ニュースサイトの作り方6つと注意点7つ|参考サイト12選を紹介!

スキルアップ
  1. ニュースサイトとは?
    1. ニュースサイトができた背景
    2. メディアの将来
  2. ニュースサイトの作り方6つ
    1. ニュースサイトの作り方1:ホームページ構築ツールをダウンロードする
    2. ニュースサイトの作り方2:ニュースサイトのテーマを決める
    3. ニュースサイトの作り方3:テンプレート等を使いページを作成する
    4. ニュースサイトの作り方4:検索エンジンの登録をする
    5. ニュースサイトの作り方5:関連サイトのリンクを掲載する
    6. ニュースサイトの作り方6:ページ数を増やす
  3. ニュースサイトを作る際の注意点7つ
    1. ニュースサイトを作る際の注意点1:数あるサイトとの違いを考える
    2. ニュースサイトを作る際の注意点2:情報に確実性を持つ
    3. ニュースサイトを作る際の注意点3:引用は明確にする
    4. ニュースサイトを作る際の注意点4:休みはない
    5. ニュースサイトを作る際の注意点5:見やすく簡潔に
    6. ニュースサイトを作る際の注意点6:更新を欠かさない
    7. ニュースサイトを作る際の注意点7:偏らない
    8. あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?
  4. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト12選
    1. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト1:Yahoo!ニュース
    2. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト2:東洋経済オンライン
    3. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト3:日経BP
    4. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト4:ダイヤモンドオンライン
    5. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト5:ITmedia
    6. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト6:Googleニュース
    7. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト7:マイナビニュース
    8. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト8:ブルームバーグ
    9. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト9:不景気.com
    10. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト10:NewsPicks
    11. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト11:日テレNEWS24
    12. ニュースサイト作成に参考にしたいサイト12:iza
  5. 需要の高まるニュースサイトの作り方をマスターしよう!

ニュースサイトとは?

ニュースサイトとは、ニュースの記事の提供を行っているWebサイトのことをいいます。新聞や雑誌などの紙媒体の企業がニュースサイトを運営し、ニュースを配信しているケースもあれば、Webサイトに特化した企業がニュースサイトを運営しているケースもあります。

現在の日本では、新聞や雑誌、テレビよりもニュースサイトでニュースを知るケースが圧倒的に増えています。

ニュースサイトができた背景

ニュースサイトができたのは、今の日本がネット社会になっていることが背景になっています。

紙媒体やテレビでニュースを提供するよりも、コストがかからず簡単、スピーディーです。ニュースサイトの作り方も、その他の媒体と比べわかりやすいです。手元にあるスマートフォンで、即時にニュースサイトにつながります。

メディアの将来

新聞、雑誌、テレビなどがこれまでの日本のメディアの中心でした。しかし、インターネットの普及によって、誰でも、どこでも、無料で簡単に情報を得られる社会になりました。

そのような中で、メディアのみが紙媒体やテレビだけにしがみつくわけにはいきません。メディアは確実に、インターネットが中心になっていきます。提供する側もニュースの作り方を考えなければなりません。

ニュースサイトの作り方6つ

ニュースサイトは紙媒体やテレビで提供されるニュースよりも、作り方が簡単で、作り方さえ理解すれば誰でも作れます。

ただ、ニュースサイトは日本中、世界中の誰もが簡単に見れてしまうため、間違った情報を流してしまうと大変な問題になります。正確でわかりやすいニュースを提供するための、ニュースサイトの作り方を見ていきます。

ニュースサイトの作り方1:ホームページ構築ツールをダウンロードする

まず、ニュースサイトの作り方として一番最初に行うことは、ホームページを作るということです。

ホームページを作るためには、ホームページ構築ツールをダウンロードしなければなりません。今や、誰でも簡単にホームページを作れる時代です。そのため、ホームページ構築ツールは検索すればたくさん出てきます。

自分のイメージに近いものを選んでダウンロードしましょう。

ニュースサイトの作り方2:ニュースサイトのテーマを決める

ひと言でニュースサイトと言っても、さまざまなジャンルのものがあります。ニュースサイトの作り方で最も重要なことの一つは、テーマ決めです。

オールジャンルのニュースを取り扱うのか、それとも社会問題を取り扱うのか、スポーツなのか政治なのかテーマを決めましょう。テーマをしっかり決めることで、見る側も見やすい選びやすいニュースサイトになります。

ニュースサイトの作り方3:テンプレート等を使いページを作成する

ホームページの作り方に詳しくない人におすすめなのが、テンプレートです。テンプレートとは、Webサイトのレイアウトやデザインのひな形のことです。

一般的に、ホームページを作るとなると、HTMLやCSSといったものの専門知識が必要となります。しかし、テンプレートはそれらで構成されたひな形のため、知識がない人でも簡単にホームページを作ることができます。

ニュースサイトの作り方4:検索エンジンの登録をする

ニュースサイトの作り方の一つに、検索エンジンの登録があります。検索エンジンとは、インターネット上に存在するWebサイトや画像、動画などを検索する機能のことをいいます。代表的なものに、ヤフーやグーグルなどが挙げられます。

作ったニュースサイトを見てもらうためには、このような検索エンジンに登録する必要があります。

ニュースサイトの作り方5:関連サイトのリンクを掲載する

ニュースサイトの作り方は、ただダラダラとニュースを書けばよいというものではありません。ニュースをよりわかりやすくする必要があります。

わかりやすいニュースの提供のためには、難しい言葉やより詳しく知ってほしい事柄が出てきた際に、関連サイトのリンクを掲載するという方法があります。クリックしたら詳細ページにとべるようにしておきます。

ニュースサイトの作り方6:ページ数を増やす

どんなにわかりやすく、そして最新のニュースを詳しく提供するニュースサイトであったとしても、そのページの数が少なければたくさん読まれるサイトになりません。

ニュースサイトのテーマに沿ったページを増やすことも、作り方のポイントの一つです。一つのニュースが気になると、それに関連するニュースをどんどん読みすすめたいものです。それに対応する必要があります。

ニュースサイトを作る際の注意点7つ

日本中、世界中の人が目にするニュースサイトの作り方には、注意しなければならないことがたくさんあります。誰でも作れるからこその注意点があります。

今や、誰でもインターネットを通じて「炎上」する時代です。適当なニュースサイトの作り方をしていては、利用者がそれを許しません。ニュースサイトを作る際の注意点を見ていきます。

ニュースサイトを作る際の注意点1:数あるサイトとの違いを考える

日本中、そして世界中にニュースサイトが溢れています。その中で、より多くの人に利用してもらわなければ、コストや労力ばかりかかって運営が立ち行かなくなってしまいます。

ニュースサイトの作り方で注意することの一つは、「差別化」です。他のサイトよりも詳しい、面白い、独特な視点、スピードが早いなどの差別化をはかっていきましょう。

ニュースサイトを作る際の注意点2:情報に確実性を持つ

ニュースサイトの作り方で、一番注意しなければならないのが、ニュースの確実性です。

より多くの人に見てもらいたいからといって、不確実なままのニュースを載せることは御法度です。それが間違いだとわかった瞬間、そのニュースサイトの信頼はゼロ、いやマイナスになってしまいます。

スピードや驚きも重要ですが、ニュースが確実だと確定してから提供しましょう。

ニュースサイトを作る際の注意点3:引用は明確にする

ニュースサイトの作り方で気をつけたいのが引用の仕方です。引用とは、他の人が作成した文章や事例を自分の文章の中に引いて紹介することです。

引用をする際の注意点が、自分の文章と引用の部分を明確に区別することです。読む人にその区別がはっきりと伝わるようにしなければ、盗用とみなされる可能性があります。

ニュースサイトを作る際の注意点4:休みはない

ニュースサイトの作り方で重要なものの一つに、「スピード」があります。古いニュースを紹介してもニュースサイトの意味がありません。

ということは、常に新しいニュースを探し文章にし、ニュースサイトに載せる必要があります。ニュースサイト作りに休みはないということです。常に新しいニュースが載っているサイトが、閲覧されていき人気が出ます。

ニュースサイトを作る際の注意点5:見やすく簡潔に

ニュースサイトの作り方で注意しなければならないのが、読む人の気持ちになることです。例え、他のニュースサイトには出ていないニュースでも人々に注目されているニュースでも、読む人がわかりにくいと感じれば意味がありません。

ニュースはわかりやすく、そして簡潔に書く必要があります。ニュースサイトのテーマにもよりますが、難しい専門用語を避ける必要があります。文章が長すぎると、たくさんの人には読んでもらえません。

ニュースサイトを作る際の注意点6:更新を欠かさない

どんなに人気のあるニュース記事であったとしても、その記事をいつまでの載せるわけにはいきません。常に新しいニュースが舞い込みますし、一つの記事でも新たな情報へと塗り替えられます。

ニュースサイトの作り方の注意点の一つに、更新を欠かさないというものがあります。一つのニュースでも、新しい情報が入り次第すぐにニュースを更新しましょう。

ニュースサイトを作る際の注意点7:偏らない

ニュースサイトの作り方の注意点で重要なのが、意見をどちらかに偏らせないということです。

ニュースサイトの役割は、「事実を伝えること」です。ニュースサイトを作る人の感情が入り過ぎて、ある一つの企業や人物、思想に偏れば、事実が伝わらなくなる可能性があります。人間、好き嫌いがあるのは当然ですが、それをニュースに出してはなりません。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト12選

日本中、世界中にニュースサイトが溢れている現代、わかりにくいニュースサイトや他と何の変わりもないニュースサイトを作っても読まれません。

他より選ばれるための差別化を考えたり、何か人気の出る作り方を考えなければなりません。ここからは、ニュースサイトを作成する際に参考にしたいサイトをいくつか紹介していきます。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト1:Yahoo!ニュース

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのが、Yahoo!ニュースです。

Yahoo!ニュースは、記事・写真・動画のニュースなどがトピックスから構成されています。Yahoo!ニュースのみに配信しているメディアが多いというのが最大の強みです。記事に対してIDを持つユーザーがコメントすることが可能です。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト2:東洋経済オンライン

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのが、東洋経済オンラインです。

東洋経済オンラインは、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする出版社、「東洋経済新報社」が運営するニュースサイトです。日本最大級のビジネスニュースサイトの一つです。

ビジネス、経済の情報、マーケット情報、就職情報などビジネスパーソンのためのニュースを扱っています。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト3:日経BP

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのが、日経BPです。株式会社日経BPは、日本経済新聞社の子会社です。雑誌や書籍の発行を行っている出版社です。そしてニュースサイトも運営しています。

経済を中心とし、IT、医療、電子、機械、サービス、建築などの多岐にわたる分野のニュースを取り扱っています。経済といえば、日経BPが一番に挙ります。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト4:ダイヤモンドオンライン

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのが、ダイヤモンドオンラインです。

ダイヤモンドオンラインは、出版社のダイヤモンド社が運営するビジネス情報サイトです。雑誌「週刊ダイヤモンド」の最新記事はもちろんのこと、政治、経済、国際、経営、戦略、社会など幅広いニュースを提供しています。最新の記事はSNSでの受信も可能です。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト5:ITmedia

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのが、ITmediaです。ITmediaは、ソフトバンクグループ参加のアイティメディア株式会社が運営する、IT系のニュースサイトです。

IT関連のニュースだけでなく、パソコン、モバイル、ブロードバンド、デジタル家電、ゲームなど、さまざまな分野のニュースを提供しています。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト6:Googleニュース

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのがGoogleニュースです。

Googleニュースは、Google Inc.が提供するニュースサイトです。最大の特徴は、自分の興味や関心にあわせた記事が自動的にあつまってくるというところです。

自分のアカウントの情報に基づいて、関心のありそうな記事が抽出されて表示されます。また、それを保存したりメールで共有したりもできます。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト7:マイナビニュース

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのがマイナビニュースです。

マイナビニュースは、マイナビが運営するニュースサイトです。主にIT系を得意としています。パソコンや携帯、家電、ヘルスケア、旅行、住まい、恋愛、結婚など、比較的誰でも簡単に読めるテーマの記事が多くなっています。

読者プレゼントやQ&Aなどがあるのも特徴の一つです。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト8:ブルームバーグ

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのがブルームバーグです。ブルームバーグは、国内外の経済に関するニュースや世界各地のマーケット情報が配信されています。

金融業界で働く人や、世界の経済の情報を知りたい人に人気のあるニュースサイトです。ライブTVというコンテンツでは、24時間ニュース動画が配信されています。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト9:不景気.com

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのが不景気.comです。不景気.comでは、主に企業の倒産や買収、そしてリストラに関連するニュースが扱われています。かなりテーマの絞られたニュースサイトです。

不景気な話題をもとに、景気の流れを読むことを目的とした運営がされています。さまざまな業界の動向を知るのには、最適なニュースサイトです。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト10:NewsPicks

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのがNewsPicksです。NewsPicksは、ニュースサイトとSNSが合わさったようなニュースサイトです。SNSで自分の好きな有名人を追うように、ニュースを追います。

気に入ったニュース記事に対して自分の意見をコメントでき、そしてそのコメントに「いいね」を押すことができます。特定の分野に関する情報を一気に集めたい人が利用します。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト11:日テレNEWS24

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのが日テレNEWS24です。日テレNEWS24は、日本テレビによるニュース専門のサイトです。日本テレビが全国のNNN系列局や海外拠点から収集したニュースが24時間配信されています。

PCやスマホで見られるのはもちろんですが、JR東日本京浜東北線や、中央線の車内のモニターでも見ることができます。

ニュースサイト作成に参考にしたいサイト12:iza

ニュースサイトの作り方で参考にしたいのがizaです。izaとは、株式会社産経デジタルが運営している、ユーザー参加型のニュースサイトです。産経新聞やサンケイスポーツなどから提供されたニュース記事を配信しています。

各記事について、ユーザーがコメントしたブログのトラックバックが記事の下に反映されています。

需要の高まるニュースサイトの作り方をマスターしよう!

ニュースサイトの作り方を見てきましたが、今や誰でもニュースサイト自体は作れる時代です。しかし、ただどこからから引っ張ってきたニュースを配信するだけでは、他との差別かがはかれません。

需要にあったニュースを正確に、そしてスピーディーに配信すること、そしてテーマに沿った専門性のあるニュースを配信することなどに気をつけてニュースサイトを作りましょう。

タイトルとURLをコピーしました