Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット5つ|活かす方法5選

ストーリーテリングとは、商材や企画を提案するときにエピソードを絡めながら説明するビジネス手法のことです。メリットや数字だけを説明するよりも、相手に強い印象を与えることができます。今回は、ストーリーテリングのメリットや活用方法について解説しましょう。

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット5つ|活かす方法5選

ストーリーテリングが近年注目を浴びているのは何故?

最近、ビジネス現場では、ストーリーテリングが注目を浴びています。ストーリーテリングとは、商材や企画を提案するときにエピソードや物語と絡めて説明するビジネス手法のひとつです。

エピソードや物語に絡めて伝えることで、相手からの共感を得やすく、強い印象を残すことができるため、契約数UPや売上向上につながると期待されています。

ストーリーテリングの概要、ストーリーの具体的な内容について解説しましょう。

ストーリーテリングとは?

ストーリーテリングとは、商材や企画を売り込むときに、物語やエピソードと絡めながら提案するビジネス手法のことです。商材や企画の事実や数字を伝えるだけでは、相手から断られる可能性があります。

しかし、ストーリーテリングでは、聞き手が共感できる物語やエピソードと絡めながら提案するため、商材や企画のメリットを具体的にイメージすることができます。聞き手は納得した上で商材や企画の検討をすることができます。

ストーリーとは?

ストーリーテリングのストーリーには、どのような特徴があるのでしょうか。ストーリーには、人間味があること、オリジナリティがあること、顧客の役に立つことという特徴があります

人間味とは、人の生活にどう関わるのか考えたストーリーであることを指しています。オリジナリティとは、独自の視点に立つことの大切さを言います。顧客の役に立つこととは、課題解決にどのように役立つかを盛り込みます。

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット5つ

ビジネス現場にストーリーテリングを取り入れるメリットを5つ紹介しましょう。

5つのメリットとは、ビジネスを理解してもらう、相手の共感を得る、長期の記憶に残る、競合商品との差別化、ファンの獲得の以上です。それぞれのメリットについて説明しましょう。

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット1:ビジネスを知ってもらうことができる

ストーリーテリングを活用することで、新しいビジネスモデルやビジネスアイデアを理解してもらうことができます。

例えば、社内で新たなビジネスモデルを立ち上げた場合、事実や数字の説明だけで、上司から共感を得ることは難しいでしょう。状況によっては、却下される可能性もあります。

ストーリーテリングを活用すれば、新たなビジネスモデルに共感し理解してもらうことができます。

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット2:相手の感情を動かし共感を得られる場合がある

ビジネス現場にストーリーテリングを活用することで、商材や企画に対して相手からの共感を得ることができます。

近年、単に価格を下げたり、似たような商品を作ったりするだけでは、売れない時代になりました。誰もが思いつく商材や企画では売れなくなっています。

ストーリーテリングを取り入れることで、商材や企画のメリットを心情的に訴えることができます。相手の感情を動かすことで共感を得ることができます。

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット3:長く記憶に残りやすい

ストーリーテリングを使えば、聞き手の記憶に長く留めておくことができます。例えば、好きな小説や映画のストーリーを記憶している人は多いのではないでしょうか。イメージが強ければ脳が活発に働き、記憶に残りやすくなります。

ストーリーテリングを活用することで、聞き手は商材や企画を共感的なイメージとして捉え、長期的に記憶することができます。

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット4:競合と差別化することで選ばれやすくなる

ストーリーテリングを活用することで、競合する商材や企画との差別化を図ることができます。

近年、多くのビジネス現場では商品が増加し、売れにくい時代となっています。自社の商品を売るためには、競合との差別化を図る必要があります。

ストーリーテリングは、聞き手の感情を動かすことで、商品に対する共感を得るビジネス手法です。ストーリーテリングを効果的に活用することで、競合との差別化を促しましょう。

ビジネスにストーリーテリングを活用するメリット5:ファンの獲得に繋がる

ストーリーテリングは、聞き手に感動や強いイメージを与えることで、ファンの獲得に繋げることができます。聞き手に共感や感動を与えるストーリーを伝えることができれば、企業や商品のファンになってくれる可能性が高まります。

ビジネスでは、企業や商品のファンを獲得することが大切です。ファンを獲得することで、商品や企画の購入に繋げることができるでしょう。

ストーリーテリングのポイント6つ

ストーリーテリングのストーリーを作るとき、どのようなポイントに気をつければ良いでしょうか。ストーリーを作るときは6つのポイントを大切にしてください。

6つのポイントとは、共感、時系列で構成、論理的、リアリティ、主人公の設定、ペルソナ設定になります。各ポイントについて解説しましょう。

ストーリーテリングのポイント1:相手が共感できるストーリーをつくる

ビジネス上のストーリーテリングでは、相手が共感できるようなストーリーを作ることが大切です。聞き手が共感するためには、親近感や具体性を抱くようなストーリーを作りましょう。

商品を実際に使用したエピソードを加えることで具体性を持たせることができます。また、聞き手の立場を想定したストーリーを作ることで、親近感を与えることができるでしょう。

ストーリーテリングのポイント2:時系列で構成する

ストーリーを作るとき、時系列に構成することが大切です。

ストーリーの冒頭では、過去の状況を説明しながら商品の必要性を説きましょう。次いで、現状を伝えながら顧客が気づいていないビジネス上の課題を提示してください。ストーリー展開を時系列に進めることで、顧客に具体性や共感を持たせることができます。

ストーリーテリングのポイント3:論理的に語る

ストーリーテリングでは、論理的なストーリーを作ることも大切です。

ストーリーの内容が矛盾していると具体性に欠き、聞き手から共感を得ることが難しくなります。具体性を持たせるためには、ストーリーを論理的に構成する必要があります。論理的なストーリーを作るためには、どのような流れにするのか方向性を決めておくことが大切です。

ストーリーテリングのポイント4:リアリティの追及

聞き手に実感を持たせるため、ストーリーを作るときはリアリティを追求してください。

ストーリーテリングのストーリーでは、商材や企画を使用したときの予測や未来について語る場面が多くなります。そのため、実際に起こる可能性に基づいたストーリーを展開する必要があります。

ストーリーテリングのポイント5:主人公の設定

ストーリーを作るときは主人公を設定しましょう。主人公を設定することで、問題と解決方法、解決までのプロセスを具体的に説明することができます。

顧客を主人公に設定した場合、顧客が抱える問題や解決方法、解決までの道筋や効果を具体的に提示することができます。新たなビジネスモデルを提案するときは従業員を主人公に設定しましょう。具体的な解決方法に基づいたストーリーを作ることができます。

ストーリーテリングのポイント6:登場人物のペルソナを決める

聞き手をストーリーに引き込むために、登場人物のペルソナを設定しておきましょう。

ビジネスにおけるペルソナとは、商材や企画の販売対象となる顧客像のことを指します。具体的には、年齢・性別・家族構成・居住地・職業・価値観やライフスタイルなどが挙げられます。

登場人物のペルソナを決めることでストーリーに具体性を加えることができます。ストーリーに具体性があれば、顧客に対して説得力のある提案が可能となります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ビジネスでのストーリーテリングの活かし方5つ

ビジネス現場でストーリーテリングを活用する場面を5つ紹介しましょう。

5つの場面には、プレゼンテーション、ブランディング、企業アピール、ワークショップ、社内プレゼンテーションが挙げられます。それぞれの場面について解説しましょう。

ビジネスでのストーリーテリングの活かし方1:プレゼンテーションに利用する

ストーリーテリングを使う場面の一つに、顧客向けのプレゼンテーションが挙げられます。

例えば、自社の商品を提案するとき、商品から得られる解決方法やメリットなどをストーリーに絡めることで、顧客は商品への理解を深めることができます。

商品のメリットを単に言葉や数字だけで伝えても、顧客はなかなか買ってくれないでしょう。ストーリーテリングは顧客の感情に訴えることができるため、ビジネス上の効果が期待できます。

ビジネスでのストーリーテリングの活かし方2:商品やサービス等のブランディングに利用する

ストーリーテリングは、購買意欲の促進だけではなく、商品やサービスのブランディングにも効果があります。

ブランディングとは、商品やサービスを顧客にとって「価値があるもの」に確立するための活動のことです。商品やサービスが、顧客にとって「価値があるもの」と認められれば、購買促進につなげることができます。

ビジネスでは、顧客に感動的なストーリーを伝えることで、商品やサービスをブランディングすることが大切です。

ビジネスでのストーリーテリングの活かし方3:企業アピールに利用する

ストーリーテリングを活用する場面に企業アピールが挙げられます。

企業アピールの具体例に採用活動があります。採用活動では、企業の理念や方針に適した優秀な人材を確保しなければなりません。そのような人材を確保するためには効果的な企業アピールが必要です。

ストーリーテリングを導入した企業アピールを行うことで、求職者に鮮烈なイメージを与えることができます。感情を動かすことで共感を得ることができるでしょう。

ビジネスでのストーリーテリングの活かし方4:ワークショップで利用する

ワークショップを行うときにストーリーテリングを導入する方法があります。

ワークショップとは、参加体験型のグループ学習のことです。参加者が講演会をただ聞くのではなく、自らが討論に参加したり体を使って体験したりします。あるいは、参加者が専門家のアドバイスを受けながら問題解決を行う研究会もあります。

ワークショップにストーリーテリングを導入することで、参加者の感情を動かし理解を深めることができます。

ビジネスでのストーリーテリングの活かし方5:社内プレゼンテーションに利用する

社内でプレゼンテーションを行うときにストーリーテリングを活用することがあります。

例えば、上司に新しい企画を提案するとき、企画の内容をただ説明するだけでは納得してくれないでしょう。新企画を導入することで得られるメリットや効果をイメージできるようなストーリーと絡めながら伝える必要があります。

ストーリーテリングを活用することで、上司やスタッフの共感を得ることができ、新企画を採用してもらえるでしょう。

近年注目のストーリーテリングをビジネスやマーケティングに活用しよう!

ストーリーテリングの内容やメリット、活用方法について紹介しました。

ストーリーテリングとは、顧客の感情を動かすストーリーを語ることで、売上拡大やブランド向上につなげることができます。ストーリーテリングをビジネス現場で効果的に活用できるようになれば、プレゼンテーションや営業力の向上が期待できます。

ストーリーテリングのスキルを身に付け、ビジネススキルをアップしましょう。

Related