Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

行動経済学についてのおすすめ本8冊|行動経済学を知るための用語

行動経済学とは人間が経済的な行動をするとき、感情などの人間心理が大いに関係することを説いた理論です。そこで今回は、行動経済学についてのおすすめ本8冊と、行動経済学を知るための用語などについて詳しくご紹介していきます。おすすめ本を参考に理解を深めてみてください。

行動経済学についてのおすすめ本8冊|行動経済学を知るための用語

行動経済学とは

行動経済学は一般的な経済学とは違い、社会現象や経済行動が人間行動を観察することで説明できるという、新たな経済学のことです。

これは、人間がかならずしも合理的には行動しないことに着目して得た着想です。人が行動を決める際に使っている直感と感情を重視して、さらにそのメカニズムを明らかにした学問です。行動経済学は人間の心理的な行動に着目しているので、心理学とも深い関係があります。

行動経済学と経済学の違い

行動経済学と経済学の違いは、行動経済学が人間が感情で動くことを第一に考えている点です。

従来の経済学は、人間の行動や利益や収益に基づいて合理的かつ功利的な判断の下に動くとされていました。人間が経済利益を最大化させることを唯一の行動基準とする経済学の考え方を根底から覆したのが、行動経済学です。人間は本来、感情で動く生物であり、非合理的な行動を選択することもあると行動経済学により証明されました。

リチャードセイラー教授について

リチャードセイラー教授は2017年に、行動経済学でノーベル経済学賞を受賞して以来、世界中から注目されるようになったアメリカ合衆国の経済学者です。

リチャードセイラー教授はシカゴ大学の教授です。行動科学の第一人者として国際的な研究業績を重ねてきた人物です。リチャードセイラー教授の行動経済学に関するおすすめ本が多数発行されていて、全世界でベストセラーになっています。

行動経済学のおすすめ本8冊

行動経済学のおすすめ本8冊をご紹介していきます。

行動経済学に関する本はたくさん出版されています。そのどれもが、行動経済学をわかりやすく心理学の方面から説いているおすすめ本です。

今回はその中から、特におすすめしたい本を8冊、ピックアップさせていただきました。行動経済学の権威や世界的に有名な専門家が書いた著作など、どれもたいへん興味深い内容です。皆が共感できる画期的な行動経済学のおすすめ本です。

行動経済学のおすすめ本1:実践 行動経済学

行動経済学のおすすめ本は「実践 行動経済学」です。

「実践 行動経済学」は、ノーベル経済学者で行動経済学の世界的権威であるリチャード・セイラー教授の代表作のおすすめ本です。ちょっとした工夫で、快適で経済的な生活ができることを提唱してくれる1冊です。

行動経済学による経済活動が具体的な例を参考に、わかりやすく説明されているおすすめ作品です。投資からダイエットまで、行動経済学の工夫にあふれた著作本です。

行動経済学の本は数多く、まず非専門家が聞きかじりや思い込みで書いた本と専門家の書いた本にわかれます。
専門家の書いた本はさすがに正確ですが、古いものと新しいものがあります。
さらに新しいものにも、実際に応用に使っている人とそうでないものがあります。
これを現時点ですべてクリアしています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R197IOMUAB4C... |

行動経済学のおすすめ本2:予想どおりに不合理

行動経済学のおすすめ本は「予想どおりに不合理」です。

「予想どおりに不合理・行動経済学が明かすあなたがそれを選ぶわけ」は行動経済学研究の第一人者であるアリエリー・ダン・デューク大学教授のおすすめ本です。

世界中で行動経済学ブームを巻き起こした大人気ベストセラー本です。不合理な人間の行動を行動経済学で予測して、ダイエットの成功やヒット商品を生み出すためのアイデアを提唱したおすすめの1冊です。

心理学から行動経済学なるものを知り興味が出たので購入。内容は書ききれないので抽象的な感想になるがなかなか面白かった。ひとつひとつ具体例を挙げてくれ、初めての私でもわかりやすかった。合理的な人間に少しは近づけるかもしれません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2CLHJR4OHZ1... |

行動経済学のおすすめ本3:ファスト&スロー(上)(下)

行動経済学のおすすめ本は「ファスト&スローあなたの意思はどのように決まるか? 文庫 (上)(下)セット」です。

「ファスト&スロー」とは、プリンストン大学名誉教授で認知心理学者・ノーベル経済学賞受賞者でもあるカーネマン・ダニエル氏の著したおすすめ本です。人が判断エラーに陥るパターンや理由を、行動経済学や心理学などの実験で徹底的に解明した1冊です。行動経済学をわかりやすい例をもとに説いたおすすめ本です。

行動経済学のおすすめ本4:行動経済学 経済は「感情」で動いている

行動経済学のおすすめ本は「行動経済学 経済は「感情」で動いている」です。

「行動経済学 経済は「感情」で動いている」は、行動経済学の誕生から最新情報までをわかりやすく説いた1冊です。感情・直感・記憶などの心のはたらきを重視した行動経済学の入門書として、おすすめです。

先読みに失敗した自分にとって、新しい視点で経済を理解する一助となりました。すべての人が同じ経済感覚で行動すると読んで投資に失敗したあなた?経済と心理学を繋ぐ参考になる一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3L07BNDW2KH... |

行動経済学のおすすめ本5:行動経済学まんが ヘンテコノミクス

行動経済学のおすすめ本は「行動経済学まんが ヘンテコノミクス」です。

「行動経済学まんが ヘンテコノミクス」は、雑誌「BRUTUS」の人気マンガ連載です。行動経済学を、たのしいまんがでわかりやすく知ることができるおすすめの1冊です。

漫画で行動経済学を学べる良書です。

ああ、これは私にもあるなぁといった事例が数多いので、取っ掛かりの一冊としては良いと思います

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3HWJHXK381V... |

行動経済学のおすすめ本6:影響力の武器なぜ、人は動かされるのか

行動経済学のおすすめ本は「影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」です。

「影響力の武器なぜ、人は動かされるのか」は、アメリカを代表する社会心理学者の著者が、行動経済学などから人にだまされないようにするための極意を説いた1冊です。大人気のおすすめ本で、世界中でロングセラーになりました。

ザ・お勉強本って感じ
ボリュームがあり、読みやすいと同時に内容が深い
何度も読み返して咀嚼しないと吸収しきれない
こんな本ばかりなら、もっと読書が好きになるのだが

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R159NDIHVXTP... |

行動経済学のおすすめ本7:マンガでわかる行動経済学

行動経済学のおすすめ本は「マンガでわかる行動経済学」です。

「マンガでわかる行動経済学」は、行動経済学をマンガを使ってわかりやすく親しみやすく紹介する良書です。面白いマンガの数々が、難しい経済学を簡単にわたしたちに説明してくれます。

この本はすごく読みやすかった。難しい表現などはあまりなく漫画もあって理解しやすい。
この本は行動経済学に興味のある初心者にオススメ!
もっと詳しく学びたい方は『ファスト&スロー』など『予想通りに不合理』などを読んでみてもいいかもしれません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R11YC7Q0YPMN... |

行動経済学のおすすめ本8:経済は感情で動く はじめての行動経済学

行動経済学のおすすめ本は「経済は感情で動く・はじめての行動経済学」です。

著者は2002年にノーベル経済学賞を受賞したモッテルリーニ・マッテオです。普段の買い物から宝くじのことまで、クイズ形式で行動経済学についてやさしく解説してくれているおすすめの1冊です。

今までになかった視点で書かれており新鮮でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3GNKUT7NU6P... |

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

行動経済学を知るための用語5つ

行動経済学を知るための用語5つをご紹介していきます。

行動経済学には有名な用語がいくつもあります。みなさんも一度は耳にしたことがある単語があるでしょう。行動経済学には人間心理が深く関係しているため、このような用語の意味を知っておくと便利です。行動経済学に関する用語を覚えておくことで、仕事や私生活に活かせる場面が増えていくことでしょう。

それでは、行動経済学に関する用語を詳しく見ていきましょう。

行動経済学を知るための用語1:プロスペクト理論

行動経済学を知るための用語にプロスペクト理論があります。

プロスペクト理論とは人は利益を得られる場面ではリスク回避を優先して、損失をこうむる場面では損失を回避する傾向があるという心理学理論です。損失回避と確実性効果をあわせ持っています。

何もしなければ10万円もらえるが、問題を間違えるともらえない、問題があっていれば100万円もらえる場合、何もしないを選択する人が多い現象などが例として挙げられます。

行動経済学を知るための用語2:フレーミング効果

行動経済学を知るための用語にフレーミング効果があります。

フレーミング効果とは、数字データの見せ方などに関する行動経済学です。人々が判断に利用する数字データのフレームなどを変えて、人の心理に働きかける効果を表す用語です。

「毎月3万円貯める」と「1日1000円貯める」は経済的には同じ結果をもたらしますが、言い方を変えるだけで印象がかなり変わります。買える金額だと思わせて購買意欲を高めることができます。

行動経済学を知るための用語3:現在志向バイアス

行動経済学を知るための用語に現在志向バイアスがあります。

現在志向バイアスとは、未来にもらえる利益よりも目先にある利益を優先してしまう人間心理を表す言葉です。未来に向かって投資や貯蓄をせずに、目の前にある物に金銭を使ってしまう場合なども、現在志向バイアスの行動経済学です。

たとえば、今もらえる5万円と1年後にもらえる7万円を選択させると、多くの人が5万円を選んでしまうという行動経済学のことです。

行動経済学を知るための用語4:ハーティング効果

行動経済学を知るための用語にハーティング効果があります。

ハーティング効果とは、人が他の人と同じように群れをなそうとする心理のことです。ハーティング効果は有名な心理学の言葉で、ハーティング効果を狙って意図的に行列を作るショップもあります。

多くの人が並んでいる店の商品は美味しい・優れているはずだという考えが働き、同じ商品や味の食べ物でも、行列店の方が優れていると感じることがあるという人間心理です。

行動経済学を知るための用語5:おとり効果

行動経済学を知るための用語におとり効果があります。

あえて明らかに選ばない選択肢を加えて、意思決定を変動させる心理的な効果をおとり効果といいます。おとりである明らかに選ばれないような商品を加えることで選択肢を増やして物に付加価値を与えることで、本来売りたい商品を売ることができるようになる行動経済学です。

行動経済学のおすすめ本を読もう!

行動経済学について学ぶために、おすすめ本を読みましょう。

行動経済学についてご紹介させていただきました。行動経済学について理解を深めるためには、本を読んで学ぶのがいちばんわかりやすいです。

今回の記事で説明させていただきましたおすすめ本の中から、興味のある1冊を選び出して目を通してみてはいかがでしょうか。行動経済学は人間心理に繋がる素晴らしい理論です。興味深く読み進むことができるのではないでしょうか。

Related