Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月04日

ホテルの客室清掃に関する豆知識10|客室清掃の仕事が向いている人の特徴

来客を気持ちよく迎える「ホテルの客室清掃業」。今回は、あまり知られていない客室掃除をする仕事について見識を深めていきます。就職するのに最適な特徴もあるので、清掃業に興味のある人もご覧ください。それでは、「ホテルの客室清掃業」について見ていきましょう!

ホテルの客室清掃に関する豆知識10|客室清掃の仕事が向いている人の特徴

ホテルの客室清掃とは?

宿泊客の部屋を綺麗に掃除するのが「ホテルの客室清掃」という仕事です。

ホテルでは清潔にお客さんを迎い入れるべく日々の清掃を行っていますので、常に綺麗で上品な空間になっています。ホテル側が雇う人材でもある客室清掃員ですので、大きくいえば清掃業という仕事にあたるでしょう。

ホテル客室清掃係の給与や福利厚生について

主に年配者のパート・アルバイトが多いホテルの客室清掃ですが、若年層の正社員もいますので福利厚生がきちんと管理されている職業です。

そして、アルバイトとしても時給が高い清掃業。ホテルの部屋を隅々まで美しくする仕事ですので給与も高い傾向にあります。

また、社会保険がしっかりと適応されて労働している人材が多々存在している職業です。サービス業でもある清掃業は安心した就労ができるでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識10個

あると便利なホテルの客室清掃に関連した豆知識を10個ご覧いただきます。

これからホテルの客室清掃を仕事とし頑張る方も必見。事前にホテルの清掃を学んでおくと快適な任務遂行が実現します。

それではホテルの清掃について、より深く迫って見ていきましょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識1:仕事の時間帯

ホテルでの清掃業務の時間帯は、主に昼辺りから夕刻までのケースが多いです。

ホテルをチェックアウトする宿泊客は、おおむね午前中の時間帯。ホテル側がお客さんを見送った後に部屋の清掃を開始するので、主に昼前後から清掃作業をはじめることが多いです。

次に迎い入れる来客までの数時間以内で部屋の清掃をするときもあるのでスピード勝負な面もありますが、昼から午後の時間帯が清掃作業のメインといえるでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識2:清掃する部屋の数

ホテル清掃員が1日に掃除を行う部屋数は10~20部屋です。

就労するホテルの規模にもよりますが、1日に10部屋前後の清掃するケースが多い仕事。小規模なビジネスホテルでは、とくに部屋数が増えることが多くノルマ制のホテルもあります。

数時間かけてホテルの1部屋を清掃することはありません。宿泊客が多い人気のホテルですと、短時間で部屋の清掃を行うことも多く、その分時給・給与も高い職業といえるでしょう。

部屋の種類

ホテルの部屋には和室と洋室の2種類あることが多く、清掃員が掃除する内容が多少異なります。

和室ですと布団やシーツの清掃は大事な仕事の1つ。また、洋室であればベッドメイキングが重要です。来客が心地よい空間をつくる職業でもあるので、寝る場所はもちろんながら共通する風呂場・トイレも入念な清掃を行います。

ホテルの規模によって部屋数が異なるので、働く清掃員の数もまちまちで清掃時間も異なる職種といえるでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識3:作業の流れ

ホテルの部屋の清掃をする流れとして、まず寝床をきれいにしてから水回り、そしてテーブルなどの水拭きを行います。

お客さんの忘れ物も多いですので、引き出しラックなどの確認作業も行います。また、タオルや部屋着などの備品・消耗品の補充も行います。

掃除機をかけてゴミ箱を綺麗にし、テレビやエアコンのリモコン、灰皿などをすべて定位置へ置き元の状態へ戻し、次のお客さんが入室できる心地よい空間をつくっておきます。

作業スピードを上げるコツ

客室清掃のスピードアップには部屋の外へ取り換えるものを早々に出し、広々した中で掃除すると効率的です。

まずはじめに、部屋の真ん中を大きく開けてから清掃をスタートさせると作業効率がアップします。不要なものは廊下へ早々に出し、高い場所から清掃を行うと効率的です。時間との勝負でもあるのが客室清掃という仕事ですので、スピードアップして腕を上げていきましょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識4:研修はある?

ホテルの清掃員には研修制度がありますので、まずは見習いとして仕事を覚えながら働きます。

まずはじめに、ベテラン清掃員から研修を受けることが多い仕事。掃除をする箇所やコツを学び、来客の快適さを提供する職業です。

ただ、特殊性はなく単純作業の連続のため、長期間の研修制度はありませんので数日~数週間ほどで学べる内容です。誰でもできる仕事ですので、検討している人は研修を受け客室清掃の基本を学んで働きましょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識5:制服の特徴

清掃員が着用する制服の特徴は、主に動きやすい作業着が使われることが多いです。

掃除で衣類が汚れるので、黒っぽい制服を指定しているホテルもあります。エプロンをして手ぬぐいを頭に着用することもあります。

動きやすい制服が採用されているので、軽くて丈夫です。上着のみ支給されるホテルや上下セットで指定されているホテルもあり、それぞれの社風に合った制服を着用することが多いでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識6:仕事に使う道具

客室の清掃ではホウキ、モップ、掃除機、雑巾を使って行うことが多いです。

高い箇所へ使うハタキなども用いて隅々まできれいな空間にする仕事。掃き掃除、拭き掃除が基本となるので、家庭で使う清掃用具も多々活躍しています。

しつこい汚れには、手袋着用で特別な用剤を使って清掃することもある仕事です。部屋の各所についたキズなどを消す作業もあるので、和室・洋室で使う清掃道具が異なってくるでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識7:清掃する部屋としない部屋がある

ホテルとひとくちにいっても大小の規模があるため、清掃に関しても方法が違います。

高級ホテルではありえませんが、低料金のホテルではしっかりと清掃しない場合もあります。これは人件費の問題やホテル側の方針といえます。

または、お客さんから「掃除しなくていい」と言われて清掃しないで数泊するケースも存在します。いずれにせよ「何も片づけない」というホテルはありませんが、完璧な清掃をしない部屋もあるでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識8:お客様からの要望の種類

連泊するお客さんの場合、毎日行うはずの部屋の清掃を拒否されるケースがあります。

本来、連泊する客室でも部屋の清掃を行います。ですが、先にもあったようにお客さん側から「清掃しなくてもよい」と言われることもあり、従業員が入室しないこともあります。

お客さんによって要望はさまざまあり、時間帯の指定や箇所の指定など細かい指示をされることもあるので、その都度掃除する所が異なるケースが出てくるでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識9:体力は必要?

重たいものはとくにありませんが、1日中ずっと動いている職業ですので体力があるに越したことはありません。

1日8時間以内での労働が中心の仕事ですが、ホテル内の階段の上り下りを繰り返すこともあります。休憩時間以外は基本的に中腰や立ちっぱなしで働く職種ですので、体力も必須の仕事です。

研修期間を行う際にしっかりと清掃のコツを学んで、余計な体力を使わないで働けるようにしておくとよいでしょう。

ホテルの客室清掃に関する豆知識10:休みは取りやすい?

ホテルの客室の清掃業は休日が取りやすいです仕事です。

ホテルの規模にもよりますが、必須の従業員数が確保されているケースが多く休日を得やすいです。ただし、繁忙期では休日が取りにくくなってしまうこともあります。

休日をしっかりと取りたい場合、事前にホテルへ申し出ておくとシフトを組んで休みやすくしてくれることもあります。また、閑散期もある仕事ですので、その際にしっかりと体力を温存しておくことも重要でしょう。

ホテル客室清掃係の仕事が向いている人の特徴5つ

客室清掃業には最適な人材がいて、その特徴もあります。

どのような人が清掃業に向いているのでしょうか。これからホテルへ務める予定がある人も必見の事柄です。今回は5つの特徴を見ながら、ホテルの客室清掃係に適した人材を見ていきましょう。

ホテル客室清掃係の仕事が向いている人の特徴1:一人で仕事をしたい人

ホテルでの清掃業は、一人で作業をするのが好きな人に最適な職業です。

客室清掃は基本的に一人で清掃する仕事ですので、黙黙と作業することが苦痛ではない性格の人が最適。または、他者と関わることが面倒に感じる人はとくに向いている仕事です。

無駄な会話をすることもなく淡々と清掃作業に取り組む仕事ですので、時間の経過も早く感じます。ホテルの客室清掃業は、人間関係が苦手な人に最適な職種といえるでしょう。

ホテル客室清掃係の仕事が向いている人の特徴2:仕事を効率的にするのが好きな人

清掃業とは、いかに合理的に行えるかが勝負の仕事ですので、効率的な労働が好きな人に向いています。

使用済みの客室を元どおりの綺麗な部屋に戻す仕事ですので、とても効率化しやすい職業です。自分なりの作業スタイルが定着すれば迅速な作業となり、はかどった仕事が遂行できます。

無駄のない「合理的で効率的な考え方が得意な人」にホテルの客室清掃業は合っています。美しい空間をつくり、日々のお客さんをお迎えしましょう。

ホテル客室清掃係の仕事が向いている人の特徴3:工夫するのが好きな人

清掃には工夫ということがもっとも当てはまるので、創意工夫が得意な人にうってつけの職業です。

掃除は工夫の連続ですので、便利な自分専用の道具をつくったり段取りの工夫をしたりできます。これにより効率化も図れますので、「工夫することが好きな人には最適な仕事」です。

自分で考えながらやりやすい清掃スタイルを構築できれば来客も喜ぶきれいな部屋づくりができるので、工夫が好きな人はチャレンジしてみましょう

ホテル客室清掃係の仕事が向いている人の特徴4:綺麗好きな人

美しい空間づくりですので、綺麗好きな人はホテルの清掃業に適しています。

「自分の家も綺麗に保っている人は、ホテルの客室清掃業にも向いている性格の人」です。汚い空間では居心地悪く感じるということですので、常にお客さん目線で部屋の清掃に取り組んでいけます。

ゴミ1つない非常に綺麗な空間にできる才能ですので、どういったホテルでも最上の能力を発揮して清掃業をこなしていけることでしょう。

ホテル客室清掃係の仕事が向いている人の特徴5:細かいところに目が届く人

掃除することに適した人材は、細やかな目配りができるという特徴があります。

おおざっぱな性格では清掃業に不向きです。やはり、「来客のために部屋をきちんと整理しながら掃除できる人」に最適な職業といえます。

テレビの裏側、高い所などの掃除、面倒でも物品を動かして清掃できる人材が清掃業に向いています。細かい部分に目が届く人は掃除用具の管理などもするので、常に美しい部屋を来客に提供できることでしょう。

ホテル客室清掃係の仕事を理解しよう

「ホテルの客室清掃業」についてご覧いただきましたが、理解が深まったでしょうか。ホテル利用者にとっては常に綺麗な空間になっているので客室清掃業の内情はほとんど知られていませんが、宿泊客を迎え入れる準備として重要な仕事です。

掃除が上達することによって、宿泊するお客さんが喜びを感じて楽しい休日をゆったりと満喫できます。そして、客室清掃業は「ホテル従業員の一員として必要な素晴らしい職業」といえるでしょう。

Related