Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方

営業の仕事でなかなかモチベーションが維持できず、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、この記事では営業でモチベーションアップできるとっておきの方法に加えて、モチベーションを維持する考え方についてもご紹介しています。

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方

営業でモチベーションアップする考え方

営業職に勤めているものの思うようにモチベーションが上がらず、ノルマをこなすのが必死というビジネスパーソンも少なくないことでしょう。

営業職でバリバリ活躍してよい成績を収めたいならば、接客術を学ぶことはもちろんですが、継続して仕事に意欲的に取り組めるよう、モチベーションをアップしそれを維持するための方法をマスターすることが大切です。

ここからは、営業でモチベーションアップする考え方を見ていきましょう。

モチベーションをあげる施策

そもそも、どうすればモチベーションを上げることができるのでしょうか。人によってモチベーションアップの方法はさまざまですが、最も基本的かつ効果的な方法として挙げられるのが、目標を明確に設定するということです。

どのような目標を達成したいのか、またそれを成し遂げることで自分のキャリアや将来にどのようなよいことがあるのかを明確にイメージすることができれば、おのずとモチベーションアップが叶うはずです。

モチベーションを維持する施策

モチベーションアップは簡単でも、それを維持するのはそう容易なことではありません。営業でモチベーションを維持したいのならば、自分の個人的な目標を多くの人に知ってもらい、周囲の「目」を意識することで怠け心を防ぐことが効果的でしょう。

また、気を張り詰めて頑張りすぎるとモチベーションを維持することはできないので、定期的に休息を設けて心身のリフレッシュをしたり、自分にご褒美をあげるのもおすすめです。

営業でモチベーションアップできる16個の方法

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
コンスタントに業績を上げている有能な営業マンは、総じてモチベーションアップに長けており、モチベーションアップを通じて営業に精力的に取り組むことができています。

では、具体的にどうすれば営業でモチベーションアップをすることができるのでしょうか。ここからは、営業でモチベーションアップできるおすすめの方法を16個ピックアップしてご紹介していきますので、営業マンの方はぜひトライしてみてください。

営業でモチベーションアップできる方法1:個人目標を設定する

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
営業でモチベーションアップする方法としてまず挙げられるのが、個人的な目標を設定するということです。

会社から課せられるノルマに加えて、自分なりの目標を設定することによって営業を「やらされている」状態ではなく、自ら積極的に営業に取り組んでいる状態へと自分を変えることができるので、おのずとモチベーションアップするでしょう。

低すぎず高すぎず、頑張れば達成可能な個人的目標を設定してみてください。

営業でモチベーションアップできる方法2:目的を振り返る

目的を振り返るということも、営業でモチベーションアップするための方法として挙げられるでしょう。

営業に熱心に取り組んでいるうちにその目的がぼやけてしまうと、途端にモチベーションが下がってしまいますので、定期的に目標を振り返り、営業のモチベーションアップを恒常的なものにすることが大切です。

目標を達成することでどのような個人的な利益や満足感が得られるのかについても、具体的にイメージしてみましょう。

営業でモチベーションアップできる方法3:全体目標に対する自分の割合を把握する

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
営業でモチベーションアップするための方法として、全体目標に対する自分の割合を把握するということも挙げられます。

職場が掲げている全体的な目標の中で、自分が果たすべき役割はどの程度のものであるのかをあらかじめ認識しておくことによって、自分がすべきことや到達すべき目標を明確に意識できるようになるため、自然と営業でモチベーションアップをすることが可能になるでしょう。

営業でモチベーションアップできる方法4:ご褒美を設ける

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
ご褒美を設けるということも、営業でモチベーションアップをする方法のひとつに含まれるでしょう。

どんなに頑張り屋さんであってもずっと気を張り詰めた状態で頑張り続けるのは不可能ですので、短期的・中期的目標を達成するたびに自分にご褒美をあげてみてください。

ご褒美があることが分かっていれば、営業で大変なことがあっても「ご褒美のために頑張ろう」とモチベーションアップができるでしょう。

営業でモチベーションアップできる方法5:上司や同僚に褒めてもらう

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
営業でモチベーションアップできる方法のひとつとして、上司や同僚に褒めてもらうということも挙げられます。

誰かに認められ、評価されることで人は喜びを感じ、それによってさらにモチベーションアップが可能になるので、上司や同僚に自分の短期的・中期的目標を伝え、それが達成したならば報告の一環として伝えてみましょう。

反感を買わないように、あからさまではなくさりげなくアピールするのがポイントです。

営業でモチベーションアップできる方法6:まず1件成果を出す

まず1件成果を出してみるということも、営業でモチベーションアップできる方法として挙げられるでしょう。

1件成果を出せばそれによって達成感を得ることができ、「またあの感覚を味わいたい」と思えるようになるため、成果を出す以前に比べて格段にモチベーションアップが可能になります。

つまり、小さな成功経験を積むことで、営業の仕事に対する面白さややりがいを感じることが必要だと言えるでしょう。

営業でモチベーションアップできる方法7:成果を出し続ける

営業でモチベーションアップできる方法のひとつに、成果を出し続けるということも含まれるでしょう。

成果を出し続けることができれば、その状態が自分にとっての「当たり前」になり、「もっと今よりも業績を上げたい」と意欲が湧いてくるため、おのずとモチベーションアップできるはずです。

できる営業マンは、常に成果を出し続け、それによって自分をより励ましているものだと言えるでしょう。

営業でモチベーションアップできる方法8:嘘をつかない

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
嘘をつかないということも、営業でモチベーションアップできる方法のひとつです。

嘘をついてお客様を騙し、それによって短期的に利益を得ることができたとしても、必ず後から「あんな嘘をつくんじゃなかった」と良心の呵責に苛まれてしまいモチベーションが低下してしまうので、このような事態を防ぐためにも、常に誠実に営業を行うことが欠かせません。

営業でモチベーションアップできる方法9:自分が売りたい商材を売る

営業でモチベーションアップできる方法のひとつに、自分が欲しいと思えるような商材を売るということも含まれるでしょう。

自分が欲しいと思えないものを売ろうとしてもお客様の心に訴えかけるようなセールストークはできないものですが、自分が「欲しい」「売りたい」と心から思える商材ならば、その魅力をお客様にストレートに伝えることができるようになるため、結果として業績も上がりモチベーションアップも叶います。

営業でモチベーションアップできる方法10:押し売りをしない

押し売りをしないということも、営業でモチベーションアップできる方法として挙げられます。

押し売りをすると短期的な利益は得られても後で自分の行動を恥ずかしく思ったり後悔することになるので、押し売りはせず、お客様に喜んでもらえるような形で営業を行うことが、結果として自分のモチベーションアップにもつながります。

自分とお客様がウィンウィンの関係になれる営業を目指しましょう。

営業でモチベーションアップできる方法11:他の営業担当者のやり方をマネする

営業でモチベーションアップできる方法のひとつが、他の営業マンのやり方を真似てみるということです。

お手本となる営業担当者を見つけ、その人の良い点や尊敬すべき点を積極的に見習い、「いつかこの人を超えられる存在になりたい」と思えるようになれば、自然とモチベーションアップが叶うでしょう。

目指し、乗り越えるべき目標をみつけられれば、それを通じてより一層営業に熱心に取り組むことができるはずです。

営業でモチベーションアップできる方法12:完璧を求めない

完璧を求めないということも、営業でモチベーションアップできる方法のひとつでしょう。

完璧主義に陥ると営業の効率が下がり業績も低迷してしまいかねませんので、完璧にとらわれず、できる範囲をできるだけ頑張ればよしとするという考えをもつようにしてみてください。

自分に厳しくしすぎると途中で心が折れてしまうので、いい意味で自分を甘やかしてあげることも時には大切です。

営業でモチベーションアップできる方法13:リフレッシュ休暇を取る

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
営業でモチベーションアップができる方法のひとつとして、リフレッシュ休暇をとるということも挙げられるでしょう。

ずっと頑張り続けるのはどんな超人でも無理なことですし、モチベーションを維持するのができなくなってしまうので、定期的にリフレッシュ休暇を取って心身を解放し、また営業で頑張れるように英気を養うことが必要です。

つまり、モチベーションアップになるには休みを上手に取ることが必須と言えるでしょう。

営業でモチベーションアップできる方法14:転職活動をしてみる

転職活動をしてみるということも、営業でモチベーションアップできる方法のひとつです。

転職活動をすることで他の業界や職種についての情報を得たり、未知のことを知ることができるので、それを通じて営業に対する面白さややりがいを再発見することが可能でしょう。

転職活動を通じて、「営業って意外と楽しい仕事かも」と気づかされることも多くあるはずです。

営業でモチベーションアップできる方法15:仕事時間を短くする

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
営業でモチベーションアップできる方法のひとつとして挙げられるのが、営業時間を短くするということです。

長時間だらだらと営業をしても、営業に対して嫌気が差してやる気をなくしてしまうだけですので、短期集中型で営業時間を短くし、その分エネルギーをその時間にフルにつぎ込んでみてください。

メリハリをつけて効率的に営業ができれば、やる気もアップするはずです。

営業でモチベーションアップできる方法16:副業をしてみる

副業をしてみるということも、営業でモチベーションアップできる方法のひとつに含まれるでしょう。

あえて営業の仕事とは異なる副業をしてみることで、それがよい刺激となって営業により一層励むことができるようになるはずです。

本業をおろそかにしてしまわない範囲内で、自分にとって刺激となる副業をはじめてみてはいかがでしょうか。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

営業モチベーションを決めるのは環境の影響もある

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
営業のモチベーションは、自分が身を置く環境によっても大きく左右されることでしょう。よいライバルが多くいる職場で営業の仕事をすれば、「あの人に負けたくない」「あの人を追い抜きたい」といい刺激を受けることができるため、おのずとモチベーションもアップするはずです。

モチベーション高く業務に取り組みましょう

営業でモチベーションアップできる16個の方法|モチベアップの考え方
今回は営業でのモチベーションアップについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分にあった方法でモチベーションを上げ、それを維持することができれば、営業での業績もおのずと向上するはずです。モチベーションを高く持ち、自分の仕事にポジティブに取り組んでみてください。

Related