Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

名刺管理10個のアプリはオフラインで使えるのか?

名刺管理アプリには、オフラインと・オンラインの種類が分けられています。種類の違いによって使いやすさにも違いがあらわれるため、注意しましょう。ここでは、名刺管理アプリがオフライン・オンラインどちらの種類なのかを詳しく紹介しています。

名刺管理10個のアプリはオフラインで使えるのか?

名刺管理アプリとは?

名刺管理アプリとは、名刺の情報をスマホに保存することができ、いつでも簡単に名刺を見ることができるアプリのことです。そのため、名刺をもらう機会が多い営業職の人が利用することで、便利さを実感します。

名刺管理アプリには、オフラインとオンラインの違いがあるため、適した方のアプリをダウンロードするようにしましょう。基本無料で利用することができるため、ダウンロードして損をすることはありません。

名刺管理アプリの仕組み

名刺管理アプリの存在を知っていてもどのような仕組みなのか知らない人も多くいるのではないでしょうか。ほとんどの名刺管理アプリは名刺をカメラで撮影することで、さまざまな情報を各項目に自動的に入力される仕組みになっています。

文字自体を認識する仕組みの場合もありますが、多くの名刺管理アプリでは撮影された画像を人の手で文字に変換させている場合が多く、多くの人の作業の元成り立っています。

名刺管理10個のアプリはオフラインで使えるのか?

名刺管理アプリはさまざまなサービスを行っていますが、オフラインで使用できるタイプとオンラインタイプに分けることができます。多くの名刺管理アプリはネットに一度つなげる仕組みになっているためオンラインが多いですが、一部オフラインの名刺管理アプリも存在しています。

オフラインの名刺管理アプリは、名刺をスキャンする機能が備わっています。次に、名刺管理アプリがオフラインなのかをどうかを紹介していきます。

1:Eight

Eightの名刺管理アプリはオフラインでは使用することができません。クライド上に保存する仕組みになっているため、スマホ自体に保存されるわけではなく、スマホを紛失してもデータ流出することを防ぐことができます。

Eightは名刺管理アプリの中で最も利用者数が多いアプリです。名刺の登録枚数に制限がないため、登録できない状況が起きることがありません。有料版もありますが、無料版でも十分使用できます。

2:Wantedly People

Wantedly Peoplehはオフラインタイプの名刺管理アプリです。そのため、名刺を撮影するだけでデータをスマホ内に保存することができます。また、最大10枚の名刺を撮影することもできるため、一枚一枚撮影する手間を軽減することも可能です。

また、登録している電話番号やアドレスに直接アクセスすることができ、すぐに連絡を取ることも可能です。相手も利用していればチャットをすることも可能です。

3:myBridge

myBridgeは、LINEが提供している名刺管理アプリであり、完全無料で使用できる特徴があります。そのため、名刺管理するためにお金をかけたくない人におすすめです。

また、シンプルな仕組みになっていることで誰でも簡単に利用できる特徴もあります。オフライン・オンラインともにどちらでも利用することができます。最近リリースされたばかりの名刺管理アプリであるため、認知度は低いです。

4:CamCard

CamCardは端末保存とクラウド保存ができる名刺管理アプリであるため、オンライン・オフラインどちらでも使用することができます。そのため、使いやすい方を選ぶことができ、さまざまな方法で名刺管理アプリを使用することができます。

また、さまざまな言語の名刺でも翻訳してくれる機能があるため、海外に営業などをする人におすすめの名刺管理アプリです。地図情報も一緒に保存することができます。

5:Sansan

Sansanは以前までオフラインでは使用することができない名刺管理アプリでしたが、最適化されたことでオフラインでも使用することができるようになっています。そのため、以前よりも使いやすさが向上しているだけではなく、オフラインにすることで検索スピードを速くすることにも成功しています。

検索スピードが速くなり見たい名刺の情報を瞬時に開けるので、ストレスを感じることなく利用できます。

6:Hot Profile

Hot Profileは名刺をスキャンすることで名刺の情報を保存することができます。そのため、オフラインで使用することができる名刺管理アプリでもあります。スキャンした名刺の情報を社内で共有することができ、それぞれがスキャンする必要がありません。

さまざまな職務でも対応することができる名刺管理アプリであり、最低限の機能が備わっています。働き方に合わせて利用できる特徴もあります。

7:Scannable

Scannableは名刺管理アプリとして使用することもできますが、書類をスキャナすることもできるため、利用用途が豊富なアプリです。オフラインで使用することもできますが、ネットをつなげることでデータを専用のソフト内に移動させることもできます。

Scannableの特徴は、スキャンするスピードがほかのアプリと比べると速いことです。また、トリミング機能も優れているため、綺麗な状態でスキャンすることができます。

8:メイシー

メイシーはオフライン・オンラインどちらでも対応することができる名刺管理アプリです。多くの名刺管理アプリは無料使用できる場合が多いですが、枚数が増えたりより便利な機能を使おうとすれば有料になります。

しかし、メイシーは価格設定が低くなっていることで費用を最低限に抑えることができます。また、入力を手動ですることもできるため、より名刺を管理する際の費用を減らしたい人におすすめの名刺管理アプリです。

9:WorldCard Mobile

WorldCard Mobileはさまざまな国で利用されている名刺管理アプリでもあり、使いやすさが抜群に良い名刺管理アプリでもあります。また、オフライン・オンライン好きな方を選ぶこともできます。

使いやすさを追求しているため、利用者は撮影をするだけでほかに行うことは一切ありません。自動撮影ボードや手ぶれ防止機能など撮影しやすさも追求しており、撮影しなおす手間がかかりません。

10:名刺ファイリングCLOUD

名刺ファイリングCLOUDはオフラインで使用することができない名刺管理アプリであるため、オフラインの名刺管理アプリを使用したい人は利用しないようにしましょう。基本無料で使用することができるため、費用をかけたくない人におすすめのアプリです。

名刺ファイリングCLOUDはスマホで撮影することでも名刺の情報を入力することができますが、コピー機や専用の機器を使用してもスキャンすることができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

オフライン・オンラインでの名詞管理のメリット・デメリット

名刺管理アプリにはオフラインとオンラインに分かれている場合があります。なかにはどちらでも利用することができるアプリも存在していますが、オフライン・オンラインの特徴を把握しておくことをおすすめします。

オフライン・オンラインの名刺管理アプリのメリット・デメリットを把握しておくことでより適した名刺管理アプリを使用することができます。次に、オフライン・オンラインのメリットとデメリットを紹介します。

名刺管理は端末上にデータを保存するオフライン管理

名刺管理アプリのオフラインとは、端末に名刺のデータを保存する方法であり、ネットの環境が整っていない状況でも名刺管理アプリとしての機能を使用することができます。そのため、ネット環境が整っていない場所でも使用することができます。

以前まではオフラインの名刺管理アプリの方が圧倒的に多かったですが、最近ではやや少なくなっています。次に、オフラインの名刺管理アプリのメリット・デメリットを詳しく紹介します。

メリット

オフラインの名刺管理アプリを使用するメリットは、ネット環境が整っていない状態でも利用することができることです。また、ハッキングやウィルスなどでデータが失われる危険性がないメリットもあります。

比較的保存した情報を早期に閲覧することが可能になります。オンラインの場合は一度ネットに接続する必要があるため、時間がかかる場合もありますが、オフラインではその検索時間をなくすことができます。

デメリット

オフラインの名刺管理アプリのデメリットは、データを共有できない割合が高いことです。端末に保存するため、オフラインの名刺管理アプリを使用する場合は、それぞれの端末でスキャンする必要があります。そのため、グループで仕事をする際には手間がかかってしまいやすいです。

また、バックアップを保存していないと万が一端末が破損してしまったり、紛失してしまうと今までのデータを失ってしまう危険性があります。

クラウド上にデータを保存するオンライン管理

クラウド上にデータを保存する方法がオンラインの名刺管理アプリであり、スマホやタブレットの端末内に保存するのではなく、ネットを介してネット上に保存することができます。

一般的にネット環境が整っていないと使用することができませんが、現在ではさまざまな場所でもネットが使用できるため、不自由に感じることが少ないです。名刺管理アプリではオンラインの方が主流でもあります。

メリット

オンラインの名刺管理アプリのメリットはクラウド上に情報を保存することができるため、実質無限大の情報を保存することができます。そのため、多くの名刺の情報を保存する場合には制限が設けられていないため、好きなだけ保存することができます。

また、社内で同じ名刺アプリをダウンロードすることで情報を共有することができ、一度のスキャンで多くの人が閲覧することができます。

デメリット

オンラインの名刺管理アプリのデメリットは、山奥などの電波が届きにくい場所では使用することができないことです。スキャンすることや保存している名刺の情報も引き出すことができなくなります。そのため、特定の状況下では使用できない可能性があります。

また、セキュリティがしっかりしている名刺管理アプリを使用しないと、保存した情報が流出してしまう危険性やシステムトラブルで利用できない場合もあります。

自分に合った名刺管理の方法を理解しましょう

名刺管理アプリはさまざまな種類がリリースされているため、自身にあった名刺管理アプリを利用することが大切です。そのためにはそれぞれの名刺管理アプリの特徴をしっかり把握してから利用するように心がけましょう。

名刺管理アプリを利用することで名刺管理が楽になり、瞬時に名刺に記入されているアドレスや電話番号を確認することができます。営業職に欠かせないアプリでもあります。

Related