Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

20代でも起業して成功できる!20代が起業する際に人気の職種10選

近年、若い世代の起業家が話題になっています。起業は費用や人脈作りなど難しいイメージですが、実際はどうなのでしょうか。ここでは、起業で成功するために必要なことや事業の例、支援制度や若い世代ならではのメリットなども交え、20代の起業について紹介します。

20代でも起業して成功できる!20代が起業する際に人気の職種10選
バナー

20代で起業する人は増えている

20代で起業している人は、学生時代から会社を設立していたり、社会人経験を経て自分の提供したいものを事業にしたりと、とてもパワーのある人たちばかりです。ネットサービスが普及している今だからこそ、昔に比べて若い世代、主に20代の起業家が活躍する場が増えたのでしょう。

しかし誰もが成功するわけではなく、資金調達の問題、経営自体の難しさなどが原因で失敗に終わってしまう人が多いのも事実です。

20代で起業して成功する人の特徴

では、20代でも起業家として成功できる人にはどんな特徴があるのでしょう。

まずは行動力がものをいいます。起業で成功するために一番大事な要素です。口だけで行動しないのではいつまでたっても成功はできません。そして、売り込む力も必要になります。良いものだとしても、それをアピールできなければ興味を持ってくれる人も現れません。

起業家の知り合いがいればアドバイスをもらえる可能性もあり、夢の実現が身近なものとなります。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

20代が起業する際に人気の職種10選

20代で起業してみたいと考えていても、具体的にどんなものを提供していくか思いつかない方もいるのではないでしょうか。または複数の事業を行ってみたいと考えている人もいるでしょう。

ここから20代におすすめの職種を10種類紹介するので、ぜひ参考にしてください。

20代が起業する際に人気の職種1:居酒屋やBAR

居酒屋やBARが20代に人気なのは、自分たちも利用する機会が多いからという点でしょう。身近なものであれば人を呼びやすく利益も上げやすいので、注目されるのはいうまでもありません。

資格を取ることで自分一人でも経営可能なことや、お店に立つことで実際のお客の反応を見られるのでやりがいを感じられることが魅力でしょう。

20代が起業する際に人気の職種2:軒先ビジネス

軒先ビジネスは起業時の資金集めが少なくすむため、20代でも始めやすい事業といえます。店舗を持たずに、必要に応じてデパートや他企業の空きスペースを借りて自分の提供したいものを売ることができます。

お客が入る土日だけの営業や季節限定での営業といった多様な働き方も可能でしょう。

20代が起業する際に人気の職種3:教室やスクール

学習塾やカルチャースクールはビルなどの一室と先生(自分)がいれば始めることができるので、人に教える技術・知識がある人は比較的容易に起業できます。

初期費用を抑えることが可能なので、20代でも起業家を目指すことができます。

20代が起業する際に人気の職種4:ラーメン屋

ラーメン好きなら一度は憧れるラーメン屋も、20代で起業を目指す人には人気です。下積み期間があれば、自分のこだわりラーメン店を出す準備ができます。若いうちに始めれば、体力面でも先が長く、伸びしろがあることはメリットとなるでしょう。

20代が起業する際に人気の職種5:不動産

不動産業の中でも賃貸業は自分が大家になるというもので、宅地建物取引士の資格がなくても始めることができます。合格率が16%前後と言われる難関資格を取得せずに始められるので、20代前半で起業することも可能な職種といえるでしょう。

他にも仲介業などがあり、資格が必要なものは開業時の資金集めがより多く必要な傾向にあります。

20代が起業する際に人気の職種6:代行ビジネス

開業資金を集めなくても、需要と供給さえあえば成り立つのが代行ビジネスの魅力です。

「あなたの代わりにメール作成します」「困ったときに恋人のふりをします」など、アイデアがあれば起業できるので、人がどんなときに困るのか面倒だと感じることはないかと考えられれば仕事も尽きません。

宿題代行サービスなどテレビで取り上げられていることもあります。20代の皆さんが利用したことがあるもので言えば、資金は必要ですが運転代行も当てはまります。

20代が起業する際に人気の職種7:ネットショップ

ネットショップは、実際にお店を構えるより少ない元手で始めることができるので、起業時の金銭的な負担が少なくすむ傾向にあります。ネットを利用することで、日本だけでなく場合によっては海外への商品の売り込みもできます。

ネット上で自分のショップを見つけてもらうのは難しいのではないかと不安な方は、大手のネットショッピングサイトに登録をして起業するという手もあるでしょう。

20代が起業する際に人気の職種8:レンタルビジネス

使う機会が少ない着物、キャンプ用品や旅行用のキャリーケース、長く使えるか分からないこども用品のレンタルなど、買うほどではないけれど突然必要になることはあるでしょう。

レンタルサービスは自宅に空きスペースがあればそちらで保管してネットでレンタルを募集することもできるので、20代でもリスクが少なく起業できます。

人気職種6の代行ビジネスにも似ていますが、物に限らずレンタル彼女やおっさんレンタルなどもあります。

20代が起業する際に人気の職種9:趣味カフェ

自分の好きなものとカフェを融合させて開くことができるのが趣味カフェの魅力です。普通のカフェであればふらっと立ち寄ることもありますが、そこに目的が加わればリピートしてくれるお客さんは増えやすくなります。

ボードゲームカフェや楽器カフェなど、20代という貴重な時間、自分の好きなものを仕事にできたら楽しいのではないでしょうか。

20代が起業する際に人気の職種10:セールスコピーライター

ネットで起業できる機会が増えた今、注目されているのはセールスコピーライターです。文章で商品や提供するもののよさを伝えるのが役目ですが、名前だけ聞くとどんなことをするのか分からない仕事でもあります。

その分自分ができることのメリットを伝えれば、仕事を獲得できる可能性が無限にあるのがこの仕事の人気の理由でしょう。

20代から始めれば、生涯にわたり勉強して成長していける仕事です。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

20代で起業するメリット

20代で起業するとデメリットばかりに気がとられてしまいがちですが、数多くのメリットがあります。40代、50代に比べれば体力があること、たとえ失敗してもやり直せる時間がたくさんあること、若いからこそ分からないことを教えてもらいやすいことなどでしょう。

現代であれば初婚年齢も上がっているため養わなければならない家族がいない(または夫婦二人だけ)など、考えようによっては20代は起業するのに最適な時期であるともいえます。
バナー

20代で起業するデメリット

反対にデメリットも多く挙げられるのが20代での起業です。人生経験が少なく困った時の対策が取りにくいこと、コネクションがない場合が多いため一から始めなければならないこと、自己資金が少なく起業に踏み切れないことなどでしょう。

手本になるような人を探したり、自分から売り込みをしたりして準備を入念にしましょう。資金に関しては融資などの制度を利用すれば、20代で元手が少なくても心配いりません。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

20代でも起業して成功できる!20代が起業する際に人気の職種10選
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

20代が起業する際に受けられる支援3つ

起業する際に受けられる支援はいくつかあり、ここでは大きく3つの選択肢を紹介します。国の創業補助金、日本政策金融公庫による融資制度、クラウドファンディングでの資金調達です。

20代が起業する際に受けられる支援1:国の創業補助金

創業補助金は20代を始め起業時の資金不足を解消するため、国や地方公共団体が資金の一部を補助してくれる制度です。創業支援等事業者補助金とも呼ばれます。返済が不要な場合が多く、申請を出すことで受給することが可能です。

この制度は募集する期間が決まっており、毎年およそ4月頃になると申請できます。対象者などを詳しく知りたい方は、下記のリンクにアクセスしてみて下さい。

20代が起業する際に受けられる支援2:日本政策金融公庫による融資制度

国民生活事業、中小企業事業、農林水産事業と3種類に分けられており、その中からさらに数種類の融資制度があるのが特徴です。

一度に融資してもらえる金額も高く、創業補助金に比べ実際に手元に入るまでの期間も短いので、自己資金の少ない20代での起業なら日本政策金融公庫による融資制度を利用する方が良いでしょう。

20代が起業する際に受けられる支援3:クラウドファンディングでの資金調達

クラウドファンディングでの資金調達は世界の人から少しずつお金を出してもらって、必要な資金に到達すれば事業を始められるという制度です。

自力で募集をかける方法もありますが、クラウドファンディングサービス会社へ依頼をして自分が提供したいサービスを売り込む方が支援してくれる人達は多く集まります。

事業を成功させることは約束しなければなりませんが、返済が不要なのは利点といえます。

可能性は無限大!ベンチャー企業設立も夢じゃない

はじめが不安だらけなのは20代に限ったことではありません。むしろ、若さを武器にどんなことにも取り組めるチャンスがあります。

自分一人の小さな会社から大規模な会社にするのは夢のような話ですが、これからの人生、自分の可能性にかけてみませんか。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related