マーケティング戦略の4つの基本|マーケティング戦略成功事例5選

業務改善

マーケティング戦略とは

経営者の方や企業に携わる方は聞き慣れているマーケティング戦略という言葉ですが、実際にマーケティング戦略とは具体的にどういったものなのでしょうか?

この記事ではマーケティング戦略の種類や基本となる情報を、マーケティング戦略の成功事例と共にご紹介します。

マーケティングの意味

まずはマーケティングの意味から解説していきます。マーケティングといってもさまざまな意味があるのはご存知でしょうか。

マーケティングという言葉にはリサーチや広告宣伝、データ分析などの意味があり、いずれもお客様の求めるニーズをもとに発信されています。

総括して、開発した商品がお客様に売れる仕組みを作ることがマーケティングという言葉になると考えて良いでしょう。

マーケティングの種類

それでは次に、どのような活動がマーケティングと言われているのか、マーケティング活動の主な種類をご紹介します。

市場調査や広告宣伝活動など、いずれもお客様のためにという活動が大前提となるので、その中でもよく行われているマーケティング活動を見ていきましょう。

マーケティングの種類1:市場調査

マーケティング活動の種類の1つ目は、市場調査です。市場調査は別名マーケティングリサーチとも言われており、その名のとおりお客様がどんな商品を求めていて購入したいのかをリサーチする活動です。

発売前の新商品のモニター調査をしてアンケートを取ったり、お客様の性別や年代別で商品に対する意見を収集し必要な情報を集めるなどが挙げられます。

マーケティングの種類2:広告宣伝活動

マーケティング活動の種類の2つ目は、広告宣伝活動です。商品の販売が決定したら次に広告を打って、お客様に宣伝をしていかなければなりません。お客様に商品の広告を見せて商品を宣伝する活動が広告宣伝活動と言います。

広告宣伝活動といっても、その中でもいくつかの種類があります。普段雑誌やCMなど、商品の宣伝として見かけるものも多いでしょう。こういった宣伝活動の種類を詳しく見ていきましょう。

マスメディア

マスメディアとは、4マスメディアと言われるテレビ・新聞・雑誌・ラジオの4つのメディア媒体に広告を載せて宣伝する活動です。

普段何気なく見聞きしているCMやラジオなどの宣伝は、マーケティング戦略の1つとして発信されたものになります。新聞に掲載されている広告は自然と目がいってしまうものが多いでしょう。

デジタルマーケティング

Googleやyahoo!などといった検索エンジンやマガジンなどのメール配信、LINEアカウントでの配信やポータルサイトなど、インターネット上で宣伝されているものをデジタルマーケティングと言います。インターネットなどをしていると目に付く広告から商品に興味を持ってもらうことが狙いです。

携帯やインターネットの普及が進む現代ではマーケティング戦略の中では効率が良く、費用対効果が良いと言われているマーケティング活動の1つです。

SP広告

SP広告とは、電車やバスの中でよく見かける宣伝チラシや街中に貼ってあるポスター、DMやポストに入っているチラシなど紙媒体のものや展示物のことを言います。

普段の生活の中で目につきやすい宣伝物なので宣伝の効果が高く、取り入れている企業もたくさんあります。こういった宣伝をすることによって、より多くのお客様に商品を知ってもらう機会が増えます。

その他

以上の宣伝活動の他にも、無料で商品を記事にしてもらったり、企業同士で行われるフェスやイベントでの宣伝活動となるPR活動があります。

新商品に購入者特典をつけたり、期間限定で割引価格にしてみたりなどといった活動もマーケティング戦略において必要な活動になります。

マーケティング戦略の4つの基本とは

マーケティング活動の種類が分かったところで、実際にマーケティング戦略を行うにあたって重要なことはなんなのでしょうか。

続いてマーケティング戦略の4つの基本をご紹介します。マーケティング戦略の基本をしっかりと抑え、経営のヒントとして取り組んでいきましょう。

マーケティング戦略の基本1:ベネフィット

マーケティング戦略の基本1つ目はベネフィットです。ベネフィットという言葉には利益という意味があります。

お客様に商品を売り出すには、まず価格を設定しなければなりません。設定した価格が企業とお客様にとって利益になるかどうかを考え、双方が満足のいく価格で経営を進めていくことが大切です。

お客様が商品を購入する目的は1つとは限りません。その目的をしっかりと把握した上で価格設定や商品開発をしてく必要があります。

マーケティング戦略の基本2:差別化と強み

マーケティング戦略の基本2つ目は差別化と強みです。差別化とは悪い意味ではなく、自社製品と競合他社製品の差別化をするという意味になります。自社製品にしかない魅力を、いかにお客様に伝えられるかがポイントです。

自社製品にしかない強みをしっかりと明確にし、お客様が競合他社製品と自社製品と比べた時に自社製品を手に取ってもらえるような取り組みが、重要なマーケティング戦略の基本となります。

マーケティング戦略の基本3:セグメンテーションとターゲティング

マーケティング戦略の基本3つ目は、セグメンテーションとターゲティングです。

まずセグメンテーションとは市場を細分化することを意味します。お客様のニーズによってグループを作ることが重要です。続いてターゲティングとは、実際にどのニーズのグループに絞って商品を売っていくのかを見極めることです。

セグメンテーションでお客様をグループ化し、ターゲティングでどのグループに商品を売っていくのかを決めることが大切です。

マーケティング戦略の基本4:4P

マーケティング戦略の基本4つ目は、4P分析をすることです。5W1Hといったビジネスの基本がありますが、マーケティング戦略においては4Pが重要となります。

4Pとは、Product(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(販売促進)の4つのPから成り立ちます。どのような製品をどのような価格で、どのような流通手段でお客様に販売、宣伝していくのかを決めることが重要です。

マーケティング戦略の成功事例5選

マーケティング戦略の基本はしっかり掴めましたでしょうか。難しい言葉のように感じられますが、マーケティング戦略を行うにおいて大切なことなので、しっかりと覚えておきましょう。

続いてこれらのマーケティング戦略の基本を踏まえて、マーケティング戦略を行ってきた企業の成功事例をご紹介します。

マーケティング戦略の成功事例1:無印良品

無印良品は現在国内に420店舗を展開している生活雑貨の人気店です。さまざまな商品を販売し、非常に伸びのある企業の1つです。

そんな無印商品はセグメンテーションとターゲティングを重視し、シンプルなデザインの商品を低価格で提供できる強みを持ち、お客様からの支持を集めてきました。

またファミリーマーに商品供給をするなどして、手軽で身近に商品を購入できることから流通戦力にも力を入れています。

マーケティング戦略の成功事例2:スタジオアリス

少子化が進む中子供市場で業績を上げてきているのがスタジオアリスです。現在全国に512店舗を構えており、海外にも企業展開をしています。

なぜスタジオアリスが伸び悩む子供市場でここまで人気を誇っているのかというと、スタジオアリスは親や祖母にターゲティングし加えて衣装の貸し出しを徹底してきました。

衣装を着替える枚数を自由にしたり、写真自体の価格を下げデータでお渡しする制度などを設け、お客様から絶大な支持を誇っています。

マーケティング戦略の成功事例3:スターバックス

スターバックスは現在全国で1,458店舗を展開しており、カフェの中でも絶大な人気を誇っています。

広告を出さないことで有名なスターバックスですが、これはお客様が店内体験を通してスターバックスの良さを知ってもらい、リピーターを増やす取り組みを徹底しているからです。

座り心地の良い椅子や、Wi-Fiやコンセントを設置しよりお客様が落ち着けて美味しいコーヒーを飲めるカフェであることを強みにブランド力を強化してきました。

マーケティング戦略の成功事例4:QBハウス

QBハウスは1000円カットで有名な床屋です。その店舗の多くが駅の目の前にあったり、改札内にあったりと一見奇抜な場所に展開していることが多いでしょう。

QBハウスが行ってきたマーケティング戦略は、主にターゲティングを重視しています。狙う客層は忙しいビジネスマンで、髪型にこだわりの少ない男性をメインにターゲティングしています。

短い時間で伸びた分だけ、低価格でカットできるという費用対効果の良さから人気を誇っています。

マーケティング戦略の成功事例5:シーブリーズ

シーブリーズは資生堂が展開しているボディーケア商品であり、爽快感と香りが人気の商品です

シーブリーズは初めにターゲティングする年齢層を20代〜30代の男性にしていましたが、売れ行きが怪しくなり途中で女子高校生などの若い年齢層に変更しました。これはマーケティング戦略の1つであるポジショニングを変更したことによって成功した事例になります。

また清潔感のあるCMなどで広告宣伝活動にも力を入れています。

マーケティング戦略を学べるおすすめ書籍2選

ここまでマーケティング戦略についてや、マーケティング戦略の成功事例などをご消化してきました。

続いてマーケティング戦略についてもっと詳しく知りたいという方に、マーケティング戦略が学べるおすすめの書籍を2つご紹介します。

マーケティング戦略を学べるおすすめ書籍1:図解 実戦マーケティング戦略

マーケティング戦略を学べるおすすめの書籍1つ目は、佐藤義典著作の図解 実践マーケティング戦略です。書籍タイトルのとおり実践できるマーケティング戦略が図解で紹介されています。

増刷が5回にもなるほど口コミも非常に高く、人気の書籍です。

マーケティング戦略を学べるおすすめ書籍2:不変のマーケティング

マーケティング戦略を学べるおすすめの書籍2つ目は、神田昌典著作の不変のマーケティングです。自社のブランド力を上げ、お客様の感情を動かすことに視点を集めたマーケティング戦略の書籍となっています。

こちらも口コミの高い人気の書籍です。

マーケティング戦略は全ての日本企業に求められる戦略

いかがでしたでしょうか。マーケティング戦略について詳しくご紹介してきました。商品や会社を立ち上げるのにあたって、マーケティング戦略は欠かせない非常に重要なものとなります。マーケティング戦略の基本的なことから始め、商品で実現させていく力が必要です。

マーケティング戦略は現代の日本企業に必要な戦略です。自社とお客様の利益のために、マーケティング戦略を重ね、より良い企業を発展させていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました