企業が行うウェルビーイング例4つ|ウェルビーイングが注目される背景

業務改善

ウェルビーイングとは

ウェルビーイングとは、「良好な状態」ということです。

世界保健機構(WHO)によると、「健康とは、病気でないとか、弱っているとかでなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)にあること」と定義されています。

この考え方は、個人の健康だけでなく、企業の経営や人材育成の方針を考える目安ともなっています。

経営面や人事面で使われる場合

では実際には、どのように使われているのでしょうか。

経営面からみていきましょう。

従業員が健康で幸福であると、生産性が向上するというデータがあります。

ウェルビーイング経営を行うことは、経営に役立つと言えるでしょう。

次に人事面で見ていきましょう。

優秀な人材を確保するためには「ここで働いてみたい。」と感じてもらう必要があります。そのためには、ウェルビーイングを活用し、従業員の満足度を上げる必要があります。

つまりウェルビーイングを実践することが、人事面でも役に立ちます。

人事面でも、ウェルビーイングを活用する必要があるでしょう。

ウェルビーイングの満足度の高い国

ウェルビーイングの満足度の高い国を見ていきましょう。

ノルウェー、オランダ、アイスランド、フィンランド、オランダなど北欧の国々が、満足度の高い国として挙がっています。

なぜ北欧の国々が、上位に位置しているのでしょうか。

それは手厚い社会保障があるからです。

北欧では、「揺りかごから墓場まで」という考え方が浸透しており、子供から高齢者まで社会保障が充実していることが要因に挙げられます。

医療費も無料であることから、北欧がウェルビーイングの満足度が高い国として挙がったと言えるでしょう。

ウェルビーイングの考え方が注目される背景

どうしてウェルビーイングの考え方が、注目されているのでしょうか?
理由は2つあります。

・生産性、創造性を高める必要があるためです。

・国による健康経営が推進されていいるためです。

それでは、それぞれの理由を詳しくみていきましょう。

生産性や創造性を高める必要性ができた

なぜ生産性や創造性を高める必要が出てきたのでしょうか?

それは労働力が減ったためです。

現在の日本では、高齢社会が進み、労働力となる人材が年々減少しています。
そのため従業員ひとり一人の生産性、創造性を上げることが必要です。

アメリカで行われた調査によると「幸福と感じている従業員の方が、不幸と感じている従業員より生産性、創造性が1.3倍高い。」という結果が出ました。

生産性や創造性を上げるためには、ウェルビーイングの考え方が必要といえるでしょう。

ではウェルビーイングにより、従業員を取り巻く環境は、どのように変化してるのでしょうか?

従業員を取り巻く環境の変化

ウェルビーイングの考え方を用いることで、従業員を取り巻く環境はどのように変化してきたのでしょうか?

昔は働きやすい職場作りとして、照明を明るくする、静かな場所にオフィスを作るなど、ハード面が重視されてきました。

今の働きやすい職場作りは仕事のストレスの軽減や気分転換ができるなど、ソフト面も重視されるようになってきました。

ストレスを軽減することで、従業員の生産性、創造性の向上を図るようになってきました。

国による健康経営の推進

経済産業省が主導で、健康経営が推進されるようになってきました。

経済産業省は上場している企業の中から、健康経営を行っている企業に対して「健康経営銘柄」と認定しています。また上場していない企業についても、「健康経営優良法人認定制度」を導入し、認定しています。

このように国も健康経営を推進し、実践している企業には認定制度を導入することで、健康経営を広めていこうという動きが見られてています。

企業が行うウェルビーイング例4つ

企業は、どのようににウェルビーイングに取り組んでいけば、良いのでしょうか?

企業が行なっている例を4つ紹介します。

では早速、みていきましょう。

企業が行うウェルビーイング例1:労働法の遵守

労働法を尊守することです。

従業員を雇用しているのではあれば、尊守するべきことですが、長時間労働を強いられたり、休憩も十分取れず、身体を酷使して体調を崩してしまうケースがあります。

『労働法』を徹底解説!その概要・種類、知っておきたいポイントまでわかりやすく解説します!! | Geekly Media | Geekly(ギークリー) IT・Web・ゲーム業界専門の人材紹介会社
「労働法」という法律は正式名称ではなく、労働問題に関する法律全般のことを指します。雇用者と労働者の間で雇用契約を結ぶ際に、労働者が不利な立場で働かされることを回避するために設けられています。今回は、労働法の基本や種類、働く上で覚えておきたい法律の内容まで、詳しく解説していきます。

こちらは労働法をまとめたものです。もう一度労働法を、見直してみましょう。

それが、ウェルビーイング経営の第一歩になります。

企業が行うウェルビーイング例2:ストレスチェック制度の実施

二つ目はストレスチェックの実施です。

ストレスチェックとは、従業員にストレスに関する質問票を記入してもらうことで、ストレス状態を検査することで、従業員の体調不良を早期発見することが期待できます。

5分でできる職場のストレスチェック|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(自殺対策を含む)
「5分でできる職場のストレスチェック」は効果的なセルフケアを実践するために、あなたの職場におけるストレスレベルをチェックできる自己認識ツールです。

ストレスチェックを活用することで、ウェルビーイン経営に役立てることができると言えるでしょう。

企業が行うウェルビーイング例3:社内制度の見直し

3つ目は社内制度の見直しです。特に福利厚生制度の充実が求められてきます。

福利厚生制度とは、大きくわけて2つに分類されます。

ひとつは、厚生年金や社会保険など法律で定められている「法廷内制度」。それ以外に、各企業が独自で定める「法定外制度」があります。

法定外制度を設けていても、使いにくい制度だったり、一部の従業員しか使えない制度であるため、福利厚生が充実していない現実があります。

福利厚生が充実することで、従業員の満足度が上がることから、社内制度の見直しはウェルビーイングに必要と言えるでしょう。

企業が行うウェルビーイング例4:測定・実践するツールを導入

4つ目は、測定・実践するツールを導入することです。

ウェルビーイングは、思考なので、企業が実践しているか、分かりずらいです。そのため、実践していることを形にする必要があります。

例として、社内でSNSを導入し、コミュニケーションを図りやすくし、モチベーションアップにつなげている企業もあります。

測定、実践するツールを取り入れることで、ウェルビーイングに繋げることができると言えるでしょう。

ウェルビーイングを知るおすすめの本

ウェルビーイングを知るのに、良い本はあるのでしょうか?

「ウェルビーイングの設計論-人がよりよく生きるための情報技術」、「ウェルビーイング経営の考え方と進め方」の2冊がオススメです。

どのような本なのか、みていきましょう。

ウェルビーイングの設計論-人がよりよく生きるための情報技術

ひとつめは、ラファエル・カルヴォ、ドリアン・ピーターズ著作の「ウェルビーイングの設計論-人がよりよく生きるための情報技術」をご紹介します。

ウェルビーイングに関する様々なジャンルの最新の研究結果を基に、ウェルビーイングの実現に必要な事項が書いてあります。まさに、ウェルビーイングを知るのにピッタリの一冊と言えます。

ウェルビーイング経営の考え方と進め方

続いて、森永 雄太さん著作「ウェルビーイング経営の考え方と進め方」を紹介します。

ウェルビーイングを実践し、業績のあがった実際の事例を紹介しています。

実例付きで、ウェルビーイング経営ををもっと詳しく知るのに、オススメの本と言えるでしょう。

ウェルビーイング経営の導入を検討してみよう

いかがでしたか?ウェルビーイングについて、ご紹介してきました。

ウェルビーイングを行うことで、従業員の生産性の向上が期待できます。また、人材確保にも繋がり経費の削減も期待できます。

業績アップも期待できる、ウェルビーイング経営の導入を検討してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました