Chromeのプラグインが開けない場合の対処法と利用時の注意2点を解説

業務改善

Chromeプラグインの必要性

Google Chrome(グーグルクロム)は、全世界で約50%ほどの利用者がおり、他のwebブラウザは10%に届かないほどなので、世界的に比べても圧倒的なユーザー数の高さを誇ります。

プラグインとは機能拡張の意味としての言葉で、仕事効率を図る上でも生活改善としても、欠かせない要素となっています。

Chromeの使いやすさを実現

Chromeが世界シェア有数となっている理由は、その互換性の高さにあります。

パソコンであればWindowsからMacまで、スマートフォンやタブレットなど、あらゆる機器に対応しており機器の扱いに差の無い、受け皿を選ばないという凡庸性がとても優秀なためです。

特定のコンテンツを管理

Chromeのプラグインには、どのような種類があるのでしょうか。

インターネットの機能のひとつですので、インターネットに繋がっていることを前提とします。プラグインの中には、仕事の効率化を図るものから、写真や映像鑑賞、ゲームに到るまでとても多岐に渡り、その途種類はどれほどあるのか定かではありません。

数が多いため、あまりに勇んでかき集めるとも自分の使用したいプラグインを特定するまでに探し回ることにもなりかねません。

Chromeのプラグインを開けない要因

Google Chrome の代表的プラグインである「Plugins(プラグイン)」は、かつてFlash(フラッシュ)をサイトの個別にオンオフ切り替えられるなど、多くのユーザーに使われてきましたが、現在はそのままでは開けない状態になっています。

Google側が、Chrome内のPlugins機能を開けない状態にしたことが要因です。設定のさらに奥の詳細設定の状況によっても、開ける開けないの左右となっている可能性があります。

Chromeのプラグインを開けないときの対処法

それまで多数の機能のプラグインがあったのに、開けない状態になってしまった際にはどうすればいいのでしょうか。

先ほどGoogleがPlugins機能を開けない状態にしたと書きましたが、プラグインは開けない訳ではなく、引っ越ししました。

引っ越し先の新しい場所のURLは、chrome://settings/contentです。詳細設定によって開けない場合もあるので、開けない場合は詳細設定の確認もおこないましょう。

別のサイトで開く

Chromeが開けない場合もであっても、単純に公式サイトのホームページや、YouTubeなどを見たい場合は、別のブラウザで見ることができます。

ちなみにブラウザとは、webサイトを見るために稼働している機能のことです。

Windowsであれば、InternetExplorer(インターネット・エクスプローラー)、Macであれば、Safari(サファリ)などの、常備ブラウザもあるのでこちらから開くこともできます。

Chromeの設定ページにアクセス

Chromeの設定ページに入るには、Chromeの画面右上、点が縦に3つ並んだアイコンをクリックします。

一覧の選択肢が現れるので、その最下項、あるいは最下からひとつ上の項目に、「設定」があります。

専用のコマンドを入力

プラグイン設定の際には、もし詳細から開けない場合のほかの対処法として、専用のコマンドがあります。専用コマンドとはURLのことです。

Google Chromeの画面上段にあるURL入力欄に、chrome://settings/contentと入力してます。すると同じく設定と同じ画面に入ることができます。

FlashPlayerの利用例

FlashPlayerの使い方とは何があるのでしょうか?そもそもFlash(フラッシュ)とは、かつてのMacromedia(マクロメディア)社「現在のAdobe(アドビ)社」が開発したソフトです。

Flashの内容は、グラフィックや音などを組み合わせて動画を作るソフトです。サイトの動画が正常に開けない場合、Flashが機能していない可能性が考えられます。

詳細設定からFlashPlayerを選ぶ

Chromeには詳細設定なるものがあり、詳細欄の一番下から入れるほか、画面上段のURL入力に、chrome://settingsのURLを入力することで開けます。URLから入る方法はある意味隠し機能とも言われています。

設定画面に入ることができたら、さらに「詳細」を選び最下部にある「詳細設定」をクリックします。「プライバシーとセキュリティ」の欄にある「コンテンツの設定」をクリックします。すると現れた選択肢に「Flash」があります。

システムの有効化

Flashまで入れたとしても、Flash自体が開けないブロックされた状態になっている場合もあります。その場合開けないので、Flashシステムの有効化をしなくてはいけません。

選択肢のFlashと同じ段の右側にある、電灯スイッチのようなアイコンをクリックして、青く点灯させることで、Flashシステムが正常に作動するようになります。

許可項目で個別に設定

Flashに信頼できるサイトを保護させる、あるいは不審なサイトを開けないようブロックさせることもできます。多数あるプラグインの中にもうっかりダウンロードすると、不正ウィルスが仕込まれているものもあります。

被害に遭わないためにも、Chrome画面のURL段の左側に、緑色の字で「保護された通信」のサイトを中心に閲覧していきましょう。

保護された通信を利用

Flash設定で保護としたサイトをテスト的に閲覧してみましょう。

そのサイトのURL欄に緑色の「保護された通信」の文字があれば正常にFlashが作動しています。さらに目的の画面が正常に見えていれば画像系機能のFlashもまた確実に機能していることの証明でもあります。

Chromeプラグインを利用するときの注意点2つ

近年のインターネットの急速普及にともない、数多くのサイトやプラグインが出回っています。自ら迷子に陥らない、または悪質サイトに遭遇しないために以下の2つの注意点を押さえておきましょう。

Chromeのユーザー数が多ければ、それにともないアプリも多数発生してきます。ありすぎて迷子にならないようにするのが、ひとつめの注意点です。

悪質な詐欺サイトもまた普及の一途を辿っています。Chromeプラグインにおいても例外ではなく、不正アクセスが潜んでいるプラグインがあるので、子供が過って開けないよう閉じておき警戒することが、ふたつめの注意点です。

Chromeプラグインを利用するときの注意点1:利用頻度の高いコマンドを把握

Chromeには、世界中から人々が集まり、Chromeプラグインもまた、多くの量が存在します。そのためなんでもかんでもプラグインインストールしてしまうと、いざ使いたいときに、探しても目的のものが見当たらず開けない状態となり、プラグインの中で迷子になってしまう可能性もあります。

利用頻度の高いプラグインだけを厳選し、ショートカットに入れておくなどの工夫をおすすめします。

Chromeプラグインを利用するときの注意点2:プログラムの定期更新

利用人口の高いプラグインであればなおのこと、機能が改善されたり、更新されることもしばしば起こります。その更新内容をこちらでも受け取るために、時々アップデートをすることが必要となります。

うっかり一年などの長い期間放っておくと、急用で久しぶりにプラグインを開いても、バージョンが違って開けない自体にもなります。まずはアップデートでしばらく時間がかかってしまうことも起こり得ます。

Chromeのプラグインを開けないときは新しいサイトで開く

どうしてもChromeのプラグインが開けない場合は、なにもChromeだけに頼らずともwebサイトを開くためのブラウザはいくつかあります。

稀に互換性のないサイトもありますが、ほとんどは大丈夫です。Windowsであれば、InternetExplorer、Macであれば、Safariなどの、常備ブラウザもあるのでこちらから開くことが可能です。

多すぎてもいけませんが、ある程度のブラウザの選択肢もあるとフットワークの軽いサイト閲覧ができます。

タイトルとURLをコピーしました