全体最適とは?全体最適のメリット4つ|全体最適を実行するポイント4つ

業務改善

全体最適とは

「全体最適」という言葉があります。全体最適とは経営用語の一つで、組織として最もパフォーマンスを発揮することのできる状態のことをいいます。

この記事では、全体最適のメリットや実行する際のポイント、事例などを詳しく紹介していきます。全体最適の良さを知って、自分の務める企業に活かせるようにイメージしていきましょう。

部分最適との違い

全体最適と対比して用いられる用語が「部分最適」という言葉です。部分最適とは、 見える範囲、考えられる範囲、できる範囲などのある狭い範囲のみが最適化されている状態のことを言います。

企業のあらゆる範囲の部分最適が行われたとき、全体最適になるという関係です。全体最適を目指すために、部分最適は欠かせない要素となっています。

全体最適のメリット4つ

まずは、全体最適のメリットを4つ確認していきましょう。全体最適が達成されるとどんな効果が得られるのかを知って、全体最適の重要性を理解しましょう。

全体最適はビジネスシーンではもちろんですが、日常生活のあらゆる場面で適応できる考え方です。全体最適について理解を深めながら、取り入れていきましょう。早速見ていきます。

全体最適のメリット1:生産性の向上

1つ目の全体最適のメリットは「生産性の向上」です。企業において全体最適をクリアすることで、売上げアップや効率化につながります。

全体最適とは各部署の部分最適が達成されることなので、業務がスムーズに進んでいる状態です。各部署が高いパフォーマンスを行い、事業が進んでいくので自然と生産性の向上へもつながっていきます。

全体最適のメリット2:情報集約による経営資源としての活用

2つ目の全体最適のメリットは「情報集約による経営資源としての活用」です。全体最適をすることで部署間や部署内での連携が取れ、経営者にもあらゆる情報が集まりやすくなり有効活用が期待できます。

各部署で部分最適が行われるとき、有力情報から最新情報まであらゆる情報が集まります。経営陣にとって正しい情報がまとまって管理されていることは、戦略を立てる際に欠かせないことです。

全体最適のメリット3:コスト削減につながる

3つ目の全体最適のメリットは「コスト削減につながる」です。全体最適されることで各部署の管理がしっかりとされ、無駄な業務が減り、伴ってコスト削減にもなります。

コスト削減は企業が常に抱える課題です。全体最適により無駄の洗い出しができ、必要な業務だけが行われるようになるためコスト削減につながります。

全体最適のメリット4:ミスの減少

4つ目の全体最適のメリットは「ミスの減少」です。全体最適により部署内の連携が濃密になることで、ミスが減る傾向にあります。

部署内の連携が濃くなることで、情報共有ができたり指導し合うなどコミュニケーションを取れたりします。自己判断や思い込みによるミスを防げるようになることも、全体最適のメリットの一つです。

全体最適を実行するポイント4つ

続いて、全体最適を実行するポイントを4つ紹介していきます。全体最適を達成するために行う行動として、重要なポイントを理解しておきましょう。

全体最適を達成するためには個々人の意識や取り組みももちろん重要ですが、それをバックアップする会社全体のシステムや体制が必要です。社員がモチベーション高く働き、高いパフォーマンスができるように見直してみましょう。

全体最適を実行するポイント1:強いリーダーシップを発揮できる有数の存在

1つ目の全体最適を実行するポイントは「強いリーダーシップを発揮できる有数の存在」です。企業や部署の有数に立つ人には、強いリーダーシップが必要です。

社員のモチベーションを高めるためには、尊敬できて頼れるリーダーが欠かせません。社員を指導する前にまず有数である経営陣の改革が必要となるでしょう。まずは社員がついていきたいと思えるリーダーの育成に取り掛かることをおすすめします。

全体最適を実行するポイント2:社員の意識改革

2つ目の全体最適を実行するポイントは「社員の意識改革」です。全体最適を目指すということをしっかりと説明し、社員が一丸となれるように社員へ指導を行います。

全体最適を達成するには社員の力が欠かせません。企業が目指す方向性や具体的な達成目標を掲げ、社員の士気を高めましょう。社員の不安や疑問を取り除きながら、コミュニケーションを取ることが重要です。

全体最適を実行するポイント3:ITシステムの導入

3つ目の全体最適を実行するポイントは「ITシステムの導入」です。ITシステムを積極的に導入して、業務の効率化を図りましょう。

日々のルーチンワークやデータの解析など、ITシステムを利用できるものは積極的に利用しましょう。ITシステムを用いることで時間コストの削減につながり、結果として業務の効率アップが期待できます。

全体最適を実行するポイント4:BPMを活用する

4つ目の全体最適を実行するポイントは「BPMを活用する」です。BPMとは「ビジネスプロセスマネジメント」のことで、企業の業務プロセスを継続的に改善していくことをいいます。

企業全体としてPDCAサイクルを繰り返し、改善し続けましょう。あらゆる側面から業務を見つめ、最適な方法へと近づけていく方法です。

全体最適を取り入れた事例2選

全体最適について理解できたところで、実際に全体最適を取り入れた事例を2つ紹介していきます。実例を知って、自分の企業に取り入れるイメージを高めましょう。

全体最適を取り入れることで売上げアップなどの生産性の向上はもちろん、社員のモチベーションアップにもつながります。改革を考える場合にはぜひ考慮してみてください。

全体最適を取り入れた事例1:株式会社アデランス

1つ目の全体最適を取り入れた事例のある企業は「株式会社アデランス」です。アデランスは全体最適を実施することで、事業の立て直しと再成長に取り組みました。

具体的には国内3社の統合や企業文化・自己意識の改革、海外事業地域毎の事業再編などの全体最適です。現在も積極的に取り組み、企業価値向上へつなげています。

全体最適を取り入れた事例2:富士通株式会社

2つ目の全体最適を取り入れた事例のある企業は「富士通株式会社」です。富士通は全体最適を実施することで、お客様業務の改革に取り組みました。

具体的には豊富な現場ノウハウや高い技術力を取り入れて、お客様に高品質な製品やサービスを提供できるようにするための全体最適です。経営やITを一体化させて、お客様目線に立ったサービスを目指しています。

組織の全体最適化で企業が生まれ変わる!

いかがでしたでしょうか。全体最適のメリットや実行する際のポイント、実際に全体最適を取り入れている企業の実例について紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

組織が全体最適へ取り組むことで企業が生まれ変わることができます。さらなる向上を目指して全体最適を取り入れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました