人事担当者に役立つ9つの資格とは?資格が役に立つ理由を解説!

スキルアップ

人事担当者の現状

本記事では、「人事担当者に役立つ9つの資格とは?資格が役に立つ理由」について紹介していきます。

時代が移り変わることによって、企業を取り巻く環境も変わっていく中、企業も内部体制的に変革を迫られています。人事部門も合わせて変化が求められていくでしょう。

どのような変化にも対応できるよう人事担当者は、自らのキャリアを見直し、移り変わる環境に適合したスキルを身に付けていくことが現状の課題となっています。

人事担当者の資格取得の状況

人事の仕事は、社員の給与や賞与から、キャリア、さらに人生までも左右する分野の業務だけに責任は重大です。社内の人に関わる仕事ということで業務範囲が幅広く、さまざまな能力が必要になっていくでしょう。

2019年4月から働き方改革がはじまり、社員の健康管理の重要性が叫ばれる今、人事担当者としては仕事の効率性が求められ、人事にまつわる知識や資格取得が必要になってきている状況です。

人事担当者に役立つ資格9個

まずはじめに、人事担当者に役立つ資格9個について紹介していきます。

社会保険労務士やキャリアコンサルタント、メンタルヘルスマネジメント検定など、人事担当者の資格取得はこれからの時代特に求められていく部分でもあるので、人事担当者の方はぜひ参考にしてみてください。

人事担当者に役立つ資格1:社会保険労務士

人事担当者に役立つ資格1つ目は、社会保険労務士の資格です。社会保険労務士の資格とは、人事・労務管理、年金の専門家として年金・医療・雇用保険など幅広い分野で活躍できる資格です。現在取得資格として人気が高まっています。

広い分野で活躍できる資格ということで試験範囲も広くなっていて、合格率は6%前後と低く難関といわれています。人材業務のスペシャリストを目指す方は取得を目指すべき資格でしょう。

人事担当者に役立つ資格2:キャリアコンサルタント

人事担当者に役立つ資格2つ目はキャリアコンサルタントの資格です。キャリアコンサルタントの資格は2016年から国家資格になったことで特に注目されています。

この資格は、キャリアプランに迷っている人に対し、個人の悩み・課題にそったアドバイスを行い、手助けできる資格です。人事業務にフィットする資格のため、キャリアパスを考える人にもおすすめです。

人事担当者に役立つ資格3:メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種

人事担当者に役立つ資格3つ目は、メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種です。Ⅱ種はマネジャーなどの管理者に向けて、部門内・部下に対してのメンタルヘルス対策についての専門知識が内容です。

現代社会はストレス社会ともいわれ、社員の精神面における健康管理は人事担当者の重大な課題になっています。2015年12月からストレスチェック制度が開始されたこともあり、注目を集めている資格です。

人事担当者に役立つ資格4:人事総務検定

人事担当者に役立つ資格4つ目は人事総務検定です。人事総務検定は人事総務部の知識及び実務能力に関する検定試験です。

3級は担当者レベル、2級は主任レベル、1級は課長レベルと分かれ、2級と3級は、認定講座を修了するだけで資格が取得できるのが魅力です。人事・労務管理・年金などの知識を習得できます。

人事総務の実務や法律知識の取得に役立つ資格となるので、人事評価や転職を考えた時にアピールできるでしょう。

人事担当者に役立つ資格5:衛生管理者

人事担当者に役立つ資格5つ目は、衛生管理者の資格です。衛生管理者の資格は、労働者の健康を守るための環境管理や予防措置、改善など、職場の衛生全般を管理するために必要な資格です。

常時50人以上の労働者が勤務している職場では、労働者数に応じて一定数の衛生管理者を選任することが義務付けられているので、自分の価値を高める意味でも取得しておいて損はないでしょう。

人事担当者に役立つ資格6:産業カウンセラー

人事担当者に役立つ資格6つ目は、産業カウンセラーの資格です。産業カウンセラーの資格は、職場などで行われるメンタルケアを行うための資格です。職場環境などで悩む方のカウンセリングとケアを行います。

産業カウンセラー養成講座を受ける必要があるなど、受験資格が厳しいという点がありますが、メンタルヘルスマネジメント検定とともに必要性が高まっていて注目度が高い資格になっています。

人事担当者に役立つ資格7:ビジネスキャリア検定

人事担当者に役立つ資格7つ目は、ビジネスキャリア検定です。企業の職務遂行に必要な実務能力を見るために、企業実務に即した専門的知識・能力を客観的に評価する検定です。

3級は、係長やリーダークラス、2級は課長、マネージャークラス、1級は部門長、ディレクターと、内容は分かれています。人事分野でキャリアアップを図りたい方におすすめの検定です。

人事担当者に役立つ資格8:マイナンバー実務検定

人事担当者に役立つ資格8はマイナンバー実務検定です。マイナンバー実務検定とは、個人の情報が同一人の情報であることを確認するために用いられているマイナンバーについて、深い知識を持ち、適正な取り扱いをするための検定試験です。

1級は企業・官公庁の実務者レベル、2級は企業・官公庁の管理・指導者レベルです。3級は業務に直接携わらない一般社会人レベルなので、2級以上の取得を目指しましょう。

人事担当者に役立つ資格9:年金アドバイザー

人事担当者に役立つ資格9つ目は、年金アドバイザーです。年金アドバイザーとは、年金に関する知識の習得度合いや実践力が問われれる、銀行業務検定協会が実施している民間資格です。

2級が最上位になっていて、3級は一般の人が年金について知識を得るには標準レベル、2級は年金専担者などが対象です。

年金について社員からの問い合わせに答えれるようになりたい、という気持ちから取得を目指す人事担当者は多いです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人事担当者に資格が役立つ理由

最後に人事担当者に資格が役立つ理由について紹介してきます。

資格取得には、勉強時間がかかります。資格によっては専門のスクールに通う必要もでてくるので、プライベートの時間を割くことになります。資格が役立つ必要性を感じなければ、なかなか取得を目指そうという第一歩が踏み出せないでしょう。

知識を業務に活かせる

人事担当者に資格が役立つ理由に知識を業務に活かせるということがあります。

人事担当者は、社内の人に関わる仕事なので健康保険、厚生年金、労務管理など、法律問題に直面することがあります。社会保険労務士の資格を取っておけば労働基準法知識が備わるので適格に対処できるでしょう。

メンタルヘルスマネジメント検定であれば、心のケアについての知識が備わるので社内でメンタルヘルス対策を行うなど業務に活かせるでしょう。

人事担当者への転職・異動時の強みになる

人事担当者への転職・異動時の強みになるというのも、人事担当者に資格が役立つ理由の一つです。

人事は特に資格などを持っていなくても問題はない職種ですが、同じような条件の人材と比べられるとき、資格を持っているか持っていないかでは持っているほうが良い評価をされるというケースが出てきます。

社内で異動した際も、資格を持っていることで専門者として重宝されるでしょう。

人事担当者に役立つ資格を取得してキャリアアップを目指そう

人事担当者に役立つ9つの資格とは?資格が役に立つ理由について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

資格を選ぶときに何より大事になってくるのは、現在の仕事でその資格を生かせるか、将来のキャリアプランで生かせるかという点です。

自分の価値を高めていくためにも、本記事で紹介した、人事担当者に役立つ資格を参考に、資格を取得してキャリアアップを目指していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました