40代の起業を成功させるポイント12点|40代起業の成功例3選

スキルアップ

40代の起業における成功とは

40代の起業においては、家族を養い、自分自身が納得のいく生活をしていける十分な収入が得られることが成功といえるでしょう。

40代で起業をしようとする人の多くは、家庭があり、子育てや介護の真っ最中の方が多いのではないでしょうか。背負うものが多い40代の起業では、失敗のリスクを最小限にすることが重要です。

40代の起業を成功させるポイント12点

40代の起業では、事前の準備や情報収集、自己分析などをしっかりして、起業のための土台を作ることが成功を握る鍵となります。

なぜなら、40代の人の多くは立場上、より安定した生活が求められる場合が多く、20代や30代の頃のような勢いや情熱だけでは続かないからです。

40代の起業を成功させるポイント1:転職・起業だけを選択肢と考えない

40代で転職や起業をする場合、新たな仕事が軌道に乗るまでは、前職よりも状況は厳しくなる可能性があります。転職や起業をした後は、今までの待遇や収入のほうがよかった、こんなはずじゃなかった、という現実に突き落とされる人が多いです。

40代という年齢から、自分にとって最良の選択ではないとわかっていても妥協せざるを得ない選択をせまられることもあります。

40代の起業を成功させるポイント2:社会情勢を見る

今起業をすることがどのように未来につながっていくのか、社会情勢をしっかりと見極め、計画的に人生設計をしていきましょう。

国や会社の制度に頼ることなく、自分で生きる力がある人とない人とでは、老後の不安に対して大きな差が出てきます。将来の備えについてもしっかり考えておくことが重要です。

40代の起業を成功させるポイント3:自分を知る

40代で起業する前に、必ずやっておくべきことは、自分を知ることです。起業は、何もないところから仕事という価値を生み出すということです。そして、自分という確固とした軸がこれからしようとしている仕事の柱となります。

まず、今までの自分の人生、原点などをありのままに書き出してみて、自分探しの作業をやってみましょう。自分にしかない起業のアイデアは、自分が好きなこと、できること、苦い経験を織り交ぜた自分史が原点になることが多いです。

40代の起業を成功させるポイント4:安易に人と比較しない

一旦、起業を決意したなら、人は人、自分は自分と割り切って、前に進む勇気を持ちましょう。

40代というと、出世して管理職や経営側に立つような要職につき、自分よりはるかに高い収入を得ている人もいます。安定した裕福な生活ぶりをみて、つい自分と比べてしまうことがあります。

しかし、自分にない財力や地位がある人と今の自分を比べてばかりいると、途端に起業に対する意欲ややる気さえなくなってしまいます。

40代の起業を成功させるポイント5:全く知らない業種を選択しない

自分に経験のない業種で成功することは、至難の業です。なぜなら、自分が知っている業種でなければ、知識や経験が乏しいため、失敗する可能性が高くなるからです。

実際に経験のあるライバルと比べると勝ち目がないのは目に見えています。そのため、自分が得意な分野、経験のある業種のほうが成功する確率が高いのは言うまでもありません。

40代の起業を成功させるポイント6:副業ハイブリッドキャリアで始める

会社員を続けながら複業するハイブリッドキャリアなら、今の仕事を続ける傍ら、起業の準備も同時進行で行えます。ただ本業の会社員をしながら複業をする場合、忙しいため、副業にあてる時間を作る必要があります。

一日24時間をどのように使っていくか、まずは自分の現在の時間の使い方に無駄な時間がないか、時間の使い方を整理していきます。ちょっとした空き時間をみつけたり、仕事の効率を上げることで、副業にあてる時間を増やすことができます。

40代の起業を成功させるポイント7:家族の理解を得る

起業について考え方や価値観が違う家族に対しては、説得しようとするのではなく、少しずつ理解を得ながら、協力してもらえるよう努めましょう。

40代の起業において、家族の理解を得ることは、とても重要なことです。家族を納得させるには、まず具体的な将来のプランを話して不安を払拭する必要があります。失業保険や貯蓄をどのように使っていくか、今後の起業の具体的な収支プランを書き出して、話しましょう。

40代の起業を成功させるポイント8:期限を決める

40代の起業を成功させるには、実際にいつ起業するのか、具体的な締切日を決め、その日を目指して逆算して動くことが重要です。具体的な日にちを決めることで、自分の起業へのやる気もあがります。

今の仕事をしながら、並行して副業をしている人は、特に時間の管理が難しいです。収入がなくなる危機感がないので、そのままの副業を続ける状態にならないように、具体的に期限を決めるとよいでしょう。

40代の起業を成功させるポイント9:徹底して継続できるか考える

40代のあなたの起業を成功させるには、徹底して継続できる仕事か、自分がどれだけその仕事に情熱を持てるか、楽しんで仕事ができるかにかかっています。

自分が本当にやりたい仕事なら、俄然やる気がわいて多少つらいことがあっても、頑張れることでしょう。自分が好きな仕事なら、仕事をする上で必要となる専門的な知識などを学ぶのも苦にならないはずです。

自分が情熱をもって頑張り続けることができる仕事かどうか考えてみてください。

40代の起業を成功させるポイント10:知識重視でなく行動する

実は、知識よりも実際に集客できるシステムを作るための行動のほうが大事です。お客様という相手があってこそビジネスは成り立ちます。そのため、集客力を高めるためブログなどで情報発信をするなどして、実際に行動しなければなりません。

しかし、起業しようとする人が、やりがちなことが、起業準備のために知識習得することを目的にセミナーに参加したり、本を読み漁ったりする人がいます。知識を得るのは良いですが、40代の人が起業準備する際は、情報収集にお金をかけすぎず、情報発信の活動をすることも大事なことです。

40代の起業を成功させるポイント11:夢を小さく持つ

40代で、特に家庭があって起業をする人は、大きな夢を追いかけるより、夢を小さく持つことが成功への近道です。

まずは家族を養いながら普通に生活ができるだけの収入を得ることを目標に頑張ってください。一般的に「夢を大きく持つ」ことは良いことです。しかし、それは20代など若い世代の起業家の場合です。

40代の起業を成功させるポイント12:ゆっくり確実に

40代で家族もいる方は、家族の最低限の生活を守る必要があるので、失敗のリスクはできるだけ避け、ゆっくり確実にビジネスを成長させることが、40代の起業がうまくいくコツです。

起業してすぐに急成長するビジネスなど、ほとんどありません。起業後は、思うように行かないことの方が多いです。悩むこともあるでしょう。まったく売上が上がらない時もありますが、決して焦ることなくゆっくりでいいので、確実に物事を進めていきましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

40代での起業の成功例3選

40代で起業した成功例についてご紹介していきます。テンプスタッフ(現パーソルテンプスタッフ)を創業した篠原欣子さん・株式会社惣兵衛を設立したママ起業家の畠山さゆりさん・宇宙ベンチャー、アストロスケールを創業した岡田光信にクローズアップしていきます。

40代での起業の成功例1:篠原欣子さん

テンプスタッフ(現パーソルテンプスタッフ)を創業した篠原欣子さんは、当時まだ女性が起業するのが今より厳しい時代、資金も知識もあまりない中、海外の人材派遣業からヒントを得て、資金100万円から起業してテンプスタッフ(現パーソルテンプスタッフ)を設立しビジネスを成功させた人です。

2006年東証1部に上場、2008年テンプホールディングスを設立しました。2013年には会社創立40周年を機にインテリジェンスの買収も成功させ、会長に就任しました。

40代での起業の成功例2:畠山さゆりさん

ママ起業家の畠山さゆりさんは、2006年に株式会社惣兵衛を設立したコンテンツの制作や米穀製造販売を展開するなど、インターネットと農業を融合させるという新しい発想で注目を集め、多数メディアでも活躍してます。

1996年父惣兵衛の死を契機に無職の状態で家族4人で岩手県にある実家に戻り、まだ世間の人々がインターネットに馴染みがない時から、二児の幼い子の育児をしながら、ホームページ制作のスキルを独学で学び、体験農業を促進するサイトを立ち上げました。

40代での起業の成功例3:岡田光信さん

岡田光信さんは、1973年兵庫県に生まれ、東京大学農学部卒業後、アメリカに留学し、パデュー大学でMBAを取得しました。

アメリカの大手コンサルティング会社 マッキンゼー・アンド・カンパニーで勤務し、IT企業を経営するなどの輝かしい経歴の持ち主ですが、さらにその後、40歳で日本を代表する宇宙ベンチャー、アストロスケールを創業しました。

40代起業のポイントを知って成功を掴み取ろう

今起業することに不安を感じている方も、40代の起業を成功させるポイント12点を実践してみてください。

成功のポイントをひとつひとつ楽しみながら達成していけば、あなたも成功をつかみ取ることができるでしょう。

40代の起業は、若い世代の人とは違う環境や条件があり、難しいと感じることがあります。しかし、事前の準備をしっかりと行うことで、40代という年齢が武器となることもあります。

タイトルとURLをコピーしました