目標設定シートとは?設定項目とテンプレート化が効果的な理由3つ

スキルアップ

目標設定シートとは?

目標設定シートとは、自分自身で仕事についての目標を立て、自分の目標をどの程度達成することができたかを管理するために使うシートです。

目標設定シートには、目標が細かく記載されるため、社員の状況がわかりやすくなるというメリットがあり、現在多くの企業で活用されています。

また、目標を明確に設定することによって、目標に向かって今自分ができることを想像しやすくなるため社員のモチベーションアップにもつながります。

目標設定シートの目的

目標設定シートの目的は、自分の目標を明確にすることではなく、目標を達成するために今何ができるかをはっきりさせることです。目標設定シートで自分の目標を明確にすると、目標を達成するために自分に必要な行動や能力が見えてくるので、自分の今やるべきことが分かります。

今やるべきことを自分で理解することができるようになると、目標がクリアできるだけでなく、今までより仕事のできる自分になることができます。

目標設定シート作成前に大切な設定項目4つ

目標設定シートには、作成するときに設定しなければいけない大切な項目が4つあります。これらの大切な項目が抜けてしまうと、目標設定シートを効果的に活用することができなくなります。

ここからは、目標設定シート作成前に大切な設定項目を4つ紹介します。確認して参考にしてみてください。

目標設定シート作成前に大切な設定項目1:最終的な目標

目標設定シート作成前に大切な設定項目の1つ目は、最終的な目標です。会社から求められるような人材になるためには、自分が最終的になりたい理想像や目標を明確にすることは必要不可欠です。

最終的な目標を設定することができれば、今の自分ができていることや、これから自分が目標を達成するためにやらなければいけないことが明確になり、目標設定シートの内容を充実させやすくなります。

目標設定シート作成前に大切な設定項目2:期間ごとに設定する短期目標

目標設定シート作成前に大切な設定項目の2つ目は、期間ごとに設定する短期目標です。最終的な目標はもちろん大切ですが、あまりにも手の届かないような目標や理想像はモチベーションを低下させてしまいます。

モチベーションを低下させずに目標設定シートを活用していくためには、今の自分が少し背伸びをすればできそうな短期目標を、期間を決めて設定していくことが大切です。

目標設定シート作成前に大切な設定項目3:目標を達成する目的

目標設定シート作成前に大切な設定項目の3つ目は、目標を達成する目的です。目標を設定して達成し続けていくことは、会社から求められる人材になるために必要なことですが、目標を達成した自分はどのようになりたいのかという目的を忘れてはいけません。

目標を達成する目的を考えながら目標設定シートを活用していくと、会社から求められる人材になれるだけでなく、自分のキャリアプランが明確になっていきます。

目標設定シート作成前に大切な設定項目4:ルーティン行動

目標設定シート作成前に大切な設定項目の4つ目は、ルーティン行動です。目標設定シートで自分が今すべきことが見えてきても、常に目標に向かって意識を高く持っていられる人は少ないです。

意識を高く持ち続けられなくても、目標に向かって着実に進んでいくためには、ルーティン行動を決めることが大切です。ルーティン行動として設定する内容は難しいものではなく、忙しくても続けられるものにすることが大切です。

テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由3つ

目標設定シートには、使用する職種などに合わせてテンプレート化されたものが存在しています。テンプレート化された目標設定シートは、自分で1から作成する目標設定シートよりも、効果的に機能する場合が多いです。

ここからは、テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由を3つ紹介します。効果的である理由を知ったうえで、自分に合った目標設定シートのテンプレートを利用してみてください。

テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由1:汎用性のあるシンプルさ

テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由の1つ目は、汎用性のあるシンプルさです。テンプレート化した目標設定シートは、余計な要素が排除されているため、内容を記入しやすく、後から自分が振り返るときにも目標を設定したときの自分の考えがわかりやすいです。

また、シンプルな目標設定シートは、会社の上司に見せて意見を聞いたりするときにも相手が内容を理解しやすいため、的確なアドバイスをもらいやすくなります。

テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由2:自分に合ったものを探せる

テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由の2つ目は、自分に合った目標設定シートを探すことができることです。テンプレート化した目標設定シートにはたくさんの種類があり、どの目標設定シートが使いやすいかは人によって異なります。

いくつかのテンプレートを利用して自分に合ったものを見つけることで、より効率的に目標を達成することができるようになっていきます。

テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由3:初めての人でも確実な目標設定ができる

テンプレート化した目標設定シートが効果的な理由の3つ目は、初めての人でも確実な目標設定ができることです。初めて目標設定シートを使う人が自分で目標設定シートを作成すると、必要な内容が抜け落ちるなどして、目標達成につながりにくくなることがあります。

テンプレート化した目標設定シートを使えば、初めて目標設定シートを使う人でも、今後の見通しを立てやすい目標設定シートを作成することができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

目標設定シートで人気のテンプレート4選

目標設定シートには、職種や目標設定シートを使う目的によって人気のあるテンプレートがあります。人気のあるテンプレートは汎用性が高いので、とてもおすすめです。

ここからは、目標設定シートで人気のテンプレートを4つ紹介します。自分の用途に合うテンプレートを見つけたら、ぜひ活用してみてください。

目標設定シートで人気のテンプレート1:営業職用目標設定シート

目標設定シートで人気のテンプレートの1つ目は、営業用目標設定シートです。営業用目標設定シートのテンプレートは、目標を数値化し、数値化した目標を達成するのに必要な行動目標を考えやすい作りになっています。

数値だけにとらわれがちな営業職にとって、今後のためにどのような行動をしたらいいのかという視点を持てる目標設定シートはとても有効です。

目標設定シートで人気のテンプレート2:事務職用目標設定シート

目標設定シートで人気のテンプレートの2つ目は、事務職用目標設定シートです。事務職用目標設定シートは、職場にどう貢献できるかを明確にし、自分のどんな能力を伸ばし、後輩にどのような働きかけができるのかを考えやすい作りになっています。

事務職用目標設定シートを活用することで、自分だけでなく他者のためにできることを考えることができるようになり、結果として全体のモチベーションが向上します。

目標設定シートで人気のテンプレート3:基本動作チェックリスト

目標設定シートで人気のテンプレートの3つ目は、基本動作チェックリストです。基本動作チェックリストは、目標設定の機能よりも基本動作を自己評価する要素の強いテンプレートになっています。

基本動作チェックシートを活用する習慣がつくと、基本動作がルーティン行動になり、より高い目標を持ちやすくなります。

目標設定シートで人気のテンプレート4:目標設定シート(マンダラチャート)

目標設定シートで人気のテンプレートの4つ目は、マンダラチャートです。マンダラチャートは、9×9のマスを使って行う目標設定のフレームワークです。

マス目の真ん中に最終的な目標を記入し、その目標を達成するために必要なことを周辺のマスに書いていくことで、最終的な目標に近づくことができているかを日々確認することができます。

テンプレートを効率よく利用して目標設定をしましょう

今回は目標設定シートについて詳しくみてきました。目標設定シートは、目標設定前に準備をし、自分に合ったテンプレートを使うことで、より高い効果を得られます。

テンプレートを効率よく活用して目標設定をすることで、自分の能力を高め、会社から求められるような人材になっていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました