Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月04日

佐川急便の配達時間を把握し適切に対応するためのWEBサポート7選

佐川急便の配達時間は朝早くから夜比較的遅い時間まで細かく設定されていて余計な待機時間がいりません。Webに登録することによる便利なサポートも評判で商品の授受や発送した荷物の追跡もスムーズに行うことが可能です。佐川急便の配達システムについて詳しくご紹介します。

佐川急便の配達時間を把握し適切に対応するためのWEBサポート7選

佐川急便の配達時間に関する基礎知識

佐川急便は、本社が京都にあるSGホールディングスの子会社で1957年からある歴史ある運送会社です。9月にはヤフージャパンと連携し、ヤフージャパンアプリなどで荷物お届けを事前に知らせるなど新しい取り組みもなども行っています。

通販利用者の拡大により、今やなくてはならない宅配業者のひとつである佐川急便の配達時間に関する情報やWebを利用した配達時間の把握など、配達に関する情報を詳しくご紹介していきましょう。

7つの時間帯

佐川急便の個人宅のお客さんを対象にした配達時間は7つの時間帯に分けられています。

佐川急便の午前中の配達時間は8時から12時までで、それ以降21時まで2時間ごとに区切られていて、全部で7つの時間帯に分かれています。

佐川急便では指定された時間帯に配達するサービスを行っていて、2時間ごとの細かい設定は待機時間を無駄に長くすることがないので、とても好評です。

Webでの受付と経過把握および問い合わせ

佐川急便ではユーザーIDを登録することにより受付や経過把握などさまざまなインターネットサービスを利用することができます。携帯電話からでもサービスの利用が可能なのでとても便利です。

通販で頼んだ荷物が今どの状態にあるのか、また自分の発送した荷物が今どこにあるのかを随時確認することができるので、例えば悪天候が続いた場合や運送ルートにトラブルがあった場合などでも安心です。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート7選

佐川急便のWebトータルサポートのサービスは全部で9つあり、そのうち配達時間の把握やその対応に活用するウェブトータルサポートは7つとなっています。

ユーザーIDを登録するだけで簡単に使うことができるサービスなので登録しておくと安心で、新規登録にはメールアドレスや受信端末の情報、名前、住所などの情報が必要です。

佐川急便の配達時間の把握やその対応に活用するウェブトータルサポートは7つをご紹介しましょう。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート1:お荷物問い合わせサービス

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート1つめは、荷物の問い合わせサービスです。

Webトータルサポートの画面でログインして、配達状況の状態は送り状に記載されている問い合わせ送り状ナンバーを打ち込むことで、荷物の状況を把握することができます。

段階としては集荷から営業所まで、営業所から配達営業所への輸送中、さらに配達営業所から受け取り人までの配達中、そして配達終了の4段階です。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート2:配達予定通知メールサービス

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート2つめは、配達予定通知メールが受けられるサービスで、自動配信の登録をしていると荷物が届く前に佐川急便からメールが届くシステムになっています。

配達される時間帯に都合が悪い場合は配達日、配達時間をWeb上で変更することができるのでとても便利です。

ただし、伝票の宛先と受け取り利用者の登録内容が十分に確認できない場合は、メールが届かない場合もあります。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート3:配達完了通知メールサービス

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート3つめは、配達完了通知メールサービスで、自動配信に登録しておくと荷物のお届けが完了した時に発送した側にお届け完了のメールが届きます。

自動配信しない場合は、その都度送り状に記載されているお問い合わせ送り状ナンバーを入力することで、荷物のお届け完了を確認することができます。

自分の発送した荷物が相手にきちんと届いたことを確認できるので安心です。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート4:不在通知メールサービス

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート4つめは、不在通知メールサービスが受け取れることです。

荷物配達の際に受取人が不在だった場合、受け取り人が自動配信に登録していることで行われるサービスで、自動配信に登録してない場合は送り状に記載されている問い合わせ送り状ナンバーが必要になります。

自動登録しておくと自宅に戻る前でも荷物が配達されたことが分かり、再配達の手続きがスムーズに行えます。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート5:営業所受取到着通知メールサービス

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート5つめは、営業所受け取り到着通知メールサービスです。

予め自動配信に登録しておくと、営業所受け取りに指定した荷物が営業所に到着した時点でメールでお知らせが届きます。自動配信に登録してない場合は送り状に記載されている問い合わせ送り状ナンバーが必要となります。

自動配信に登録しておけば、仕事先から直接営業所へ荷物を受け取りに行けるのでとても便利です。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート6:Web集荷受付サービス

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート6つめは、Web集荷受付サービスです。

Webサイト上で荷物の集荷が以来できるサービスで、希望集荷日を指定するとその日に荷物の集荷に来てくれます。ただし、一部の地域では利用できない場合もあるので詳しくはWebトータルサポートサイトのサービスメニューで確認してください。

時間や場所をを気にせず集荷の依頼ができるのでとても便利です。

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート7:Web再配達受付サービス

配達時間の把握やその対応に活用するWEBトータルサポート7は、Web再配達受付サービスです。

Webサイト上で荷物の再配達を依頼できるサービスで、不在票投函日から7日間の範囲での受付が可能です。不在通知メールサービスと共に利用することで、スムーズな再配達を自宅に帰る前に手配することができるのでとても便利です。

ただし、再配達に関しては住所の変更はできないので、あくまで配達された場所での受け取りになります。

佐川急便で時間ニーズに応じて活用するサービス

佐川急便では配達や配達時間に関して色々なサービスを展開しています。

送る側も受け取る側も、仕事やライフスタイルに合わせて上手に利用することで快適な荷物の発送や受け取りが実現できます。

佐川急便で行っている時間ニーズに応じて活用できるサービスをご紹介してきましょう。

早く届ける

佐川急便では通常の配送では2~3日ほどかかる荷物を早く届けるサービスも充実しています。

仕事などでどうしても早く届けたい荷物がある場合などにとても便利で、時間帯指定や貴重品の扱い、さらにクール便にも対応しているのでいろいろなシーンで利用できます。

サービスによっては対応していない地域もあるので確認が必要になりますが、佐川急便を使って荷物を早く届けてほしい場合の3つの方法をご紹介します。

飛脚即日配達便

佐川急便の飛脚即日配達便は代引きや貴重品にも対応している荷物を早く届けるサービスのひとつです。

具体的には午前中に預けた荷物が近隣エリアに限っては当日中に配達するというサービスで、佐川急便独自の輸送ネットワークを駆使して提供されています。都市部を中心とした特定エリアのみのサービスで、担当営業所によってエリアは違いますがぜひおすすめです。

運賃や送料の支払いは発送する側の支払いでも着払いでも構いません。

飛脚ジャストタイム便

佐川急便の飛脚ジャストタイム便はクール便や代引き、時間帯指定や貴重品対応などもあるサービスで、急ぎや特定時間の配達希望時に便利です。

配達時間は翌日午前9時から指定が可能で、万が一指定した時間に配達できなかった場合は全額返金されるシステムです。

集荷受付の締め切り時間は担当営業所によって違うので利用する場合は営業所への問い合わせが必要です。受け取りは法人が対象で運賃や料金は元払いのみに対応しています。

飛脚航空便

佐川急便の飛脚航空便はクール便、代引き、時間帯指定、貴重品取り扱いなどに対応している航空機を利用したサービスで、全国へ翌日中に配達します。翌日午前と午後の配達の2種類の時間帯指定が可能で、用途に応じて利用できます。

午前中おとどけの場合は当日の最終フライトに乗せ、翌日中おとどけの場合は翌日朝一番のフライトに載せて発送します。個人、法人どちらも対応可能で、運賃や料金の着払いも可能です。

飛脚ジャストタイム便での配達日や配達時間の指定

先ほどもご紹介しましたが、佐川急便では配達日や配達時間をより細かく指定できるサービス、飛脚ジャストタイム便を展開しています。

急ぎの場合や特定時間の配達希望時に便利なサービスで、細かく指定日配達サービスと時間帯指定サービスの2種類があります。

それぞれのサービスの特徴を詳しく説明するのでぜひ配達日や配達時間を指定する場合には利用してみてはいかがでしょう。

指定日配達サービス

佐川急便の飛脚ジャストタイム便での指定日配達サービスはクール便や代引き、貴重品の取り扱いなどにも対応しているサービスで、希望日に合わせて荷物を届けてくれます。

受け取る側の都合がなかなかつかない時や、相手の大切な記念日などに合わせて荷物を送りたい時に、とても便利なサービスで受取人は法人でも個人でも可能です。

ただし一部離島や利用できない地域もあり、天災や事故による交通渋滞や異常気象の場合も利用不可能です。

時間帯指定サービス

佐川急便の飛脚ジャストタイム便での時間指定サービスは指定日配達サービスと同様、クール便や代引き、貴重品などの取り扱いにも対応していて、希望の時間帯に合わせて荷物を届けてくれます。

配達時間は午前中の8時から12時まで、それ以降2時間ごとに21時まで7つの時間帯から指定できます。

ただし、取り扱い可能なエリアは地域によって異なりますし、遠方への発送の場合は通常の配達予定日の翌日になることもあります。

佐川急便の荷物状況「配達中」の意味と来ないときの対策

佐川急便のWebサービスで荷物の状況を確認して、「配達中」になっていてもなかなか荷物が届かないことがあります。配達中と書いてあるのにとイライラした経験のある方も多いでしょう。

「配達中」は配達を担当する営業所から荷物を届ける先の住所に向かっている状態を指し、その日もしくは悪天候の場合は次の日までには配達されることを意味します。

荷物の配達時間を知りたい時には、担当営業所に問い合わせてみると良いでしょう。

便種選択と佐川WEBサポートの活用でトラブルのないスムーズな宅配授受を

今回は佐川急便の配達時間とさまざまな配達便の種類をご紹介してきました。

佐川Webサポートを利用するとよりスムーズに荷物の発送や受け取りが可能になり、さらにその後の荷物の行方もしっかりと把握することができるのでとても安心です。また、細かな便種を上手に使い分けることによって快適に荷物の授受も可能になります。

ぜひ佐川Webサポートに登録しトラブルのないスムーズな宅配授受を実現させてみてはいかがでしょう。

Related