電話が苦手になる原因10個|電話が苦手なことを改善する方法3つ

業務改善

内向的な人ほど電話が苦手になりやすい

仕事で電話が苦手な方というのも多いです。特に内向的な人は、電話をかけるのも電話をとるのも苦手です。

電話は、こちらの考えを相手に伝えなければいけません。コミュニケーション能力の高い人であれば、特に意識することもなく電話することができます。ですが内向的な人ですと電話そのものに苦手意識があり、上手く話せないということも多々あります。

電話が苦手になる原因10個

メールも多くなっているとはいえ、電話はまだまだ仕事において必要不可欠なため、電話が苦手な場合は大変です。他の人に電話を任せるわけにもいきませんし、電話が苦手というだけで仕事ができない社員のレッテルをはられてしまう可能性もあります。

なんとか電話が苦手になる原因を把握し、克服していった方がいいでしょう。電話が苦手になる原因を10個紹介しますので、参考にしてください。

電話が苦手になる原因1:電話で話すことに慣れていない

電話が苦手になる原因として、電話で話すことに慣れていないことが挙げられます。特に最近の若者ほど、LINEやメールで用件を済ませることが多いため、そもそもあまり電話をしたことがないという方も珍しくありません。

ですが慣れていない場合は、単純に慣れることで苦手を克服することができます。慣れるまでは大変ですが、意識的に電話を取るようにして、徐々に慣れていけば良いでしょう。

電話が苦手になる原因2:相手の声がうまく聞き取れない

電話が苦手になる原因として、相手の声がうまく聞き取れないということも挙げられます。聴覚には問題がなくても、これまで電話対応した相手の声が聞き取れなかったことでトラブルになり、電話が苦手になる方も多いです。

特に身体的に問題がない場合は、落ち着いて冷静に相手の声を聞き取れば大丈夫です。緊張しすぎているとうまく聞き取れず、電話対応することができません。

電話が苦手になる原因3:行き違いが生じやすい

電話が苦手になる原因として、行き違いが生じやすいということも挙げられます。緊張して相手の発言の意図をうまく汲み取ることができないと、行き違いが生じやすいです。

こちらには問題がなくても、相手側に問題があって行き違いが生じる場合もあります。電話は目の前に相手がいないので、どうしても行き違いが生じてしまう傾向にあります。行き違いが原因でトラブルになると、電話対応そのものがトラウマになってしまいます。

電話が苦手になる原因4:考える時間が確保できない

電話が苦手になる原因として、考える時間が確保できないということも挙げられます。メールなどの文章であれば、考えながら書くことができますが、電話となるとすぐに発言を返さなくてはいけません。

頭の回転の速さに自信がない方ですと、その場で言葉に詰まってしまい、電話が苦手になる原因になります。スムーズに電話対応するには、ある程度の頭の回転の速さが必要です。

電話が苦手になる原因5:極度に緊張してしまう

電話が苦手になる原因として、極度に緊張してしまうことも挙げられます。特に気が弱い人ほど、電話で緊張しすぎてしまう傾向にあります。

緊張してしまうタイプの人は、能力があっても実力を発揮できません。逆に言えば、落ち着けば大丈夫とも言えますので、電話をする際は一呼吸置いて冷静になりましょう。

緊張し過ぎる癖さえ何とかなれば、問題なく電話ができるようになる可能性が高いです。

電話が苦手になる原因6:過去に電話対応で失敗した

電話が苦手になる原因として、過去に電話対応で失敗したということも挙げられます。過去に電話対応で失敗したことがトラウマになってしまい、電話に拒否反応を示しているパターンです。

仕事で電話を使う場合は、お客様からクレームがくる場合もあります。クレーム対応などで嫌な思いをした場合は、トラウマになりやすいです。

電話がトラウマになっている場合は、少しずつ電話に慣れていき、苦手を克服していきましょう。

電話が苦手になる原因7:電話対応のやり方が分からない

電話が苦手になる原因として、電話対応のやり方が分からないということも挙げられます。新卒で働き始めたばかりだったり、これまで仕事で電話対応の経験が少ない方に多いです。

電話対応が業務のメインになるコールセンターなどであれば、詳細なマニュアルがあるので、書かれてあるとおりに電話対応すれば問題ありません。ですが他に仕事があって、電話もついでに取らなくてはいけない場合ですと、マニュアルはない場合が多いです。

電話が苦手になる原因8:電話対応を上司に監視されている

電話が苦手になる原因として、電話対応を上司に監視されている場合も挙げられます。神経質な上司ですと、細かい電話対応のミスを指摘して、怒ってくる場合もあります。

あまり神経質にダメ出しされていると、電話対応が苦手になってしまいます。一般的には問題ないレベルでも、神経質な上司ですと重箱の隅をつつくようにダメ出ししてきます。この場合は完璧に電話対応しても文句を言われるので、受け流すしかありません。

電話が苦手になる原因9:仕事を中断させられるのが嫌い

電話が苦手になる原因として、仕事を中断させられるのが嫌いということも挙げられます。仕事が電話対応だけならば良いのですが、普通は他に仕事があって、仕事を中断して電話を取ることになる場合が多いです。

他の仕事で集中しているところに、何度も電話がかかってきて中断させられていたら、電話も苦手になってきます。苦手どころか、電話が嫌いになってしまうでしょう。

電話が苦手になる原因10:自分の声にコンプレックスがある

電話が苦手になる原因として、自分の声にコンプレックスがあるということも挙げられます。自分の声に自信がない方ですと、そもそも声を出すことが好きではない場合が多いです。

電話は、声だけで相手に情報を伝えなくてはいけません。自分の声にコンプレックスがある場合は、必然的に電話も苦手になってしまいます。

ただ、自分で思っているほど変な声とも限りません。自意識過剰の場合も多いので、徐々に電話に慣れていきましょう。

電話が苦手なことを改善する方法3つ

電話が苦手な方は多いですが、苦手なままにしておくわけにもいきません。仕事で電話対応をせざるを得ない場合は、苦手なんて言っている場合ではありません。

ですが慣れていけば苦手意識も克服できますし、改善する方法はあります。電話が苦手なことを改善する方法を3つ紹介しますので、参考にしてください。

電話が苦手なことを改善する方法1:ある程度機械的に対応する

電話が苦手なことを改善する方法として、ある程度機械的に対応するということが挙げられます。仕事で電話する場合は、用件さえ伝わればいいので、機械的な対応でも問題ありません。

上手に電話対応しようと焦り過ぎると、緊張してミスしやすくなります。ある程度電話で言う発言はテンプレート化しておいたり、事前に決めておきましょう。

耳と口があるのですから、機械的に対応すれば何の問題もなく電話できるでしょう。

電話が苦手なことを改善する方法2:整理してからこちらからかけなおす

電話が苦手なことを改善する方法として、整理してこちらからかけ直すことも挙げられます。その場で即座に返事が返せず、言葉に詰まってしまう人の場合は、この方法が有効です。

この方法のいいところは、上司や同僚に相談する時間ができることです。頭の回転が遅かったり要領が悪い方でも、問題なく返事を返すことができます。

ただ、あまり待たせすぎると怒らせてしまうので、返事を整理したらすぐにかけなおしましょう。

電話が苦手なことを改善する方法3:メモを活用する

電話が苦手なことを改善する方法として、メモを活用するということも挙げられます。相手が言ったことをメモしておけば、考えを整理することができます。

できれば、電話対応用のメモ帳を用意しておきましょう。電話対応した内容をメモしておけば、後で同じ用件の電話が来た際も、メモを見て対応できます。面倒くさがってメモをしない人も多いですが、電話が苦手な方は積極的に活用しましょう。

電話が苦手なことを改善しましょう

電話が苦手な原因や、改善する方法について紹介しました。電話が苦手なことを克服するための参考になったでしょうか。

プライベートであれば電話をしなくても問題ありませんが、仕事となるとそうはいきません。うまく自分に合った方法で、電話が苦手なことを改善していきましょう。

徐々に慣れていけば、電話が苦手なことを改善できますので、積極的にチャレンジしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました