Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

ECサイトを出店に台湾が選ばれる理由8つ|人気のECサイト3選

近年、歴史のある台湾が人気で、親日国ということもあり経済的な交流も密です。特に昨今人気のECサイト運営がビジネスチャンスとして注目されています。そこで今回は、ECサイトを出店に台湾が選ばれる理由8つと、人気のECサイト3選をご紹介していきます。

ECサイトを出店に台湾が選ばれる理由8つ|人気のECサイト3選

ECサイトを出店するなら台湾!

現在、ECサイトを運営しようと考えている方に台湾がおすすめです。台湾は現在、中国に次いで二番目に日本を訪れる観光客が多い国です。台湾は日本の製品や日本に対するイメージがたいへん良い国です。ビジネスチャンスとして台湾でのECサイト運営が叫ばれています。

もしも中国語がわからない人やECサイト運営に自信がない方は、既存のプラットフォームを利用すれば誰でも簡単に台湾へネット出店ができます。

ECサイトの定義

ECサイトとは、Eコマースのサービスを提供するネットサイトの通称のことです。ECサイト運営とは、Eコマースサービスを通じて物品やサービスの販売を行うこと全般を指して使われる言葉です。

ECサイトの種類

Web上で商品の販売を行うECサイトには、モール型と自社サイト型の2つの種類があります。

モール型のECサイトとは、アマゾンなどの大手ECサイトへ契約料を払って出店させてもらう方法です。ECサイト運営初心者やネットに詳しくない方でも、ECサイト運営が簡単にできます。

自社サイト型のECサイト運営とは、自分でECサイトを立ち上げて販売を行う方法のことです。自由度が高い反面、立ち上げには技術が必要です。

EC市場の現状

EC市場はスマートフォンの台頭などでたいへん好調で、法人・個人を合わせて300兆円を超える売上高となっています。

コンビニ・カード・モバイル決済の普及でEC市場がたいへん伸びています。アマゾンなどの大手が全世界へ広く普及したことで、ECサイトで買い物をすることが日常茶飯事となっているからです。EC市場は今後もさらに伸びる傾向があり、実店舗からの移動ショップが増えています。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる8つの理由

ECサイトの出店に親日国である台湾が選ばれるには、たくさんの理由があります。

台湾は日本と同じ島国で単一民族です。我が国と同じ条件がそろっている台湾は、ネットに取り組む環境も日本と似ています。

大手ショッピングモールも充実しているので、安心してECサイト運営をおすすめできます。このように台湾は、ECサイト運営初心者でも始めやすい状況が整えられています。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由1:親日国である

台湾人は日本に有効的で長年の付き合いがある国なので、ECサイト運営を比較的安心して行うことができます。

台湾は戦争時代に日本に統治下にあったため、日本食のお店が多いなど、我が国の影響が色濃く残る国です。人柄も穏やかで日本人との共通点もあるため、ECサイト運営に向いている市場だといえます。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由2:日本製品が好き

日本人は清潔で真面目な印象が台湾ではあるので、日本製品についても良いイメージが持たれているのでECサイト運営に向いています。台湾の人たちの日本人に対する良いイメージが、そのまま購買意欲にも繋がっています。特に日本の食べ物が人気です。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由3:ネットショッピング人口が多い

台湾は楽天が初めて海外進出した場所であるほどネットショッピング人口が多いので、ECサイト運営に向いている国です。

台湾のネットショッピング人口が増えた理由は日本と同じでスマートフォンの普及が原因です。SNSなどの発展とあいまって、台湾のネットショッピング人口はまだまだ増える勢いが衰えていません。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由4:台湾のEC市場が急成長中

台湾は現在、物流業がめざましい発展を遂げていて、ECサイト運営に大きな影響を与えています。日本の物流業者が台湾へ進出したため、ECサイトから荷物を早く配達できる機能が整いました。

日本通運やヤマト運輸・佐川急便などの大手宅配会社が台湾の配送業者と提携して、コンビニ受取などの制度を設けて配達の流れをスムーズにさせているからです。日本で培われた物流技術のノウハウが、台湾の産業を盛り上げています。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由5:決済方法が日本に似ている

台湾のECサイトの決済スタイルは、クレジットカードが日本ほど浸透していないことを除けばほぼ同じです。そのため、多く使われている決済方法が、日本と台湾のECサイトでは違っています。

台湾ではほとんどの人がコンビニ受取の決済スタイルが主で、それにはクレジットカードを持つ人が日本ほど多くないことが影響しています。また、台湾にはコンビニがたくさんあるため、受け取りが楽だという背景もあります。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由6:海外のECサイト利用者が多い

台湾は越境してECサイトを利用する人の割合が、全体の半数近くに及んでいます。なかでも日本と中国での利用数が多く、ECサイト運営には台湾がチャンスだといわれています。

台湾は日本に好印象を持っていて、昔からさまざまな事業を通して繋がっています。法的なリスクも低い傾向にあります。台湾人はそのような理由から、日本の製品に愛着を持っています。値段が高くても日本で作られた物は性能が良いと熟知しているからです。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由7:消費意欲が高い

台湾経済が好調なため人々は消費に走っていますが、現地企業のマーケティングがまた整っていないため、ECサイト運営に有利な状況が揃っています。物流や活動基盤は完成しているのに、欲しい物がない状態が台湾の現状です。

フェイスブックの利用率も高くネット利用率が高い台湾には、良い物を探している消費者がたくさんいます。彼らに親しまれている日本という国が結びつくECサイト運営は、まさにタイムリーなビジネスです。

ECサイトの出店に台湾が選ばれる理由8:モバイル普及率が高い

台湾は日本と同様、スマートフォンなどのモバイルでのECサイト利用が70パーセントと高く、気軽にネットで買い物ができる状況になっています。外国の大手ECサイトが進出してくる前の今が、ECサイト運営のビジネスチャンスになっています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

台湾で人気のECサイト3選

台湾でECサイト運営を目指している方は、台湾の人気ECサイトを参考にすることをおすすめします。台湾ではいまどのような商品が人気で売れているのかを、台湾のECサイトで知ることができます。売り出し方の戦略なども研究することもできます。

それでは、台湾の人気ECサイト3つをご紹介していきます。

台湾で人気のECサイト1:PChome

PChomeとは、台湾のECサイト最大のモールです。

自社倉庫を備えているため、24時間以内の配送が可能です。24時間以内に届けられなかった場合のために罰金制度があるなど、たいへん個性的なECサイトモールです。

台湾最大の170万点以上の商品を扱う老舗で、台北市内の6時間以内の配送にチャレンジ中です。日本企業も多く参入しています。

台湾で人気のECサイト2:Yahoo奇摩

台湾版Yahoo!である奇摩の特徴は、台北市内からの注文は8時間以内、その他の場所へは24時間以内に配送していることが特徴です。台湾の地形を利用したこのようなサービスがうけて、売上を伸ばしています。

世界的に有名な企業のECモールなので、台湾でのECサイト運営を目指している方が安心して利用できる点が魅力です。

台湾で人気のECサイト3:博客来

博客来は台北にあるオンラインの本屋です。

台湾最大のインターネットの小売店で、アマゾンのように本以外の日用品・電化製品・食料品なども販売しています。日本からも気軽に購入できるので、利用しているユーザーも多くいます。台湾ならではの商品が手軽に購入できる魅力的なECサイトモールです。

台湾のECサイトの規模はこれからも拡大していく!

世界第3位の外貨準備高を抱えている台湾は、ECサイトの規模も今後は大きく飛躍していくことが期待されています。台湾は日本よりも実質的な生活レベルが高く、西欧の先進国並みの水準に達しています。

ハイテク産業国でもある豊かな国・台湾は、楽天が業務提携により販売を強化したことでもわかる通り、ECサイト運営には打ってつけの国です。ビジネスチャンスを求めて、台湾でのECサイト運営に乗り出しましょう。

Related