Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月05日

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ

本記事では自社の営業にSFAを導入したいという企業を対象にして、SFAの説明から最適なSFAを選ぶポイントをご紹介しています。また、営業にSFAを導入するメリットも説明しているため、営業活動にSFAを導入することを検討している企業は、ぜひ参考にしてください。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ

営業に使われるSFAとは何か

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
SFSとは、日本では営業支援システムのことを言います。営業部門での売り上げや収益を最大限にするための支援をするというシステムとして知られています。

具体的には、情報共有の簡易化や営業部門を数字などで可視化するシステムです。これまでの営業のデータを共有することで、社内全体での業務の効率が上がるため、スムーズに業務を行うことができるようになります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
自社でSFAを導入する際にはいくつかポイントがあります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶことで、効率的な営業を行うことができるようになります。

自社にSFAを導入することを検討しているという企業の方は、ポイントをしっかり押さえて最適なサービスを選ぶことが必要となります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント1:コストパフォーマンスはどうか

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
SFAを導入する際には、コストパフォーマンスを十分に検討する必要があります。

導入するための初期費用であったり、システムを使い続けるためのかかる維持費、サービスを利用するためのかかるライセンス料などがあります。

これらの費用はどのくらいかかるのか、そして自社の予算はどれくらいかということを、おおよそ見積もっておくことが大切です。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント2:機能の数は適切か

多くの機能を持ったSFAは魅力的であります。しかし、自社の営業活動にはどのような機能が必要かということを考えると、機能が多ければ多いほどいいというわけではありません。

自社にとって必要な機能はシステムの中の一部だけという場合は、高額である多機能なシステムを導入する必要はなく、目的の機能が搭載されているシンプルなものを選ぶ方が適切となります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント3:使い勝手がいいか

多機能で優秀なシステムを導入しても、インターフェースがわかりにくいなどで、システムを使用する従業員にストレスを与えてしまう場合は、業務を効率的に行うことができなくなります。

そのため、使用する人に合わせてカスタマイズすることができるかという、使い勝手の良さも考慮します。また、これまで使用していたシステムとの違いを把握しておくことも大切です。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント4:サポート体制の充実度

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
これまで使用していたシステムから新しいシステムを利用することになると、使い方や小さなトラブルなどをどう解決すべきかがわからないことが多々生じます。そのため、時間を無駄にしてしまう可能性があります。

時間を無駄にしないためにも、SFAを導入するときにはサポート体制が充実しているかを考えながら、そのシステムを導入するか検討する必要があります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント5:外部からのアクセスは可能か

SFAを使用する営業マンは外出することが多いため、情報共有がより便利になり、効率的に業務を遂行することができるのかという視点が大切です。そのため、外部からPCやスマホ、タブレットといった端末からアクセスできることも重要となります。

外部からのアクセスができないと営業担当にとっては不便であり、効率的とは言えません。そのため、外部とのアクセスが可能かということを事前に確認しておく必要があります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント6:CSV出力は可能か

CSVでの出力が可能であることによって、一般的な情報処理だけでなく、会議で使う資料の作成にも役立ちます。

CSVの出力したデータを基に作成した顧客情報の入力なども簡単に済ませることがでるからです。これにより営業担当が、時間を効率的に使うことができるようになるため、他の業務を同時に遂行できるなど、結果として生産性も向上します。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント7:API連携をすることはできるか

自社で既に、事業を行うにあたって必要不可欠となる基幹システムを導入している企業がSFAを導入する場合、APIとの連携をすることができるかという視点も考慮しなければなりません。

SFAを導入する場合に、APIと連携ができるものを選ぶと、そのまま基幹システムと連携させて使用することが可能となります。これによって現場の負担を減らし、業務をスムーズに遂行することができるようになります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント8:通知機能は付いているか

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
自社にSFAを導入する際、通知機能が付いていると、より便利になります。

ToDoリストの機能が付いていること、そのすべきことに対する通知機能が搭載されているかが重要となります。通知機能が搭載されていることで、事前に確認漏れやミスを防ぐことが期待できます。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント9:支店や代理店との情報共有はできるか

SFAを使って、営業目標や商品情報などの情報を支店・代理店との間で共有できるかも重要な視点です。それらの情報をSFAを介して共有することが可能なのかは、会社の業績に直結するからです。

情報共有がスムーズに進むと作業の効率化につながります。営業担当者は支店や代理店との連携する場面が多く、情報共有が欠かせません。この機能が搭載しているかということを確認する必要があります。

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10:名刺管理機能はあるか

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
営業担当者は、外部の方と名刺を交換するという場面が多く、名刺が蓄積されています。この蓄積された名刺の有効活用の問題もSFAのシステムで解決することができます。

システムを通じてスキャンすることができたり、データの保管ができたりするものを選ぶと名刺情報を保管することができます。たとえ顧客担当が変わったとしても、顧客の情報を共有することができるようになります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

営業にSFAを導入するメリット3つ

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
営業にSFAを導入することで、得られるメリットは3つあります。

SFAは、さまざまな機能を用いて営業を行う際にユーザーをサポートしてくれます。そのようなSFAには、業活動の可視化やチーム活動の活発化、社内全体の業務効率化ができるというメリットがあります。

これからは、これら3つのメリットについてそれぞれ詳しく説明していきます。

営業にSFAを導入するメリット1:営業活動の可視化

営業活動にSFAを導入することで、クライアントに関する情報や営業担当の売り上げなどをすべて確認できるようになるため、業務の効率が上がることが期待できます。

システムによってまとめられた情報を基に戦略を立て、分析できるようになるため、営業担当はシステムを有効活用して、業績向上や業務効率を積極的に図ることができます。

また、営業が不調の場合でもその原因を探り、素早く対処することができるようになります。

営業にSFAを導入するメリット2:チーム活動の活発化

SFAを導入することで、情報を共有することができるようになるため、チーム内で画一化されたフォーマット上での活動ができ、情報共有は迅速にできるようになります。そのため、業務遂行がスピーディーになります。

導入によってミーティングの回数を減らすことにもつながるため、社内での活動にかかるコストが削減され、営業に集中して業務を行うことができるようになります。

営業にSFAを導入するメリット3:社内全体の業務効率化

近年、SFAを導入する企業が着目していることがあります。それはSFAを導入することで、社内業務が効率的に行われているかを可視化し、業務をより正確にスピーディーに行うことができるかという視点です。

これまでは事業部門ごとでシステムが異なっているため、コミュニケーションが取れないというケースがありました。しかし、社内で統一されたシステムを導入することで、全体の効率化が図ることが可能となります。

SFAの導入で営業活動を効率化しましょう

自社の営業に最適なSFAを選ぶポイント10個|導入するメリット3つ
本記事では、SFAを導入することで営業活動などに、どのような影響を与えるのかについて、説明してきました。さらに自社にSFAを導入する際のポイントもご紹介しました。

これから自社の営業活動にSFAの導入を検討しているという企業は、本記事で紹介した選ぶためのポイントを参考にされてみてください。

SFAの導入は顧客に向き合う時間を作るために、仕事をどれだけ効率化できるかという視点が大事です。

Related