Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月30日

おすすめOKRツール8選|OKRを取り入れるメリット4つとは?

OKRツールを導入することで、業務を効率化することができます。企業全体が目標に向かって自分が行うべきことに集中できるだけでなく、専用のツールを使えるのが特徴的です。パソコンやスマートフォンで、目標に向かってどこまで進んでいるかを確かめることができます。

おすすめOKRツール8選|OKRを取り入れるメリット4つとは?

OKRとは?

OKRは「Objectives and Key Results」の略称で、組織が定めた目標を達成するためにを達成目標と主要な成果をリンクするツールです。個人や組織の方向性とタスクを明確にすることで、目標を管理します。

GoogleやFacebookなどの企業をはじめ、多くの企業から注目を集めているため、国内でも採用する企業が増えています。OKRで目標を設定する場合は、要素ごとに細分化できるのが特徴的です。

KPIとの違い

OKRは定量的な効果を測定している目標達成度指標が、KPI(Key Performance Indicator)と似ています。KPIは「最終目標を達成するための必要なプロセスを経過目標」であり、プロセスの実行具合を定期的にチェックし、最終目標を達成するツールです。


OKRは「目標達成までの道のり」を指しているのに対し、KPIは「目標に向けて状況が順調に進んでいるかどうか」を客観的に示す診断書です。

MBOとの違い

MBOは組織の目標を達成するために、セルフマネジメントを行うツールです。人事考課に活用される機会が多く、現代は多くの日本企業から目標管理の方法として幅広く扱われています。

MBOはセルフマネジメントが前提となっているため、従業員だけでモチベーションを高めることができます。OKRとの違いは、目標を100%達成することと、年に1度得られる報酬を決定するために評価されるところです。

おすすめOKRツール8選

OKRは従業員の個人目標と組織の目標を一緒に達成するために、1人1人が企業にどれだけ貢献しているかがわかりやすくなっています。また従業員の企業に対する、貢献意欲や愛着を高める効果があるのが特徴的です。

従業員も組織から期待されていることを認識しやすくなっているところから、毎日の業務に気兼ねなく取り組むことができます。ここからは、OKRを利用するためのおすすめのツールを詳しく見ていきましょう。

おすすめOKRツール1:HITO-Linkパフォーマンス

OKRのおすすめのツールとして、HITO-Linkパフォーマンスが挙げられます。料金体系はシンプルで、月額700円の「人事評価プラン」、月額500円の「OKR 1on1プラン」の2種類があるのが特徴的です。ユーザーの数に応じて、無駄な出費を抑えることができるでしょう。

将来的に組織を改編させたり、人員の変更がある可能性を見据えた上で、コストの調整が立てやすくなっています。

おすすめOKRツール2:resily

OKRのおすすめのツールとして、resilyが挙げられます。全社員にバリューとビジョンを共有することができ、OKRマップという物を利用し、組織全体のビジョン事業、アクションプラン社内全体で共有できるのが特徴的です。

売り上げや顧客満足度に関しては、達成の見込み具合で分類されるため、競合状況に合わせて数値を修正したり、優先順位や各指標を変更することができます。

おすすめOKRツール3:BetterWorks

OKRのおすすめのツールとして、BetterWorksが挙げられます。ゴールを見える化することで、従業員の目標設定までどこまで辿り着いているかをリアルタイムで把握することができるでしょう。

個人の目標だけでなく、組織や部署における関係も画面から確認することができます。さらにパフォーマンスや従業員エンゲージメントを改善することで、従業員の色々なデータを分析できるのが特徴的です。

おすすめOKRツール4:goalous

OKRのおすすめのツールとして、goalousが挙げられます。ゴール達成に向けて多くの企業で使われているSNSで、全ての社員のゴールを明確にすることでゴールまでの過程を写真で楽しく共有することができるでしょう。

経営のビジョンを達成するため、情報漏洩を防ぐために双方の協力で成果を出すことを目標としています。ほとんどのパソコンやスマートフォンで利用することができ、利用料金は1人あたり1,980円です。

おすすめOKRツール5:Perdoo

OKRのおすすめのツールとして、Perdooが挙げられます。海外でOKRツールを提供しているため、日本語版はありません。PerdooはOKRに基づいて、組織の共有事項や企業の成長に向けてロードマップを設定します。

Perdooを導入することでコーチングを受けられ、企業を設置したOKRの体制を見直す機能があるため、企業が成長できるように全体で動いていけるでしょう。

おすすめOKRツール6:Weekdone

OKRのおすすめのツールとして、Weekdoneが挙げられます。国内だけでなく海外の企業でも用いられているため、上述のPerdooと同じく日本語版がありません。できることはチーム内の改善や個人の目標管理、フィードバックなどです。

個人ごとに、未来のビジョンと目的を保てます。会社全体の通気性を良くすることで、自分が現在の業務を引き受けている理由と、会社に与えられる利益を知ることができるでしょう。

おすすめOKRツール7:Atiim

OKRのおすすめのツールとして、Atiimが挙げられます。ボストンに本社を持つ企業によって開発されており、すぐに重要なポイントを押さえられるダッシュボードやチェックインのサポート、コメント機能が使いやすいのが特徴的です。

アプリ版では、会社全体のOKRの進み具合や従業員の週ごとのレポートをチェックすることができます。ダッシュボードが見える化されているため、OKRの進捗具合を把握しやすいです。

おすすめOKRツール8:7Geese

OKRのおすすめのツールとして、7Geeseが挙げられます。7Geeseはカナダのバンクーバーに本社がある企業で、OKRの進捗を把握することができたり、離職する従業員の傾向を掴むためや従業員に360度フィードバックを行えるのが特徴的です。

OKR管理だけでなく、人材分析も行うことができます。成長を求めている従業員や、積極的にチームの成長に貢献している従業員を把握することができるでしょう。

OKRを導入するメリット4つ

OKRとは、企業全体が達成するまでの目標に対し、各部署ごとの主な結果を設定します。部署ごとで結果に繋がった目標を設定することで、目標を実現する個人ごとの結果が定まるという構造です。

すなわち企業全体で目標達成に向けて、部署や個人ごとでの目標実現に繋げる役目を果たしています。全体の意識が統一される効果が得られます。ここからは、OKRツールを導入するメリットを詳しく見ていきましょう。

OKRを導入するメリット1:自分がすべき事を把握できる

OKRツールを導入するメリットは、自分のやるべきことが明確になるところです。社員とチームごとに設定している目標に向けて、企業全体でビジョンを統一させて、業務の優先順位を明確にします。企業全体が目標達成に向けて、効率的に行動を起こせるようになるでしょう。

OKRを導入するメリット2:コミュニケーションや協力体制が促される

OKRツールを導入するメリットは、コミュニケーションや協力体制が促されるところです。企業自体が目指している目標が定まっているので、社員間やチームの中でスムーズにコミュニケーションが取ることができるようになります。

OKRを導入するメリット3:優先順位を間違えない

OKRツールを導入するメリットは、優先順位を間違えなくなるところです。社員1人1人が所属部署や職位に応じて目標までの道のりが定まり、会社全体としても方向性が明確になるため、現段階では何をするべきかを早めに判断することができるでしょう。

OKRを導入するメリット4:経済動向などの外的要因にも柔軟に対応できる

OKRツールを導入するメリットは、経済動向などの外的要因にも柔軟に対応できるところです。まずは企業全体で目標を設定し、社員1人1人の目標を定めていきます。

企業が掲げるビジョンと社員1人1人の意思が重なり、企業全体で目標に向かって活動していけるようになります。

OKRのツールを取り入れよう

OKRツールを導入すると、生産性が向上する傾向にあります。会社が1つの目標に向かってそれぞれの役割を果たすために動いていけるため、無駄な作業をなくすことができるのが特徴的です。

OKRツールを導入する方が、生産性を高めることができます。

Related