Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

エリアマーケティングの手法と5つの手順|活用できるツールを紹介

エリアマーケティングは、マーケティングの1つではありますが、「地域」という特性が加わることで手法が異なる部分もあります。本記事では、エリアマーケティングの手法や使えるツールなどをご紹介します。自社のエリア戦略立案にお役立てください。

エリアマーケティングの手法と5つの手順|活用できるツールを紹介
バナー

エリアマーケティングとは?

エリアマーケティングとは、企業として地域戦略を練る際に、地域特性や地域としての志向をマーケティング分析する手法です。地域間のマーケティング上の差異を、営業戦略としての視点からまとめたものと言い換えることもできます。

エリアマーケティングを行う際は、営業戦略として狙うべき地域と、狙うべき市場を明確にします。地域特性と地域市場特性を捉え、特性に合わせた営業戦略・商品戦略を立案していきます。

エリアマーケティングの目的

エリアマーケティングは、新規出店を検討する際に多く実施されます。しかし、エリアマーケティングの実施目的は、そればかりではありません。

既存店舗の売り上げが芳しくない場合など、店舗戦略を練らなければならないときには、あらためてエリアマーケティングを実施し、店舗の必要性や発展可能性を探る必要があります。

エリアマーケティングを実施することで、自社製品やサービスの展開戦略を微細に渡って立案できます。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

エリアマーケティングに必要な分析ポイント8つ

エリアマーケティングは、一般的なマーケティングに「地域性」という要素を追加しますが、1要素が追加されただけで、分析ポイントが異なることもあります。ここでは、エリアマーケティングで必要とされる分析ポイントについてご紹介します。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント1:市場特性の分析

エリアマーケティングでは、市場特性の分析として、自社の商品・サービスを販売する地域の市場規模を調査し、現状の市場規模に対する今後の権謀を予測・分析します。市場特性分析は、地域人口や世帯数などの統計データをもとに分析します。

新規店舗の出店先として、どの地域に未来の需要を見込めるのか、またはどの地域では今後の需要が見込めないのかを分析結果から判断します。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント2:需要特性の分析

エリアマーケティングの需要特性の分析では、地域生活の特徴や消費における特徴を分析し、自社商品やサービスの今後の需要を予測します。

味付けの好みから、金銭の消費に対する考え方やライフスタイルなど、多面からの観察と分析を行い、現在の需要状況とその理由・原因を導き出し、今後の展望を検討します。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント3:競合分析

エリアマーケティングでは、対象地域における競合についての分析を行います。競合他社の出店舗数、店舗の大きさ、駐車台数などから、競合が強化している商品やサービスの内容など、競合他社とどのような差別化が図れるのかを分析します。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント4:チャネル分析

新規出店を検討する際は、出店を考えている地域の人々が、現状はどこで買い物をしているのか、平日と休日では買い物に行く店が異なるのかなどの分析を行います。

平日は、近所の小さなスーパーやコンビニで、補充程度の買い物を行い、週末に郊外の大型店へ買い物に行くという地域もあれば、高級品は通販で済ませ、店舗に足を運ばないという地域もあります。「日用品は」「高級品は」という流通に対する価値観を把握します。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント5:自然環境の分析

エリアマーケティングでは、自然環境の分析も大切です。対象地域の自然環境によって、その地域に住む人々の考え方や価値観、ライフスタイルが異なります。

「寒い地域は寒冷地仕様必須」といった昔から知られている特性から、「かつては夏が涼しく、クーラーを入れていない家庭が多いが、最近は必需品になっている」といった需要の変化も把握でき、エリアマーケティング戦略に有効な情報が得られます。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント6:歴史・文化の特徴の分析

エリアマーケティングでは、歴史・文化の特徴分析も行います。地域の風習や町の行事、地域祭事などの、その地域に根付いた文化や歴史的背景によって、人々の習慣が変わります。

習慣によって、必要とされる商品やサービスには違いがでるので、エリアマーケティングをするうえで、文化や歴史的背景を知ることはとても意味のあることです。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント7:情報に関する手段・感度・スピードの分析

エリアマーケティングでは、対象地域の情報伝達に関する分析も必要になります。地域によって情報伝達のスピードや感度は大きく異なります。

都市部と地方では、情報伝達のスピードも方法も異なります。都市部では、伝達スピードが速く、人々も「情報」というものに敏感になっています。地方では、伝達スピードは遅く、情報媒体も新聞などが好まれます。

エリアマーケティングに必要な分析ポイント8:ユーザー特性の分析

エリアマーケティングでは、県民性、地域性などのユーザー特性の分析も必要です。都市部と地方では人々の考え方や感性が異なるように、さらに住んでいる県によって「県民性」という特性を持っています。

エリアマーケティングでは、地域の独自の特性に合わせてマーケティング活動が重要になります。地域の老舗や伝統行事などを分析すると、長い年月で積み重ねてきたその地域のユーザー特性に合う嗜好がつかめます。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

エリアマーケティングの手法・プロセス5つ

エリアマーケティングを実施する際は、これからご紹介するプロセスを追ってみるのも手法のひとつとして有効です。エリアマーケティングは、一般的なマーケティング手法に「地域性」を加味したマーケティング手法です。

地域性をどのように加味し、利用していくかが、エリアマーケティングの肝となります。ご紹介する手法も、エリアマーケティングの1手法として検討してみてください。

エリアマーケティングの手法・プロセス1:地域について知る

エリアマーケティングの手法として、まずマーケティング対象となる地域を知ることから始めます。自社製品やサービスのターゲットとなる人たちが、地域のどのあたりにたくさん存在するのかを調べてみましょう。

ターゲット層の居住地域を知る手法としては、地域の人口統計、人口分布、世代構成、年代構成などの統計資料が参考になります。

エリアマーケティングの手法・プロセス2:顧客について知る

エリアマーケティングの手法として、対象となる顧客に強いエリアと弱いエリアを把握することも、初期に行うべき調査になります。

「顧客に強い」とは、マーケティングの対象となる製品やサービスの市場占有率が高いことを指しており、自社製品やサービスの利用者が多い地域と、少ない地域を比べる手法により、自社の強みと弱みが可視化されます。

エリアマーケティングの手法・プロセス3:店舗を知る

自社の店舗分布状況を知ることも、エリアマーケティングのひとつの手法となります。自社店舗が多くある地域は、それだけ必要とされていると分析することもでき、実際の売り上げなど店舗成績と合わせて分析することが重要です。

顧客分布と店舗分布を合わせて分析する手法により、無駄な店舗展開がされていないかといった観点で分析することもできます。

エリアマーケティングの手法・プロセス4:営業強化エリアを設定する

地域分析、顧客分析、店舗分析を行った結果として、市場規模があるという結果が導き出されたにもかかわらず、店舗展開できていないエリアが発覚する可能性もあります。

この場合、迷わず出店計画などの積極的な戦略につなげることもひとつのエリアマーケティング手法です。こうした問題点が明らかになり、対応策も見えてきたエリアについては、営業強化エリアとして設定し、対応していきましょう。

エリアマーケティングの手法・プロセス5:施策の効果を確認する

エリアマーケティングの手法として、営業強化エリアを設定し、顧客獲得施策を実施した結果の確認プロセスが必要です。結果を確認し、想定した結果が得られていない場合は、再度施策を練りましょう。

新たな施策を練る際は、計画と実績を比較し、不足している要素を見つけ出すという手法も使えます。再度、地域・顧客・店舗の分析をやり直してみるのも手法として有効です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー

エリアマーケティングに活用できるツール

エリアマーケティングは、分析対象もたくさんあり、なかななか着手できないという会社もあります。現在では、エリアマーケティングに利用できるツールもたくさんあるので、自社のエリアマーケティング手法に合いそうなツールを試してみてはいかがでしょうか。

エリアマーケティングツールには、特徴や違いがあります。自社のエリアマーケティング手法に合うもの、使いやすいと感じるものがあるか、まずは試してみましょう。

TerraMap

TerraMapは、商圏分析に必要な機能とデータを備えています。エリアマーケティングGIS(地図情報システム)の決定版とも言われ、全国地図や国勢調査データ、分析レポート帳票機能が使用可能です。ワンクリックで商圏分析レポートを出力してくれる機能もあります。

自社のエリアマーケティング手法に、必要なデータが揃っていると考えられる場合は、本ツールを試してみるのもよいでしょう。

MarketAnalyzer

MarketAnalyzerは、エリアマーケティングGISのスタンダードモデルとして、すでに多くの会社で導入されており、評価されています。

国勢調査などの統計情報に、自社店舗情報などの保有情報を追加することで、地理的に集計や分析が可能です。

MarketAnalyzerには、「新規出店時の商圏調査」「既存店分析」「顧客分析・販促エリア分析」「比較分析」といった機能が用意されています。

jSTAT MAP

jSTAT MAPは、総務省統計局が提供している統計GISです。政府が取得した統計データを地図上で参照可能です。国税調査から人口動態、経済センサスなど様々な統計データを出すことができるツールでありながら、料金はかからず、誰でも「無料」で利用できます。

RESAS(地域経済分析システム)

RESASは、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化したシステムで、経済産業省と内閣官房が提供しています。

RESASでは、人口や地域経済循環、経済構造などが地図上で色別に可視化されて表示され、現代日本の経済状況が一目でわかります。RESASも無料提供されており、誰でも使用可能です。

OPoSSuM

OPsSSuMは、「未来カルテ」というデータをダウンロード可能です。「未来カルテ」とは、人口減少・高齢化の予測データです。

OPsSSuMは、地域の現況の課題を把握でき、あわせてその地域の未来像も見ることができるツールなので、エリアマーケティングの手法の中で利用してみるとよいでしょう。

ロケスマ

ロケスマは、Webブラウザを利用したチェーン店検索サービスで、競合の店舗を地図上に展開し、俯瞰できます。

新規店舗の出店計画を立てるために、エリアマーケティングを実施している場合、同業他社のマップがあれば、「新規参入としてどういった戦略・手法でアプローチすべきか」が、見えるという点でおすすめです。

エリアマーケティングを成功させるためには調査や分析をしっかりと行う

エリアマーケティングを実施する際は、一般的なマーケティング手法に加え、地域特性など地域に依存した情報の分析を子細に行うことが必要になります。

一般的なマーケティング手法だけでなく、地方特性を探るための手法も駆使する必要があるので、初めてのエリアマーケティングでは、エリアマーケティングならではの手法を確認しておく必要があります。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related