Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは

企業がYoutubeを活用するにあたり、さまざまなメリットがあります。スマートフォンの普及に伴い、Youtubeでの企業アピールは一つの戦略とも言えるでしょう。また企業のYoutube活用において3Hという手法があり、3Hを活用することで動画の質も高まります。

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは

企業のYoutube活用状況

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
国内ではYoutubeの利用者が多いことから、企業がYoutubeを活用する重要性は高く、現代のニーズに合わせた戦略とも言えるでしょう。

総務省の2016年の統計では、休日はSNSで時間を費やす10代や20代が多く、視聴時間は年々増加傾向です。10代や20代に限らず、老若男女問わず幅広い層で利用されています。

スマートフォンの普及に伴い、多くの企業がYoutubeを活用した自社アピールをしています。

企業のYoutube活用の目的

前述したように、Youtubeは老若男女問わず幅広い世代から利用されているため、企業アピールに活用することで絶大な効果が期待できます。

Youtubeユーザーは企業のチャンネルを登録することで、ログイン後のトップページ一覧に、登録した企業のチャンネルを優先的に閲覧することができます。企業のチャンネルとYoutubeユーザーが日常でつながることから、ソーシャルメディアとして多大な力を発揮しています。

企業がYoutubeを使うメリット5つ

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
前述したように、企業がYoutubeを活用することでYoutubeユーザーと企業が日常でつながり、さらなる宣伝効果に期待ができます。

近年はスマートフォンの普及に伴い、企業側が顧客に近いサービスを検討しなければなりません。その一つの手法としてYoutubeが挙げられますが、どのようなメリットが見込めるのでしょうか。

以下に、企業がYoutubeを使うメリットを5つ紹介するので、参考にしてください。

企業がYoutubeを使うメリット1:低コストでの運用ができる

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
Youtubeは無料で集客ができることから、一般人も手軽に活用することができます。Youtubeで動画を上げるには、基本的には使用料などは発生しません。

商品・店舗・イベント・セミナー・サービスなどの多岐にわたる宣伝も、一切広告費が発生しません。動画のクオリティを高くしたい人は、動画撮影用の機材や有料の編集ソフトなどを使用します。

低コストで運用ができることから、無駄なく企業アピールを行えます。

企業がYoutubeを使うメリット2:Webマーケティングがしやすくなる

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
Webマーケティングとは、Webを中心に行われるマーケティングです。

基本的にWebマーケティングは、販売を不要にすることを理想とし、商品が売れる流れを作ることを目的にしています。

このことから、Youtubeを活用した企業アピールや商品の宣伝をすることにより、商品が売れる流れを作ることができるでしょう。

Youtubeを活用したWebマーケティングは、ビジネスにおいて最も注目されています。

企業がYoutubeを使うメリット3:幅広いユーザーを取り込める

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
Youtubeは10代から20代の若年層を中心に、60代までの幅広い年齢層で活用されています。さらにYouTubeは、91ヵ国80言語に対応されているので、世界で一番使用されている動画共有サービスです。

企業がYoutubeを活用することで、幅広い年齢層だけに限らず、全世界に企業アピールを行うことができるでしょう。

企業がYoutubeを使うメリット4:大人数にアプローチすることができる

前述したように、Youtubeは幅広い年齢層と全世界で使用されている動画コンテンツです。そのため、大人数に企業の宣伝を行うことができます。

ユーザーがYoutubeとGoogleの検索を使用することで、商品名や企業名での検索流入が大いに見込めるでしょう。

日本国内だけでなく、海外のユーザーにも企業アピールをすることができるので、大人数にアプローチした活用ができるでしょう。

企業がYoutubeを使うメリット5:コンテンツの蓄積ができる

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
Youtubeに投稿した動画は、永久的にインターネットに残ると言われているため、企業アピールにおいて作成されたコンテンツの蓄積が可能です。

コンテンツを蓄積できるメリットとして、過去の動画もYouTubeユーザーの目に止まりやすくなります。

新しい情報が飛び交うインターネットの世界ですが、コンテンツを蓄積できることから、過去の情報をアピールすることができるので、集客や商品購入に活用できます。

企業のYoutube活用方法5つ

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
企業がYoutubeを活用するメリットをお伝えしましたが、活用方法を習得することでさらに企業アピールを円滑に行うことができるでしょう。

以下に、企業のYouTube活用方法を5つまとめたので、是非参考にしてください。

企業のYoutube活用方法1:ターゲット像を明確にする

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
Googleの検索結果は、ユーザーにとって有益な情報が上位に表示されやすくなっています。Googleの検索上位に、企業のYoutube動画が表示されることにより、目立ちやすくクリック率がアップするでしょう。

Googleの検索上位を狙うためには、動画のコンテンツにおいてユーザーのニーズに合わせた情報を発信することです。

ターゲットを明確にすることで、成果もすぐに見込めるでしょう。

企業のYoutube活用方法2:動画の目的をはっきりさせる

前述したようにターゲットを明確にするためには、有益な情報を取り入れた動画を提供する必要があります。

企業が動画を提供するにおいて、どのような目的を果たしたいのかを明確にしないことには、動画を閲覧したユーザーに必要な情報が届きません。ターゲット像を明確にすることも大切ですが、動画でアピールしたいことを優先的に考えましょう。

商品購入や集客につなげるために、動画の目的をはっきりさせることは大切です。

企業のYoutube活用方法3:動画の質を高める

Youtubeでは情報が分かりやすく、見やすい動画を求めているユーザーが多くいます。動画を観るユーザーが、一度の視聴で分かるような動画を作ることが大切です。

動画の画質を綺麗に見やすくするだけでなく、特にアピールしたい場所においては、視聴者により分かりやすく情報提供しましょう。

ユーザーに分かりやすい動画を作ることで、企業に対して好印象を持つユーザーが増え、集客や商品購入につながるでしょう。

企業のYoutube活用方法4:企業が発信したい情報ではなく、ユーザー目線で動画を作る

企業のYoutube動画だからと言って、企業が発信したい情報ばかりを動画にしてしまっては、ユーザーが必要としたい情報が入りません。

ユーザーが求めているであろう情報を予測し、常にユーザー目線で動画を作成しましょう。情報として有益なものや、エンタメ性がありユーザーの閲覧意欲を高める動画は、好印象を持たれます。

ユーザーに対して、閲覧する価値のある動画を提供することを意識し、動画を作成しましょう。

企業のYoutube活用方法5:オリジナリティのある動画を作る

企業の宣伝動画だからと言って、単にテレビのCMのような動画を作成しては、ユーザーの閲覧意欲には繋がりません。前述したように、ユーザーにとって閲覧する価値のある動画を作ることが大切です。

YouTubeでは、チャンネル登録画面・検索・関連動画などからの流入が見込めます。ユーザーがタイトルやサムネイルを見て、どのような情報を提供している動画なのか、一度で理解できる動画を作成しましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

企業のYoutubeで意識するべき3Hとは?

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
企業がYoutubeで動画を投稿するにあたり、Googleでは3Hを提唱しています。3HとはHero・Hub・Helpを表します。

以下に3Hを詳しく説明しますので、企業の動画作成や活用において参考にしてください。

Hero

3Hの一つであるHeroとは、視聴者のニーズに応えて検索される動画を指します。

視聴者がどのような情報を仕入れたいのかを明確化し、検索されるような動画を作成しましょう。視聴者のニーズに合わせた動画を投稿することで、検索流入が大いに見込めます。

Heroの手法を活用することで、ユーザーのニーズに応えるだけでなく、企業アピールにも効果があります。

Hub

3Hの一つであるHubとは、ファン獲得のために定期的かつ定番の動画を投稿することを指します。

動画の視聴回数を稼ぐためには、企業動画のファンを獲得することが大切です。企業動画のファンを獲得することで、集客や商品購入につながるでしょう。

Hubの手法を活用し、定期的な動画投稿・定番で飽きの来ない動画投稿をし、企業動画のファンを獲得しましょう。

Help

3Hの一つであるHelpとは、認知拡大を狙いとした動画のことを指します。

企業アピールのために動画を作成し投稿することで、企業の認知度が広まる可能性が高まります。YoutubeはWebマーケティングとして、さまざまな企業が参戦しています。

Helpの手法を活用し、企業の認知度拡大を狙いましょう。

企業でYoutubeを活用し新たなユーザーを獲得しよう

企業のYoutube活用方法5つ|Youtubeで意識するべき3Hとは
スマートフォンの普及に伴い、Youtubeでの企業アピールは効果的な戦略です。幅広い年齢層に使用されているYoutubeを大いに活用し、企業の認知度を高めていきましょう。

ユーザーのニーズに合わせた動画を投稿することで、検索からの新規ユーザーの獲得に期待ができます。ユーザー目線に立った動画作成を心がけ、動画のファンを獲得しながら企業戦略につなげていきましょう。

Related