょう。

最後の責任は上司が担うことを約束すればより部下は強みを活かし、前向きに仕事をするようになります。

エンパワーメントを導入しよう

エンパワーメントを導入しましょう。エンパワーメントを導入すれば、主体性の向上やイノベーションの推進、人間関係の改善など色々な効果が期待できます。

どうも今の職場の雰囲気が悪く、仕事がスムーズに進まない、顧客の満足度が低い、一人一人のマネジメント能力が悪いなら導入してみましょう。

エンパワーメントを成功させるポイントは、成功者のブログや動画、本などを参考にして、もっと成功させるコツを掴むことが大事です。

タイトルとURLをコピーしました